自転車好きの伝道の書、B4C自転車バイブル販売中!

Micheのピストクランクをゲットした!


前回の1インチのヘッドパーツと下玉押し圧入でメンドくささのピークを越えました、ママチャリ改造。

1インチフォーク装着
1インチフォーク装着

もくろみのとおりにTANGEのノーマルサイズのJISヘッドパーツ一式と同モデルのITA下玉押しでぶじにママチャリのアヘッド化を果たしました。

正直、二度とやりたくない・・・規格の下調べ、フォークとヘッドパーツの調達、各部の圧入、すべてが一筋縄じゃありません。

アダプターで純正フォークをなんちゃってアヘッド化する方がぜんぜんイージーです。今回、ヤフオで落札したママチャリフレームにフォークが付属しなかったからなあ。

シングル用のトラッククランク購入

今回は駆動部のメインパーツ、クランクの取り付けです。165mmサイズのスクエアテーパーのシングル用、トラック系かピスト系、1万以下であれこれ物色して、これを見つけます。

Miche Primato Advanced クランク
Miche Primato Advanced クランク

Miche、ミケはイタリアの自転車パーツブランドです。ツール系よりトラック系の機材が有名です。このPrimato Advancedはトラッククランクの名品です。

165mm、厚歯の47Tリング、107mmのBB、そして、あこがれのmade  in Italyです。ディス・イズ・ピストクランクです。ママチャリとは対極だあ!

SUGINOやデュラエースのトラッククランクがフォーマルなチャリ界では人気ですが、競輪風味がぼくの好みに合いません。

競輪は公営競技、ギャンブルです。ギャンブルはだめですよね~。競輪機材=ギャンブルグッズみたいなものだ~。ぼくの清く正しいママチャリにはご法度ですよね~。

クランクの付属の107mmのBBをセットします。

カンパと同型のBB
カンパと同型のBB

MADE IN ITALYが光りますね! が、ここで問題が出ます。シマノ用のBB工具がこのMicheのBBには合いません。

で、ネットで調べますと、つぎのような結論を見出せます。

「MicheのピストクランクのBBカップはカンパニョーロと同型です。カンパ用のスクエアBBの工具を用意しましょう」

この期にカンパ用のBB工具だあ?! そんなものはない! さあ、どうしよう?

カンパタイプのBBカップを代用工具で取り付け

きちょうめんなDYIラーさんはアマゾンで上記の工具をカートインします。他方のずぼらなB4Cさんは見切り発車でやってみます。

左BBからしましょう。AZのグリスをべっちょりぬります。

ママチャリBBシェル左
ママチャリBBシェル左

しかし、このタイプにはハンガーのフェイシングはぜんぜん無意味です。カップ側にフェイスにあたる部分がありません。ツライチ風になります。

テキトーなものをカップのみぞにかませて、右回しにしめます。ごついヤスリがぴったしです。

やすりでねじこむ
やすりでねじこむ

フレーム、BBのネジきりの精度はまあまあです。ごりごりやきつきつはありません。七分まで手でするする締められます。最後がちょっと固くなります。

ストッパーがありませんから、カップがずんずん入っていきます。てきとうなところで止めましょう。このくらいだあ?

BBカップイン
BBカップイン

OK牧場です。右側に行きましょう。もしか、ITA用のBBじゃないかあ? と不安がよぎりますが、ネジ切りはJISタイプです。右カップは逆ネジ=左回し=JIS、BSA用です。一安心。

