おすすめバーテープ Lizard Skins DSPをフラットバーに グリップ実験も


スポーツバイクのハンドルはいろいろです。基本は横一文字のフラットバーハンドルですね。下の画像のいちばん上のやつです。

 

自転車ハンドル

自転車ハンドル

 

上からフラットバー、ローライザー、スワロー、カマキリですね。BMXはハイライザー、ビーチクルーザーはチョッパー系のハンドルバーですね。

 

上・ふつライザー 下・ハイライザー

上・ふつライザー 下・ハイライザー

 

こちらは変り種のステム一体型ハンドルですね。フラットバータイプです。

 

ステム一体型ハンドルバー

ステム一体型ハンドルバー

 

うーん、そこらのチャリ屋より多彩なうちのハンドル軍団です、ははは。

 

オンロード系の自転車のハンドルはドロハン=ドロップハンドルとブルハン=ブルホーンですね。うちには・・・ナッシングだあ!

 

じゃあ、イメージ図ですね。

 

ドロハン・ブルハン

ドロハン・ブルハン

 

です。これらのハンドルバーの両端の持ち手がグリップですね。ドロハン、ブルハン以外のここはキャップ式のソフトグリップですね。

 

素材はゴム、シリコン、ウレタン、クロックスのEVA、コルク、天然革などなどがあります。

 

シリコングリップ

シリコングリップ

 

大半が石油系の素材です。末路は加水分解のべとべとグリップですね。

 

べとべとグリップ

べとべとグリップ

 

これは外部の汚れじゃありません。グリップの中からにじみ出るベトベターくんです。じゃあ、ソフグリの寿命はせいぜい3年ですね。紫外線、湿気でさらに縮まります。

 

で、フラットやライザーのグリップはせいぜい数センチから十数センチです。そして、基本的にグリップは一箇所ですね。

 

でも、ドロップハンドルやブルホーンのグリップは長めでマルチポイントです。ブラケットのとこのふつ握り、カーブのとこの下ハン握り、ステムの横の上ハン握り、いろいろなポジがあります。

 

グリップはこれらをまるっとカバーし切れません。そこでバーテープてゆう専用テープを巻き巻きします。ラケットやバットのグリップに巻くようなやつです。それの自転車版ですね。

 

ちなみに競輪やトラック用のノンブレーキのスプリントバイクのハンドルはドロハン型ですが、選手は基本的に下ハン握りしかしません。なので、長めのグリップを使いますね。

 

で、基本的にバーテープはドロハンとブルハンのものです。けど、フラットやライザーにテープを巻くのはそんなにマイナーなイレギュラーカスタムじゃありません。

 

ソフトグリップの取り付け・取り外しはわりにめんどうです。そして、作業の工程、ことさらに取り外しときにハンドルバーがもれなく傷付きますしね。

 

お高いカーボンハンドルのキズは神経衰弱でしょうよ。貧乏性のぼくはそうですねー。安い中華カーボンしか使いませんけど、ははは。

 

あと、好ましい長さや厚さにグリップを調節できるのはバーテープの大きなPROですね。ソフトグリップよりいろいろコンビニエンスです。

 

じゃあ、今回、フラットバーのバーテープ巻き巻きをしましょう。

 

最強バーテープ Lizard Skins DSP

 

バーテープは大小のチャリ屋からわんさか出ます。Deda、Fizik、PRO、GIZA、VELOとかが人気ですね。

 

が、各所の情報でベスト1にかがやくのはたいがいこいつです、Lizard Skins DSPです。

 

Lizard skins dps

Lizard skins dsp

 

実売3000-4000円の高級バーテープですね。よその倍以上のハイプライスです。近年ではジャンルを越えて、メジャーリーグの強打者に愛用されますね。

 

「ほんまにそんなにベリーグッドだあ? ステマケや主観思い込みとちゃうんけ? ははーん?」

 

と思う人は店舗でパッケ付属のサンプルの表面をなでなでしましょう。あきらかにテープの表面の肌触りが違います。絶妙な吸い付き具合です。「ええあんばい」とはまさにこれです、ほんまに。

 

食べログ人気店の行列のパン屋の売れ筋ベスト1のシンプルな食パンのようにゼツミョーなもちもちさです。固すぎもせず、柔らかすぎもせず、絶妙、ああ、絶妙。ずっとにぎにぎできます、まじで。

