ロードバイクのフラットバー化 クランプ、レバーのサイズに注意


ロードバイクのアイコンはドロップハンドルです。

 

アナトミックシャローのドロハン

アナトミックシャローのドロハン

 

この特徴的なハンドルは自転車の専売特許です。単車やそのほかの乗り物には使われません。ロードやピストのシンボルでアイコンです。

 

お芝居版の弱虫ペダルの演者はこのドロハンを持って、舞台上でライドのシーンを再現します。まさにドロハンこそがロードバイクのスピリッツです。

 

 

もろ刃の剣のドロップハンドル

 

さて、近年ではこのドロップハンドルはオンロードの枠を飛び越えて、ホビー用途のオールロード方面へ活躍の場をひろげます。

 

TREK CHECKPOINT

TREK CHECKPOINT

 

でも、これは本質的には競技用機材です。気楽な汎用アイテムではありません。機能は先鋭的になります。

 

ドロハンのPROSはこんなです。

 

  • 前傾
  • マルチポジション
  • 本格風のふんいき

 

CONSはこんなです。

 

  • 視野の狭さ
  • 上半身のつかれ
  • 重さ

 

長所は短所の裏返しです。視野の狭さと上半身のつかれはドロハンバイクの構造的な弱点です。一説では「ロードの視野の悪さはながらスマホなみだ」てはなしがあります。

 

そして、上半身のつかれは姿勢に由来します。

 

首の向き

首の向き

 

はい、しんどさが画像から伝わります。人体の構造は見上げる動作には向きません。もののはなしでは「一時間のロードの首の負担は五時間のデスクワークに匹敵する」てことです。

 

しかも、サイクリングは長丁場です。一時間や二時間では支障がなくとも、半日や丸一日ではつかれが蓄積します。

 

で、手、首、肩、背にストレスが出てしまうと、楽しいロードが拷問器具にさまがわりし、ドロップハンドルがうとましくなります。

 

「でも、フラットバーのハードテイルのMTBやクロスバイクはいやだな~」

 

そんなわがままを叶えるのがロードのフラットバー化です。スポーツ未満、ホビー以上のフィットネス・アクティビティバイクてところです。

 

単純な発想では『ロードバイク-ドロップハンドル+フラットバーハンドル=フラットバーロード!』でしょうが、ことはそうたやすく進行しません。

 

以下でフラットバー化のパーツ類をピックアップします。

 

フラットバー化のための四大天使

 

一般的なロードバイク、ロードレーサーは外装変速付きのドロップハンドルの高速自転車です。レバーはシフターとブレーキのハイブリッドです、デュアルレバー。

 

ポテンザとアテナ

ポテンザとアテナ

 

このレバーのブラケットや金具の形状はドロップハンドル用です。カーブのところに縦にくっつきます。

 

フードをめくる

フードをめくる

 

フラットバーにはつきません。具体的にはブラケットの外側がつっかえます。

 

ブラケットがつっかえる

ブラケットがつっかえる

 

まあ、金具をぎりぎりまで緩めるとか、ここを削るとかすれば、どうにかこうにかぶちこめます。高機能バーエンドバーですね、ははは。

 

ぼくはためしに横付けで入れました。

 

フラットバーロード?

フラットバーロード?

 

取り付けは可能です。しかし、レバーの引きが意味不明になります。小指で引く?! 機能性が皆無です。そして、ビジュアルが致命的にダサすぎる。

 

つまり、ドロハン用のレバーはハンドルとともにお蔵入りになります。

 

フラットバーハンドル

 

ロードのフラットバー化の最重要パーツはフラットバーハンドルです。ライザーバー化するなら、ライザーバーを用意しましょう。スワロー化、カマキリ化、いずれが同様です。

 

自転車ハンドル

自転車ハンドル

 

注意点はバーの中央のふくらみ、ステムのクランプです。フラットバーやライザーバー、実用車系のハンドル界には25.4mmと31.8mmと35mmが混在します。

 

上の図のハンドルのクランプの直径はことごとく25.4mmです。ミニベロ、クロスバイク、ママチャリの取り外し品や別注品です。

 

スタンダードなMTBのハンドルのクランプ径はおおむね31.8mmです。これはロードバイクのドロップハンドルのクランプ径と共通します。

 

ワイドハンドルバー

ワイドハンドルバー

 

が、最近のオフロードのハンドルは70cmオーバーのワイドモンスターです。ほそいロードの車体には合いません。過度な幅の広さが街乗りでは裏目に出ます。

 

一部のハードなジャンルのハンドルのクランプはより太い35mmです。DHとかFRとかです。

 

また、Dedaなどが35mmクランプのドロハンを展開します。これはピュアロード用でなく、グラベルやアドベンチャーみたいなオールロード用の製品でしょう。

 

例外的にBMXのライザーバーのクランプ径は22.2mmです。これはハンドルのチューブの外径と一致します。つまり、BMXハンドルは凹凸なしのずんどうパイプです。

 

ちなみに、この22.2mmて数値はドロハン以外のハンドルのパイプの汎用サイズです。シフターとブレーキの固定金具は22.2mm用です。

 

