自転車工具おすすめメーカー しにせ日本製 台湾OEM BtoC系中華まで


自転車パーツは専用品のオリンピックです。空気入れの口金、バルブの形状さえがトリプルスタンダードです。米式英式仏式。

 

仏式バルブのリムナット

 

さらにBB、ヘッドパーツ、コッタレスクランクなどなどの非日常的な部品名がいりみだれます。

 

「スクエアテーパーをコッタレスリムーバーで抜いて、ヅラグレードのBBをインストールして、クランクをホローシャフト化しちゃいました!」

 

外界のパンピーにはなんのこっちゃです。え、この暗号文を一読で理解できる? 重症です。

 

で、汎用の自転車工具がすでに特殊ですが、ほんとのピンポイントの専用工具さえがめずらしいものじゃありません。

 

実例です。

 

専用工具でリングを締める

 

上の赤いゴムカバー付きのが汎用のエクスターナルBBカップ外し、その下のグレーのがE*thirteen TRSのXDボディー用のスプロケットのローギアユニットの固定リング用の専用工具です。

 

自転車が、自転車いじりが趣味になると、こうゆう専用特殊工具がどんどん増えます。そして、日用の一般的なプラスマイナスドライバーはめっきり日陰にひっこみます。

 

自転車のボルトは六角ねじだらけです。

 

非鉄ボルト

 

おかげでホームセンターや工具屋のメジャーがチャリ業界ではメジャーではありません。特殊な自転車工具界には特有のメジャーブランドがあります。

 

 


自転車工具のおすすめメーカー

 

基本的に日本製のねじと工具は世界一です。中華製、アジア製の製造業は日に日に躍進しますが、工具系では日本レベには達しません。てか、品質のばらつきが特大です。

 

国内のホームセンターのねじのバラ売りには粗悪品はそうそうありませんが、海外のパーツや商品にはやっすいボルトナットはふつうにあります。

 

ボルトの塗装がハゲハゲに

 

日本製にはこうゆう低品質な方向へのかたよりが少です。

 

で、ピュア100均時代のダイソーの工具は平均以下のぽんこつだらけでしたが、ワンコインの呪縛が解かれて、200、300、400円がオープンになると、品質があきらかに底上げされました。

 

ダイソー工具コーナー

 

いまやちっこいリューター、ハンダゴテ、パイプカッター、ケーブルカッターさえが並びます。コーナンとの協力関係はだてじゃありません。

 

が、自転車コーナーのパンク修理セットのタイヤレバーはへにゃへにゃです。ママチャリレベルだ。スポーツバイクのタイヤ交換には力不足です。汎用雑貨ブランドの限界です。

 

HOZAN

 

HOZAN、ホーザン、宝山は日本の自転車工具の代表的メーカーです。戦後の1946年に自転車工具専門メーカーとして東大阪で生まれました。現本社はなんばにあります。

 

レンチ、ドライバーみたいな小物から振れ取り台、タッピングツールみたいな大物まで一切合切の自転車工具がラインナップにあります。

 

 

日本製、しにせ、専門メーカーの三拍子がそろいます。CONSの要素はありません。デザインのそっけなさがたまにきずでしょうか?

 

しかし、工具のいのちは精度と強度です。ねじをなめちらかしてすぐにへたるおしゃれなドライバーは工具ではありません。むしろ、スムーズな整備をさまたげるメカニックの天敵です。

 

もうひとつのネックは実店舗での取り扱いのすくなさです。わりとでっかい自転車店にさえHOZANのコーナーはありません。特等席を占めるのは海の向こうのメーカーです。

 

PARKTOOL

 

HOZANと肩を並べる世界最大の自転車工具メーカーがPARKTOOLです。こちらはアメリカの会社です。青いギアがシンボルアイコンです。

 

パークツールニップル回し

 

で、パークツールの日本総代理店及び販売元がホーザンです。で、チャリ屋の店頭の推しはあきらかにパークツールです。パークツールのコーナーはあっても、ホーザンのコーナーはついぞない。

 

このことからホーザンの工具=バルクの業務用、パークツールの工具=パッケージの市販品てふんいきがひしひしとします。ホーザンの製品の梱包は非常に簡易的です。バルク。

 

実際、ぼくの手元にはパークツールの製品は何個かありますけど、ホーザンのものはぜんぜんありません。

 

おやすみ中

 

海外通販の”TOOL”にも”HOZAN”は出てきません。パークツールが第一位です。HOZANを手軽に買えるのはamazonか楽天かヨドバシくらいです。

 

BBB

 

日米の工具メーカーのつぎは自転車の本場の欧のブランドです。自転車天国のオランダにBBB Cyclingがあります。

 

ここは総合自転車小物屋さんです。ツール、アクセサリ、パーツの販売を手がけます。インナーシフターはGOODです。

 

BBBインナーケーブル テフロン

 

うちのフロアポンプはBBBです。これはふつうです。

 

