緊急事態で需要急増中! Uber Eats

Continental GP5000 TL コンチのチューブレスタイヤをGET 重い!厚い!

近代のロードバイクの足回りはタイヤ+空気入りチューブのクリンチャーシステムです。糊付けタイヤのチューブラーシステムの後を受けて、りっぱに大役を果たしました。

また、あまたの自転車乗りにパンクのトラウマを植え付けました。クリンチャーシステムの光と影です。

空気チェック
空気チェック
💰Uber Eats 初回クーポン限定版

Uber Eats で最も実用的なクーポンは初回限定クーポンです。

新規ユーザーさんは以下のコードで1800円割引を受けられます。

このサイトの特別限定コードは [ eats-jsx829 ]です。何と送料、手数料も削れます。料理1500円(手数料10%)+送料150円以下=実質0円飯!

使い方:インストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

ロードチューブレス時代幕開け

このクリンチャーシステムのピークは2015年ごろです。2015年前後からロード用のチューブレスシステムがぽつぽつと現れます。

オフロードはとうにチューブレス、新興のオールロードもこの流れを汲みます。

3T Exploro グラベルバイク
3T Exploro グラベルバイク

で、外堀が埋まるようにロードバイクのタイヤシステムのトレンドがじわじわ切り替わります。

とくに4大ロードホイールメーカーのMAVIC社がチューブレスに前のめりです。同社のUSTは自転車のチューブレスシステムのオリジンのひとつですから。

また、MAVICのタイヤはHutchinson製です。で、Hutchinsonはフランスの大手ゴム屋さんです。看板商品はゴム長靴。そして、自転車チューブレスタイヤもおはこだ。

タイヤメーカーのチューブレスの動向

タイヤメーカーのチューブレス化への方針はばらばらです。MTB用のチューブレスをしても、ロード用のチューブレスをしないとかします。

積極派は、

  • Hutchinson
  • シュワルベ
  • IRC

などです。

消極派は、

  • ミシュラン
  • ヴィットリア
  • コンチネンタル

などです。ミシュランはロードクリンチャーの元祖的存在です。ヴィットリア、コンチネンタルはクリンチャータイヤの人気No1.2にかがやきます。

ことさらにコンチのGP4KSII、Continental Grand Prix 4000S IIはクリンチャータイヤのロングセラーのベストセラーです。

クリンチャー用のハイエンドロードタイヤでいちばん売れたのがこのタイヤでした、たぶん。

特徴は、

  • 長持ち
  • 耐パンク
  • 太め
  • 固め
  • どや顔のおばちゃん

です。ロードのクリンチャーを象徴するモデルです。そして、WiggleでGP4000 SIIのペアを買うのが清く正しい海外通販の第一歩です、ははは。

あいにくとぼくは定番のGP4KSIIを買いませんが、アーバン用のCONTACT IIとシクロクロス用のSPEEDKING、チューブラーのSPRINTERを使います。

あ、50gの軽量ブチルのSUPER SONICを忘れない。

CONTINENTAL SUPER SONIC チューブ
CONTINENTAL SUPER SONIC チューブ

て、コンチをまあまあ使いますが、とくに好印象を覚えません。若干、タイヤのゴム感がぼくの好みよりドライでハードです。もちもち感がやや足りない。

ぼくのお気にNo1はシュワルベです。オンロード、オフロードで愛用します。

schwalbe thunder burt
schwalbe thunder burt

てことで、ぼくは好みからコンチのタイヤをチョイスしませんが、目新しさと話題性にひかれて、またまたここの新作を購入してしまいます。

Continental-GP5000-TL
Continental GP5000 TL

はい、GP4000の正統後継者のGP5000です。旧態依然のクリンチャーモデルではありません。TLのとおりにTube Lessです。コンチのチューブレス!

GP4000系がながらくバカ売れして、ナンバリングの新作が延び延びになりましたが、ついに桁数がくりあがって、完全新作の5000が販売されました。

ために旧作のGP4000がセール価格です。二本セットが海外通販で8000円ぐらいだ。一方の5000CLは7000円、5000TLは8000円です。

ちゅ、チューブ代が浮くから・・・

実物です。

GP5000のおひろめ
GP5000のおひろめ

ちっこいドイツの国旗マークがいかします。このデザインはきらいではありません。

コンチのTLはピュアチューブレス?

おニューのタイヤをまっさきに自転車にのっける自転車乗りはいません。自転車乗りが最初にのっけるのははかりです。

つべこべゆわずにどーん!

gp5000 tlは300gです
gp5000 tlは300gです

はい、302gです! おっも! 700x25cのレベじゃねーぞ!

