Stan’s NoTubesのリムテープでカーボンホイールをチューブレス化


先日、中華カーボンホイール2号機が大陸から届きました。BOOSTハブのチューブレスのHOOKレスの超軽量XC=クロカンモデルです。この仕様で実測重量ペア1340gは反則技です。

 

E*thirteenの9-44T超ワイドスプロケットとSNAILのフロート式ディスクブレーキローターをセットしました。

 

前後ホイールセット完成

 

てきとうなおさがりのタイヤはあります。でも、リムテープがありません。この2号機のリムはホールレスの1号機とちがって、ホールありの通常バージョンです。

 

通し番号

 

チューブレス化のためにチューブレスリムテープを調達しましょう。定番中の定番のStan’s NoTubesのイエローテープをCRCに発注しました。

 

Stan’s NoTubes リムテープ

 

実物はペナペナの安っぽいテープに見えますが、お値段は1700-2000円の超高級テープです。200円/1mだあ?!

 


チューブレステープの取り付け方

 

 

このリムテープのお達しに『低圧のオフロードタイヤには一巻き、高圧のロードタイヤには二巻きしろ』てものがあります。

 

700c=29erのETRTOは622です。リムの外周は622×3.14=1953mmで、2m弱になります。じゃあ、この10ヤードのテープでMTB4本=2セット、ロード2本=1セットしか仕上げられません。

 

とくにロードタイヤのテープ巻きの失敗は禁物です。余分が出ない。また取り寄せになってしまいます。リムテープ待ちでバイクに乗れないのはもやもやものです。

 

大失敗したミニベロチューブレス化

 

前にふつうのミニベロホイールをDT Swissのチューブレスキットで疑似的にチューブレス化しました。

 

チューブレステープ

 

こんなふうにざつにやりまして、減圧地獄に見舞われます。しかも、シーラントの容器のふたを閉め忘れて、中身を台無しにしちゃいます。にがい思い出です。

 

中華カーボンホイールの初号機はらくちんなテープレスリムです。テープやシールをまっすぐに貼れない症候群のぼくには女神のようなリムです。

 

ニップル穴なしでテープレスリム

 

が、カーボンホイール2号機のオプションにこのテープレスタイプのつるペタリムはありません。しぶしぶホールありでオーダーしました。

 

リムをクリーニング

 

チューブレス化には下ごしらえがかんじんです。ざつにやる、手を抜く、無根拠な自信にみちあふれる、いずれがNGです。あとで泣きます。

 

最初にリムをきれいにクリーニングしましょう。シール類をはがして、ぼろぬので乾拭きします。

 

リムを拭く

 

紙屑、ほこり、カーボンのカス、税関役人の手の脂みたいなヨゴレがリムにはぺたぺた付着します。これをきれいに拭きとりましょう。

 

で、テープをすこし切り取って、張り付けぐあいをたしかめます。チューブレス用のリムテープの粘着力は強くありません。実際、べろっとひっぱれば、ぺりぺり剥がせます。ノリのあとは残らない。

 

これがひっつかない=クリーニング不足です。

 

番外・お湯とせっけんで洗う

 

「乾拭きしました。ピカピカです。でも、テープがくっつきません!!」

 

てことはままあります。油分、粒子、界面活性剤、いろんなしつこい残り香がぺなぺなのリムテープの前に立ちはだかります。

 

リムテープの単純な接着力はセロテープにすら負けます。ガムテープみたいな万能無敵感はありません。カーボンリムに強いノリを使うと、表層の剥離を引き起こしかねませんから。

 

せっけんかボディソープでリムを洗って、ぬるま湯でさっと流して、水気を拭いて、しっかり乾かせば、余分なけがれをみそぎできます。

 

それから、密封の本番の前に異物チェックをしましょう。ちっこい砂粒やバリのかけらがあると、未来永劫にリムの中でカラカラカラカラします。水気はすきまから抜けても、1mmの砂利は抜けません。

 

テープを貼る、ていねいに

 

テープを貼りましょう。一般的にはバルブホール付近から貼り始めます。ガムテープみたいにびゃーと貼るのは厳禁です。貼り代のあそびを10cm前後に保ちます。

 

小刻みに貼る

 

で、空気を抜くようにていねいにちまちま貼り付けます。ぼくは親指で指圧するようにちまちま貼り付けます。一気にやると、エア、ズレ、ヨレにやられます。

 

以下は仕上げのバルブ穴開けの写真ですが、テープの貼り付けがあきらかにざつです。下側にヨレが見えます。ダメな例です。

 

