油圧ディスクブレーキのホースのカットと長さ調整

2017年5月の上旬にめでたく完成して、同月下旬にビワイチ+自走+迷い道の330kmの大役を果たした愛機のセミデミ号です。

 

湖北

湖北の夕暮れ

 

こいつはバラ完の第一号です。しかも、BOOSTのフルカーボンのセミファットの前後異径てゆう最新鋭キワモノMTBです。

 

そんなわけで多少の不安はありますが、特別な機材トラブルは起きません。ラッキー! チューブレスタイヤはほんとにぜんぜんパンクしません。クリンチャーにもう戻れません、ははは。

 

未調整部分を再チェック

 

で、この一泊二日のツーリングを見越して、ある部分の調整を先延ばしにします。実際の機能に影響しませんが、見た目にすごく影響します。

 

はい、ブレーキホースがこんなです。

 

ハンドル完成

ハンドル完成

 

このブレーキはHOPE Tech3 E4です。ENDURO/AM用の油圧ディスクブレーキです。ホースはゴムゴムでなくて、ワイヤーメッシュの編み編みです。

 

上の写真のようにホースがぜんぜん余ります。右レバー=リア側のぐるぐるがひとしおです。

 

フロント側の長さはそんなですけど、オリーブ(ストッパーみたいなやつ)を外せないので、ホースをフォークの内装ガイドに通せません。

 

ビワイチ前に調整しようかなーと悩みますが、未知の作業領域に及び腰になります、まだ三週間しか使わんのに。

 

そして、完璧に調整されたメーカー出荷品をテキトーにいじるのは気詰まりです。失敗するとサイクリングに行けませんし。ブレーキ系統のミスは命取りです。

 

おまけにHOPEの日本語のメンテ記録は無です。マニュアルも動画も英語オンリーです。手が伸びない。

 

HOPEのブレーキオイルはDOT

 

さらにさらにHOPEの油圧ディスクのブレーキオイルはミネラルオイルでなくて、ふつオイル、DOTです。オートバイや自動車と同じやつです。

 

このDOTは塗装を溶かします。自転車屋はDOT系の油圧ディスクブレーキの交換や調整を嫌がります。

 

「うちはミネラルオイルしかできません~」

 

てプロらしからぬことを平気で言います。ファッキンか!

 

で、ぼくはホースに手を付けずに、ぶじにビワイチを果たしました。ロングライド後のメンテのついでにホース調整をしちゃいましょう。

 

てことで、今回はMTBの油圧ディスクブレーキのホースカットに挑戦します。

 

ただし、交換用のDOTオイルとマスタシリンダーのリザーバーのM3星型ネジ用の10Tトルクスドライバーがありません。

 

じゃあ、オイル交換なしでホースのカットだけします。はて、そんなことが可能だあ? ・・・はい、ぼくの脳内DIYでは行けました。やっちゃえ! やっちゃえ!

 

油圧ディスクブレーキのホースをレバーから外す

 

HOPEのメンテ動画を見て、カット部分の工程だけを切り出して、ツール類を準備します。こんなです。

 

油圧ディスクブレーキホースカット用の工具

油圧ディスクブレーキホースカット用の工具

 

モンキーレンチ、ケーブルカッター、下の金具はブレーキの付属の交換用のコネクターインサートとオリーブとリングです。これで行けます、たぶん。

 

レンチでホース側のコネクトボルトを緩めます。8mmです。

 

ボルトを緩める

ボルトを緩める

 

ここのトルクはそんなに固くありません。最初はレンチ、あとは指です。くるくるっと回して、ぱかっと外します。

 

それから、ホースをしゅぽっと引き抜きます。ここの固さはメーカーやモデルに寄ります。HOPEのこれはゆるゆるでした。

 

ホース外す

ホース外す

 

左からコネクターボルト(銀)、オリーブ(金)、コネクターインサート(金)、リング(銅)です。リングはよく行方不明になります。速攻で回収しましょう。あと、取り付けのときに忘れない。

 

さて、このホースのなかにはブレーキオイルがあります。でも、オイルは垂れてきません。まかふしぎ。どうゆう理屈だア? はい、これは空気圧と表面張力のためです。

 

ストローをコップのジュースに差して、飲み口を指で塞いで、ストローを引き上げても、ジュースは垂れてきません。空気圧が蓋になるからです。

 

これと同じ理屈でホースのこちらからオイルは漏れません。ただ、キャリパー側が解放されると、空気圧が同じになって、オイルは重力方向に流れ出ます。

 

このオリーブとインサートは一回こっきりです。でも、取り外せば使いまわしできます。ほぼ新品だしね!

 

一発勝負のホースカット

 

作業の山場がもう来ました。ホースカットです。ケーブルカッターでばっつんします。が、このホースの二層目は金属メッシュのあみあみくんです。これがささくれないかあなー?

