全く新しい自転車マガジン創刊計画始動!

NEW BALANCE RALAXA 軽量4Eフィットネススニーカーのレビューや評価

4.5
  • 総合評価 4.5/5 ★★★★
  • スニーカー以上ランシュー未満
  • 軽くておしゃれ

ニューバランスらしいおおらかなサイズ感のNEW BALANCE RALAXAの第一印象は上記の通りです。

このフィットネスウォーキングスニーカーの詳細を以下で解説します。

NEW BALANCE RALAXAの基本情報

欧米のアパレルメーカーのシューズは日本人には細身でタイトです。あちらの標準的な足幅はC~Dしかありません。

憧れのプーマ、アディダス、コンバース、ナイキは夢のまた夢です。

その窮屈な欧米シューズのなかでニューバランスはおおらかなサイズ感と万人向けのポピュラーさで幅広甲高ユーザーの絶大な支持を得ます。

ミズノやアシックスにはないポップさがNBにはある。

NB-外箱
NB-外箱

前回のNBのレビューはトレイルランニング用のMT410でした。あれはUSEDですが、今回のRALAXAは新品、そして初耳のモデルです。

フィットネスウォーキングシューズ

ニューバランスの売れ筋は880や990などの連番のモデルです。

本家アメリカ製のUSモデルやイギリス製のUKモデルは憧れの高級スニーカーで、日本発のランシューNB HANZOシリーズなどもあります。

で、今回のRALAXAはそんな定番のラインから外れて、独自路線の新興モデルになります。

公式ページの区分は『ウォーキング&アウトドア』内の『フィットネスウォーキングシューズ』です。

モデル名NEW BALANCE RALAXA
定価8690円(税込)
アッパー素材合成繊維
ソール素材ゴム底
製造国インドネシア
備考標準幅EE、幅広4E

つまり、このNB RALAXAはランニングシューズではありません。

実際にこれで走ってみると、些細な不満を感じます。適切な使用シーンは歩き以上、走り未満です。

PU COMFORTとCUSH+

税込8690円の希望小売価格のようにNEW BALANCE RALAXAは最廉価の安っぽいシューズではありません。テクノロジー入りのパーツが投入されます。

ララクサシリーズはすでに数バージョンが展開しますが、共通項はPU COMFORTインソールとCUSH+アウトソールです。

単語の印象のようにどちらもクッション・快適型の素材です。

NEW BALANCE RALAXA
NEW BALANCE RALAXA


クッション型のコンセプトと裏腹にシューズの重さは標準的な4Eのランニングシューズより軽量です。

使用者の身体情報

ぼくの自己紹介に替えて、自足紹介をしましょう。

性別男性
体系中肉中背
素足サイズ25.5cm
スニーカーサイズ26.0-26.5cm
素足幅11cm
スニーカー幅4E
土踏まず足囲26cm
母指球足囲27cm
足型エジプト・ギリシャ型
※数値は夜に計測したもの

土踏まずの足回りが26cm、母指球の足回りが27cmです。とにかく甲のボリュームが縦サイズの25.5cmを上回ります。

これが典型的な幅広甲高です。ジャストフィットよりややゆるめのサイズ感が好みです。26.5cmの4Eがファーストチョイスです。

NEW BALANCE RALAXAの特徴

上述のようにNEW BALANCE RALAXAは『フィットネスウォーキングシューズ』です。ランニングシューズではありません。

散歩、ウォーキング、軽い運動には向きますが、高負荷のスポーツには向きません。競技用シューズではない。

逆にデザインが現代的でスマートでおしゃれです。シームレスなアッパーとシックなカラーは街履き、普段使いに良く合います。

ちなみに今回の実物のカラーは『カーキ』です。むしろ、色味はモスグリーンですが。

ヘザーメッシュアッパー?

