自転車パーツを格安で購入 ワイズロード通販

幅広のビンディングシューズの統計をネットからピックアップしてみた

「はい、ニューバランスしか履けない人、この指に止まれ~」

NEW-BALANCE-RALAXA-アウトソール-CUSH
NEW-BALANCE-RALAXA-アウトソール-CUSH

こう高らかに宣言すると、けっこうな仲間を集められます。そう、ここはザ・幅広甲高の人々の国、ジパングです。

足サイズ < 甲回りが真の幅広甲高さん

農耕民族の人種的な特徴か、靴脱ぎ文化のたまものか、日本人の一般的な足型は欧米人よりボリューミーです。

だいたい”Width 2E”が日本人の足幅のスタンダードです。欧米人はより細いE=Dです。

しかし、ぼくの脚は標準的な2Eに収まりません。かかと-つま先の実寸は25.8cm、甲回りは28cmです。ベストサイズは26cmの5E、26.5cmの4Eです。

仮に靴幅2Eからシューズを選ぶと、サイズ27.5-28cmをチョイスせざるを得ません。案の定、つま先はガバガバです。くつ擦れ、ツメ割れの心配度が増えます。

そんなわけでシューズ選びは一苦労です。ナイキ、アディダス、コンバース、アンダーアーマー、プーマ、リーボックなどなどは全滅です。

スポーツシューズの3Eは天然記念物級にレア

ぼくのはきものの決定版は、

  • ランシュー=ブルックス
  • サンダル=ビルケンシュトック
  • ブーツ=ダナー
  • 革靴=ナポリターノラケーレ

ダナーは極端な幅広ブランドじゃありませんが、ほかのブーツよりまだゆったりです。ラケーレはナポリの靴工房です。旧メッカリエロ、欧州革靴の中ではまあまあ幅広です。

こんなふうに普段履きや軽い運動靴の超幅広タイプは見つかります。が、スポーツ専用シューズは別です。3E以上の展開はがくっと減ります。

ミズノ、アシックス、シマノがあてにならない

で、自転車専用シューズです。自転車競技はスポーツ的にはマイナーです。ビンディング用シューズ、フラットペダル用シューズのいずれがDオンリーです。ぎゃふん。

禁じ手のアシックスとミズノのリストに『自転車』のカテゴリーはありません。ドッジボールやパークゴルフはあるのに!

「でも、国内にはチャリ界の名士のシマノはんがありますから~。日本人には日本ブランドでしょうよ~」

この浅はかな発想は自転車競技の性質から打ち砕かれます。自転車の本場は欧米です。商品開発はアジア人ベースでなく、欧米人ベースです。

結果、シマノの自転車シューズは日本人向けではありません。むしろ、標準より小さめです。

靴はイタリア

やっぱし、履き物はイタリアです!

SIDI MEGA

SIDIのMEGAタイプはカタログ公称ではEE-EEE相当です。

もとの木型がシマノのワイドタイプよりゆったりめです。

ただ、いかんせん、SIDIにはビンディングシューズしかありません。ビブラムソールのフラットペダルのスニーカールックスな幅広のチャリシュー、みたいなのを出して~。

低めアーチのNORTHWAVE

つぎがNorthwaveです。サイクリングとウィンタースポーツのブランドです。

日本でのノースウェーブは女性音楽ユニットのパフィーのシューズです。ストリート系のローテクスニーカーが一世を風靡しました。

日本人トップレーサーの新城幸也はノースウェーブを履きます。ユキヤは沖縄の石垣出身です。年中に素足のサンダル履きで過ごせる環境で育ちます。多分にベタアシでしょう。

実際問題、ぼくは昔から靴下嫌いの靴嫌いです。室内でははだし、屋外ではつっかけです。母方の血は鹿児島の南の方です。べた足養成一直線です。

Northwaveの特徴はアーチの低さです。よりベタ足の人向けです。

うーん、商品展開はビンディングばっかりです。フラットペダルのビブラムソールのスニーカータイプを・・・

ざっくりスリットFizik R4B

サドルとシューズの作り方はよく似ます。多分、おなじ道具で出来ます。上等なやつは手縫い、ふつうのは接着剤、やっすい奴はでっかいホッチキスです。

そんなサドル屋でシューズ屋のFIZIKの一品です。

型番のR4Bの”R”はRoadです。4Bがこのざっくりスリットモデルの型番でしょう。じゃあ、オフロード用はM4Bになりますが、この在庫は主要の海外ストアに見つからない。

そして、やっぱし、展開はクリップレスオンリーです。ビバ、イタリア・・・

リンタマン

リンタマンはカナダ人の元レーサー、クリス・リンタマンさんのブランドです。真ん中のちょんまげの方が本人です。

リンタマン ハイパーホリックにて
リンタマン ハイパーホリックにて

ここのシューズはこのリンタマンさんと奥さんのハンドメイドです。一足一足を自分たちで丁寧に作ります。マジか?!

コンセプトは『みんなの足に合う機能的なビンディングシューズ』です。靴が足に合わせます。

リンタマンの新作の見た目は非常に独特で、初見のイメージがよろしくありません。個人的には何かウナギっぽく見えます。

しかし、使用者の評価は非常に高得点です。とくに2022年以降の新型A1が好評です。

そして、ロード用ビンディングシューズとMTB用フラットソールがあります!

欠点はにゅるっとした見た目です。これを許容できれば、かなりの幅広甲高自転車乗りが救われます。街乗り派のぼくは遠慮しましたが・・・どうかスニーカータイプを・・・

一応、参考にアマゾンの旧型を紹介します。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

自転車ウェア
B4C