自転車好きの伝道の書、B4C自転車バイブル販売中!

GIRO Rumble VR スニーカー型ビンディングシューズをレビュー


ふつうの自転車とスポーツバイクの差のひとつにビンディングシステムがあります。スキーやスノボのように専用の留め金でシューズをペダルにかちっと固定して、ペダリングの効率を高めます。

ロードバイクのペダルはおおよそこれです。MTBではジャンルやシーンやライダーごとに有無が分かれます。ピストバイクでは伝統的にビンディングよりクラシカルなストラップやクリップが好まれます。

サイクルシューズは専用機材

ビンディングシューズはもともと競技用機材で、サッカーやベースボールのスパイクのようなものです。そのビジュアルはコテコテの『スポーツ!』です。見た目でスポ根が見えます。

さらにべりべりマジックテープやかちかちダイヤルみたいな特殊機構がスポーティさを促進します。

このコテコテのスポーツウェア風味はぼくの好みやチャリスタイルに合いません。ぼくのなかの靴ラーのソウルは無反応です。

ぼくのチャリスタイルではフラットペダル+スニーカーorサンダルがベストです。10km前後のチョイ乗りから300kmオーバーの自走ビワイチバイクパッキングまで問題なくライドできます。

しかし、普段使い、ランニング、サイクリングて兼用兼用ヘビロテヘビロテがたたって、手持ちのはきものがことごとくズタボロになりました。

ぼろぼろのはきもの
ぼろぼろのはきもの

丈夫なビルケンシュトックの靴底がこんな惨状です。立ちこぎを多用して体重をガシガシかけると、小指の先でメッシュのアッパーをらくらく貫けますし、フラペのピンでもれなく靴底をほじれます。

ちなみにソフトなソールの方が漕ぎ方のバリエーションに富みます。フラットに置いて面で漕ぐとか、つま先を立てて点で漕ぐとか、ペダル端を捉えて線で漕ぐとか。

ぼくはジーパンの裾を巻き込まないようにペダルの外目でこぎます。足の裏の真ん中のくぼみでペダル大外のピンを包み込むようにします。で、車体を左右に振る、ワッシャワッシャと。

この事実を踏まえると、古風なスニーカー+フラペダ+トゥクリップorストラップの最強さを再認できます。セミ競輪、ピストスタイル方式です。

でも、この機にサイクリングシューズを検討します、ファッションスタイル重視で。兼用は禁物です。くだんのように普段使いのハキモノが一瞬でジャムってしまいますから。

フラットペダル用のサイクリングシューズかビンディングペダル用のシューズかを最後まで迷って、ネットであれこれ調べます。副産物がおすすめビンディングシューズメーカーの記事です。

で、このメーカーリストの中からめぼしいものを見つけて、安いところを探しますと、大阪市内のTOKYO Wheelsてとこで在庫を見つけます。

TOKYO WHEELS
TOKYO WHEELS

ここはおもにアーバン系のアパレル・アクセサリを取り扱うオサレな店です。船場のかいわいのふんいきに似合います。ワイズロード大阪ウェア館とは対照的です。ウェア館もいい店ですけどね。

はて、袋の中身はなんでしょう?

GIROばこ
GIROばこ

GIROでした!

GIRO Rumble VR スニーカー型固定シューズ

GIROはアメリカのスポーツアクセサリ、アパレルの人気ブランドです。サイクリングとウィンタースポーツの製品が看板です。

ここの母体はイーストン・ベルスポーツです。そう、鉄鋼チューブ屋のEastonの系列企業です。BlackburnやRiddell(アメフト)なんかも同族です。

何気にうちの携帯ポンプやコンパクトライトがBlackburnです。あ、昔のミニベロのハンドルバーはEaston EA70のフラットでした。類は友を呼ぶかあ?

卵と携帯ポンプ
卵と携帯ポンプ

最初のアイテムのインプレッションがグッドだと、リピートがはかどります。アクセサリのクオリティの差はささいなもんですし。

で、何個目かのイーストン系アイテムのGIROのおニューのシューズです。

GIRO RUMBLE VR
GIRO RUMBLE VR

GIRO Rumble VRです。スニーカータイプのサイクリングシューズの超ベストセラーです。このカラーは追加分です。ほかに黒とネイビーがあります。

価格は税込10584円です。すこし前に定価が値下がりして、お値打ち度が上がりました。安っぽいところはありません。スニーカーとしての完成度が高得点です。

デザイン、質感、機能etcが1万のスニーカー、いや、1万のハキモノ全般のなかで上等の部類です。スニーカー好き、おしゃれ好き、靴好きに余裕でおすすめできます。

VR=天下のVibram

Rumbleシリーズにはいくつかのモデルがあります。このVRはVibramモデルのあかしです。はい、ソールは泣く子も黙るVibramソールです。

ビブラム
ビブラム

ビバ・ビブラム! ビバビムです。これはえらくビブラムりましたね~。ゴムのソールはかためです。ブーツ底みたいです。

ベロのバンドです。靴ひもを止める用です。これは別にぴんと来ません。

ベロバンド
ベロバンド

製造は最強スニーカー製造国ベトナム

外見は完璧ですが、中身はどうでしょうか? アッパーの接着を見ましょう。インソールをひっぺがして、アッパーの端をチェックします。

インソール下
インソール下

ミッドソール? はかためです。接着は非常にていねいです。このていねいさはアジア製でしょう。ベロのタグの製造国は・・・ほら、Vietnamです。

実際、2万円以下のベトナム製のレディメイドのスニーカーは世界最強です。チャリの台湾、シューズのベトナムです。

インソールはぺらい

中敷き、インソールはこんなです。

インソール
インソール

GIROの高いモデルにはスーパーナチュラルフィットフットベッドて高機能インソールが付属しますが、Rumble VRにはバンドルしません。ぺらぺらのシンプルなウレタンです。

