カーボンスペーサーをカット! 30mmのカーボンスペーサーをゲッツ!

先日、MTBのフレームにあたらしいサスペンションフォークをセットしました。ROCKSHOXのYARIです。

 

ROCKSHOX YARI BOOST

ROCKSHOX YARI BOOST

 

で、コラムの余分がずいぶんあって、トップ部分がでっぱります。ぞくに『でべそ』です。

 

スペーサーがない!

スペーサーがない!

 

スペーサがない!

 

パーツの墓場から出てきたのはステムの下の10mmと5mmのスペーサーだけでした。それから、昔々の塩ビパイプのやっつけスペーサーです。

 

コラムのトップがスペーサー+ステムよりでっぱると、スターファングルナットやプレッシャーアンカーが引きあがりません。結果、フォークにがたが出る。

 

素材はあった!

 

で、こんなスモールパーツのためにおかいものに出かけるのはめんどうです。代用品を探しに探して、タンスのおくからこいつを見つけます。

 

15cmのカーボンスペーサー

15cmのカーボンスペーサー

 

右側のカーボン製のぶつです。これは15cmのロングスペーサーです。このサイズはあきらかにイレギュラーです。中華セミオーダー品です。

 

こっちはさらにながい20cmのロングスペーサーです。ミニベロや折り畳みのカスタム用です。

 

カーボンロングコラムスペーサー

カーボンロングコラムスペーサー

 

通常のスペーサーは3-20mmです。これらを組み合わせて、スペースを埋めます。20mm以上は貴重品です。

 

このほか、外径31mm、あつみ1mmのアルミパイプが自作スペーサーのよい素材になります。

 

外31mm、あつみ1mmのパイプの内径は29mmになります。スポーツバイクのフォークコラムはオーバーサイズ、28.6mmです。片側0.2mm、最大0.4mmは許容範囲です。

 

自作スペーサー

自作スペーサー

 

ミニベロはすでに手元にありません。このかたわれをいけにえにして、MTBのためのふつスペーサーを作成しましょう。

 

新車のコラムの余分はざっと4cmです。3cmでやってみましょう。

 

3cmくらいにする

3cmくらいにする

 

カーボンにパイプカッターは禁物

 

ところで、自転車は筒、チューブ、パイプの集合体です。フレーム、ホイール、ハンドルバー、フォークなどなどがパイプでチューブで筒です。

 

レイノルズ、イーストン、コロンバス、アラヤとかの金属加工屋さんは自転車産業の縁の下の力持ちです。

 

で、パイプカッターはあっちこっちのカットに活躍します。

 

ダイソー新大阪2階工具コーナーのパイプカッター

ダイソー新大阪2階工具コーナーのパイプカッター

 

しかし、これでカーボンパーツを切ると、表層をぱりぱりに剥離させてしまいます。

 

パイプカッターをひと回し後

パイプカッターをひと回し後

 

カーボンハンドルバーのささくれ片

カーボンハンドルバーのささくれ片

 

こんなふうに内側のカーボンシートの層がカッターの圧に負けて、土台からはがれます。ぼくのDIYでは剥離率は100%です、アウチ。

 

工具はのこぎりと雑誌

 

で、カーボンパーツにはふつうののこぎりを使います。ベテランの自転車いじらーはフォークコラムのカットにはステムバーガーを使います。

 

のこぎりでコラムカット

のこぎりでコラムカット

 

簡易ソーガイドです。ステムのあたりめんはきれいな平面です。ガイドにはもってこいです。

 

カット完了

カット完了

 

しかし、スペーサーはフォークコラムより大です。ステムのマウント部分はスペーサには入りません。あたりまえです。

 

で、ステムバーガーの代用策を考えます。スペーサーを雑誌でガチガチにくるんで、テープを巻きました。

 

雑誌を巻いてソーガイドに

雑誌を巻いてソーガイドに

 

で、ふつうに片足をかけて、ぎっこぎこにノコります。工具は超高級ハイエンド万能のこぎり、かつて塔の上の神を切ったと伝わる神錆びたるソーです。

 

カーボンパーツを切る

カーボンパーツを切る

 

このカーボンパーツの鋸引きを体験すると、この素材のかたさをもろに体感できます。だれだ、カーボンがきゃしゃだとかゆうやつは?

 

5分のカット

5分のカット

 

5分のぎこぎこで数mmの筋が入りました。カーボンはかっちかちです。

 

15分後です。

 

15分後

15分後

 

やばい粉がもりもり出ます。常識人は風呂場か玄関か外でやりましょう。なんでおれは居間でやってしまったか・・・

 

20分後です。

 

カット完了

カット完了

 

カットが完了しました。手のこはいい運動です。息が上がります。

 

ふつうののこぎりではスペーサーもフォークコラムもシートポストもだいたい20分です。

 

さあ、気がかりな断面はどんなもんでしょうか? 既製品みたいなドフラットでしょうか~? カットマンの腕前や性格がここに出ますぜ~。

 

段差的なもの

段差的なもの

 

ふーむ、カメラが気を利かしたか、奇跡的にピントが合いません。ギャップ的なものは幻影でしょうか? 1ドットの段差でやられるスペランカーの主人公は困惑しましょう。

 

いや、やっぱ、段差は気のせいじゃありませんか? みまちがいではないか? コラムにセットしましょう。

 

プレーンな側はごらんのとおりにぴったりです。

 

プレーンな方はぴったり

プレーンな方はぴったり

 

DIYな側はこんなふうにセミぴったりです。

 

カット断面はセミぴったり

カット断面はセミぴったり

 

すきま? いやいやいやいや、そうゆうデザインです! そう、手作りの味、ハンドメイドのだいごみです! 風情があるなー。

 

ステムをかぶせて、スペーサをのっけます。

 

スペーサーサンドイッチ

スペーサーサンドイッチ

 

で、キャプを締めて、ステムを締める。

 

ゆるがたなし

ゆるがたなし

 

がたやあそびはありません。助かった! いや、意図通り!

 

なによりこのあやしいコラム継ぎ足しの状態が解決されました。

 

アンカーで共締め

アンカーで共締め

 

おかげでなぞのハンドルのもっさり感がなくなりました。ステムのかかりのあささが原因ですね。

 

カーボンカットを楽にするなら、パークツールのカーボン替え刃を買いましょう。ふつうの刃では一日一本が限界です。腕がぱっつぱつだあ!

 

MTB
B4Cをフォローする
B4C "Beloved Bikes Build Best Cool"