時速10kmが限界だ! ほんとの超初心者と行くサイクリングあるある


慣れはこわいものです。業界の外と中では価値観がぜんぜんちがいます。ちまたのゆるポタはぜんぜんゆるくなく、貧脚はおおよそ出まかせです。

 

ぼくは自転車をハードなスポーツ的には解釈しません。ホビー、フィットネス、軽い運動、楽しいお出かけです。日課のランニングよりスポーツやトレーニングじゃない。おさんぽの延長ですね。

 

げんにジーパン、Tシャツ、キャップ、スニーカーみたいな普段着スタイルで市内観光から短期ツーリング、都心のサイクルロードから無人島のオフロードまで行きます。

 

トレイル&たきぎ

トレイル&たきぎ拾い

 

サイコン、センサーの類とは無縁です。iPbikeやStravaなどのアプリさえがわずらわしくなりました。見ない、測らない、あげくにログインしない。

 

そして、スマホの紛失が決定打になりました。サヨナラ・アプリ。距離と時間はざっくりです。グーグルマップを見ながらぎこぎこ漕いでりゃ、世界中のどこにでも辿りつけますわ~。

 

これは自他共にスポーツバイク乗りのなかではゆるいチャリダー、ゆるチャリダーです。とくにデータスポーツのロードバイクとはかけ離れます。定点観測や定期記録が苦手です。気ままがいちばんだ。

 

しかし、ごりごりの門外漢の初心者の意見ではこのスタイルさえがスポーティのようです。ときどき友人の誘いを受けて、自転車で出かけますが、世間の感覚と自転車乗りの感覚のギャップを思い知らされます。

 

自転車乗りじゃない完全な超初心者と自転車で遊びに行くときのあるあるや要点をつらつらとかき出しましょう。

 

 

自転車乗りでない超初心者とのサイクリングあるある

 

おさそいは不意にやって決ます。九割九分、発案は友人からです。「明日の休みにチャリでどっか行かへんけ?」みたいな連絡がLINEでペコーンと来ます。

 

目的地はだいたい地元の大阪の近郊のてきとうな場所です。しぶい神社仏閣が多めです。道中はサイクリング一辺倒ではありません。昼飯、買い物、寄り道があいだに入ります。

 

チャリはなぞの機体

 

さて、くだんの友人は自転車乗りじゃありません。スポーツ好きの一般人成年男子です。チャリの知識はゼロです。

 

ロードバイクとMTBのちがいは分かります。オートバイ乗りですから、公道走行や速さには慣れっこです。

 

じゃあ、カゴ付きのミニベロやなぞの26インチのチャリがたびたび出撃します。

 

26インチのなぞのチャリ

26インチのなぞのチャリ

 

クロスバイク? しかし、前ブレーキがママチャリみたいなバンドブレーキです。ライトの台座がフォークにあるし。サドルの黒ビニルは雨避けカバー代わりです。

 

後輪もこのバンドブレーキタイプ? ローラーブレーキ? 付きの重鉄下駄でしたが、真夏の大阪-琵琶湖往復の暴挙であえなくジャンクになりました。

 

後日、やさしいぼくがメンテナンスを買って出て、DeoreハブのMAVICの26インチホイールをリアにそっと入れてあげました。フロントは重鉄ホイールですが、リアはMade in Franceです、ははは。

 

全体から強烈なざんねん感が漂いますけども、いちばんの問題はサイズです。一般成人男子にはあきらかに寸足らずです。

 

このサイズ、車体の構成、その他のアレコレからこいつはおそらく中高生向けの通学チャリでしょう。チューブは英式です。

 

ルック車? いや、ルック車ほどに見栄えしません。ルック車はもっとはなやかでポップです。こいつはほんまに凡庸なチャリンコです。

 

お値段は驚異の5万円! です。ライトやカギやペダル込みとはいえ~。GIANT EscapeかGIOS Mistralを買え~。購入先はDのチェーン店です。スタッフゥ~!

 

ぼくはバラシメンテで以下のことに苦笑しました。

 

  • スターナットが未圧入。なんかへんなプラグで代用
  • 磁石がそこかしこにくっつく
  • タイヤぼそぼそ
  • チェーンさびさび
  • カセットでろでろ
  • プーリーどろんどろん
  • etcetc…

 

です。一般人の普段使いのチャリのコンディションはこんなものです。しかし、フレームだけは異常に頑強です。テツノカタマーリ!

 

ちなみにこの人に23cタイヤ付きのクロスバイクを貸し与えまして、インプレッションを聞きますと、「振動がきつい、しんどい」てお言葉をいただけます。で、みごとにパンクさせてくれました、ははは。

 

タイヤの空気圧がゆるゆる

 

かように一般人の自転車は基本的に野ざらしノーメンテです。保管場所が屋根付きの駐輪場であるのは唯一のすくいです。

 

でも、お出かけ前に空気圧チェックみたいなことはないがしろにされます。一般人はパンクの有無を確認しますが、空気圧まで調べません。

 

案の定、この日のタイヤの空気圧はゆるゆるでした。上記の写真は出先で空気入れした後の雄姿です。出発前に固めに入れろてたびたび助言しますが、ことごとく右から左へ抜けます。

 

げにタイヤの空気圧のゆるさはそのチャリダーの意識のゆるさと比例します。とにかく、スポーツの感覚はありません。おでかけです。

 

サドルが低い

 

兼用チャリの基準は普段使いです。近所や町中の買い出しでは足つきがかんじんです。サドルは低くセッティングされます、ママチャリなみ。

 

とうぜんのごとくお出かけ前にサドル高を調整するてゆう発想はありません。ひざはずっと曲がりっぱなしです。

 

曲がりひざ

曲がりひざ

 

ベストな高さまでサドルを上げると、「のりにくい、こぎにくい、しんどい」てぶうぶうゆわれます。たしかにサイズがへんてこですから、前傾がきつくなります。おてあげだあ!