バルブ穴をあける

 

きっちり貼ろうとすると、10-15分ほどの手間を取られます。まあまあの手作業です。ガムテープやセロテープの感覚を捨てましょう。

 

ぼくは前輪を二巻き、後輪を二巻きにしてみました。減圧とかのちのちの耐久とかを見るためです。ちなみに重さは一巻き5g、二巻き10gです。

 

バルブホールの穴あけ方法ははさみ、カッター、千枚どおし、熱々ドライバーで焼き切りなんかです。

 

チューブレスバルブ取り付け

 

バルブを取り付けます。メーカー不明の中古品です。初代中華カーボンホイールのおさがりです。

 

ノーブランドチューブレスバルブ

 

はて、バルブの根元のゴムパッキンにグリスを塗るか塗らないか? 初代のテープレスでは塗りませんが、この機に塗りましょう。バルブ付近のテープコンディションはえてしてルーズになります。

 

で、バルブのゴム台座をしっかり押して、ゴムリングを挟んで、根元のキャップをしっかり締めます。キャップのゆるみは初歩的ミスです。ゴムリング入れ忘れも。

 

シーラント入れの前にビード上げテスト

 

この新ホイールはオフロードのXC用です。低圧2.0インチ前後のMTBタイヤが本来の相棒です。リム幅は内外22-27mmです。

 

しかし、ぼくはこれを逸脱して、30c前後のオールロードやオンロードタイヤを使おうともくろみます。

 

用途外のクリンチャーのビードは上がるか?

 

たまたま梅田のウエムラサイクルに寄ったら、ワゴンの上にこんなものを発見しました。

 

Challange almanzo

 

世界的に希少なハンドメイドタイヤメーカーのChallangeのグラベルタイヤです。ここのチューブラーはシクロッサーにはおなじみです。

 

で、このALMANZOはオープンチューブラーてチューブラーの製法をベースにしたクリンチャータイヤです。ハンドメイドです。

 

これを初代ホイールにはめましたが、ビード上げに失敗しました。

 

ビードが上がらない

 

このリムは28-35mmのワイドリムです。29erプラスの3インチセミファット用です。タイヤ幅がぜんぜん足りません。アウチ。

 

700x40cのグラベルキングSKはかるがる入ります。この半年のメインタイヤです。極太のセミ・ツライチです。真ツライチの38cが下限でしょう。

 

グラベルキングセット完了

 

で、この経験から二号機のXCリムと用途外タイヤの組み合わせが不安です。シーラント投入の前にビード上げテストです。

 

はい、せっけん水なしでかんたんに上がりました。

 

Challange ALMANZO 700x30c

 

しめしめです。28cのCorsa G+やSchwalbe Pro Oneが視野に入ります。

 

シーラントもSTANS NOTUBE

 

じゃあ、シーラントで減圧対策をします。やっぱり、おすすめは定番のSTANS NOTUBEのシーラントです。クリンチャーのチューブレス化からチューブラーのパンク防止まで幅広く使えます。

 

シーラント

 

で、こいつをピュアクリンチャータイヤに入れて、エアをシュコシュコ上げましょう。とたんにタイヤのサイドのケーシングの隙間やビードのはしから泡ぶくがシュワシュワ出ます。

 

じわじわシーラント

 

が、これは次第に収まります。シーラントさまさまです。リムテープのたよりなさと対照的な無敵ぷりです。

 

はがさない、シーラントカス

 

これは別のクリンチャータイヤです。チューブレスイージーじゃありません。でも、こんなふうにシーラントがケーシングのすきまをびっちり補完します。

 

よくなじんだシーラント

 

ところで、シーラントの重さの大半は水分です。タイヤの裏やビードのふちに貼りついたシーラントをきれいに剥がすのは逆効果です。ぼくはでっかいノイズをさっと取って、そのまま使います。

 

シーラントで防げない空気もれはだいたいテープかバルブの不具合です。キャップ締め直し、グリス塗り、こまかいところを試しましょう。

 

そして、シーラント投入後のテープ剥がし&巻き直しはどえらい難業になります。400円/2mのテープが一発で台無しになりえます。

 

くれぐれチューブレスのリムテープ巻きには手間を惜しまずにていねいにやりましょう、親指で指圧するようにね!

 

Stan’s NoTubes リムテープ Rim Tape 10yd (9.1m) x 27mm
  • スタンズノーチューブ【Stan’s No Tube】
  • 価格   ¥ 2,000 ¥ 2,376
  • 販売者 サイクルパーツショップ みちこ
購入はこちら