報酬1000円⇧連発! 出前館の配達員募集

自転車乗りのズボンの右裾が黒く汚れてる訳


街乗りマウンテンバイク、山のバイクを町で乗る、そのミスマッチの妙はイチゴ大福、とり天うどんに匹敵すると世界規模の極秘の大会で暗々裏に決定されました。

ふつうの街乗りチャリダーのスタイルはこんなところでしょう。キャップ、リュック、上着、ジーパン、スニーカーです。

自転車の特性的に腰から下の部位が格好のあるあるを巻き起こします。

街乗りMTBあるある第3回

この街乗りMTBあるあるシリーズは第三弾です。一回目、二回目のあるあるネタはこんなところです

Vol.1

  • 車止め狭すぎ問題
  • スタンディングし過ぎ問題
  • たちこぎし過ぎ問題
  • バイクラック狭すぎ問題

Vol.2

  • 家の玄関の扉狭すぎ問題
  • 階段に行ってしまう問題
  • 駐輪場アウェー過ぎ問題
  • サスを可変させすぎ問題

出尽くしたかと思いましたが、実際に街乗りして、GoProで撮影しながら走ったら、あれこれ発見できました。で、第三弾がめでたく完成しました。

どうにかこまかいネタを見つけて、第五部までシリーズ化しようと思います。街乗りMTBレクイエムを・・・

道のごみを踏みに行く

マウンテンバイクのタイヤはごっついでっかいブロックタイヤです。ロードの細タイヤ、クロスのふつタイヤとは一線を画します。

とくにぼくのMTBのタイヤはごりごり下り系のやつです。MAXXIS MINION DHR II 29×2.4ですね。オフロード最強タイヤの一角です。

DH系タイヤ
DH系タイヤ

おもさは1kgをゆうに越えます。圧倒的走破性で荒れ地をごりごり乗り越えます。クロカンタイヤとは違うぜ!

シーラントがもれる
シーラントがもれる

で、こうゆうタイヤを装着して、さらにシーラントでチューブレス化すると、最強防御+自動回復のスキルを発動できます。まず、日常使用ではパンクしない。無敵!

てことで、ふつうのチャリンコ乗りが避ける道端のあれこれをわざわざ蹴散らしに行きます。

ことさらに松並木にあるまつぼっくりは破壊衝動を掻き立てます。

まつぼっくりに魔の手が!
まつぼっくりに魔の手が!

ペットボトルや空き缶をゴリゴリ踏むのはマナー的にちとNG(踏まんと拾えよ!)ですが、 落ち葉や枯れ枝やまつぼを粉砕するのはぜんぜんOKです。

え、自然物はノーカンでしょう?!

また、このまつぼっくりは断末魔に良い声で鳴きます、パキパキとね、ククク・・・大きさ、硬さがじつにコンフォートです。

まつぼっくり
まつぼっくり

てか、『ぼっくり』て、なに? ※ふぐり、ふくろの変形だってさ!

ズボンの右すそ汚れすぎ

自転車のスタイルはそれぞれです。ぼくの街乗りそれはジーパンスタイルです。

で、なぞの方程式で半自動的に街乗り=ジーパン=リーバイス=501が成立します。はたまた、エドウィン=503=ブラピ。

リーバイス501のすそ
リーバイス501のすそ

とにかく、ごくごく平凡なストレートタイプの長ズボンのすそはわりとピロピロします。ペダリングにはまあまあじゃまだ。

スリムタイプ、テーパータイプのが街乗りには適します。ブーツカット、末広がりのフレアタイプは最悪です。

右足のすそは必然的にこんなです。ザ・不可避。

しかし、デニム地はましです。ベージュ、白、温色系のよごれはもっともっと目立ちます。

もっとも、汚れくらいはたいした問題じゃありません。ほんとの恐怖はすその巻き込みです。固定ギアのピストで裾を巻き込むと、リアルに事故りますで~。

靴底えぐれる

マウンテンバイクのペダルはピン付きのフラットペダルです。

薄いペダル
薄いペダル

街乗りビンディングペダルは往々にコスプレになりかねません。シューズの選択肢も減ります。ふつうのハキモノ+フラペがジャスティスです。

が、ふつうのハキモノ、スニーカーやサンダルの靴底はそんなにタフネスではありません。とうぜん、スチールのピンには負けます。

靴底の惨劇
靴底の惨劇

あっとゆうまにえぐれます。もっとも、ぼくはふつうに使っても、一年でシューズを履きつぶしてしまいますけど。

asics ランニングシューズ 使用後
asics ランニングシューズ 使用後

なんでこうなった・・・

舗装路あるのに未舗装路に入る

本気で街中でアクロバティックなライドをする自転車ジャンルは『アーバンライド』とか『ストリートライド』とかゆわれます。

Youtubeで海外の自転車乗りの動画を見ると、きわめて異次元レベルな配信をどっさり拝めます。

有名どころは

Danny Macaskill

Fabio Wibmer

Sam Pilgrim

Tom Cardy

とかです。ばけものぞろいです、ははは。

一方の平凡な街乗りラーはその域まで達しませんが、心にはマウンテンバイクのスピリッツを秘めます。

ゆえに舗装路のところどころに現れるちょっとしたオフロードゾーンにはほいほいと吸い込まれます。

オフロードへ
オフロードへ

この間に舗装路を行くママチャリやジョガーに抜かれても、ぜんぜん意に介しません。ワイルドでしょう?


MTB
B4C