じゃあ、BB本体とカップをセットします。しかし、シャフトがじゃまして、やすりが入りません。

シャフトと右カップをセット
シャフトと右カップをセット

うーんとなやんで、工具箱を物色して、L字金具を見つけます。それをこんなふうに当てて、シャフトごと左回しで増し締めします。

テキトーな金具で代用
テキトーな金具で代用

このくらいだあ? シェルとカップのギャップは左側と同じくらいです。この状態でへんな遊びやガタはありません。

右カップイン
右カップイン

これでえっか! フィキシングボルトで左右のクランクアームを取り付けます。スクエアテーパーの取り付けは楽ちんです。

クランク装着完了
クランク装着完了

オー、ポリッシュシルバー! アルミのシルバーなフレームとクランクがよくマッチします。この絵面にママチャリ感はしません。トラックバイクのようです。

クリアランスはこんなです。

クランクのアームとリングのクリアランス
クランクのアームとリングのクリアランス

じゅ、純正? なかなかのタイトさです。Qファクターがナローです。ママチャリの間隔じゃない。

1インチコラム用のスターファングルナットを圧入

おまけでヘッド周りを完成させます。『グリス作業を同日にやろう』がうちの家訓です。グリスしながら写メがけっこうな難題です。スマホがもれなくべとべとテカテカします、うえーん。

以前に下玉押しの圧入、上下わんの圧入をしましたが、力を使い果たして、スターファングルナットをほったらかしにしました。

ノーマルサイズ用スターファングルナット
ノーマルサイズ用スターファングルナット

このナットはTANGEの1インチのヘッドセットの付属品です。もちろん、1インチの金属コラム用です。

ちなみにママチャリのスレッドフォークにはスタファンやアンカー類は未装着です。クイルステムの下側の臼(ウス)が留め金の役割をします。

着脱は手軽ですが、ポジションの調整力が絶無です。長さ、高さがはなから決め打ちです。そして、ふんいきが否応なくレトロ調になっちゃいます。

スターファングルナットの圧入はかんたんです。ネジをいれて、ハンマーでがちーん!

じゃあ、だいたいこんなふうにズレます、ははは。

ずれた
ずれた

まあ、テキトーに角度を見ながら、最終的にこうします。さかさにして、玄関先でがんがんやるのがぼく的にはいちばん高精度です。

スタファン圧入
スタファン圧入

OK牧場です。

自作スペーサーをさらに自作で切り詰める

このフォークのコラムは未カットです。けっこうなスペースが出ます。だいたい95-100mmです。10mmスペーサーを10枚重ねするかあ?

1インチのコラムスペーサーがまたまたレアアイテムです。これを血眼でさがさず、代用品を使いましょう。

ミニベロのフォーク用にアルミパイプから自作した超ロングスペーサーをさらに短くしたややロングスペーサーです。ノコギリとパイプカッターの合わせわざで切りました。

自作スペーサー
自作スペーサー

もとは外径32mmの厚さ1.5mmのアルミパイプです。じゃあ、内径は29mmジャストで、オーバーサイズ28.6mmのコラムのスペーサーには十分です。

ノーマルサイズ25.4mmとのクリアランスは片側1.8mm、最大3.6mmになっちゃいます。左右はがたつきます。

でも、スペーサーのキモは上下のフィット感です。横の遊びは苦にならない・・・はず。

さあ、ベアリングにグリスをしましょう。べちょりんこ。

ベアリングにグリスべちょぬり
ベアリングにグリスべちょぬり

で、こうゆうふうに写メすると、スマホのマット地のガワをテカテカにできます。けっこう気をつけて、撮影前に念入りにペーパーでふきふきしますのに~。

上わんを同じくグリスアップして、自作スペーサーを入れて、ステムをはめます。

ヘッド周り
ヘッド周り

コラムトップとステムトップのギャップはこんなです。ちら見えの金色は1インチ→オーバーサイズのシムです。

コラムとステムのギャップ
コラムとステムのギャップ

はい、パーフェクトギャップです。トップキャップをつけて、ステムを本締めします。案の定、上下のガタはありません。ハンドリングは滑らかです。大成功!

全体像です。

ママチャリけ?
ママチャリけ?

おれが知ってるママチャリとちゃう・・・

ハンドルバー、ブレーキレバー、ケーブル類、チェーン、ペダルは手元にあります。乗り出しのためのラストピースはホイールです。と、フロントのVブレーキだ。

スタンドは必須ですが、カゴはどうですかね? ショッパーバッグでおしゃれにするかなー。

次回、ママチャリにホイールを付けます、固定ギアのチューブラーを!