50gの最軽量ブチルチューブ CONTINENTAL SUPER SONIC RACE 購入

自転車のタイヤシステムは3種です。チューブ内蔵のチューブラータイヤ、チューブなしのチューブレス、そして、タイヤと別途チューブのクリンチャーです。

 

チューブを押し込む

チューブを押し込む

 

性能上のPROSはとくにありませんが、気軽さと割安さからひろく普及します。弱点は耐パンク性とおもさです。

 

で、このどちらかを解消しようとすると、どちらかを犠牲にしなければなりません。軽量薄型チューブはすぐにパンクする。耐久厚型チューブはおもくなる。なやましいところです。

 

一般的なロードバイク乗りは多少のCONSに目をつむって、軽量化てゆう呪文には無条件でハフハフしてしまいます。かるさはロマンだ! 最後のファンタジーだ! ハフハフハフ!

 

そんなわけで新しい軽量チューブがうちにとどきました。

 

CONTINENTAL SUPER SONIC チューブ

CONTINENTAL SUPER SONIC チューブ

 

ドイツ、オレンジ、コンチネンタル、スーパーソニッッック! シュワルベを信仰する敬虔なシュワルベッタントのB4Cが浮気しました。ひとえにかるさのせいです。シュワルベには軽量チューブがない。

 

軽量チューブ いろいろ

 

クリンチャーチューブの最軽量はながらくSOYOのラテックスチューブでした。天然ゴム製の薄型軽量高級チューブです。価格はざっと2500円です。目の玉が飛び出ます。

 

これよりおとくなVredestein版のラテックスチューブは通年に品薄です。たまーに海外通販の在庫がちょろって復活します。1500-2000円です。

 

で、これらの50g前後のチューブの栄光は新世代のポリウレタンチューブの登場で過去のものとなりました。TubolitoとREVOLOOPはそれぞれ40g前後です。

 

左・TIOGA UL 中・REVOLOOP 右・Tubolito

左・TIOGA UL 中・REVOLOOP 右・Tubolito

 

左のTIOGA ULチューブがごっつく見えます。でも、これは70gの薄型ブチルチューブです。かさがぜんぜんちがいます。

 

ポリウレタンチューブの弱点は価格と調達性のわるさです。2018年の春先から流通が開始されまして、2クールが経過しますけど、ドイツ系の通販ストアにしか在庫が出回りません。

 

そして、TUBOLITOは3500円、REVOLOOPは3000円です。送料がかかると、単価がさらにあがります。コストパフォーマンスは最悪です。でも、真・最軽量チューブです。

 

Tubolito 700c 実測重量41g

Tubolito 700c 実測重量41g

 

キャップと輪ゴム付きの実測が41gです。ラテックスやTIOGA ULやRAIRがかすみます。前後セットで差は倍にひろがります。

 

もっとも、ロードタイヤへのシーラントの目安は30ccですが。

 

シーラント30cc

シーラント30cc

 

空気量と転がり抵抗

 

タイヤとホイール的にはインナーチューブはまぜものです。ぶあついチューブは足回りのピュアさをそこねます。チューブラーさえがこの欠点をかかえます。

 

チューブラータイヤのチューブ

チューブラータイヤのチューブ

 

で、チューブの容積がかさむと、空気の容積がけずられます。結果、のりごこちがわるくなる。そして、ゴムの変形で余分なエネルギーが消費されて、転がりがわるくなる。

 

薄型軽量チューブでチューブのかさを減らせば、空気の入れ代がふえます。のろごこちがよくなって、転がりがよくなる。

 

チューブなしのチューブレスののりごこちの良さところがりの軽さはここに起因します。システムにまぜものがない or まぜものの容量が小である。

 

おまけに耐パンクが上がって、ピンホールは自動的にふさがる。いいことづくめです。これは理想的なシーラントのなじみです。

 

よくなじんだシーラント

よくなじんだシーラント

 

難点は乾燥です。これはだめなシーラントの末路です。

 

チューブラータイヤのチューブ内で固着したシーラント

チューブラータイヤのチューブ内で固着したシーラント

 