 

これがDSPの力ですね。DuraSoft Polymer、Lizard Skinsの特許技術です。もちろん、人工素材のフェイクレザーですね。

 

ちょうどぼくの小銭入れがリアルエキゾチックレザーのトカゲ皮製です。

 

左・Lizard Skins DSP 右・リアルトカゲ革の財布

左・Lizard Skins DSP 右・リアルトカゲ革の財布

 

肌触りはヒジョーににます。目隠しで触れば即答しかねますね。そして、財布の経年消耗はありますが、新品DSPの手触りのが本物トカゲ革より上ですね。

 

リアルトカゲ革の手触りがふつうに育てた100レベのメガリザードンXであれば、Lizard Skins DSPのは固体値を選りすぐった100レベのメガリザードンYてところですか。

 

じゃあ、実験をしましょう。

 

エンド固定用のフィニッシュテープを絶縁テープで木板にぺたんこします。

 

Lizars Skins DSP

Lizars Skins DSP

 

そして、つるっと滑り落ちる力でもっぱらの評判を取るスマホを上にのっけます。ぼくもつるっと落として壊しちゃいましたよ~、こいつ。

 

ジャンクスマホ

ジャンクスマホ

 

で、これをななめに傾けて、グリップ力を調査します。レッツスタート!

 

まずは小手調べですね。わたしの傾斜力は53度です。

 

シアープレートアタックLV1

ななめレベル1

 

おやおや、よゆうですね。まあ、小手調べですよ。ここからがほんとうの地獄だ。

 

では、第二段階をお見せしましょう。

 

ななめレベル2

ななめレベル2

 

ほう、なかなかやりますねえ。そろそろ本気を出すとしましょう。

 

ななめレベル3

ななめレベル3

 

何・・・だと・・・

 

いいや、限界だ落ちるね! 今だッ!

 

ばかな!

S-H-I-T!

 

ACT3 FREEZE!! このクソカスどもがァーーーッ!!

 

てな結果になりました。想像以上のすんごいグリップ力です。超スゴイ!

 

つぎに防水性を見ましょう。人の汗に近いたんぱく系の白い液をぽとんします。※牛乳です

 

牛乳

牛乳

 

で、拭き取らずに息をふっとします。

 

牛乳2

牛乳2

 

と、このように水気は表面に残らず、はしから細かいスレッドに吸われます。さすがにグリップは完全ドライな状態より落ちますが。

 

MTBのフラットバーに巻く

 

そろそろ巻き巻きしましょう。ハンドルバーはこんなですね。

 

ハンドルグリップ

ハンドルグリップ

 

バーはオフロード系のもので未カットで長めです。この長さのグリップがまあまあ見つかりませんね。そして、取り外しがめんどうです。

 

フラットバーへのバーテープの巻き付けはイージーですね。エンド側から巻きます。裏面のテープの接着は弱めですね。あ、事前にハンドルを布で拭きましょうね。

 

巻き巻き

巻き巻き

 

で、希望の長さまで巻いて、フィニッシュの部分を斜めにカットします。

 

フィニッシュ部分をななめにCUT!

フィニッシュ部分をななめにCUT!

 

で、絶縁テープで固定します。バーエンド側の処理も同じですね。ぼくはバーエンドキャップでテキトーにねじ込みました。

 

絶縁テープで仕上げ

絶縁テープで仕上げ

 

にぎにぎきゅっきゅしてたるみを取ります。うむ、100点!

 

フラットバーの巻き代はドロハンのよりぜんぜんショートです。テープ一個で両側を巻けますね。実質、1セットで2回分だ。コスパは悪くありませんね~。

 

 

リアルトカゲ革のグリップとかサドルとかはないなー。だれか意欲的な革小物屋さんがブルックスみたいに立ち上げてください、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

Summary
おすすめバーテープ Lizard Skins DSPをフラットバーに巻き巻きの巻き
Article Name
おすすめバーテープ Lizard Skins DSPをフラットバーに巻き巻きの巻き
Description
メジャーリーガーにも愛用される最強グリップDSPのバーテープLizard Skinsです。これをフラットバーハンドルに巻きます。グリップ力の実験ではおどろきの結果が!
B4C
B4C
B4C
http://b4c.jp/wp-content/uploads/2017/02/logogo-1.jpg