 

時速は10km以下

 

超初心者のサイクリングでは平均時速は10km以下になります。上のような絶好のサイクリングロードですら速度は上がりません。雄姿をスマホのシャッタースピードでぶれなくパチリて収められます。

 

ロード、クロス、電動、MTB、ミニベロによゆうで負けます。速めのランナーにすら追い抜かれます。年配のママチャリストと互角です。

 

この日の距離は北大阪発の淀川サイクリングロード経由の京都タッチのとんぼ返りで60km前後でした。正味、9時間のサイクリングです。

 

休憩、昼飯、寄り道2時間を差し引いても、7時間を下りません。10km以下が常態化です。これがめいっぱいです。

 

このことからチャリダー以外の世間一般のゆるいサイクリングの速度の目安は10km以下になります。15kmはスポーツ、20kmは拷問です。超初心者をなめない。

 

この友とのろのろチャリダーで琵琶湖に行けたのは・・・たんに日の長さのおかげです。朝5時大阪発の大津正午、昼飯休憩挟んで夜7時前に大阪着でした。やっぱし、時速10km以下です。

 

ゆめゆめこちらから誘うときには注意しましょう。

 

サイクリングを一緒に楽しむ=×

引率、おもり=〇

 

です。無事故であればよしです。つまり、自転車乗りの『ゆるポタ』や『ゆったり』の基準は一般的にはあきらかに高すぎます。

 

休憩が多い、長い、不規則

 

初心者のペース配分はてきとうざっくばらんです。休憩ポイントは気分次第です。でも、ぼくのおおざっぱな性格上、これには文句をゆえません。

 

こんなコンビニのベンチは危険です。補給、トイレ、スマホチェックで15分は軽く越えます。

 

初心者ホイホイのコンビニのベンチ

初心者ホイホイのコンビニのベンチ

 

相手が喫煙者であれば、3-5分の小休止がさらに増えます。さいわいこの友人はタバコを止めて、平均巡航速度を大幅にアップしました。アメイジング!

 

反面、自転車乗りの定番の休憩スポットではまったく止まりません。関西医科大付属病院のベンチ、さくらであい館はかれいにスルーされました。人の多さがなんか嫌だって。

 

淀川CR定番休憩スポットさくらであい館

淀川CR定番休憩スポットさくらであい館

 

文句が多い

 

出発から数時間が過ぎて、つかれがそこそこ溜まると、友の口からとたんにネガティブなセリフが出てきます。

 

「車のが速い」

「原付ですぐに来れる」

「さっきからおんなじ景色ばっかりや」

「遠いな~」

「遠いわ~」

「遠っ!」

「しょーもないの~」

「おもんない」

「チャリを置いて、電車で帰らん?」

「チャリで来る意味があるかあ?」

 

みもふたもありません。半分冗談、半分本音です。チャリへの思い入れ、サイクリングへのこだわりはそんなにありません。個人的に遠い遠いの連呼がボディブローのようにじわじわ効きます。

 

根っからのチャリ好きにはストレスフルなモチベキラーです。「言い出しっぺはおまえでしょうが!」て怒り出すのは厳禁です。おおらかに聞き流すか、笑い飛ばしましょう。

 

そして、これらは軟弱者の笑止な弱音じゃありません。初心者は20kmで、中級者は100kmで、上級者は200kmで同じような気持ちに襲われます。限度はちがえど、本質は変わりません。

 

「チャリで来る意味があるかあ?」

 

シンプルな深い言葉です。が、しんこくに考えずに陽気にこう答えましょう。

 

「意味? あるある~、ありまくる~」

 

坂を上らない

 

ヒルクライマーには坂はありがたいものですが、初心者にはつらいものです。上り坂が行く手に現れれば、高確率でハンドルが平坦な脇道に曲がります。

 

結果、やたらと細かい住宅街の生活道路をぐねぐねするはめになります。身体的な消耗度はイーブンです。気持ちの問題でしょう。

 

とうぜんのように本格的なとうげは無理ゲーですし、橋や高架のスロープみたいなちょっとした上りさえがNGです。即座に降りて押して進みます。

 

けがをする

 

こんなゆるゆるのゆるチャリ、運動不足解消以上スポーツ未満をしても、初心者の体は悲鳴を上げます。

 

  • 肩こり
  • ケツ痛
  • ひざ不調

 

は付き物です。肩こりは余分なリュックの荷物と車体のへんなサイズのせいです。ケツ痛は自転車乗りの宿命ですね。

 

ひざの不調は当人のO脚、過去の古傷、サドル高の低さ、長時間の低負荷が原因でしょう。この友人はジムのレッグプレスでは200kgを上げると豪語します。実際、ジャンプ力と短距離スピードは優秀です。

 

が、自転車のような長時間の低負荷運動では関節系が限界値を迎えます。結果がひざに水です、ヒザニミズくんです。琵琶湖往復の副産物的悲劇です。サイクリングは圧倒的に長丁場ですから。

 

初心者を誘うときの注意

 

業界内の常識は業界外の非常識です。自転車乗りの『ゆるい』は一般人にはぜんぜんゆるくありません。

 

話半分が妥当です。時速20km、往復100kmは絶対にむりです。つぎがなくなる。時速10km、往復50kmがいいところですね。

 

チャリ門外漢の友人をチャリダーに誘うさいにはくれぐれ注意しましょう。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share