中華カーボンフレームの1stインプレ 重量と暗部と細部とその後の評価


自転車の本体はフレームです。パソコンのマザーボード、建物の基礎、人体の骨格です。自動車の『シャーシ』はフランス語です。和訳は『枠』、中訳は『车架』、英訳は『フレーム』です。

 

バラでパーツを集めて完成車を組み立てる、ぞくに『バラ完』はこのフレームから始まります。これが決まらないと、パーツ調達が始まりません。

 

CPUはドライブトレイン、メモリはホイールでしょうか。PC自作とチャリバラ完はよくにます。

 

 


フレームの到着

 

現物の到着が前後しましたが、今度の新車の本体がついに届きました、EMS、国際速達配送で。つまり、おとなりの大陸からのおとどけものです。

 

EMSのでっかい梱包

 

アジア圏のEMSは一週間以内で来ますAliExpressの無料配送の英米ストアの二週間待ちになれると、とくにあくせくせずにのんびり待てます。

 

はい、ふたを開けましょう。

 

ていねいな梱包

 

ていねいな梱包です。過去の個人的な海外通販の経験からアジア、英米、イタリアの順に梱包はアバウトになります。ラテン系はほんとにおおらかです、ははは。

 

反面、中華系ストアのだいごみが失せました。しにせのストアはイマドキに洗練されてしまいますし、へんなストアは即座に淘汰されます。

 

みごとなぐるぐるまきです、マミーか。

 

ぐるぐるまき

 

過剰包装じゃありません? この巻き巻きシートで45リットルのごみ袋が埋まってしまいました。

 

ちなみに中華カーボンホイールはすでにありますが、中華カーボンフレームはおはつです。

 

新鋭中華カーボン FASTERWAY

 

ぶあつい肉の壁を取りさると、ようやく本体のハンサム顔をうかがえます。

 

FASTERWAY フレーム

 

軽量なオールラウンド型のレーサータイプのフレームです。ザ・ロードバイクです。ブランド名はロゴのとおりにFASTERWAYです。

 

中華カーボンの定番はDenghu、Hongfu、BXT、Miracle Bikes、Seraphなどです。加工や塗装のOEMをやりつつ、自社モデルを開発します。

 

で、これらの王道中華カーボンのレポートはよそさまのブログやSNSでちらほら出てきます。二番煎じはネタ的におもしろいものじゃありません。

 

で、これらを避けて、仕様とジオメトリとにらめっこし、このFASTERWAYにたどり着きました。

 

BBrightと1 1/3のテーパーフォーク

 

このフレームのポイントはBBとフォークです。BBは汎用のBB86やBB30やねじきりでなく、BBrightです。一般的にはCerveloフレームのBBです。

 

そして、フロントフォークが1 1/8 to 1 1/3インチてめずらしいテーパーです。おおくは1 1/8 to 1 1/2を採用します。

 

こんなふうに1.5インチ用のヘッドセットのベアリングははみ出します。

 

1.5インチベアリングがはみだす

 

おかげでヘッド回りの下側がすこし細身になって、正面のルックスがしゅっとしたイケメンになります。

 

Factor? NO Fasterway!

 

BBrightと1 1/3テーパー、この二つの特徴を持つのが英国の自転車ブランドのFactorのロードです。機材供給先はフランス籍のプロチームのAG2R La Mondialeです。

 

このFactorのバイクは2017年のツールドフランスに初参戦して、競合各社を抑えて、総合3位の成績をおさめます。まさに新進気鋭の自転車ブランドです。

 

セパレートダウンチューブのONE-Sが話題を集めますが、そのうらでオールラウンダーのO2がひそかに好評を博します。

 

そんなFactorのフレームにこのFATSERWAYはそっくりです。実際、別モデルのジオメトリとカラーはO2のAG2R版と完全に・・・げほんげほん! こんなときに持病の癪が!

 

ぼくのモデルはFactorのリストにありません。O2のシートステーはこんなにギャップダウンしませんし、ブレーキはダイレクトマウントでなく、ふつキャリパーです。

 

実際問題、これはO2のプロトタイプの没モデルじゃないかてぼくは推測します。とにかくじつにユニークな一本です。

 

ディレイラーハンガーのうらになぞの表記があります。H2? コードネームか!?

