auスマプレでUber Eats 3800円クーポンGET!

ロードバイク 通販で安く買えるブランド大特集

💰3800円オフの神プロモ!

Uber Eats とauのコラボで3800円分の超絶クーポンばらまきが始まりました。docomo、ソフトバンク、格安SIMユーザーも行けます。

auスマートパスプレミアム(スマプレ)に新規会員登録すると、即座にUber Eats の1800円クーポンを貰えて、翌月と翌々月にさらに1000円クーポンを貰えます。

そして、何とこのプロモはUber Eats の会員にも適用されます! 最強の二回目クーポンですよ! さらにスマプレは月額499円ですが、30日間無料です。 みなさん、分かりますね?

期限は2021年1月31日までです。お早めに!

ロードバイクのオリジンはヨーロッパ、MTBのオリジンはアメリカです。世界的に有名な人気の自転車ブランドは欧米に集中します。

で、この大手の下請けやOEMで力を付けたアジア系企業が自社ブランドをしまして、GIANTやMERIDAになりました。

欧米中心のスポーツバイク界

パーツのシマノ、アクセサリのCATEYE、ツールのホーザン、タイヤのパナレーサー、カーボンの東レは日本の会社です。これらは世界的な知名度を持ちます。

しかし、日本の自転車ブランドはやや見劣りします。パナソニック、BSアンカー、ホダカ、うーん・・・あ、タイレルがあった! みたいなところです。片手で事足ります。

国内自転車大手のミヤタ、マルイシ、ブリジストン、アサヒのフラッグシップはスポバイじゃありません。看板はエンペラー、プレシジョン、アルベルトとかです。

てことで、日本の自転車の代表はママチャリや電動アシスト自転車です。実用車がベースにあります。

パースセキネ
パースセキネ

競輪は競技的ステータスを持ちますけど、公営競技の特質から進化や変化を完全に塞がれます。スポーツ自転車界のシーラカンス、ガラパゴス的チャリンコです。ブレーキさえがイレギュラーだし。特殊です。

で、やっぱし、スポバイは欧米のものです。主要大会は欧米に集中します。プロ選手は欧米に集中します。車体のつくりは欧米人をベースにします。

実際、アジアのGIANTやMERIDAは欧米系ブランドに名前負けします。アカデミックなロード的価値観ではヨーロッパ > アメリカ >アジアです。中国、台湾よりフランス、イタリア、ドイツです。

この傾向はスポーツ自転車だけに限りません。自動車、アパレル、ファッション、アートはだいたいそんなです。南蛮渡来の品物はいにしえの時代からブランドです。

で、スポーツ自転車はザ・海外ブランドです。国産ブランドの質実モデルより欧米ブランドの有名モデルのが人気です。むしろ、ルイガノみたいな日本規格のブランドは敬遠されます。

