ディスクブレーキアダプターでリアのローターを160mmから180mmへ

以前、フロントホイールのディスクブレーキローターを160mmから180mmにアップデしました。

 

180mmローターセット

 

で、これはポン付けでフロントフォークにのっかります。ROCKSHOX YARIのディスクブレーキ台座のデフォルトが180mmサイズですから。

 

ROCKSHOX YARI BOOST

ROCKSHOX YARI BOOST

 

一方、フレームのリアの台座のデフォルトは160mmです。

 

フレームのディスクブレーキ台座

フレームのディスクブレーキ台座

 

たんにローターをでっかくしても、ブレーキキャリパーとの干渉をまねいてしまいます。台座の底上げが必要です。

 

ディスクブレーキアダプター登場

 

で、ディスクブレーキのローターの大型化のための台座の底上げにはディスクブレーキアダプターをもちいます。

 

こんなです。

 

ディスクブレーキアダプター

ディスクブレーキアダプター

 

~1000円のスモールパーツです。

 

横顔です。

 

ディスクブレーキアダプターサイド

ディスクブレーキアダプターサイド

 

シンプルな底上げ、かさましです。これをフレームの台座に取り付けて、そのうえにブレーキキャリパーを取り付けます。

 

長いねじと山盛りのワッシャをめちゃめちゃかませれば、同様の効果を得られるかも?! ようはかませですし。

 

アダプターの注意点

 

ポイントはサイズと形状です。ディスクブレーキの台座にはいくつかの規格があります。

 

  • インターナショナル
  • フラットマウント
  • ポストマウント

 

ポストマウントが標準的、フラットマウントが新鋭のディスクロード、インターナショナルは旧規格です。

 

このミニベロのフレームの台座はインターナショナルです。ボルトが横付け=インターナショナルです。

 

Formula Rx 油圧ディスクブレーキャリパー

Formula Rx 油圧ディスクブレーキャリパー

 

アダプターはインターナショナル to ポストマウントです。インターナショナルのブレーキ本体はすでに消えました。ポストマウント to インターナショナルはありません。

 

最近、フラットマウント to ポストマウントもちらほらあります。

 

「なぜにMTBフレームにわざわざ弱いフラットマウントを使う?」て声が支配的です。かんたんです。シマノの新規格だからさ!

 

下り系のバイクにはフラットマウントはナンセンスです。結局、アダプターの二段重ねで180mm用にしないといけないし。

 

かりに200mmクラスを使うなら、140mmフラットマウント台座:アダプター:アダプター:アダプター:ブレーキキャリパーて段々畑になります。本末転倒です。

 

アダプター換装

 

作業です。ポストマウント160mmの台座からブレーキを取り外して、リア用のアダプターをセットします。

 

アダプターをマウント

アダプターをマウント

 

アダプターの取り付け方向がややミステリーです。商品のロゴ方向に従って、この向きにマウントしました。

 

つづいてブレーキを仮止めします。

 

ブレーキキャリパーをマウント

ブレーキキャリパーをマウント

 

うん、べつにへんじゃありませんね。この時点でブレーキがローターから10mm離れます。うかつにレバーを握らない。

 

ディスクローター交換

 

ホイールのディスクローターをサイズアップしましょう。

 

SNAILの160mmディスクブレーキローター

SNAILの160mmディスクブレーキローター

 

SNAILの160mmフローティングローターがちいさく見えます。現実、SRAM EAGLEの50Tスプロケがでかすぎる。

 

このローターのブレーキ力はそこそこです。しかし、音がそこそこ鳴ります。キュキュ系です。

 

これを取り外して、ハブの台座をワイプオールでふきふきします。

 

ハブの台座のよごれ

ハブの台座のよごれ

 

こまかいダストはこんなところにまで侵入します。回転駆動系と塵芥のたたかいは永遠の宿命です。

 

あたらしいローターは一枚物のシンプルなAvid G3です。

 

ボルトを対角線で増し締め

ボルトを対角線で増し締め

 

180mmローターを使って、ようやくスプロケと肩をならべられます、ははは。ボルトのソケットは星形です。トルクスのT25サイズで対角にちまちま増し締めします。

 

パッドのクリアランス調整

 

パッドとローターのあたりです。左側のパッドの掛かりがすこし浅く見えます。まあ、これは誤差の範囲でしょう。

 

パッドとローターのあたり

パッドとローターのあたり

 

ところで、ディスクローターは使用で摩耗します。ブレーキキャリパーのピストンはそれに合わせて、一定のクリアランスを保ちます。

 

で、あたらしいピカピカのローターはおふるのローターより必然的に分厚くなります。たいてい部分的干渉でシャリシャリ音が出ます。

 

てことで、ピストンをへら状のものでこじって、キャリパー内にひっこめます。バターナイフやペーパーナイフがおすすめです。

 

ピストン戻し

ピストン戻し

 

マイナスドライバーでごりごりやると、しばしばピストンをぶち割ってしまいます。実際、ぼくはそれでキャリパーをジャンクにしてしまいました。

 

HOPE-E4のピストン

HOPE-E4のピストン

 

このピストンは陶器みたいなものです。圧、熱、摩耗には無敵ですが、衝撃にはぽんこつです。とくにふちはパキッて欠けます。

 

ピストンを押し込んで、すきまを確保しました。ここからてきとうなクリアランスを出します。

 

ローターのクリアランス調整

ローターのクリアランス調整

 

コツはボルトの仮止め→ホイールの空転の繰り返しです。増し締めでブレーキキャリパーはびみょうにズレます。

 

無音のスイートスポットはシビアです。前後のボルトをちょこちょこ締め緩めしながら、手探りでそれを発見します。

 

屋内ではクリアランスがはっきりしません。光量が足りませんし、覗き込む姿勢で照明が遮れられて、ポイントが暗くなります。

 

玄関先であかるいときにやりましょう。

 

不均一に飛び出たピストン

不均一に飛び出たピストン

 

水研ぎ

 

新品のローターはつるつるです。当たりがゼロです。慣らしブレーキをすれば、すばやく当たりを出せます。

 

一気にやるなら、水をローターにかけて、急ブレーキをくりかえします。即席の水研ぎですね。2、3回くりかえせば、当たりを出せます

 

で、ぞんぶんにあそぶ。

 

秘密の練習場

秘密の練習場

 

MTB
B4Cをフォローする
B4C "Beloved Bikes Build Best Cool"