全く新しい自転車マガジン創刊計画始動!

asics JOG 100 2 スーパーワイドの標準シューズのレビュー サイズ感や特徴、重量や評価など

4.0
  • 総合評価4/5 ★★★★
  • 最強の実用性
  • 4Eシューズの基準点

ぼくがこのように感じたアシックスの手頃なランニングシューズasics JOG 100 2の詳細を以下で解説します。

asics JOG 100 2の基本情報

日本国内には世界屈指のスポーツ用品メーカーがあります。アシックスとミズノ。

この二社はウェアの大手でもあり、シューズの大手でもあります。どちらも関西の企業です。アシックスは神戸に、ミズノは大阪に本拠を置きます。

この二社は豊富なスポーツシューズを展開します。そして、国内メーカーらしく幅広タイプの取り扱いが豊富です。

ぼくもNIKEやプーマのスニーカーのタイトさに泣かされて、アシックスとミズノのシューズに癒されました。

今回の主役は神戸のアシックスのオーソドックスなランニングシューズ・・・いや、ジョギングシューズのasics JOG 100 2です。

ちなみに”asics”の正式な綴りは公式ロゴのように小文字です。

asics-jog-100-箱
asics-jog-100-箱

標準的な幅広フラットシューズ

asics JOG 100 2の基本情報をアシックスの公式サイトからの引用します。

価格5390円(税込)
素材インナーソール:取り替え式
生産国カンボジア
サイズ22.0~29.0/30.0cm
アッパー素材合成繊維(ラッセル構造)+人工皮革
アウター素材ゴム底
その他22.0~24.0=ワイド
24.5~=スーパーワイド

ワイド=2E、スーパーワイド=4Eです。”EXTRA WIDE”の表記もあり。

中間の3E幅はその他のジャンルではありますが、ランニングシューズではレアです。おおむねワイド=2Eのワンサイズ上はスーパーワイド=4Eです。

JOG 100 2のキャッチコピーはこうです。

ワイド~スーパーワイドラストを採用し比較的ゆったりとした着用感。ビギナーのランニングをサポートするクッション性とグリップ性。

asics jog 100 2 公式説明文より

価格、説明文、用途、設計、全てがスタンダードなビギナー向けランニングシューズを表します。つまり、ハイスピード軽量型でなく、クッション快適型です。

JOG 100 2はメンズのみです。同タイプ、同クラスのカジュアルな男女共通モデルはJOLT 2になります。

使用者の身体情報

ぼくの足のサイズ・・・という表現は誤解を生みかねません。足の”データ”は以下の通りです。

性別男性
体系中肉中背
素足サイズ25.5cm
スニーカーサイズ26.0-26.5cm
素足幅11cm
スニーカー幅4E
土踏まず足囲26cm
母指球足囲27cm
※数値は夜に計測したもの