ホムンクルスみたいですね、ははは。ハヤク、ニンゲンニ、ナリタイ・・・

 

熱に弱いラテックスとポリウレタン

 

ラテックスチューブとポリウレタンチューブの共通の弱点が熱です。リムがブレーキの摩擦熱で100度オーバーの高熱になるリムブレーキ用のカーボンホイールへの装着は基本的にNGです。

 

もちろん、ディスクブレーキ用のホイールは例外です。DBのリムはホッカホカになりません。

 

REVOLOOPインスト

REVOLOOPインスト

 

でも、DBリムはチューブレスフレンドリーですし、ワイドリムです。ナローリム用の700×23-25cの軽量チューブはややミスマッチです。

 

やはり、軽量チューブの活躍の場は旧式のリムブレーキ用のクリンチャー用のロードバイクホイールです。リムのおもさをタイヤとチューブで相殺して、チューブラーシステムのかるさに近づける。

 

フロント810g

フロント810g

 

「ひとおもいにチューブラーを使えよ」てのはやぼなはなしです。チューブラー=上級者向けのイメージにライトユーザーは戦々恐々します。OSソフトのLINUXみたいなもんですか。

 

Windows=クリンチャー、MAC=チューブレス、LINUX=チューブラーです。

 

総合力の軽量ブチル

 

で、軽量ブチルチューブです。これは熱にやられませんし、アホみたいなびっくり価格でユーザーをおどろかせません。1200-1500円です。国内、海外の調達性は十分です。

 

パナレーサーのRAIRやUL系のチューブは70g前後です。

 

パナレーサーRAIR 16-23 700 重量

パナレーサーRAIR 16-23 700 重量

 

30-40gのポリウレタンチューブのせいでこのクラスのチューブの特別感がうしなわれました。現代的には70gはふつチューブです。軽量化ロマンスは成立しません。

 

で、上段のコンチネンタルスパーソニックです。これのカタログ値は50gです。VREDESTEINのラテックスに匹敵し、SOYOラテックスに迫ります。

 

同クラスのブリジストンEXTENZAの超超薄型タイプは2000円オーバーです。しかも、台湾製だし。このコンチのスパソニは半額です。

 

最軽量ブチル

最軽量ブチル

 

TUBOLITOとならべましょう。うすさがひかります。パンクのオーラがにわかにただよいます。これは長持ちしないで~。

 

TUBOLITOに迫るコンパクトさ

TUBOLITOに迫るコンパクトさ

 

輪ゴムなし、ナットなし、キャップなしの実測です。きっかり55gです。

 

55g

55g

 

タイヤセットです。

 

タイヤとチューブで640g

タイヤとチューブで640g

 

640gです。-110=530。530/2=275。CX用のコンチネンタルスピードキングが275gです。タイヤ幅は32cです。

 

ディスクブレーキホイールにぶわって装着します。

 

軽量ツーリングホイール完成

軽量ツーリングホイール完成

 

決戦用超軽量ゆったりツーリングホイールが完成しました。ホイールが1350g、ディスクローターが200g、タイヤチューブが640g、計2190gです。そこらのしょぼいロードの足元よりぜんぜん軽量です。

 

リム比較はさらにかるくなります。フックレスリム280g、タイヤ275g、チューブ55g、計610gです。せこせこらくらくホイール!

 

これはデュラエースC24のカーボンコンポットナローリム385g、パナジラー155g、パナRAIR75gの国産愛国セットとどっこいです。てか、クリンチャーで300g以下のリムはほぼない。

 

勝った! でも、ふつうのツーリングに使うなら、40cクラスのチューブレスにします。こんな薄いチューブではグラベルのひとつもできやしない。

 

CRCの在庫が安価です。RAIRと同レベです。これとタイヤで海外通販デビューしましょう。amazonの並行輸入や割高ですし、国内正規の取り扱いはなさげです。

 

Continental Race 28 Supersonic チューブ
Continental Race 28 Supersonic チューブ

定価 1900-2309円
割引 42%
特価 1284-1350円

※2018/10/02 22:05:10のchainreactioncycles.comの価格