フードデリバリーネタのミニサイト始めました!

セミインテグラルヘッドパーツの圧入 カーボンフレームにむりやり叩き込む

MTBバラ完祭り2018 AWの第3弾です。前回、Vitus Sommet CRX 2018のフレームセットをじっくりチェックして、フレームの重量、サイズ、各部の寸法をメモりました

リアサスこみフレーム重量3300g

ケーブルの取り回しを予告しましたが、さきにヘッドパーツを調達できました。こちらの圧入をやってしまいましょう。

楽天のポイントを消化して、サイクルベースあさひのネットショップで買いました。

安心安全過剰包装
安心安全過剰包装

外箱のサイズが中身のサイズとミスマッチングです。こうゆうスモールパーツをすっと送れる業務用の配送サービスはないんか・・・定形外は保証なしだし。

で、段ボが加速度的に溜まる。

段ボールに埋め尽くされるはチャリダーのさだめ
段ボールに埋め尽くされるはチャリダーのさだめ

CRCのフレームの梱包のでかい段ボをばらさにゃ~。めんどくせ~。

💰Uber Eats 初回2000円オフ

Uber Eats が最強にお得なクーポンを配布中です。ご新規さんはアプリに[ JPEATS2000 ]を入力すると、2000円の割引を受けられます。

使い方:下記リンクからインストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

ヘッドパーツを圧入しよう

ものはこんなです。

Prestineゼロスタックヘッドパーツ
Prestineゼロスタックヘッドパーツ

ヘッドパーツ、ヘッドセットです。ブランド名は”Prestine”です。初耳の社名です。あさひはちょくちょくマイナーなブランドをぶっこみます。

ツールのSUPERBもほかではそう見ません。

アーレン、星形、+-ドライブ、チェーンカッター

で、”Prestine bike parts”をネットで調べますと、初耳の台湾の自転車パーツメーカー『元珹工業有限公司』を発見できます。

決め手はブランドではありません。重量です。ヘッドパーツ一式が110gです。ぼくの調査のなかではこの数値は軽量です。やすい中華の無印系はおおむね130g前後です。

そもそもこのパーツの元値はそんなにチープじゃない。4000円オーバーです。ポイントで1500円になりました。ぼくの楽天ポイントはあさひのマイナーブランドに消えます。

3か月ぶりの圧入プレスフィット

毎月のようにBBカップやヘッドパーツをバンバン圧入したぼくのプレスフィットマンシップは7月のSRAM dubのBBの圧入のあとでちんもくしました。dubがトラブらないから。

で、このあたらしいパーツはセミインテグラルのヘッドパーツです。アルミのカップをフレームのヘッドチューブに圧入して、そこにベアリングをセットします。

じゃあ、ひさかたに圧入ツールが工具箱のなかからよみがえりました。

プラスチックハンマーとAZグリスガン
プラスチックハンマーとAZグリースガン

ベッセルのプラスチックハンマーとAZのグリースガンです。下のグリースガンはこっそり新兵器です。ぼくのDIYプレスフィットはプレスフィットでなく、スタンプフィットです。

セミインテグラル=ゼロスタック

Vitus Sommet CRXのフレームのヘッドチューブです。

セミインテグラルのテーパー
セミインテグラルのテーパー

このフレームのフロントユニットはカーボン製です。でも、ヘッドチューブはアルミフレームのようなセミインテグラル用です。こっちのが高剛性だあ?

フルカーボンハードテイルのKONA HONZOのヘッドはインテグラル用でした。カップなしでベアリングをじかにINします。

上・ダストキャップ 中・センタリングスリーブ 下・ベアリング
上・ダストキャップ 中・センタリングスリーブ 下・ベアリング

Factorもどきの中華カーボンロードもインテグラルです。めずらしい1 1/8-1 1/3のテーパーです。

1 .5インチベアリングがはみだす
1 .5インチベアリングがはみだす

ちなみにセミインテグラル、ゼロスタック、ロープロファイルはおなじものです。呼び方の統一性はありません。セミインテグラル派がやや優勢ですか。

そもそもヘッドセットかへッドパーツか・・・

カップは下44mm、上56mmの1 1/8-1.5インチのテーパーです。スタンダードなセミインテグラルヘッドパーツです。

ヘッドチューブの内側と下ワンとカップの外周にグリスをうすくぬって、ハンマーでとんとこ叩き込みます。

ハンマー圧入
ハンマー圧入

このPFマイスターが圧入の奥義を伝授しましょう。ハンマー圧入のコツはフレームをぶち割らないようにバシバシまんべんなく叩き込むことです。シンプル。

上ワンのカップもおなじくバシバシ叩き込みます。

ヘッドパーツ上ワン圧入OK
ヘッドパーツ上ワン圧入OK

フィニッシュの目安はグリスのはみだしです。余分なグリスがカップのふちからむにゅって出ます。これをカップの全周に確認できれば、ハンマー連打を止めます。

バシバシ叩きすぎると、カップを歪ませてしまいます。やさしくしっかりぴちっと圧入しましょう。このあんばいは玉押しの調整に通じます。ええあんばいがおますねん。

ヘッドパーツが完成しました。きれいな圧入っぷりです。だれもハンマーでバシバシ叩き込んだとは思うまい。記念に白背景でヘッド周りの近影をとくと拝顔しましょう、ははー。

