TubolitoとREVOLOOP ポリウレタン軽量チューブ登場でラテックス終了

自転車の足元のシステムはおもに3種類です、チューブラー、クリンチャー、チューブレス。スポーツバイクのシーンでシェアは分かれます。

 

 

出番の減ったチューブドクリンチャー

 

ぼくはミニベロのカスタムでふつうのチューブから軽量チューブへの通過儀礼を済ませました。TIOGA UL、パナレーサーR’AIR、そして、なんちゃってチューブレスを試します。

 

その後、メイン機がMTBになりまして、必然的にメインホイールがチューブレスになりました。が、サブ機のピストは気まぐれでチューブラーになります。一貫性がない。

 

で、世間一般チャリダーがおもに愛好するクリンチャーシステムはうちのチャリ環境ではサブのサブ、マイナーのマイナーになります。MTBを街乗り遠乗りするときの予備ホイール用です。

 

しかも、フックレスのチューブレス専用リムをチューブドで使って、ロード系タイヤをむりやり高圧化します。イレギュラーざんまいです。良い子はマネしない!

 

7bar達成

7bar達成

 

で、軽量タイヤや軽量チューブへの関心と必要性が一時よりうすれましたが、2018-2019のクリンチャー界の超新星がにわかに心をくすぐりました。

 

はい、すっかりメジャーなTubolitoのチューブですね。

 

TubolitoとRevoloop

TubolitoとRevoloop

 

となりはRevoloopです。クリンチャーユーザーのあいだでは有名な新世代軽量チューブです。え、知らない? ほんとにクリンチャーユーザーですか? 軽量チューブに興味がない? ほぴー?!

 

50gで王座を狙えた旧世代チューブ

 

一昔前までラテックスの軽量チューブがクリンチャー界を席巻しました。熱心な軽量化ラーがこれを買い求め、鍋で煮るとかカーボンリムで溶かすとか噛みこみで一発KOするとかしました。

 

ちなみにラテックスてのは天然ゴムのことです。原料はゴムの木の樹液ですね。こんなふうに樹皮をエモンダして採取します。

 

latex 取り方

latex 取り方

 

パンク防止剤のシーラントの白い液もこのLATEXのたまものです。おかげでLATEX系のシーラントはなまぐさい香りを発します。もとが樹液ですから。

 

で、この樹液製の天然ゴムのチューブがラテックスチューブです。Vittoria、SOYO、Vredestein、Michelin、Challengeなどのタイヤ屋が販売します。

 

反対に一部のメーカーはラテックスチューブには消極的です。Schwalbeは公式のQ/Aで「うちはブチルチューブしかしない」て宣言します。

 

そのため、Schwalbeのチューブラーのインナーチューブはブチルです。これはシュワルベワンチューブラーの中身です。

 

チューブラータイヤのチューブ

チューブラータイヤのチューブ

 

元王者のSOYOラテックス

 

国内ユーザーのあいだではSOYOのラテックスチューブが人気です。ここは競輪タイヤのしにせです。シームレスのSOYO GOLD STARなどは2万の超高級品でトラックプロ愛用です。

 

 

ラテックスは天然ゴムです。これは外気や日光で劣化します。SOYOはそれを考慮して、日本メーカーらしい過剰包装でラテックスチューブを厳重に梱包して、こだわり派のチャリダーをうならせます。

 

その分、SOYOラテックスは名前違い同一品のvredesteinのラテックスの倍ぐらいの価格になりますけれども。BS EXTENZAチューブとTIOGA ULチューブの事情に似ます。

 

また、ラテックスの全般が無条件で超軽量ではありません。VittoriaやMichelinのものは70-80gです。計量ブチルやRairとイーブンです。

 

50gのコンチSuper Sonic

 

ブチル系の最軽量はContinentalの Super Sonicチューブですね。

 

 

SOYOが48gでこれが50gです。キャリパーブレーキ用のカーボンリムにはラテックスの使用がNGです。その代替の最有力候補がこいつですね。2000円/1本は良コスパです。

 

結局のところ、軽さはチューブの厚みによります。で、旧来の化学ゴムや天然ゴムの限界値が50g前後です。

 

新世代チューブはポリウレタン

 

そんなふうに50g前後で最軽量の栄冠を争った軽量チューブ界がポリウレタン系チューブの登場で激変しました。

 

筆頭がTubolitoです。オーストリアの新興ブランドです。2017年の後半に顔見せが始まって、MTB用のチューブがローンチで出て、2018年4月に700C用のデリバリーが始まりました。

 

で、これがその実物です。

 

左・TIOGA UL 中・REVOLOOP 右・Tubolito

左・TIOGA UL 中・REVOLOOP 右・Tubolito

 

右のオレンジ色がTubolitoです。左が70g/700円の超コスパ計量ブチルのTIOGA ULです。まんなかの白いのがおなじみのREVOLOOPです。え、知らない? 反クリンチャー派ですか?