BBBフロアポンプ

 

以前、ウエムラサイクルの店頭でニップル回しを見比べまして、BBBのしっかりした質感におっとなりました。

 

左・BBBニップル回し 右・イオンバイクニップル回し

 

全体的に質感がグッドです。BBBはぼくのひそかなお気にいりです。取扱店舗は多くない。

 

BIKE HAND

 

HOZANとパークツールは自転車工具界のツートップです。どちらかのツールフルセットを最初に買えば、のちのちの追加補充の手間を節約できます。

 

しかし、自転車工具の使用頻度はまちまちです。年一回のネンイチ系工具がすくなくない。やっぱり、コッタレスクランクリムーバーやBBツールをツキイチしちゃう人はへんてこさんです。

 

で、大方はその整備のためにその都度にその工具を買い足します。この場合、二大巨頭の単品は割高になります。で、amazonや楽天の格安ブランドが候補にあがります。

 

BIKE HANDはその筆頭です。

 

BIKE HAND ミッシングリンクマスターツール

 

台紙の表記のようにMADE IN TAIWANです。ベテランのジャパニーズチャリダーの率直な感覚ではCHINAはぎりNGですが、TAIWANはよゆOKです。

 

台湾のメーカーらしく大手のOEMをしつつも、自分ところのオリジナルブランドを大手より安く提供します。台湾製=通販時代の質実剛健です。とくに1000円前後のちょっとした工具が良コスパです。

 

が、ツールセット、高い専用工具のできばえはホーザンやパークツールにおとります。上記のミッシングリンクマスターツール、スプロケット外し、チェーン止めみたいな小物がおすすめです。

 

PWT

 

PWTも台湾の自転車工具メーカー&ブランドです。問屋や代理店を通さず、工場直販でコストをおさえて、より良い品をより安くユーザーに届けます。通販時代の申し子です。

 

うちにはPWTのチェーンカッターがあります。

 

PWT 7-11速用チェーンカッター

 

使い勝手はブランド品に引けを取りません。パークツールのようです。

 

実際問題、PWTの振れ取り台やセンターゲージはパークツールの製品にうりふたつです。ロゴ違いの同等品のうわさがまことしやかにささやかれます。

 

PWT 振れ取り台
  • PWT
  • 価格   ¥ 13,980
  • 販売者 ツールストア サイクル用品 PWT
購入はこちら

 

パークの同型のTS2シリーズは3万近くします。ミノウラは純粋な工具屋ではない。ホーザンの旧型の鋳物のやつはごつすぎ、新型はたかすぎ・・・

 

て、ふつうの人が消去法で行くと、このPWTの振れ取り台とセンターゲージをポちってします。

 

GORIX

 

もはや、なにがしかのブランドは『中華工場+テキトーな名前+amazonブース』の方程式でかんたんに成立します。で、台湾系の割安製品よりさらに格安なアイテムが通販ベースであふれかえります。

 

amazonのペット用品、アウトドア、自転車ツールはこれらが活況です。最近の中華セラーや中華直販は中華の由来を隠そうとしません。

 

“Lixada”は中華の超メジャー級のBtoC直販系ブランドです。amazon、楽天のアウトドア、スポーツグッズのおすすめを席巻します。

 

これはAliExpress経由のオフィシャルな中華直販Lixadaルアーセットです。

 

LIXADAルアーセット

 

ちなみに釣果はゼロです。これが中華クオリティか?! ※腕です。

 

こんなにすっかりメジャーなブランドですが、”LIXADA”の読みがいまだに分かりません、かつてのASUSのように、ははは。リクサァダ? リサッダ? リーザーダー? これはゆゆしき事態です。

 

で、このややこしいBtoC系の新世代直販商品のリネームドがGORIXです。こちらは自転車関連用品のみにとどまります。

 

スポークテンションメーターや振れ取り台はコアな自転車イジラーのあいだでひそかに好評です。

 

 

パークツールの国内価格が割高だ、ホーザンの新商品のクオリティがイマイチだ、て二大巨頭の求心力の低下が背景にはあります。

 

その点、GORIXのごろの力強さがかちます。サコッシュ! クラスの切れ味です。ゴリックス!

 

大阪市東淀川区のごっつプライスて小さな自転車通販屋さんが取り扱いします。ごっつプライスのゴリッッックス! 耳にまとわりつく~。それがねらいでしょうね。

 

Gottsuprice Rename Lixadaてとこですか。なにわの人間はこの手のアナグラムを好みます。ごりごりゴリックス! ほら、もう頭から離れない。

 

家用小物をこうゆう新世代のBtoC系格安製品で浮かせて、クラブラかLezyneのクールなマルチツールで満足度のバランスをとりましょう。このスタイリッシュさはGORIXやLIXADAにはむりです。

 


crankbrothers マルチミニツール 19

定価 4954円
割引 33%
特価 3305円

※2018/08/20 19:03:51のの価格