NEW BALANCE RALAXAのアッパーは『柔らかなヘザーメッシュアッパー』です。これは通販サイトの記載にあります。

さて、メッシュはおなじみですが、ヘザーは目新しいワードです。

NEW-BALANCE-RALAXAヘザーメッシュアッパー
NEW-BALANCE-RALAXAヘザーメッシュアッパー

“heather”の直訳はギリュウモドキです。これは植物の低木ヒースのことです。

ヘザーはこの葉の色の季節ごとの変化に由来して、霜降り状のカラーパターンを意味します。和名は杢色(もくいろ)です。

上の写真のように単色のベタ塗りメッシュとは異なる面白い風合いが出ます。

裏地はしっかりキャンパスシューズ風

NB RARAKXAの表地はこの柔らかなヘザーメッシュですが、裏地はしっかりめの素材です。

ゆえにこのシューズのアッパーはランニングシューズのメッシュアッパーのようには広がりません。

NEW-BALANCE-RALAXAのアッパーの広がり
NEW-BALANCE-RALAXAのアッパーの広がり

ランニングシューズ > ウォーキングシューズ > スニーカー、キャンパスシューズ

アッパーの伸縮性はこの順番です。

徒歩では接地時の爪先部分の負荷はそれほど大きくありません。足も大きく変形しない。

必然的にシューズのアッパーの伸縮性=変形率もそれほど必要ではない。防水タイプのムーンスター M196などではこの傾向がより明らかです。

一方、トレイルランニングシューズはアッパーのつま先部分は非常におおらかでゆったりです。

トレイルランナーはオフロードの下り坂をスピーディに駆け降ります。爪先の負荷は平地のランニングよりハードです。アッパーの伸縮性がより重要です。

で、NEW BALANCE RALAXAのコンセプトは『フィットネスウォーキングシューズ』です。ランニングの文字はありません。

アッパーの広がりの少なさがそれを裏付けます。

具体的には小指側の当たりがややストレスフルです。接地時に小指の外側がアッパーの裏地に押される。

快適に走れるのはせいぜい5kmまでだ。長距離では靴擦れの心配があります。

このように素足で履くと、シューズの特性をダイレクトに感じられます。このララクサの履き心地はスニーカー・キャンパスシューズ風です。

また短所は長所ですから、アッパーの耐久度や型崩れのしにくさはランニング系のメッシュアッパーより上です。防水もそこそこ。

異常に柔らかいインソール PU COMFORT

NEW BALANCE RALAXAの説明で最初に出て来るテクノロジーが”PU COMFORT”のインソールです。

NEW-BALANCE-RALAXAのインソール-PU-COMFORT
NEW-BALANCE-RALAXAのインソール-PU-COMFORT

特徴はその異常な柔らかさです。上の写真のように壁に立て掛けるのが一苦労です。ほとんど自立しない。

PUMAのSoftForm+はスポンジのような肌触りですが、このNB PU COMFORTは低反発ウレタンのような手応えです。

ぐにゃんぐにゃん。ぼくの手持ちのシューズの中では最も柔らかいインソールです。

他方、甲側のアッパーの質感はスニーカー寄りです。履き心地のちぐはぐさが少し気掛かりです。まあ、このギャップは靴下でぼやけますが。

あと通気性はそんなによろしくありません。アッパーの中はメッシュのランシューより少し蒸れます。

シューズのタグにインソールのミニサンプルが付きます。つまり、これがRALAXAのイチオシ素材ですね。

PU-COMFORTのインソールのサンプル
PU-COMFORTのインソールのサンプル

特徴的なヒール

NEW BALANCE RALAXAのアッパーの構成はツーブロック方式です。

爪先から土踏まずのアーチまでが例のヘザーメッシュで、アーチの後ろからヒールまでがライクラ風の艶っぽい生地です。

表地には植物のツタのような有機的なひだがあります。

NEW-BALANCE-RALAXA-ヒール
NEW-BALANCE-RALAXA-ヒール

このような非実用的な遊びのデザインは5000円台の安価なランニングシューズにはまずありません。そして、この部分もつるペタのシームレスです。糸目が皆無だ。

ヒールの硬さや浅さは標準的です。

ハイグリップなアウトソールCUSH+

RALAXAの二つ目の売りがCUSH+です。こちらはアウトソールのテクノロジーです。