 

て、まあ、ぼくもつい先日までこのREVOLOOPのイニシャルをすら知りませんが。BikerumorのTubolitoの記事内のユーザーのコメントでこいつの存在を知りました。

 

こちらのREVOLOOPの製造元はTPUplusてドイツのアーヘンの熱可塑性ポリウレタン屋さんです。アーヘンはベルギー、オランダに接する国境の地方都市です。世界遺産のアーヘン大聖堂が名物です。

 

で、たまたまドイツ系ストアのBike ComponentsにHOPEのブレーキパッドとSRAM GX EAGLEの特価を見つけまして、そのついでにこの新世代ポリウレタン系のチューブを買い求めました。

 

Tubolito 700cのカタログ値は38gで、REVOLOOP 28は39gです。はい、ラテックスチューブは終了しました。一気に-20%の軽量化です。SOYOやSuper Sonicが重量チューブに押しやられます。

 

バルブが化学素材

 

軽さの秘訣はここです、バルブ。これが金属じゃありません。

 

REVOLOOPとTubolitoのポリバルブ

REVOLOOPとTubolitoのポリバルブ

 

Tubolitoはチューブとおなじポリウレタンバルブ、Revoloopは樹脂のようです。素材の都合でねじみぞはありません。Vittoriaのチューブみたいなツルペタバルブです。

 

この二つは構造的にはほぼおなじです。特許はどうでしょう? Tubolitoの専売ではない? デビューの時期もかぶります。なんらかのコネやつながりはありえます、ドイツ系だし。

 

無味無臭でぺなぺな

 

ポリチューブの手応えははぺなぺなのビニールの被膜です。ちょっと丈夫なサランラップみたいだ。ゴム系のもちもち感はしません。無味無臭です。オレンジ味もミルク味もしない。

 

Tubolitoのオレンジバルブはわりに目立つ・・・

 

ちなみにTubolitoとRevoloopの売れ筋はMTB用です。チューブレスタイヤの緊急時の予備チューブとして携行するのがトレンディーみたいです。700C用チューブのログはレアです。

 

Tubolitoはオレンジ一色ですが、Revoloopはタイプ別にカラー展開します。黒、緑、白、青があります。

 

700C用は”REVOLOOP.white für 28″の一種類のみです。40mm、60mm、80mmがあります。

 

TubolitoとRevoloopの実測重量

 

さて、自転車パーツのカタログ値は風見鶏のようにさだかじゃありません。実測しましょう。Tubolitoです。

 

Tubolito 700c 実測重量41g

Tubolito 700c 実測重量41g

 

写真は44gに見えますが、実際のメモリは41gです。3gは誤差の範囲だあ? カタログ値はバルブキャップ抜きの計測でしょうか?

 

REVOLOOPの実測です。こっちは46gに見えますが、実際は43gですね。アナログ計がなやましいところです、タニタめ!

 

REVOLOOP WHITE 実測重量45g

REVOLOOP WHITE 実測重量43g

 

Tubolitoは25ユーロ、Revoloopは20ユーロです。日本円換算はクレカ払い&輸入消費税5%込々でざっと3700円と2800円です。たっか!

 

Tubolitoの最大の弱点!

 

ポリウレタン系チューブはゴム系チューブみたいに極端に伸び縮みしません。そして、皮膜は超薄型です。単体で膨らませると、一発でBAN!!しちゃいます。そうゆうログがレビューに多くあります。

 

きちんとタイヤに入れて、空気を入れましょう。もちろん、取り付け時の噛み込みやヨレやかたよりは厳禁です。

 

80g以下の薄型チューブはことごとくきゃしゃで神経質です。腫物を触るように扱いましょう。ああ、ミニベロの軽量チューブの思い出がよみがえります。

 

タイヤチューブ

タイヤチューブ

 

そして、Tubolitoには致命的な弱点があります。バルブのオレンジははっきり目立ちます! うちのバイクのテーマカラーに合わない! ぴー!

 

Tubolitoのオーレンジバルブ

Tubolitoのオーレンジバルブ

 

Brytonの差し色もそうですが、オレンジがところどころにぴろってまざると、ふんいきがドッルギャガーぽくなりません?

 

これはボツだ~、お蔵入りだ~。たんすのおくにそっとしまいます。

 

ふう、REVOLOOPのバルブはシックです。こっちのが日本人には受けましょう。Tubolitoより安価だし。はい、コンチのロゴもオレンジじゃねーか、とかゆわない。

 

REVOLOOPインスト

REVOLOOPインスト

 

本来の用途は一発勝負やタイムアタックです。しかも、チューブレスのが快適だし、チューブラーのが軽量だ。

 

この二つのタイヤシステムを使える人には軽量チューブはレビュー用、計測用のネタアイテムでしかありません。か、内輪のイベントレースの景品とか、SNSのフォロワープレゼントとか。

 

おまけに海外通販の直販がこんな価格です。国内代理店があいだに入れば、Tubolitoが5000円、Revoloopが4000円に跳ね上がっちゃいます、きっと。CRCかWiggleが取り扱わないかな~。

 

このふたつのファンタジックチューブのあとではパナのR’airが安く見える・・・でも、76gが重く見える・・・

 

 

PS・減圧の経過

 

空気圧は最初の24時間で5bar→4bar、つぎの24時間で4bar→3.75barです。ラテックスみたいにばかすか抜けません。常用はぎり可能です。