4Eクラスの幅広甲高の足囲は縦幅を軽く上回ります。幅広甲低や幅狭甲高はこうなりません。

このサイトの幅広甲高の定義は足の回り > サイズです。

asics JOG 100 2の特徴

上記のようにasics JOG 100 2は初心者用のスタンダードなランニングシューズです。手元の実物は4Eの26cmですね。

設計や価格から強烈な特徴はありません。NIKEの厚底シューズ、ヴェイパーシリーズのような先鋭性や専門性はない。

『スーパーワイドタイプ』というのが最大の特徴です。

アシックススーパーワイド4E
アシックススーパーワイド4E

しかし、私のシューズ選びの最優先はサイズと幅ですから、この『スーパーワイドタイプ』は『超軽量』や『限定品』より高得点です。

アッパーは普通でシンプル

asic JOG 100 2のアッパーは非常に普通です。メッシュの合成繊維の下地+人工皮革の補強です。

asics-jog-100-見た目
asics-jog-100-見た目

アッパーのベースはネイビー、アシックスのシンボルマーク部分がゴールドです。ちなみにこのマークの正式名称は『アシックスストライプ』です。

このカラーはやや控えめなデザインに見えますが、JOG 100 2の他のバリエーションはさらに控えめです。やや地味。

おそらくこのモデルのメインユーザーは学生でしょう。一種の学校指定感はありますね。アシックスとミズノのシューズの欠点はこれです。

アシックスの高級路線のオニツカタイガーはなかなかおしゃれですが、エントリーモデルは少しやぼったく見えます。

同価格帯のニューバランスの方が街では映える。

アッパーのホールド感、サポート感、履き心地は平凡です。可もなく不可もなし。

トレランシューズのNB MT410のような特筆の柔らかさもありません。ある意味、ランニングシューズの王道です。

サイズ感はスタンダードな4E

別項のNB MT410のアッパーは4Eの中でもゆったりな4Eでした。これはトレイルランニングシューズの特性です。

一方のJOG 100 2は名前の通りにジョギング用です。つまり、このシューズは厳密にはランニング用でなく、ジョギング用です。

ランニングとジョギングの違いは以下の通りです。

  • ランニング=ハイペース走
  • ジョギング=マイペース走

経験者は「喋りながら走れるのがジョギング」と良く言います。この分類ではぼくは確実にマイペースのジョガーです。

で、ジョギング用のJOG 100 2のアッパーの容量はスタンダードな4Eです。トレランシューズのような甲のルーズさはありません。

4Eの26.0cmが素足にジャストです。冬場に厚手の靴下を履くと、タイトに感じるかも。

ヒールは普通

こちらはJOG 100 2のヒールです。

asics-jog-ヒール部分
asics-jog-ヒール部分

NB MT410のヒールはふにゃふにゃですが、JOG 100 2のここは普通です。特に硬くも柔らかくもない。

試しに新品を下ろして素足で10km走りました。ヒールの縁の当たりで靴擦れが起こるとか、踵がすぽすぽ抜けるとか、そういうトラブルはありません。

ヒールが硬すぎるor浅すぎると、靴擦れやすっぽ抜けが起こりますね。素足派はここらには敏感です。

難点は靴紐の短さでしょうか? 幅広甲高は習慣的に甲を広くします。すると、靴紐が少し短くなってしまいました。まあ、些細なことですが。

靴紐短い?
靴紐短い?

