京都のおすすめサイクリングコース 観光名所回避が快適ライドの近道


京都は国内最大の観光地です。魅力的なゆかしいスポットが各所にわんさかとひしめきあいます。市内中心部はまさに神社仏閣、重要文化財、国宝、世界遺産のオンパレードです。

 

ガラクタ市から五重塔

ガラクタ市から五重塔

 

 

京都の自転車事情

 

この古都の南端は大阪、奈良の北端と接し、さらに淀川、宇治川、木津川に隣します。淀川サイクルロード、八幡木津自転車道線の二大ロングコースへのアクセスが容易です。

 

さらにJR京都駅の二駅先は滋賀県のJR大津駅です。西日本のロングライドの人気ルートであるビワイチの琵琶湖が目と鼻の先です。

 

そして、京都は盆地です。市内北側は有数のヒルクライムのスポットです。山々のはては日本海の舞鶴、天橋立、丹後半島です。

 

そんなわけでチャリ熱は大阪や神戸に引けを取りません。ワイズロード京都店、シルベスト京都店、リカンベントのLORO京都店、京都のカンザキの異名を取るきゅうべえみたいなショップがあります。

 

京都の自転車屋といえばきゅうべえ

京都の自転車屋といえばきゅうべえ

 

マイチャリはNOおいでやす?

 

そんな京都の中心部のチャリ事情はやや特殊です。市内の全域があまねく観光名所です。国内外の観光客があふれかえります。

 

で、マイカーやマイバイクが歓迎されないようにマイチャリも歓迎されません。具体的には違法駐輪の取り締まりの厳しさや河原町周辺の自転車走行禁止区間がその表れです。

 

とくに中心部の一般道の走行禁止は世界的に稀有です。アーケードではありません、二車線-五車線の一般道です。自動車やオートバイはふつうに走れます。軽車両だけが走行できません。え???

 

究極的には公共交通機関以外のノリモノはNOおいでやすです。電車とバスとタクシーと人力車がジャスティスどすえ。て、ネチこい京都人はしばしばこんないけずをします。

 

京都の自転車走行禁止区間

 

てか、ぼくもこのあいだまで知らなかった。完全にアナウンス不足でしょう。いい機会です。京都市の案内図をもとにして、Googleマップで作りました。これが河原町周辺の軽車両走行禁止区域です。

 

 

緑のラインの烏丸-八坂神社と市役所前-高辻のでっかい車線の自転車通行禁止はいたいところです。

 

ために市内のめぼしい観光地めぐりのポタリングは潔癖紳士やマナー厨にはわりに神経質なライドになります。そして、駐輪場からめあてのものまでの距離がそこそこある。庭園はべらぼうに広大です。

 

金閣寺 駐輪場

金閣寺 駐輪場

 

それから、地元民や近隣の他府県人はすでにめぼしいスポットを回りつくします。五重塔のおおきさや金閣寺のぴかぴかさは記憶のどこかに内在します。

 

てことで、この記事のおすすめサイクリングコースは近郊の自転車乗りがチャリンコを純粋に楽しむためのコースです。京都=観光のイメージをわきへ置くのが市内快適ライドへの第一歩です。

 

淀川サイクリングロード

 

京都の南端には三つの大きな河川が合流します。桂川、宇治川、木津川です。これらが淀川になって、京阪を縦断し、大阪湾へどんぶらこっことそそぎます。

 

そのうちの桂川沿いの自転車道は大阪発の淀川サイクルロードの後半部分にあたります。京都部分の正式名称は『木津八幡自転車道線』です。

 

 

京都発の起点は嵐山の渡月橋のたもとです。終点は大阪の毛馬こうもんです。片道約50kmの本格サイクリングロードです。

 

渡月橋 2017年3月11日

渡月橋 2017年3月11日

 

この嵐山から三川合流地点の背割提までのサイクルロードはやや手狭です。追い越し、すれちがいには注意しましょう。

 

中間ポイントの背割提です。さくらの季節にはこんなすてきな光景をおがめます。

 

背割堤を展望台から

背割堤を展望台から

 

ここでUターンすれば、往復50kmの初心者向けの中距離ライドにマイルド化できます。クロスバイク、ミニベロ、ロードデビューにもってこいです。

 

また、ここにはトイレ、自販機、BBQ広場、さくら出会い館て休憩機能が充実します。週末には京阪名のチャリダーがわんさか訪れる。高級チャリ見物がはかどる、ははは。

 

御幸橋以南の淀川サイクルロードは一気に広くなります。枚方の関西医科大付属病院まではちょっとした高速サーキットです。

 

それを過ぎると、終点の毛馬までかの有名な車止めにたびたび泣かされます。その数は15-20/20kmです。

 

淀川土手の上の車止め

淀川土手の上の車止め

 

鴨川沿い

 

京都の京都ぽい風景をながめながら走れるのが鴨川沿いの遊歩道です。右岸と左岸の水辺のきわきわを走れます。

 

 

距離はせいぜい6-7kmです。路面は基本的にダート、部分的に舗装路です。起点は上加茂や御所のかいわいです。

 

鴨川サイクリングロード

鴨川サイクリングロード

 

自転車専用道路ではありません。遊歩道です。ウォーカー、ジョガー、ファミリーがふつうに行きかいます。なによりカップルのおおさが特筆です。ザ・デートスポットです。

 

若干、左岸側の遊歩道の方が不人気のようです。

 

鴨川

鴨川

 

右岸の終点は清水五条のたもとです。最後の数百メートルはがたがたです。奥の橋の手前の階段で車道に上がります。

 

鴨川遊歩道終点

鴨川遊歩道終点

 

