業界No1! 超高額報酬の出前館の配達員

BBをフェイシング 5万の工具がないから80円の紙やすりで

ママチャリ改造計画の第三弾です。U型のパナソニックのアルミフレームが前回の身体測定で1.8kgてゆう意外な好成績をたたき出しました。

ハイテンやスチールのシティチャリ、ママチャリフレームはこんなに軽くなりません。そして、鉄系フレームは野ざらし雨ざらしでことごとく錆びますし。ビバ・アルミ!

が、表面の塗装は直射日光でひび割れします。パナソニックのロゴがビキビキです。屋外放置のチャリは過酷です。実質、真夏の日差しはマイルドなビーム兵器だ。

メンテで箸休め

フレームの全体をぱっと見渡して、ひとつの気がかりを見つけます。BBやトップチューブのフェイスの精度です。

ママチャリBBハンガーのフェイス加工前
ママチャリBBハンガーのフェイス加工前

BBハンガーのフェイスがだんだん畑だあ! 最初のカットのあらさでしょうか、表面の銀塗装の残り香でしょうか?

そのうえ、スチール系のBBわんがもれなくサビサビを残してくれやがりました。

加工派か未加工派か?

メーカー販売のフレーム、完成車の仕上げはピンきりです。見た目と価格は一流、組み付けと細部の精度は三流、みたいなことはままあります。

良心的な販売店は完成車をいちいちばらして、細部をこまかくチェックして、組み直し、パーツグレードアップ、タッピングやフェイシングをしなおします。

自転車のDIYには二つの傾向があります。ひとつはパーツの組み立てのみに徹して加工しない派です。

「しろうとのパーツ加工は百害あって一利なし!」

わりと潔癖症のA型さんです。

もうひとつは削り、穴あけ、曲げ、焼きをばりばりやっちゃう派です。ぞくに『魔改造』と称されます。自転車カスタム派のなかでは少数派の異端児です。

実際、板金や旋盤や溶接の技術を使えば、自転車をめちゃくちゃにいじくりたおせます。メタルバイクはヒジョーにシンプルです。鉄系パーツの加工や溶接はわりと気軽です。

むしろ、技術より道具と場所が肝心です。ごりごりバチバチやって怒られない環境の有無です。工房や倉庫や基地があるかないか。

うちにはない!

BBハンガーのフェイシング

で、タッピングやフェイシングです。これは完全に金属加工系の作業です。

エクスペンシブ! プロは元を取れるけど、パンピーは元を取れません。専用工具中で最強クラスの価格です。

てことで、しろうとテキトーDIY派は代用品でやっちゃいましょう。ずぼらなO型はむずかしく考えません。

代用品を考える

圧入系工具はだいたい力技でOK牧場です。逆に手頃なスプロケ外し、クランク外し、チェーンカッターとかの代用品が思いつきません。

平たいものを用意します。ベストな物体が玄関先から見つかりました。CNCステムの底面はベリーフラットでしょう。

で、これに荒めの紙やすりをセットします。はしっこをクランプに噛ませると、良い具合に固定できます。

やすりクランプ
やすりクランプ

これでBBフェイスをガリガリくんします。なるべく平面に均等に力を加えて、ガリガリゴリゴリガリガリゴリゴリします。

じゃあ、数分で大方のでこぼこが失せました。

荒めペーパーで研磨
荒めペーパーで研磨

想像以上のCNCステムの持ちやすさと削り勝手です。気をよくして、左のBBシェルとトップチューブのフェイスまで一気にやっちゃいました。

ヘッドチューブ
ヘッドチューブ

はい、十分な仕上がりです、100点! そして、120点を目指して、耐水ペーパーを買ってきます。400番です。

これをステムにセットして、二度目のガリガリくんをします。むしろ、シャリシャリくんです。アルミの粒子が細かくなります。手がかさ付く。

耐水ペーパー400で研磨
耐水ペーパー400で研磨

おお、アラが取れました! 120点です。そして、どとうの200点を目指して、最後の仕上げに取りかかります。

紙やすりからのピカール

カモン、ピカール!

仕上げはピカール
仕上げはピカール

こんなときに多用しないと、ぜんぜん使い切りません、缶入りピカール。これをべたべた塗りたくって、ピカピカピカチュウします。色合いがピカチュウだし。

ところで、この魔法のみがき粉ピカールの原料は油とアルミナの粒子です。これはルビーやサファイアクラスの硬度です。大方の金属を研磨できます。

ちり紙でから拭きを繰り返して、ぴかぴかピカチュウに仕上げましたで。

BBフェイシング完了
BBフェイシング完了

オー、アメイジング! 鏡面仕上げのむだづかい! 200点!

かんじんの精度は?

さて、見た目は見違えましたが、フェイシングの精度はどうでしょうか? BBカップを付けてみます。うん、ちがいはよく分からない! そんなもんだよ!

しかし、DIYで大切なことは満足感です。「フェイシングを工具なしでしてやったぜ!」てばくぜんとした上級者ぽさはプライスレスです。いや、もうそれがすべてです。

次回はキャリパーブレーキ取り付け編です。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

ママチャリ
B4C