SRAM グリップシフト インナーワイヤー交換の正しい分解

SRAM グリップシフト インナーワイヤー交換の正しい分解

 

ドロハンのパイプ外径は23.8mmです。つまり、このフラットバー用のグリップシフトはドロハンには入りません。ロックオングリップも入りません。

 

直径1.6mmのギャップは誤差の範囲ではありません。パイプの外周の差はx3.14=5.024mmまで広がります。5mmの差はちょっとやそっとのDIYで埋まりません。完全に別物だ。

 

おなじ理屈で25.4mmと31.8mmは別物です。円周を計算しましょうか。

 

25.4×3.14=79.756

31.8×3.14=99.852

 

て、2cmのギャップが出ます。

 

手持ちのステムを使いまわすなら、同サイズのハンドルを選びましょう。最近のロードのハンドルクランプは31.8mmです。

 

まあ、大は小を兼ねます。かませをすれば、むりやり使えます。悪い意味でスリルがましますけど、ははは。

 

ハンドル回り 

ハンドル回り

 

そして、ロード用の長いステムを使いまわすと、前傾姿勢をそこまで緩和できません。フラットバーの高さはドロハンの上ハンとかわりません。

 

ポジションのマイルド化にはショートステムがおすすめです。

 

THOMSON ELITE X4 50mm

THOMSON ELITE X4 50mm

 

で、サドルをひとおもいに下げる。そして、スワローハンドルやライザーバーを付ける。らっくらく快適高速号が誕生します。

 

ライザーバー

ライザーバー

 

シフター

 

このようにハンドルのパイプの外径はばらばらです。ドロハンのレバー類はフラットバーには付かず、フラットバーのレバー類はドロハンには付きません。

 

フラットバーロード?

フラットバーロード?

 

・・・ん? ハンドル幅を短くして、縦付けにすれば、そこそこ使えちゃう?!

 

ロード用のメカやブレーキを使い回すなら、フラットバー用のロード用レバーを用意しましょう。シフトの互換はなかなかやっかいです。

 

メーカーの公式ホームページに互換性のチャートがあります。それとにらめっこしながら、正解の型番を選びましょう。はたまた、メカとシフターを総とっかえするか。

 

最終手段でフリクション式のバーコンやサムシフターを使うて方法がありますね。

 

ブレーキレバー

 

ブレーキはシフターほどに神経質じゃありません。おすすめはAvid Speed Dial 7です。チャリ好きには有名な名レバーです。

 

 

赤いダイヤルでインナーワイヤーの引き代をこまかく調整できますから、これ一本でキャリパー、Vブレーキ、機械式ディスクブレーキをも引けちゃいます。

 

シックな黒ダイヤル版もあったような・・・

 

反対にふつうのVブレーキ用のレバーでロードバイクのキャリパーブレーキを引くと、引き代のギャップでまともに引けません。ブレーキングの手応えがスカスカになります。

 

安さに釣られてTEKTROのレバーを買わない。調整機構が無です。ピュアVブレーキ用のレバーです。

 

ふつうの自転車レバーのタイコ受け

ふつうの自転車レバーのタイコ受け

 

以上の事情からブレーキレバーよりシフターのがやっかいです。MIXは実使用には耐えても、フル機能にはなりえませんから。メカから逆算して互換チャートとにらめっこしましょう。

 

グリップ

 

ドロップハンドルの仕上げはバーテープ巻きです。フラットバーのそれはグリップはめです。

 

シリコングリップ

シリコングリップ

 

シリコングリップ、ウレタングリップ、ゴムグリップ、EVAグリップ、コルクグリップ、本革グリップなどなどがあります。質感と手触りはばらばらです。

 

このグリップの取り付け、取り外しにはせっけん水が有効です。しつこいがんこなグリップがうそみたいにマイルドになります。

 

この裏技はドロハンレバーのフード外しにも有効です。

 

また、お気に入りのバーテープをフラットーバーに巻くのはぜんぜんありです。ドロハン片側分のテープでフラットバーの左右のグリップを作れちゃいます。

 

絶縁テープで仕上げ

絶縁テープで仕上げ

 

二重巻き、三重巻きで厚みやグリップの長さをこまかく調整できます。フラットバーにバーテープは意外とおすすめです。

 

ERGON系のコンフォートグリップはたしかにかいてきです。でも、転倒の衝撃でかんたんに壊れます。エンドがもげる。実際、ぼくはスーパーの駐輪場でやっちゃいました、うえーん。

 

まとめ

 

フラットバー化のための必須パーツは以下のとおりです。

 

  • ハンドル
  • シフター
  • ブレーキレバー
  • グリップ

 

ハンドルはクランプ径、シフターはメカとの互換性、ブレーキは引き代、グリップはせっけん水・・・おのおのポイントはそんなです。

 

最悪のパターンは、

 

「ハンドルのクランプがちがう!」

「変速がぜんぜん決まらない!」

「ブレーキがきかない!」

「グリップの手触りが好みじゃない!」

 

です。

 

こうゆうミスをせず、うまくパーツを都合すれば、1万でフラットバー化をこなせましょう。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share