左岸は新幹線の線路より南までつづきます。が、道幅が手狭で、京都ぽさが一気に薄れます。五条で車道に上がるのがおすすめです。

 

琵琶湖

 

前段のとおりに京都から大津までは一瞬です。東海道本線の中間駅はJR山科駅しかありません。距離はざっと12kmです。まあ、二つのとうげがありますけど。

 

京都駅前のごちゃっとした地点を避けて、さきほどの五条のはしを起点にしましょう。ゴールは琵琶湖ホテルのかたわらの湖岸公園です。

 

 

最短ルートはオレンジの1号線経由になります。京都から山科、山科から大津の二つのとうげが文字通りの山場です。

 

体力的な不安より道路事情が非常にシビアです。車道は危険です。せまい側道や歩道を縫うように進みます。

 

京都-山科のトンネルの付近が一見さんの第一関門です。山科市街地はつかのまの休息です。追分-大谷が第二関門です。傾斜と狭路でこころが折れる。

 

ごほうびです。

 

琵琶湖到着!

琵琶湖到着!

 

安全第一宇治川沿い

 

このほかに名神高速ルート、宇治川経由の瀬田ルート、30号線ルート、途中越えルートなどがあります。宇治川沿いが安全ですけど、大迂回で走行距離が倍増します。

 

三川合流地点をスタートにすると、ややこしい中書島の水路に行く手をはばまれます。そのさきの観月橋発の左岸=南側ルートが明快です。

 

こちらは湖西の北陸方面への動脈ではありませんから、大型車両の交通量が比較的にマイルドです。道中に平等院フェニックスホール、天ヶ瀬ダムて見どころがありますし。

 

ですから、京都大阪からの自走ビワイチを計画して、なんとなしに1号線経由&時計回りビワイチをしてしまうと、朝から昼までトラックさんやバスさんにヒヤヒヤさせられます。

 

結果、せっかくのロングライドの印象が「車多かった、左寄せえぐかった」て、ざんねんなものになりかねません、ははは。

 

京見峠ヒルクライム

 

北大阪のヒルクライムの人気ベスト1は箕面の勝尾寺、六甲山ヒルクライムのベスト1は宝塚の逆瀬川、そして、京都市内近郊のヒルクライムのベスト1が京見峠です。

 

世界遺産の金閣寺の北側にコースがあります。

 

 

距離3km、標高200mの初心者向けのイージーコースです。ロードデビュー、ヒルクラデビュー、ふだんの練習、STRAVAに絶好の坂道です。

 

京見峠TTスタート電光掲示板

京見峠TTスタート電光掲示板

 

熱心な人はここから美山や堅田や能勢や日本海へびゅーて行ってしまいます。初心者はおとなしく引き返して、スタート地点の脇道のフォトジェニックな千束坂でインスタしましょう。

 

千束坂 上からの画像

千束坂 上からの画像

 

セミオフロード長坂道

 

京見峠のルートは表道です。裏道がこの古道長坂道になります。古い道で長い坂です。一部の自転車乗りのこころを絶妙にくすぐります。

 

で、そのいかつい名前は期待を裏切りません。アメイジングなノイズだらけの舗装路です。もうセミオフロードだ! 枝をベキバキ、石をガリゴリかき鳴らしながらラフに遊べます。

 

グッドグラベル!

グッドグラベル!

 

路面の状況はそんなですし、道のりは京見峠より直線的で峻厳です。MTBにはぬるい道ですが、ドロハンにはちょいハードです。オールロードには絶好です。

 

人通り、車通りはほぼありませんが、たまに奇特なハイカーやウォーカーは来ます。眺望はからっきしです。徒歩におもしろいコースではありません。

 

京都市内を一望できません

京都市内を一望できません

 

八幡木津自転車道線

 

嵐山の渡月橋から木津の泉大橋までの45kmが八幡木津自転車道線です。背割提までの区間が淀川サイクリングロードとかぶります。

 

 

背割提から泉大橋までは自転車歩行者専用道路です。車止めのすくなさと路面のきれいさが光ります。ノーストップで20kmオーバーのライドが可能です。

 

白線沿いに進む

白線沿いに進む

 

終点の泉大橋と木津川市には見どころがありません。ふつうのひなびた街です。あ、ツアーオブジャパンの京都ステージの舞台がこのあたりです。

 

八幡木津自転車動線終点

八幡木津自転車動線終点

 

ゴールの木津川市は奈良市の北隣の街です。ここからすこし南下すれば、奈良の都心、東大寺や若草山の奈良公園へたどりつけます。

 

鹿注意、略してシカチュウ

鹿注意、略してシカチュウ

 

そのほかの奈良行きのルートはことごとく峠越えになります。木津川沿いは周辺の川沿いサイクリングコースのなかではもっとも明快で快適です。

 

京都市内観光サイクリング

 

とはいっても、京都で名所を回らないのはLOST画竜点睛です。終日自転車走行禁止エリアは河原町と市役所前に集中します。ここを避けて、ぐるってめぐりましょう。

 

 

金閣寺、御所、伏見稲荷、東寺、そして、世界のニンテンドー本社て聖地巡礼のモデルコースです。このルートで約25kmです。マリオ神社以外には駐輪場があります。

 

純白の任天堂本社がどこの神社仏閣よりえげつないサンクチュアリ感です。

 

任天堂本社

任天堂本社

 

実際、これはゲーマーには世界遺産みたいなもんでしょう。知名度と影響力からしてマリオは神さまみたいなもんですし。

 

京都のサイクリングロードでした。個人的には日本海側の舞鶴や天橋立が気がかりです。距離的には北陸の福井県の敦賀と変わりません。バイクパッキングです。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share