「小手先のマイルドなローカライズより本場のロックなネイティブな欧米仕様をこの身と心で味わう」

てのが本流です。「ロックンロールを翻訳するな!」みたいなところですか。これはヒジョーに分かります。翻訳は原文に勝りません。

商習慣? ネームバリュー? 思惑は多彩

そんなわけで有名ブランドの高級バイクが世界中からこの極東の小さな島国にどしどし輸入されます。

おかげで日本はながらくスパバイ販売世界第二位の実績を持ちました。1位は不動のアメリカです。最近では中国が2位に来て、日本が3位に来ますね、GDP的に。

じゃあ、輸入品には輸入元があります。国内代理店、ディーラーです。上述の理由から日本代理店はメーカー、ユーザにけっこうな影響力を持ちます。ぞくに殿様商売です。

また、一部のブランドは日本支社を置きます。これはうちの近所のキャノンデールJP本社です。

CANNONDALE JAPAN本社
CANNONDALE JAPAN本社

自転車業界の商習慣、安全性の確保、ユーザーの囲い込み、価格のコントロール、ブランドのネームバリューの維持・・・なんやかんやの理屈で各種の規制がかかります。

「型落ちセール! 大幅割引です! 値段はASK!」

みたいなSNSの告知はネームバリューの維持のための定番作戦です。お知らせ的にはビミョーなところですけど、ははは。

規制は代理店でまちまちです。ゆるゆるからがちがちまでほんとにバラバラです。

複数のブランドの販売権を持つ代理店が方針を変えると、前に買えたものが買えなくなるとか、買えなかったものが買えるようになるとか、価格が異様に上下するとかします。

基本的に国内代理店はネット通販に消極的です。ユーザーが正規の販売ルートから外れることを好みません。旧来の店頭訪問、対面販売がジャスティス! です。

反面、ネット時代の申し子のようなCANYONがめきめき力を伸ばします。VitusやNukeproofはイギリスの通販大手CRCなしでは復活しなかった。dhdやPrimeのコスパ良品は通販のたまものです。

いくつかのブランドはネット通販を徐々に解禁します。ゆるゆる系の筆頭格のビアンキは直販のオンラインショップを始めました。

現代のライトユーザーにはこれのがぜんぜん親切です。専門店に足を運ぶ習慣がありません。店頭と対面がすでにイージーじゃない。重圧です。圧迫接客ごようしゃください!

ネット通販で買えるおすすめロードバイク10選

では、ネット通販OKの人気自転車ブランドをざらっと紹介しましょう。国内外のアレコレを加味して、おすすめベスト10を出します。

あらためて選出すると、トップブランドをまあまあ買えちゃうな~、て印象を強くしました。ツール出場メーカーの半数はぽちとワンクリックで手元に届いちゃいます。良い時代です。

イタリア通販御三家

イタリアにはたくさんの自転車ブランドがあります。とくにオンロード系のスポーツバイク屋が百花繚乱です。

反面、オフロードバイクはほかの欧州列強のスペイン、フランス、ドイツに譲ります。ロードバイク大国のオフロード小国です。

そんな無数のイタチャリのなかから通販イタリア御三家をあげましょう。

Bianchi

ベスト1はBianchiです。イタリアの名門自転車ブランドです。創業は19世紀までさかのぼります。ツールドフランスの常連です。アイコンカラーのチェレステはおしゃれです。

ブランドヒストリー、ネームバリュー、ルックス、近年の競技の実績、価格、そして、買いやすさのいずれが高得点のグッドブランドです。ビバ、ビアンキ!

国内の正規小売り店が通販をしますから、ストアショップ、アマゾン、楽天からワンポチで買えちゃいます。

そんなわけでビアンキは通年で品薄です。エントリークラスのチェレステカラーのXS-Mサイズはさきざき売れちゃいます。

じゃあ、型落ちの大幅安を狙うブランドじゃありません。カラーを絞って、サイズを狙って、ピンポイントでカートインしましょう。

イタリアメーカーには珍しくビアンキはハイエンドからエントリーのMTBを手掛けます。ハードテイルのKUMAは有名です。2018モデルにはSHIKAて新作がお目見えします、うそみたいなほんとのはなし。

Colnago

イタリア御三家の次鋒はColnagoです。ここもビアンキに勝るとも劣らない名門中の名門です。創業は1954年です。

この1940-1950年代のイタリアには天才フレーム職人がごろごろ出没します。まるでルネッサンスの芸術家みたいに。いくつかは歴史に消え、いくつかは現在まで残ります。コルナゴはその一社です。

2017年は創業者のエルネスト・コルナゴさんが85歳のメモリアルバースデーをぶじに迎えました。限定記念モデルのOttana5が出ましたね、国内定価は1950000円です、税抜きネ!

そんなコルナゴはカーボン化の波にすこし乗り遅れて、トップレースの実績をしばらくしませんが、2017年のツールドフランスにひさびさに返り咲きました。

また、エアロモデルのColnago Concept、新型レースバイクのV2-Rを一気に投入して、古豪復活ののろしを上げます。

そのせいか3月のサイクルモード大阪2017の試乗車はやたらと豪華でしたね。

colnago concept
colnago concept

コルナゴコンセプト、アルテミスカーボンホイール、デュラエースR9100の100万バイクです。C60のホイールはボーラでした。大盤振る舞いです。

にもかかわらず、他社より試乗の列がさびしげでした。15分待ちですぐに乗れたし。やっぱり、トップレースの露出と人気選手の不在が原因でしょうか?