つーても、カタログ値は300gです。これは重量詐欺ではありません。TLタイヤはCLタイヤよりおもくなります。

しかし、ロード系のチューブレスが300gを超えるのはまれです。だいたい250-270gですね。+30mlのシーラントで計300gだ。

タイヤ単体が300gを超えるのは非常事態です。コンチのプレスリリースや方々のふんいきではこのGP5000 TLはピュアチューブレスのようです。

チューブレスとチューブレスレディ

ところで、さっきからチューブレス、チューブレスとはやしたてますがこのチューブレスは正確には『チューブレスレディ』です。

シーラント移し
シーラント移し

パンク防止剤のシーラントの使用を前提にするのがチューブレスレディ、タイヤだけで使うのがチューブレスオンリーです。

オフロードの『チューブレス』はほぼ『チューブレスレディ』です。タイヤとシーラントで運用します。ピュアチューブレスは少数派だ。

また、ピュアチューブレスに少量のシーラントをおまじない的に入れるのはふつうです。手軽に自動回復効果を得られますから。

タイヤだけでチューブレス化するピュアチューブレスタイヤはえてしてチューブレスレディタイヤより重くなります。

で、コンチネンタルのロード用のTLモデルはピュアチューブレスのようです。チューブレスレディーじゃない。じゃあ、この重さのわけが分かります。

チューブレスレディ=STANS

ところで、チューブレスレディ、チューブレスレディと軽々しく口にしますが、これは一般名詞でなくて、STANS社の商標です。

クロネコヤマトの『宅急便』みたいなものです。STANS社がチューブレスレディの特許を多く抱えます。リムテープ、シーラントは業界標準です。

STANS NOTUBE ラテックスシーラント
STANS NOTUBE ラテックスシーラント

つまり、『チューブレスレディ』は同社の専売特許です。ほかの企業はこれを使えません、西濃運輸や佐川急便が『宅急便』を名乗れないように。

で、各社のチューブレスシステムの呼称はさまざまです。

  • WTB=TCS=Tubeless Compatible System
  • Panaracer=TLC=Tubeless Compatible
  • Schwalbe=TLE=Tubeless Easy
  • カンパ=2WayFit

などなど。名前はちがえど、中身はにたりよったりです。タイヤ+シーラントです。

細部を見ましょう。チューブレスの気密性のかなめのビードです。

左・5000-TL-右・SPEED-KING-CL
左・5000-TL-右・SPEED-KING-CL

左が5000TL、右がSPEEDKING CLです。サイズは700×25と700×32です。にもかかわらず、TLのビードのが肉厚です。

タイヤサイズの厚みも別物です。SPEEDKINGはぺらぺら、5000TLはしっかりです。

TL対CL
TL対CL

おかげでこのスピキンはシクロ用にして、280gしかありません。ロード用のTLよりぜんぜん軽量です。

ただし、シーラントを入れても、完全に密封できません。強制チューブレス化は不可でした。ざんねん!

で、TLモデルがここまでおもくなると、チューブレスの強みの転がり抵抗は下がります。かるいCLのが転がる。

この結果はTL版のカタログ値からすでに予想済みです。しかし、コンチネンタルはあえてアンビバレンツな重量級のロード用のピュアチューブレスを世に問いました。

じつにおもしろいではありませんか。ぼくはちょい乗り用のフラットバーロードに取り付けて、その意図を探ろうと思います。

ぱぱって取り付けて、7barまで入れて、タイヤ幅を実測しました。

26mm-7bar
26mm-7bar

リム内径は18mmです。あら、意外と横にふくれません。GP4000のイメージとちがいます、ははは。

DTの手組チューブレスにセット
DTの手組チューブレスにセット

ひかえめなデザインがDTのリムとマッチします。乗り出しがたのしみです。

とあるタイヤの高速換装(インストール)

一昔前のチューブレスの印象は最悪でした。

「着脱しにくい」

「ビードが上がらない」

この二つのCONSが致命傷となって、普及がすこし遅れました。しかし、人間より商品の方がさっさと進歩します。リムもタイヤもよくなった。

さらに昨今のワイドリム化のチューブレスを後押しします。一昔前のC13やC15リムはタイトです。バルブ付近があやしくなります。

先代のミニベロ用のホイールはC13でした。リムの内側はきっつきつです。でも、気合でむりやりチューブレス化できましたが。

バルブとビード
バルブとビード

で、最近のチューブレスシステムはユーザーフレンドリーになりました。取り付けはかんたんで、ビードはらくにあがります。