 

リアディレイラーのハンガー裏

 

結局、最終的な判断基準はビジュアルです。マットシルバーの細身のビジュアルがぼくの気分とマッチしました。

 

これを53000円で買えるなら、こまかいことをとやかく申せません。

 

フレーム重量を計測

 

バラ完のPROSのひとつはパーツを個別にチェックできるところです。結局、完成車はパッケージ品に過ぎません。細部や暗部がはっきりしない。

 

フレームを計測しましょう。おおまかな軽さは手応えから分かります。1kgはない。ここから余計なものを取っ払います。

 

が、ヘッドの下側のベアリングが外れません。ハンマーで叩けばこじり出せますが、ぴかぴかのフレームに気後れします。最悪、ペイントやカーボンのチッピングが起こります。

 

安全策でトップのベアリングの重量からこれを皮算用しましょう。

 

実測20gです。じゃあ、これより大きい下側は25g(仮)です。

 

あ、フロントメカ台座も外れません。ボルトに角やスレッドがありません。これは10gぐらいでしょう。

 

正味、フレーム+ヘッドセット下側ベアリング+FD台座の実測です。サイズは52です。

 

カーボンフレームの重さ 870g

 

870gです。ここからベアリングの25g、FD台座の10gを引きます。結果、まるはだかの塗装済みフレームの重量は835gです。かっる!

 

ストアの同カラーの52の公称値が880gです。これはディレイラーハンガー、アウター受け、ボルト、BB下のケーブルガイド込みの重量でしょう。

 

てことは、この現物はほぼほぼイーブンorアタリのフレームです。塗料の目安がだいたい100gです。未塗装の窯出し焼き立ての無地フレームの推定体重は750g前後になりますか。

 

おあそびのドロハン♡カーボン☆バイクには十二分な軽さです。

 

ヘビーなフォークとポスト

 

フレームはそんな軽量級です。一方のフォークがこんなです。

 

カーボンフォーク 385g

 

385gです。コラム未カットです。これはそんなに軽量級じゃありません。ふつうのカーボンフォークです。

 

重さの容疑者はダイレクトマウントブレーキの台座です。この部分には金属の補強が入ります。でも、ダイレクトマウントは今回のテーマのひとつです。不可避。

 

そして、ダイレクトマウントのブレーキキャリパーはふつうのキャリパーより軽くなります。結果的にはイーブンないしやや軽になります。

 

ポストの形が心をざわつかせる

 

シートポストは230gです。

 

カーボンシートポスト230g

 

そこそこの重さです。きっちりカットすれば、200gを切れます。

 

サイズはスタンダードな27.2mmの丸形です。てことは、ドロッパーシートポストやサスペンションシートポストが入ります。

 

おりよくTMARSの3段式の格安ドロッパーが靴箱の奥にひそみます。前衛的なロードバイクが現実味をおびます。

 

中華カーボンの暗部をうかがう

 

外見はOKです。中身はどうでしょう?

 

フレームの内装用ケーブルのルート

 

ザラザラじゃねーか!

 

あ、まちがった。これはKONAの15万の台湾製の正規のフルカーボンフレームのトップチューブの中身でした。しまった、しまった。悪気はないよ ウヘ!

 

もちろん、新品購入時の組み立て前の写真です。市販のカーボンパーツのつくりさえがこんなもんです。性能は問題なしです。てか、超速い。

 

中華カーボンのトップチューブの実態はこんなです。

 

トップチューブ上から

 

おお、カーボンの生地の目がきれいじゃありませんか。好印象です。

 

つぎはBB裏からトップチューブの胃カメラです。

 

BB裏からシートチューブ

 

ダウンチューブ付近の接着はふつうです。BB圧入部はていねいです。

 

BBシェルの左の裏におくゆかしきチャイナっ気が出てしまいました。アイヤー!

 

左BBシェル裏にささくれ

 

今回、ガラスコーティングを試そうと思って、アマゾンでおすすめのやつを買いました。表側を塗った後でここをぺたぺた補強しましょう。

 

シートチューブ内です。

 

シートチューブ内

 

パイプのところはじつにきれいです。総合ポイントはかなりの高得点です。カーボンパーツの本場の地力が知れます。

 

細部を見る

 

細部を見ていきましょう。末端はえてしてざつになります。

 

各所のねじ穴をチェックします。へんなつっかかりや曲がりはありません。

 

ダイレクトマウントブレーキ台座

 

ケーブル内装用の穴です。

 

ケーブル内装の穴

 

きれいなパンチングです。

 

中華カーボンフレームのインプレ

 

重量はA、内部はB、細部はAです。ファーストインプレッションはA’です。有名ブランドの市販フレームと比べても、特段のCONSを感じません。

 

走行性能うんぬん、ブランドうんぬん、ステータスうんぬん、アカデミックうんぬんは別のはなしです。

 

そもそもの用途がスポーツ用機材じゃなくて、ちょい乗りホビー&バラ完いじりたおしですし。極論、速さは重要ではありません。

 

フォーマルな格安フルカーボンフレームをゲットするなら、サイクリングエクスプレスでDerosa IDOLかSKを買いましょう。

 


De Rosa SK Pininfarina Carbon Road Frameset
定価 393978円
通常 311314円
割引 54%
特価 179999円

※2018/04/17 05:16:01のCycling Expressの価格。特価はVIP会員限定

 

ぼくも最後まで迷いましたが、ハートマークにしり込みしました、ははは。そして、これはホビーの域じゃなくなります。

 

次回は『自宅でカーボンフレームをガラスコーティングするぞ!』の予定です。