 

ひとおもいにでいやぁっ!

 

ホースカット

ホースカット

 

お、うまく切れた?! と、にわかにホースの端切れからオイルがどばーと出ます。左右のエンド部の空気圧が同じになったからです。

 

ガワをむきむきします。じゃあ、こんなです。

 

メッシュのささくれ

メッシュのささくれ

 

うーん、エンドのところの細いワイヤーがわしゃわしゃします。切れ端で何回かカット練習しますが、ささくれを回避できません。

 

これは電動式の油圧カッター的なやつが必要でしょうか? うーん、困ったな~。

 

案の定、ささくれのせいでオリーブがつっかえます。ホースのガワのところまで行きません。どうしよー。

 

オリーブとインサートをむりやりセット

 

ならば、もう最後の手段を使わざるを得ません。そう、おなじみのごり押しゴリラくんです。ウホウホ!

 

頭を野生の本能に任せて、オリーブをマイナスドライバーでごりごり押し広げます。そして、むりやりイン! ついでにインサートもケーブルカッターのかしめ機能でイン!

 

いれたらしまいや

いれたらしまいや

 

ウホウホウホ! 行けたやんけ! どんなもんじゃい!

 

てここでコネクターボルトの入れ忘れに気付きます。はぴー! 二度目の正直でセットできました。

 

完璧

完璧

 

はやばやオリーブがずたぼろだあ! 気にしない!

 

リングを入れて、レバーに取り付けます。

 

フロント=左のホース調整完了

フロント=左のホース調整完了

 

長さはばっちりです。ちなみに左レバー=フロントブレーキです。ホンカクハです。

 

で、気がかりなブレーキの手応えは・・・問題なしです。あっはっは、ちょろいもんだよ!

 

実際、この作業で本ホースのオイル漏れはぜんぜんありません。カットしたホースはオイルを撒き散らしますけど。DOTの放置は厳禁ですぜー。さっさとふき取りましょう。

 

で、完全なゴリラパワーの奥義を極めて、リア側を一気にやります。

 

ボルトをレンチで外して、ホースを引っこ抜いて、ケーブルカッターでばっつんします。ガワをむく前にカシメポイントで形を整えてみよう。

 

ケーブルカッターのかしめ機能でホースを成形

ケーブルカッターのかしめ機能でホースを成形

 

このかしめ機能はペンチ代わりに大活躍します。インサートの圧入も朝飯前ですわ。

 

コネクターインサートの圧入にも

コネクターインサートの圧入にも

 

やはり、ごり押しでウホウホします。もう手間取りませんし、よゆうで仕上げられました。

 

リア完成

リア完成

 

100点! before afterしましょう。

 

ドロッパーポストのケーブルも変更

ブレーキホース before

 

リア完成

ブレーキホース after

 

んー、散髪後のお兄ちゃんみたいにすっきりソーカイです。最後にドロッパーシートポストのリモートレバーを左側に引越ししました。

 

うれしでちょい乗りしちゃいます。シクロジャンブル会場の服部緑地古民家集落広場まで。

 

緑地で

緑地で

 

左右のブレーキのいずれが問題ベリーナッシングです。エア噛みやオイル漏れはしません。

 

この広場の裏手がグッドグラベルです。オフロードで急ブレーキ、連続ブレーキを試します。

 

グッドグラベル

グッドグラベル

 

システムオールグリーン! です。あー、最後の気がかりがすっと落ちた! やってよかった見切り発車DIY。

 

てなわけで、オイル交換なし、エア抜きなし油圧ディスクブレーキブレーキホースの長さの調整に成功しました。ぱちぱちぱち。

 

ぼくのメッシュホースはかなりの強敵でしたが、ゴムホースのカットとオリーブ取り付けはもっとイージーです。他社のホースも同じ要領で調整できます、多分。

 

まあ、オイルとトルクスドライバーの値段はたかだかですけどね。+1500円でブレーキオイル交換とエア抜きまでできます。むずかしい作業じゃありません。

 

メンテの手間はワイヤー引きのブレーキとどっこいです。個人的にワイヤーのエンドのほつれの方がオイルぽたぽたより苦手ですわ。あいつはほんまにすぐにほつれよる!

 

これのやるせなさがMAXです。

 

エンドキャップ消滅の怪

エンドキャップ消滅の怪

 

厄介者はホースの切れ端のオイルぽたぽたです。手が荒れるぅ!

 

そして、やっぱし、ホームセンターよりアマゾンのが割安です。ダイキのは520円でした。

 

 

後日のDOTオイル交換はすこしたいへんでした。

 

MTB
B4Cをフォローする
B4C "Beloved Bikes Build Best Cool"