コルナゴは国内通販NGブランドです。小売りはネット通販できません。店頭訪問、対面販売が買い方の基本です。流通物は並行輸入品、個人売買、中古品です。

輸入消費税の目安6%を考慮しても、国内正規品より海外通販に割安感を求められます。とたんに国内代理店、ディーラーがうらめしく思えますね。

まあ、商売ですから~、どこかでもうけを出さないと、食いはぐれてしまいますから~。

でも、商品知識、保障、アフターサポート、リコールの案内みたいなキモのところが一部の代理店でわりとなあなあです。代理店業が『売って終わり』であれば、転売屋と変わりませんが。

De Rosa

通販イタリア御三家のラストはDe Rosaです。

ちなみにそれぞれのアイコンシンボルは、

  • ビアンキ=チェレステ(空色)
  • コルナゴ=三つ葉
  • デローザ=ハート

です。イメージはグッチ、ゼニヤ、アルマーニてところです。

デローザはコルナゴと同時期の創業です。ロードルネッサンスの一員です。創業者のウーゴ・デローザはイタリアロード界の伝説的人物です。

ここはコルナゴ以上にトップレースの実績から遠ざかります。今年のツールドフランス、ジロデイタリア、ブエルタアエスパーニャにデローザのバイクはありません。

供給先のチームはニッポーヴァーニファンティーニです。ニッポーは日本の道路舗装企業です。一般道路のインフラから競技トラックまで手掛けます。

鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎはここの施工です。この関係でNippoは自転車レースの協賛にちょこちょこ顔を出します。

自転車専用レーンが義務化されれば、このNippoが大部分を手掛けましょう、きっと。フォルツァ・ニッポー!

じゃあ、現在のデローザは古豪の位置に甘んじます。現代の実績より過去の栄光が絶大です。史上最強のロード乗りの一人、エディ・メルクスのバイク、てイメージが強烈です。このかがやきが強すぎます。

そして、デローザの国内価格は強気の強気、ゲキつよ高々プライスです。アルミの平凡なエントリーバイクが定価20万~です。

しかし、海外ストアではコルナゴとおなじ定番のブランドです。国内フレーム価格で完成車を買えちゃいます。

そして、各所のユーザーレビューはたいてい日本人のものです。デローザ人気は日本だけの特有の現象だあ?!

エディメルクス時代の古参ロードファンと弱虫ペダル時代の新規ロードファンで意見は分かれます。

それから、ちまたでいちばん人気のピナレロはレギュラーじゃありません。たまーに各所でぽつぽつと単品が出ます。XLの型落ちみたいなやつです。通販イタリア御三家には入りません、ざんねん。

アメリカのロックな雄とカナダのエアロな新星

欧州から北米に目を移しましょう。こちらはMTBの発祥の地で、オフロードの本場です。だいたい目新しいもの、革新的なものはアメリカから出ます。

CANNONDALE

アメリカ御三家、そして、パーツ屋のSRAMの通販は一筋縄じゃありません。TREK、Specializedは国内外で全面的にむりです。

一部の海外ストアに在庫があっても、日本への配送が決済の段階でフィルタリングされます。国別リージョン規制です。ぞくに『おま国』です。

また、大手のCRCとWiggleはSRAMのパーツを規制します。ストアを日本語版にすると、SRAMパーツがリストから消えます。

傘下グループのZIPPホイール、Quarqパワーメーターもそうです。が、クランクのTruvativ、サスペンションのRockshoxはこの限りじゃありません。

しかし、メーカーないし代理店の根回しは完全じゃありません。ほかの中小・マイナー系のストアでふつうにSRAMを買えちゃいます。そこまで目と手が回らないか。

SRAM GX リアメカ外箱
SRAM GX リアメカ外箱

ロードは最新・準最新です。MTBはだいたい現品限りで、ものすごい型落ちです。どこかのデッドストックか店舗引き上げ品だあ?

