ダイソーの自転車コーナーの100円のパンク修理セットがだめな理由

ぼくは新大阪の大きなダイソーによく行きます。おめあては2階の自転車コーナーです。

 

ダイソー自転車コーナー

ダイソー自転車コーナー

 

消耗品の品ぞろえがピカイチです。パンク修理セット、虫ゴム、バルブセット、ブレーキパッド、リムテープなんかがあります。

 

100均の自転車アクセサリ系商品は×

 

こんなふうに消耗系パーツはがんばり屋さんです。裏腹にアクセサリ系パーツの使い勝手は絶望的です。とくに鍵、ワイヤーロックは一目でおもちゃとわかります。

 

しょぼいスポーツバイク風の自転車はルック車てさげすまれされますが、この100円ショップの自転車鍵は鍵風のルックロックです。

 

まさにこんなやつです。

 

100円自転車ワイヤーロック

100円自転車ワイヤーロック

 

鍵穴の地金がやっっっすい鉄です。飴細工かキャラメルみたいにへにゃへにゃです。精度、強度がぽんこつです。

 

ぽんこつ鍵穴

ぽんこつ鍵穴

 

極め付きがこのただしがきです。

 

無茶な注意書き

無茶な注意書き

 

自転車のカギに週一のオイル入れだあ?! 滑りの悪さが暗に知れます。実際、まっすぐにカギを入れようとすると、うまく差せません。ちょい斜め挿入が正解です、おい!

 

ライト、カバー、ホルダー系は許容範囲です。使い捨てのビニル傘と同じ感覚で使えます。まあ、ライトの明るさはまったく足りません。無灯火回避の108円のおまもりです。

 

パンクのパッチとゴムのリはおすすめ

 

ダイソーの自転車パーツコーナーのおすすめベスト1はパッチラバーとゴムのりです。

 

パンク修繕パッチとSTANS リムテープ

 

パッチは8枚入り、ゴムのりは2本入りです。多分にこの二商品はメーカーのダイソー用のPBパッケージでしょう。CYCLE PROのパッチにそっくりです。

 

実際に何回も見比べますが、あきらかな差を発見できません。ダイソーのパッケージの台紙の型紙の方がちょっとチープですか。

 

使い勝手はパーフェクトです。高圧細タイヤに9barの空気圧を入れて、1000km~走っても、パッチのはがれを確認できません。このパッチとゴムのりは優秀です。

 

チューブレスタイヤの修理に使えます。

 

パッチ

パッチ

 

ブレーキセットはまあまあ

 

フラットバーロードのリアブレーキに100円のブレーキケーブルセットを使ってみました。安全パーツに100円の安物はどうでしょう?

 

100円ブレーキケーブルセット

100円ブレーキケーブルセット

 

が、これは意外と好感触です。750円の自転車ブランド系の安ブレーキケーブルの組み合わせと引き比べても、遜色を感じません。

 

欠点はアウターケーブルのゴムの安っぽさです。こののっペりグレーはママチャリやシティサイクルにしか合いません。

 

タイヤレバー入りのパンク修理セットはダメ!

 

要注意はタイヤレバー入りのパンク修理セットです。

 

レバーがしょぼいパンク修理セット

レバーがしょぼいパンク修理セット

 

このタイヤレバーは『プロ仕様の品質』じゃありません。おもちゃ以下のぽんこつです。スポーツバイクのタイヤのビードには太刀打ちできません。一発でへにゃっと曲がります。

 

ママチャリやシティサイクルのタイヤにはぎりOKです。でも、実用系のタイヤはたいがい素手でぺこんと外れます。

 

チューブをずるずる引き出す

チューブをずるずる引き出す

 

そもそもママチャリのホイールは神経質なもんじゃありません。マイナスドライバーや耳かきやアイスの棒で気楽にゴリゴリやれます。

 

タイヤレバーてゆうのは『ダメージを与えずにタイヤを着脱できるもの』です。ダメージを気にしないなら、ただの棒切れでごりごり行けます。

 

スポーツバイクのタイヤ交換にベターなレバーのおすすめはパナレーサーのやつです。

 

 

これは割れません。強靭にしなります。生き残りはこれだけです。

 

この現実から自転車パンク修理のおすすめセットはパナのレバー、ダイソーのパッチ、ダイソーのゴムのりになります。

 

100円ショップのタイヤレバーはタイヤレバー風のルックレバーになります。ほんとに一発で折れ曲がります。気を付けましょう。