ヘッドパーツの圧入のよあけ
ヘッドパーツの圧入のよあけ

若干、フロントのりんかくが黒いハンブラビっぽく見えます。モノアイがぐぽーんしそう、ははは。

Sommetのヘッドチューブ長は110mm/Sサイズです。HONZOは90mm/Sサイズです。ENDUROバイクとトレイルバイクのジオメトリの差でしょう。

BBを使いまわし圧入

グリスを使うと、もれなくそこら中をべとべとにできますし、ちり紙とワイプオールの山を造成できます。あと、スマホがねとねとになる。グリスとスマホは鬼門です。

じゃあ、もののついでにもうひとつの圧入パーツをやっつけてしまいましょう。BBです。このフレームのBBはBB92です。

BBカップOD41mm
BBカップOD41mm

内寸は41mmで、横幅は92mmです。PF4192系でオフロード用です。ロード系のBBのシェル幅は86mmに相当します。クランクのシャフトの長さがことなります。

これはEASTONのカーボンクランクです。30mm軸の86mmシャフトです。

EASTON EC90 SLクランク
EASTON EC90 SLクランク

こっちはRace Face Atlasクランクです。30mm軸の92mm幅です。

RACFACE ATLAS Cinch バラしたアーム

6mmのスペーサーをかませば、ロードフレームにおさめられます。か、シャフトを交換するか。

新旧BB完全互換OK

で、現行のメインバイクのKONA HONZOのBBはPF4192です。41mmサイズの92mm幅だ。SRAM dub BBを引っぺがして、このVitus Sommetに使いまわせます。

水を切ったブラシでBBをウォッシュ

さて、圧入をハンマーでやるやつが取り外しを専用工具でやりましょうか? 否! 樹脂のタイヤレバーをカップの内側のでっぱりに当てて、ハンマーでバシバシ叩き出します。

スコーン! て抜けます。

SRAM-dubのボトムブラケット-USED
SRAM dubのボトムブラケット USED

正味、プレスフィットBBの取り外しの正攻法はこのような力業の叩き出しです。チャリ屋もこうします。

カップのよごれです。

茶色いよごれ
茶色いよごれ

茶色いよごれがサビを思わせます。でも、このdubのカップは見ての通りの無骨な無地のスチール製です。

BBのよごれは砂ぼこり
BBのよごれは砂ぼこり

ものの30秒でぴかぴかです。このdubのボトムブラケットは当初の予想よりよいものです。高級感はありませんが、耐久度はあります。

Oリングを外して、綿棒でちょこちょこクリーニングします。

BBのOリングの裏をそうじ
BBのOリングの裏をそうじ

Oリングをうまくはめられない・・・

BBのハンマー圧入のコツはフレームをぶち割らないようにバシバシまんべんなく叩き込むことです。

え、ヘッドパーツとおんなじだあ? 当然です。ヘッドパーツとプレスフィットBBの構造はイーブンパーです。圧入カップとベアリングの組み合わせです。

ベアリングの内径をどうにかすれば、クランクをヘッドに、フォークをBBに換装できましょう。

作業に戻ります。dubのカップとBBシェルにグリスをうすく塗って、まんべんなくバシバシ叩き込みます。個人的感覚ではBBのワンの方がヘッドのワンよりかんたんです。

均等にコツコツする
均等にコツコツする

一気に反対側も圧入します。オフロードのBB周りはあきらかに高剛性で安心です。ロード用のは圧倒的にきゃしゃです。作業すると剛性の差をよく理解できます。

で、やっぱし、完了の目安はグリスのはみだしです。

左BBカップOK
左BBカップOK

余分なグリスをふきとって、記念撮影をします。

BB圧入
BB圧入

このぴっちり感が圧入BBのだいごみです。

バラ完の土台が完成

てなふうに自転車バラ完のやっかいな作業がぶじに終了しました。ここが毎度の山場です。圧入は神経質だし、パーツの規格はぐちゃぐちゃだし。

おまけにスマホでいちいち写真撮影しながらDYIするのはたいへんです。別の意味でスマホがぬるぬるになります、ははは。

BBとヘッドパーツのを圧入したフレーム
BBとヘッドパーツを圧入したフレーム

フレームにヘッドワンとBBワンが入りました。頭部と心臓です。ここがおさまると、全体が何気にしゃきっとします。

実際、ほかの作業でフレームをぶち割るような不安はほとんどありません。あとのパーツの移植はきせかえ/ころもがえのようなものです。

結局のところ、専用器具を使っても、あんばいをまちがうと、オーバートルクで割っちゃいます。ぼく的には押し込むより叩き込む方が良好な手応えです。なんとなく分かる。

次回こそはケーブルの内装と取り回しです。