MTBはナマモノです。賞味期限は二年です。3年落ちはもうレトロです。型落ちはなかなか出ていきませんね~。

キャノンデールはイタリアブランドみたいに超高級路線じゃありません。年々、ポップに庶民的になります。国内外の価格差は控えめです。

CERVELO

カナダのCervelo社はロードバイク・トライアスロン用のフレームメーカーです。TTバイク、トライアスロンバイクではシェアナンバーワンを誇ります。

最新のP5Xはそろそろ別機と合体するか人型に変形しかねません。

北米にはそのほかにGT、Jamis、KONA、Garneau、MARIN、FUJI、KHS、DAHON、TERNなどのグッドブランドが無数です。アカデミックさにこだわらないなら、このへんを視野に入れましょう。

つうごのみ、実力派のヨーロッパ勢

欧州へ戻りましょう。イタリア以外の各国の自転車メーカーをピックアップします。

番外CANYON

通販の一点でCANYONは独特の路線を行きます。ここは小売店や代理店を介しません。ドイツ本社の直販が正規ルートです。基本的にオーダーや問い合わせは英語になります。チャリ業界では異端児です。

ここの実力は本物で、オンロード、オフロードのトップシーンで好成績を収めます。注目度ナンバーワンの自転車ブランドです。

が、この特集の基準ではキャニオンは番外になります。それから、人気が集中して、納期がぐだぐだです。遅延は日常茶飯事です。

シーズンオフには公式ストアでセールがあります。ニュースレターを登録するか、定期的にチェックしましょう。

BMC

BMCはスイスのブランドです。英国ブランドのラレーの代理店から商売を始めて、独自ブランドをローンチして、健康器具メーカーのオーナーの援助を得て、一気にトップブランドへ駆け上がりました。

ここのアイコンはiSCです。フレームのリアの三角がフロントの三角より小さくなります。おのずとステーは下にさがります。見た目がエアロ、エンデュランスぽくなります。

ISCオフセットシートステー
ISCオフセットシートステー

対照的にキャノンデールはここを絶対に下げません。フレームの形はトライアングルx2のダイヤモンド型です。ハードボイルドです。

BMCの実績はすでに十分です。オンオフロードのトップレースで安定の成績を収めます。MTBのクロスカントリーチームが強力です。

CERVELOとおなじくカンザキ系で激安特価が出ます。

識者の見解では弱虫ペダルの主人公の小野田坂道が寒咲自転車店からBMCのハイエンドロードを無償で借りるエピソードの元ネタがこのカンザキの特価BMCだ、てことです。

たしかにカンザキ系列の試乗車のおろし、処分セール、訳あり品は衝撃の価格です、おもに同業他店に。

実際、ぼくは新品のKONAのカーボンフレームを物色しましたが、カンザキ価格が案の定の最安でした。

Lapierre

ラピエールはフランスの自転車ブランドです。チームFDJがながらくラピエールに乗って、ツールドフランスを駆けます。

チーム名のFDJはFrancaise des jeuxの略称です。フランスの宝くじ屋さんです。で、このフランス主体のチームがフランスのラピエールのバイクでツールドフランスを走ります。ラ・マルセイエーズが聞こえます。

また、オフロード、E-bikeのハイエンドに積極的です。ラピエールの本家の公式サイトの2018モデルのリストには17種類のフルサスの電動バイクが並びます。

あと、自転車小売り最大手のサイクルベースあさひがラピエールを扱います。実店舗ではなかなか見ません。通販でちょくちょく出てきます。

Orbea

オルベアはスペイン・・・ホットなカタルーニャと同様に独自の文化圏を形成するバスク地方の自転車ブランドです。スペイン最大手です。

ここも欧米メーカーの名に恥じず、オンロード、オフロード、ジュニア用、E-bikeて幅広い展開をします。むしろ、イタリアブランドがなかなかロード離れできないように思えてきます。

この完成度の電動ロードが出てくると、ヤマハやパナは苦しくなりますねー。さいわいアシスト規制のおかげで欧州のクールなやつや北米のパワフルなやつは入ってきませんが。まさに黒船だあ・・・

オルベアの通販のON/OFFはあやふやです。今日の時点でワールドサイクルに完成車の在庫があります。

でも、これはスポット売りぽいです。

このオルベアにそっくりの経歴のブランドがBHです。ここはカンザキやあさひの常連です。オルベアと同じくバスク地方の企業で、1900年初期に操業して、火器メーカーを起源にします。

第一次世界大戦のときには武器屋さんで、平和なときにはチャリンコ屋です。平和がいちばんです!