インソールも普通

インソールはコスト削減の対象です。シューズの予算の優先順位は基本的にアッパー < アウトソール < ミッドソール < インソールです。

で、このJOG 100 2の高コスト部位のアッパーは平凡ですから、低コスト部位のインソールは必然的に平凡かそれ以下となります。

これが実物です。

asics-jog-100-インソール
asics-jog-100-インソール

フラットなウレタンのインソールです。”asics”のロゴすらない。

もっとも、私はアッパーの容量の確保のためにしばしばインソールを外しますから、この部位の出来栄えを重視しません。

むしろ、糊付けの高級インソールは苦手です。洗濯がめんどくさくなりますから。

アウトソールも普通

シューズの反発力、接地感、グリップはアウトソール(とミッドソール)で決まります。

そして、履き物の寿命もここに左右されます。アウトソールの寿命=シューズの寿命です。ランニングシューズの寿命は一般的に1000~2000kmと言われます。

アッパーとインソールが普通ですから、アウトソールもミッドソールも普通です。

asics-jog-100-アウトソール
asics-jog-100-アウトソール

小さいトライアングルは溝の深さからほぼデザインです。つまり、アウトソールのブロックパターンは四角形ですね。

溝は全体的に浅めです。雨上がりのマンホールや大理石の路面ではややスリッピーです。ウェットコンディションのグリップ力は強くありません。

遊びや軽い運動には絶好ですが、山歩きとかトレランには不向きです。

またメッシュのシューズをサッカー、バスケ、テニス、フットサルなどに使うのはおすすめではありません。アッパーが急速に痛みます。

とくにボールを蹴って走るフットボール系競技ではダメージが甚大です。すぐに穴が空く。

しかし、それらの競技用シューズには4Eがほぼ存在しないのも事実です。

で、asics JOG 100 2のアウトソールの各項目は非常にオーソドックスです。

素材は高反発系ではありません。シンプルなゴム底です。手持ちのNIKE ZOOM PEGASUSなどよりソフトだ。

JOG-100-2アウトソールの反り-1
JOG-100-2アウトソールの反り-1


とはいえ、トレラン用のNB T410より反発はありますし、接地感はダイレクトです。足裏が少し疲れました。

まあ、こちらが本来のランシューの疲労度でしょう。トレランシューズのクッション感が快適すぎる。

重量は重め

スーパーワイドタイプはワイドタイプや標準タイプよりボリューミーです。単純にアッパーやアウトソールの面積が大きくなる。おのずと重量が嵩みます。

そして、手頃な初級モデルには特別の軽量素材は搭載されません。軽さを求めるなら、1万円前後のモデルを検討しましょう。

asics JOG 100 2を測りで計測します。

asic-jog-100重量
asic-jog-100重量

紐、インソール込みの片側重量が268gです。高速軽量ランニングシューズのNEW BALANCE HANZO Sなどは 2E 26cmで約180gです。その差は歴然です。

しかし、そもそも私はマイペースなジョガーです。タイム、自己ベスト、パフォーマンスなどなどにはこだわりません。軽量高速タイプの出番がない。

また2Eや3Eを大会やレースで短時間に集中的に使うなら我慢できますが、定期的なジョグのために履こうとは思いません。

そして、高速軽量タイプのランニングシューズの4Eモデルというのはほかの専用シューズと同じくレアです。

asics JOG 100 2のレビューまとめ

asics JOG 100 2 4Eの総評は『スタンダードな幅広ランニングシューズ』です。

ブランド、デザイン、注目度、ファッション性などにこだわらなければ、レギュラーに入れられます。

asics JOG 100 2 5段階評価

価格:4
ブランド:4
デザイン:2
性能:3
機能:3
幅広甲高:4
トータル:4

ホールド感がNB MT410より劣りますから、幅広甲高は4となります。まあ、あちらの希望小売は7500円です。

ミズノとアシックスは良コスパですが、2500円の差はこのグレードでは埋まらない。

難点は見た目のシンプルさと地味さです。ベタ塗りのベースカラーとアシックスストライプがやや学校指定風に見えてしまう。

街履きやデートでは映えません。アディダス、ナイキ、NBなどに負けます。

学生風のコーディネート
学生風のコーディネート

反面、スポーツ実用度の高さは抜群です。日課のラン、ジョグ、ウォーク、軽い運動には最強の一足でしょう。

ただし、激しいスポーツは苦手です。メッシュアッパーでボール蹴りは禁物だ。

50km走行後のシューズのコンディション

このasics JOG 100 2で10km/5回のジョギングをしてみました。走行距離はおおむねフルマラソン+αですね。

真っ先に消耗するヒールの外側の摩耗を見てみましょう。

asics-JOG-100-2-50km走行時のソールの摩耗
asics-JOG-100-2-50km走行時のソールの摩耗

ふつうの減りです。この試用期間中に印象の変化はとくにありません。非常に標準的な幅広ランニングシューズです。

このasics JOG 100 2は本当にシンプル、スタンダードですから、このサイトの基準点のシューズになりますね。

【祝】B4C編集長就任

この度、管理人のB4Cが大阪の小さな出版社さんの協力を受けて、自転車マガジン作りに挑戦します。

2021年初夏の創刊を目指して、クラウドファンディングを始めました。

★DiDi Food 新規配達員ボーナス!★

大阪で人気のDiDi Foodが冬場に向けて配達パートナーを増強中です。ついに紹介ボーナスが復活しました!

【特典Getまでのステップ】

ステップ1
2020年11/24(火) ~ 12/13(日) 23:59:59の間に、紹介リンクまたは紹介コード FOOD-CTPW8J 経由で登録する。

ステップ2
ステップ1の登録から14日以内に研修を受講し、アクティベートを完了する。手続きの詳細はぼくのDiDi Foodのページで。

ステップ3
アクティベート日の翌日から起算し30日以内に50件の配達を完了する。

ステップ4
登録時やノルマ達成前で構いませんので、名前と連絡先を専用フォームから送信してください。キャッシュバックの連絡に使います。→DiDi Food紹介ボーナス用フォーム

★Uber Eats初回クーポン限定版★

Uber Eatsで最も実用的なクーポンは初回限定クーポンです。

新規ユーザーさんは以下のコードをアプリから入力すれば、1800円引きクーポンを獲得できます。今回はかなり強力!

お得なコードは [ eats-jsx829 ]です。

使い方:インストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

幅広甲高シューズ
シェア大歓迎!
B4C