MTB用フルフェイスヘルメット購入 XLで顔デカすぎでサイズがピンチ!

ぼくはながらくノーメット・ノープロテクター派ですが、オフロードを走り始めて、しばしば身の危険を感じます。

 

岩が多い

岩が多い

 

近所の野良=山中=岩山です。ふもとのゆるいエリアはことごとくアスファルトコーティングです。そこにはオフロードがありません。ためにオンからオフへの変化が急激だ。

 

また、ぼくのチャリ活は基本的にソロライドです。オフロードでの負傷や怪我はしゃれになりません。

 

そして、たまたま近い期間にリアルとネットで「メットを被ってね」て助言されまして、岩で顔面強打の夢を見まして、ついにノーヘルを卒業することにしました。

 

自腹の初メットが英国より届きましたで。

 

100%-AIRCRAFT

100%-AIRCRAFT

 

100%のAIRCRAFTです。レーサー向けのハイエンドモデルです。セール価格が25000円でした。

 

100%はもともとモトクロスのアパレル屋さんです。ロード乗りにはペーター・サガンのアイウェアでしょうか。MTBerにはメットとゴーグルです。

 

はじめてのフルフェイス

 

ところで、ふつうの趣味のMTB乗りはフルフェイスを最初にチョイスしません。売れ筋はMTB用の半ヘルです。国内の近場のライドはそんなにハードにはならないし。

 

が、ぼくは半ヘルの防御力に多少の不安を覚えます。かんじんの顔面がノーガードですから。半ヘルは悪夢をふっしょくできない。

 

ついでにたまたま堺の大泉緑地のダートジャンプへ遊びに行きました。

 

地元のBMXキッズ

地元のBMXキッズ

 

ここではフルフェイスが主流です。この体験で興味が出ました。で、極端から極端へ振れるいつものパターンが発動して、ダウンヒル用のフルフェイスがポチられました。

 

MTBフルフェイス試着

 

各部をチェックしましょう。うしろの表記はこんなです。

 

自転車ヘルメットのMIPS

自転車ヘルメットのMIPS

 

MIPSは自転車ヘルメットの標準的な衝撃分散システムです。サイズは安心安全のXLです。

 

メットの内側はこんなです。

 

四方八方のパッド

四方八方のパッド

 

パッドがてんこもりです。岩や木に頭をぶつけても、崖に落ちても、致命傷をさけられます。

 

とくに工夫なく試着しました。

 

XLがぎゅうぎゅう

XLがぎゅうぎゅう

 

数値のサイズはぴったりですが、実際はぎゅうぎゅうです。これが欧米フィットとアジアンフィットの差だあ?!

 

頭部のフィーリングはそこそこですが、ほっぺたと顔面がぎゅうぎゅうのぱんぱんです。着脱も異様にタイトだ。

 

つまり、ぼくの頭部はXL、顔面はXXLのようです。うえーん!!!

 

パッドを間引き

 

苦肉の策でパッドを抜きました。

 

パッド抜き

パッド抜き

 

これはゆるゆるです。メットがすぐにずりさがる。

 

ゆるゆる

ゆるゆる

 

ニット帽をかぶれば、滑りを抑えられます。が、クッション感がすこし足りないし、頭が蒸れる。夏場にニット帽はない。

 

頬当ての部分のパッドを入れず、頭部のクッションだけ入れました。これはどうでしょう?

 

ジャストフィット

ジャストフィット

 

はい、結果的にこれがベターな解答でした。つまり、ぼくの頭部はXLで、顔面はXXLです! そうゆうメットを作ってください!

 

多分、頬骨とえらが出すぎです。顔でか人間の典型的な特徴ですね。

 

同色の100%のゴーグルを合わせれば、フォーマルなMTBerに早変わりできます。

 

100%のゴーグル

100%のゴーグル

 

ポーズを取ってしまうのはフルフェイスあるあるです、ははは。

 

しかし、インソールを抜かないとシューズを履けない、パッドを間引きしないとメットを被れない・・・ほんまにこのボディは非スポーツバイク的ですねえ。

 

バイザーを外して嵩を減らす

 

ぼくは自走派です。チャリで行って、チャリで遊んで、チャリで帰る。クルマはうちにありませんし、電車輪行はめんどうです。自走がいちばんだ。

 

でも、このフルフェイスを被って、街中をぷらぷら走れません。本人は仮面ライダーのつもりですが、はた目には不審者です。

 

てことで、ぼくはこれをリュックにぶちこんで、持ち歩こうと思います。それにはこのフルフェイスはやや嵩高です。XLだしな!

 

バイザーを外す

バイザーを外す

 

このサンバイザーを外してみましょう。で、リュックにぎゅうぎゅう押し込みます。

 

リュックにIN

リュックにIN

 

パンパンです。

 

パンパン

パンパン

 

ただ、重さは1kgちょいです。自走はぜんぜんOKです。キャンプセットやコーヒーツーリングのソロバーナーセットや水のがヘビーです。

 

野点

野点

 

おうちではFalloutごっこで遊べます。おまけに即席の武器っぽいものがあれこれあるから。

 

Falloutごっこ

Falloutごっこ

 

ゴーグルの内側にはわりとよゆうがあります。メガネライドはOKそうです。コンタクトはすぐに乾くから。

 

 

タイトルとURLをコピーしました