アジアの自転車ブランドは?

アジアは工業製品の世界的中心です。世界の自転車および自転車パーツの99%はアジア製です。実際問題、超ハイエンドと職人のクロモリ以外は中華製です。

そんなCHINAのTAIWANには大小の自転車関連企業が存在します。大の大は業界最大手のGIANTです。ロードバイク、MTBの大量生産の大立役者です。

5万で9kg台のクロスバイクを買えるのはGIANTのたまものです。ESCAPEシリーズはスポバイ界の歴代ベストセラーNo1です。

が、意外や意外に身近なGIANTさんのロードやクロスやMTBは通販NGになります。数が出まして、中古が多く出回りますが、新品が皆無です。

くわえて、GIANTは直営店に力を入れます。国内GIANTストアは日本全国で30店を下りません。もはや、業界10指のチェーン店です。

うちの近所の箕面店は超ド級の旗艦店です。GINAT全モデル、全商品を取りそろえます。まさしく進撃の巨人です、ウォールマリアの城塞です。

GIANTストア箕面
GIANTストア箕面

そんなわけでGIANTはこのリストには入りません。海外ストアの在庫はレアです。

中古のEscapeは買取屋のウェブストア、ヤフオク、そこらのリサイクルショップのチャリコーナーでめちゃくちゃ見当たりますけど、ははは。

じゃあ、通販リストには台湾の業界第二位が登場します。

MERIDA

はい、MERIDA、メリダ、美利达です。下請けからの大躍進企業のひとつです。『アンカーやスペシャラのバイクはメリダ製』はとみに有名な公然の秘密です。

メリダはオールマイティにハイエンドバイクを作れますし、各ジャンルで成績を上げます。スペシャライズド込みでは実質世界最強バイク屋さんです。

でも、国内の知名度はいまひとつです。業界二位の製造力とトップレースの成績からしてメリダの人気は過小評価です。

これには以前の代理店のやる気のなさや同社本体のブランディングの失敗があります。コアユーザーはプロはスペシャラを買っちゃいますし。

しかし、2016年ごろからメリダの国内の露出があきらかに増えました。ワイズロードやベックオンでメリダが良い位置を抑えます。グローバル特約店の30%オフ、日本人トッププロのユキヤ・アラシロの存在も奏功します。

げんに街中やサイクルロードでメリダのロゴのロードバイクをちらほら見かけます。ユーザー層はヤングです。コスパ、性能、ユキヤの世代です。人気がようやく実力に追いつきました。

はたまた、コスパ重視のGIANT回避のメリダて流れはありえます。GIANTの絶大な知名度はちんぷさの裏返しで、イシキタカイ系のヘイトホイホイですからね。

小売店的には王者のジャイアントさんを売るより新星のメリダくんを後押しする方がなにかと良さげです。

「うちらが積極的に売らんでも、ジャイアントさんは自分とこでばんばん売りさばきますわね~。てか、うちの系列より店舗数がありますやんか~」

通販で買えるロードバイク10選でした。

💰3800円オフの神プロモ!

Uber Eats とauのコラボで3800円分の超絶クーポンばらまきが始まりました。docomo、ソフトバンク、格安SIMユーザーも行けます。

auスマートパスプレミアム(スマプレ)に新規会員登録すると、即座にUber Eats の1800円クーポンを貰えて、翌月と翌々月にさらに1000円クーポンを貰えます。

そして、何とこのプロモはUber Eats の会員にも適用されます! 最強の二回目クーポンですよ! さらにスマプレは月額499円ですが、30日間無料です。 みなさん、分かりますね?

期限は2021年1月31日までです。お早めに!


Uber Eats で自由に稼ぐ!

Uber Eats は副業、隙間時間の有効活用、ちょっとしたお小遣い稼ぎにぴったりです。好きな時間に好きな服装で好きなだけ働けて、翌週には報酬を受け取れます。

ロードバイク
B4C