自転車で稼ぐ! Uber Eats 配達パートナー募集中

街乗りMTBあるある いろいろ狭すぎ問題多発地帯、それが街

登山にヒールで来ちゃうおちゃめな女子はフォーマルなハイカーの絶好のターゲットです、「ねーちゃん、山を舐めんなよ!」て。

反対に登山靴やトレッキングシューズで街中を練り歩いちゃうアウトドア大好きおじさんもおされな都会人の失笑をさそいます、「そんな重い靴で疲れません?」と。

自転車界の登山靴、トレッキングシューズにあたるのがMTB、マウンテンバイクです。名前のまんまに山チャリです。主戦場はオフロードだ。

かえる岩
かえる岩

ちなみにロードバイクはランニングシューズ、クロスバイクはクロッカス、ママチャリはサンダルです、ぼくのイメージでは。

で、この登山バイクで町を走ると、さまざまミスマッチングにぶちあたります。街乗りMTBあるあるを特集しましょう。

街乗りMTBあるある

ところで、MTBはバラエティに富みます。小型のBMXやトリックバイクはストリート系の文化と密接に結びつきます。これは都会派のMTBです。

また、二昔前の26インチのMTB、リアサスなしのハードテイル、サスゼロのフルリジッドも街乗りに適します。ここらの使い勝手は悪くありません。

26インチのオールドMTBはほぼクロスバイクです。で、クロスバイクは街乗り最強王です。

ちょいサス、Vブレーキ、ハードテイル、フロントトリプルは全世界的にジャスティスです。

台北の自転車乗り
台北の自転車乗り

他方、ごっついフルサスの本格MTBは街乗りにはオーバースペックです。アメ車で日本の都市部を走るようなものだ。

私の愛馬は凶暴です
私の愛馬は凶暴です

使い勝手は赤信号や混雑でストップアンドゴー地獄を食らうロードバイクとどっこいです。競技クラスの機材は街乗りにはほんとに不遇です。つよみが活きない。

で、街乗りロードあるあるも無数にありますが、今回は街乗りMTBあるあるです。

車止め狭すぎ!

競輪やロードバイクのハンドル幅は40cm前後、クロスバイクやママチャリは50-60cmしかありません。かたや最近のMTBのハンドル幅は70cmをゆうにこえます。

新旧ハンドルの長さ比較
新旧ハンドルの長さ比較

となれば、相対的にあれが手狭になります。遊歩道の入り口にたちふさがるあれです。

はい、車止め。

猪名川サイクリングロードの車止め
猪名川サイクリングロードの車止め

しかも、ハイライズバージョンです。ポールが車体のもっとも幅広なハンドル部分まで迫ります。なまなましい傷跡が歴戦の勇者の風格をただよわせます。

クリアランスは1cm
クリアランスは1cm

しかしながら、これをセクションとみなせば、うへえとわめかず、俄然に前のめりになります。それがMTBerです。

「おれの車幅感覚が火を噴くぜ!」

スタンディングスティルの過剰使用

街乗りの風物詩が信号止めです。都心部では数百mごとに信号がまちうけます。こんところに信号が要る?! てところにしばしばりっぱな信号機があります。

ふつチャリダーは毎度のストップアンドゴーにいらいらしましょう。MTBer乗りはちがいます。

ここでスタンディングを使わずにいつ使うの? いまでしょ! どん!

スタンディング
スタンディング

ここぞとばかりに磨きに磨いたスタンディングスティルを公衆にひろうします。青信号までしっかりキープできれば、中学生や若者のかっさいを浴びられます。

実際、赤信号の待機時間はスタンディングの練習にはベストな時間です。欠かさずにやればメキメキ向上します。

ネバー立ちこぎ

MTBerは本気を出すと、サドルに座りません。ケツを固定してしまうと、重心を変えられませんから。これはオフロードやトリックではいのちとりです。

で、サドルにどっかと座ると、こういうふうにOFFになります。

電源オフ
電源オフ

おそらく、MTB乗りのケツにはなんらかのスイッチがあります、ははは。

バイクラック狭すぎ

一昔前のオフロードタイヤは2インチ前後でした。クロカン用などは1.9インチ! とかでした。

現代のタイヤトレンドでは2インチアンダーはありえません。2.0-2.20が細め、2.30-2.50がふつう、2.60-3.00が太めです。

じゃあ、駅前やスーパーの駐輪場でこういう悲劇が起こります。

太タイヤの受難
太タイヤの受難

バイクラック狭すぎ!

ぼくの行動範囲ではこのガッシャンタイプのバイクラックの規格は一種類で、クリアランスは一定です。3インチのセミファットは絶対に入りません。

無情のおしらせです。

バイクラックのタイヤ幅目安
バイクラックのタイヤ幅目安

タイヤ幅は55mm以下です。1インチ=25.4mmです。てことは、2.2インチが事実上のボーダーラインです。細身タイヤだけが生き残れます。

あと、タイヤ高の51mm以下はディープホイールキラーです。うちのお買い物号のフロントはセミディープですが。

ディープママチャリでスーパーへGO
ディープママチャリでスーパーへGO

まあ、主婦はロードにもMTBにも乗りませんし。街はクロスバイクと電動アシストとママチャリのものです。

ママチャリの支配化にある日本国
ママチャリの支配化にある日本国

動画バージョンです。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

実質ロードホイール世界最安のPBK

PBK=Pro Bike Kitも英国の自転車通販専門店です。名物はロードバイクのホイールで、特にフルクラムとカンパニョーロがお値打ちです。実際、レーゼロの過去最安値69800円はここで出ました。

うちの特別クーポンコード [ B4CSAVE10 ]で30000円以上の対象の商品が10%オフ、最大4000円引きになります。今や貴重なレーゼロやシャマルの2-WAYがこれで世界最安です。

MTB
B4C