報酬1000円⇧連発! 出前館の配達員募集

ハブのシールドベアリングの整備 汚れ除去してグリス塗る


  • ホイールの回転が渋くなった
  • ベアリングがごりごりする
  • 雨で暇

そんなときにはハブのメンテをしましょう。

まず、車輪を外します。

ETRTO451 リアホイール
ETRTO451 リアホイール

おなじみの工具でスプロケットを外します。

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ
左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

でやあ!

ひんむきました。久々のむきだしフリーボディです。オイルででろりんちょ。きれいなアルマイトブルーがだいなしです。

SRAM/シマノフリーボディ
SRAM/シマノフリーボディ

ところで、うちのハブのフリーはレンチなしで外れるゴムパッキンのタイプです。そもそもレンチをかます平面がありません。手でくるくる回して外します。

フリー分解
フリー分解

めっちゃゆるゆるやったけど。ジュースの蓋よりかんたんに外せる。トルクゼロです、はは。

ちなみにカップアンドコーンのハブはこんなにイージーじゃありません。サブチャリのGIANT ROMA3のハブはカップアンドーコーンで、これの分解には17mmと15mmレンチが必要です。

メンテの楽チンさはシールドベアリングの特徴です。

それから、このキャップ、左右別です。写真撮ってて助かりました。フリーボディーとシャフトを抜いて、待望のハブの中身を伺います。

ハブ内部シールドベアリング
ハブ内部シールドベアリング

鉄球もろみえのカップアンドコーンでなく、シールドベアリングです。カップ&コーンよりメンテナンスが楽です。

ゴムのシールをはがしましょう。ぼくは安全ピンを使いました。(ハブ側のシール摘出写真を忘れました。下はローター側です)

シールの中です。

約3000km走行したグリスの状態
約3000km走行したグリスの状態

外からパーツクリーナーと熱湯をぶっかけて、きれいにしました。

パーツクリーナーと熱湯でぴかぴかに
パーツクリーナーと熱湯でぴかぴかに

このあと、ドライヤーでからからに乾かします。水気が残ると、サビが出ます。グリス周りは水気厳禁です。

グリースはいつものエーゼット万能グリースです。メルヘン価格のデュラグリスよりグッドグリースです。

AZ万能グリース
AZ万能グリース

これをでろでろにぬりたくります。

グリスアップ
グリスアップ

ぼくはこんなふうにグリスですきまをなくす感じにします。高グリスをちょびちょび塗るより効果的でしょう。このあと、ゴムパッキンを戻します。

ローター側も同じようにグリス入れます。もう手がべっとべとです。

反対側も
反対側も

パッキンシールして、ハブ側は完了です。つぎはフリーボディです。

ボディにもシールドベアリングがあります。

フリー
フリー

ハブと全く同じシールドベアリングです。ゴムシールだけ剥がして、リテーナーの外からパーツクリーナーと熱湯をぶっかけます。

フリーボディーはちっこくて洗いやすいので、ジョイで丸洗いしました。友達の掃除屋いわく『ジョイが油汚れにいちばん! 業務用よりよく落ちる』だそうです。

灯油やガソリンよりいいにおい~です。ミントの香りのさわやかパーツクリーナーとかありませんかねー。

グリスまみれにして、シールをパッキンです。ホイールに組みなおして、しばらく手動クランクで回して、グリスをなじませます。

このとき、キャップを締めすぎて、フリーのフリー機能をストップしてしまいました。逆回転で逆に回るし、ピストじゃないか。

ちょっとあせりましたが、キャップをてきどにゆるゆるにしたら、すんなり直せました。だから、あんなにゆるゆるやったんか。

ちなみにグリス入れ直後の回転はまったり重めです。50kmぐらい走ると、いい感じにこなれてきます。

ミニベロは回転命ですから、グリスアップの効果は少なくありません。ミニベロチャリダーは挑戦してみてください。

あと、でろグリスよりさらグリスの方が回転性能にはベストです。ぼくは持ってませんから、でろグリスを使っていますけど。