ただし、このシューズのミッドソールとアウトソールの境目はあいまいです。靴底の大部分は白いミッドソールです。

NEW-BALANCE-RALAXA-アウトソール
NEW-BALANCE-RALAXA-アウトソール

CUSH+のプリントは白い部分のサイドにあります。爪先とヒールのアウト側の黒い部分が本来のアウトソールでしょう。

が、これは部分的な補強の域を出ません。

この白いCUSH+の手応えはゴム系でなく、EVA系やウレタン系です。

これが意外にハイグリップで、濡れたマンホールや溝の蓋をしっかり掴みます。安物のごつごつしたゴム底より安心安全です。

接地感は「ぎゅっぎゅ」という感じです。

NEW-BALANCE-RALAXA-アウトソール-CUSH
NEW-BALANCE-RALAXA-アウトソール-CUSH

丈夫な発砲スチロールのような素材の性質からノーカバーの剥き出しのCUSH+ソールの寿命は長くありません。

アスファルトでがりがり削れて、消しゴムみたいにぽろぽろ崩れます、ぼくの推測では。

で、その予防のためにヒールの外と爪先が黒い補強でカバーされます。ソールの消耗はこの二部分から始まりますからね。

つまり、RALAXAのアウトソールは『部分的に補強されたミッドソール』と言えます。

インソールのPU COMFORTとの相乗効果でクッション性はばっちりです。

やたら軽量

クッション系の幅広シューズは容積と素材のせいで重くなりがちです。

防水アッパーのシューズなどは300gを軽くオーバーします。標準的な26.0cm、4Eのランニングシューズは250~300gです。

ところが、このNEW BALANCE RALAXAは見た目やコンセプトに反して、非常に軽量です。26.5cm、4Eの片足重量が何と227gしかない。

NEW-BALANCE-RALAXAの重さ
NEW-BALANCE-RALAXAの重さ

この軽さの理由はアウトソールのゴム部分の少なさとアッパーの前部の薄さでしょう。

NEW BALANCE RALAXAのまとめ

『おしゃれで、ハイグリップで、クッション型で、軽量』というニューバランスララクサはなかなか前衛的なシューズです。

機能面とデザイン面が高いバランスで釣り合います。

難点はアッパーの甲の部分の広がりの悪さですか。まあ、シューズのジャンルがランニングシューズじゃありませんしね。

  • 価格:3
  • ブランド:4
  • デザイン:5
  • 性能:3
  • 機能:5
  • 幅広甲高:4
  • トータル:4.5 ※走らないなら

セミ一体型のミッドソール=アウトソールの耐久度は不安ですが、激しいシーンはそもそも用途外です。

街履き、普段使い、ウォーキングに使うのがベターでしょう。

【祝】B4C編集長就任

この度、管理人のB4Cが大阪の小さな出版社さんの協力を受けて、自転車マガジン作りに挑戦します。

2021年初夏の創刊を目指して、クラウドファンディングを始めました。

★DiDi Food 新規配達員ボーナス!★

大阪で人気のDiDi Foodが冬場に向けて配達パートナーを増強中です。ついに紹介ボーナスが復活しました!

【特典Getまでのステップ】

ステップ1
2020年11/24(火) ~ 12/13(日) 23:59:59の間に、紹介リンクまたは紹介コード FOOD-CTPW8J 経由で登録する。

ステップ2
ステップ1の登録から14日以内に研修を受講し、アクティベートを完了する。手続きの詳細はぼくのDiDi Foodのページで。

ステップ3
アクティベート日の翌日から起算し30日以内に50件の配達を完了する。

ステップ4
登録時やノルマ達成前で構いませんので、名前と連絡先を専用フォームから送信してください。キャッシュバックの連絡に使います。→DiDi Food紹介ボーナス用フォーム

★Uber Eats初回クーポン限定版★

Uber Eatsで最も実用的なクーポンは初回限定クーポンです。

新規ユーザーさんは以下のコードをアプリから入力すれば、1800円引きクーポンを獲得できます。今回はかなり強力!

お得なコードは [ eats-jsx829 ]です。

使い方:インストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

幅広甲高シューズ
シェア大歓迎!
B4C