薄歯と厚歯のチェーンとチェーンリングとコグ 用途や互換など

薄歯と厚歯、ヒトの歯の種類でなく、自転車のチェーンとチェーンリングのタイプのことです。『うすば』の自動変換の『薄刃』でなく、『薄歯』です、歯です、TEETHです。

 

スプロケの11TのTはこの頭文字Tです。オールド古参チャリダーは『丁』と言います。ザ・俗語です。

 

チェーンドライブのほかのベルトドライブやシャフトドライブはまた別個のものです。ベルトドライブはブリジストンによく付きます。内装3段、ハブダイナモ、ベルトドライブはアルベルトの三種の神器です。

 

シャフトドライブはめっきり絶滅危惧種です。キワモノマイナーレアドライブです。ぼくは実物をまだ見ません。

 

厚歯と薄歯のちがい

 

薄歯と厚歯の違いは次のとおりです。すなわち、薄歯=外装変速用、厚歯=シングルスピード、内装変速、固定ギア用です。

 

原則的に自転車のチェーンとチェーンリングのピッチは同一です。1.27cm=1/2インチです。8速用のピッチも11速用のピッチも同一です。

 

ですから、チェーンリングの歯の間隔も同一です。この値が異なると、チェーンが噛みません。フロントリングもスプロケットも同じです。

 

左・フロントリング 右・スプロケ

左・フロントリング 右・スプロケ

 

左が44Tのチェーンリング、右が44Tのスプロケです。リングはフロントシングル用のナローワイドタイプですから、歯先は長くなりますが、歯と歯の間隔はスプロケと同じです。

 

また、この1/2ピッチでトップギアの最小歯数が左右されます。ノーマルなシマノ/スラムのフリーボディの最小歯数は11Tです。

 

左SRAM 右SHIMANO スプロケットトップコグ

左SRAM 右SHIMANO スプロケットトップコグ

 

これより小さくできません。11Tが下限です。10T以下のギアを使うなら、シマノカプレオのフリーやXDドライバーを使います。

 

Novatec ハブ とXDフリー

Novatec ハブ とXDフリー

 

フリーの先っちょがオフセットして小さくなります。ピッチのサイズは不変です。台座を小さくしないと、ギアを小さくできません、あたりまえです。

 

かように間隔は一定ですが、幅は不定です。チェーンの幅はカセットの変速数で変化します。カセットのギア数が8、9、10、11、12と増えれば、一枚一枚のコグは薄くなります。

 

じゃあ、チェーンも薄く細くなります。こんなです。

 

左・11速用 右・8速用

左・11速用 右・ママチャリシングル用?

 

厚みがぜんぜん違います。でも、横幅のピッチは一定です。大は小を兼ねますから、右の8速用は11速のカセットやリングにかかります。

 

が、ぴたっとはまらず、ルーズにゆるがばします。挙句、ちょっとやそっとでチェーン落ちが起きます。

 

反対に11速用の薄いチェーンは8速の厚いカセットの歯に嵌りません。小は大を兼ねませんから。

 

とはいえ、兼用は好ましいものじゃありません。イレギュラーです。むりくり使えても、最大限の機能を発揮できません。町乗り車やお買い物自転車に留めましょう。

 

リング、カセット、チェーンを統一するのは基本中の基本です。

 

ピスト、BMX、ママチャリは厚歯

 

外装変速付きのスポバイのドライブはもれなく薄歯です。ロード、クロス、MTB、グラベルなどなどは薄歯です。

 

厚歯の車両はシングルスピード、ピストバイク、BMX、トリック系、トライアル、内装変速機、そして、安いママチャリです。

 

シングルスピードやピストバイクはスポーツ・競技系のバイクです。フリーホイールがシングルスピード、固定ギアがピストです。ピストの代表は競輪です。

 

 

ギアが空回りしません。クランク、カセット、ホイールは完全に連動します。ペダルを逆回転すると、ブレーキをかけられます。テクニカルです。

 

BMXはトリック系のちんまいバイクです。

 

 

走ったり飛んだり跳ねたり投げたりが基本スタイルです。競技もショートスタンスです。ロードバイクやMTBクロカンみたいにながなが走りません。変速は蛇足です。

 

内装変速は特殊です。ホイールのハブ内に変速システムがあります。歯車コグは一枚です。

 

 

まあまあのママチャリは内装変速や外装変速を持ちますが、やっすい1万のママチャリは1速です。

 

ママチャリチェーンとエンド

ママチャリチェーンとエンド

 

ここのつくりはシングルスピードやピストとおんなじです。左のナットをねじねじすると、チェーンのたるみを修正できます。非常に原始的だ。

 

厚歯の利点

 

厚歯系ドライブの利点は耐久性です。単純にパーツのユニットが分厚くなれば、強度が上がります。薄歯の11速チェーンはわりに神経質ですが、圧歯のシングルはタフボーイです。

 

チェーンの素材はだいたい鉄です。アルミは固すぎ、チタンは高すぎ、で、鉄が主流です。野ざらしにすると、ふつうにさびます。

 

しかし、上みたいなさっびさびのぼろぼろ、ノーメンテ、ノーオイル、野ざらし雨ざらしのガラクタがぜんぜん現役選手です。何年かに一回、たるみ取りをすれば、余裕で10年いけます。

 

一方、薄歯は数千キロで寿命を迎えます。ことさらに変速性能ががたっと落ちます。しゃりしゃり・・・からから・・・です。チェーンもカセットも短命です。

 

SRAM Eagleシリーズの12速用チェーンは11速よりワンモア短命でしょうね~。コグの厚みが変わらないと、13速、14速のチェーンはむりです。フリーがいまより長くなります、きっと。

 

厚歯の欠点

 

厚歯の欠点は重量と融通のきかなさです。とくに後者は1速自転車の最大の問題点です。ギア比を変えられない。ペダルの重さがずっと一緒です。

 

最初のギア設定をよくよく吟味しないと、遠乗りではひどく苦労します。こんな長い上りは苦手です。

 

六甲山頂へのラスト坂

 

ふつうのママチャリのギア比は前30前後、うしろ14前後です。スポバイのまんなからへんのギア数です。よくいえば万能、わるくいえば中途半端です。平地にはゆるく、坂には重し。

 

競輪は45-50、12-16前後です。完全平地用、てか、専用トラックコース用です。ロードバイクのアウタートップより低めです。坂道は眼中にありません。

 

BMXはトリックとレースでまちまちです。トリック系ではそんなに漕ぎませんし、サドルに座りません。ペダルやサドルはかざりです。ペグが本体です。

 

レースでは2.3~の軽めギアがふつうです。ママチャリよりちょい軽めです。コースにはこぶ山の上りがありますからね。

 

てなふうに用途別でギア比は十色です。最初からベストのギア比を出すのは至難のEXハードです。

 

シングルギアのチェーンは共通です。台湾チェーン屋のKMCがいろいろ出します。