しかし、ぼくはシューズのインソールを重視しません。逆に高機能インソールのアーチのサポートとかぴったりフィットとかがストレスフルに思えます。

究極、ぼくの身体的特徴、甲回りのボリュームでは2Eのナローシューズのインソールは不要です。アーチのサポート < アッパーの内容量です。

サイズ感はE-2E相当

かんじんのサイズ感です。ぼくのジャストサイズは26cm 4Eです。ランニングシューズのスーパーワイドタイプです。ちなみにこれもベトナム製です。

asics New York GT2000
asics New York GT2000

ランニングシューズの4Eモデルは国内外のブランドでわりにあります。しかし、特定ジャンルの専用のスポーツシューズの4Eは鬼門です。海外は2E、国内のアシックスやミズノさえが3Eどまりです。

そして、この二社はサイクリング製品を手掛けません。じゃあ、シマノやパールイズミだ! でも、シマノやパールイズミ自転車アパレルは欧州基準です。服はでかめ、靴は細めです。

そんなわけでぼくの足にぴったりフィットする4Eのサイクリングシューズてのはこの世界に存在しません。特注かあ・・・

価格は問題じゃありません。10万前後でしょう。しかし、かたどり、採寸、仕上がり待ちがおっくうです。3か月、半年がふつうです。そして、1足目で100点は絶対に出ません。

じゃあ、いつもの通りにレディメイドのでかめを買います。GIROのシューズガイドでは26cmは42サイズです。Rumble VRの42はぼくの足にはぎゅうぎゅうです。足が窒息する。

43はきつめ、44はちょいきつめです。45以上は射程距離外です。ヒールや縦幅ががばがばになる。店頭には43の在庫しかありません。44は黒モデルです。

こんなときには見た目で選びましょう。4Eワイズのオーナーはレディメイドのスポーツシューズに履きごこちを求めません。

宿命を受け入れて、しゅくしゅくと43のこのカラーを買いました。甲回りの圧迫感はE-2Eのあいだですか。1.5Eくらい。全体的に小さめな印象がします。

で、アッパーの内容量の確保の最終的な切り札が上記のインソール外しです。幅広甲高さんの常套手段です。サイズ26cm、甲回り28cmですから、うえーん。

まあ、普段からサンダルで10km歩くとか、100kmサイクリングに出かけるとかします。靴底のぺたぺたはぜんぜんOKです。

経験上、トラブルの大半は小指の圧迫と靴擦れです。エドワードグリーンの革靴を履いた日にはちょっとしたお散歩で小指の外から血を出してましたし、ははは。

ビンディングシューズでジョギングしてみた

オフロードやアーバン系のビンディングシューズはウォーキングとサイクリングを兼用します。出先のぶらぶら散策、ぶらり途中グラベルのチャリはふつうです。

グッドグラベル!
グッドグラベル!

じゃあ、要所要所で歩けないシューズははなしになりません。この時点でロード系ビンディングシューズは候補から外れます。あれのソールはかっちかちで、サッカースパイクみたいに滑ります。

GIRO Rumble VRのウォーキングの実力はどんなものでしょう? ためしにジョギングへ履いて行きました。場所は神崎川沿いのなにわ自転車道、距離は8km、速度はゆったりです。

なにわ自転車道 えのき橋から下流側風景
なにわ自転車道 えのき橋から下流側風景

ランのインプレはローカットのビブラムブーツ

走りごこちは完全にブーツです。シューズの片側の重さは350gを下りません。軽快さはない。ローカットブーツのジョギングです。しかし、8kmのタイムはそんなに変わりません。

そして、案の定、インソールありとインソールなしではインソールなしのが好感触です。甲回りの圧迫感がちがいます。ずれは起こらない。

アーチの支えは無ですが、ヒールカップはまあまあフィットします。ベロのあたりは気にならない。10kmランはよゆうです。15km以上がちょいハードですか。

全体的によくできたシューズです。売りのひとつのウォークの実力はいつわりなしです。75点を上げられます。いつか4Eが出ますように・・・

8kmランニングの後のソールのいたみです。

ジョギング後のソール
ジョギング後のソール

ソール自体は無傷ですが、カバーのアタッチメントがやけに痛みます。ここのVibramゴムが別物みたいです。過度のランやダッシュはきんもつです

しめにジーパンと合わせましょう。

ベストコンビ
ベストコンビ

ヒジョーによろしいコンビネーションです。もうお出かけ用にしましょうか? ははは。