業界No1! 超高額報酬の出前館の配達員

2万円以下のホイール 脱鉄下駄のベスト1は?

自転車パーツの価格はピンキリです。下はノーブランドの3000円、上はウルトラとかアルティメットとかの30万円です。価格差は100倍です。しかし、当然のごとく100倍のスピードは出ません。

カーボンホイール
カーボンホイール

機材の宿命で先鋭化、高性能化、高グレード化するごとに価格はでんでん跳ね上がり、コスパはめきめき悪くなります。10万以上ホイールではこの傾向が強くなります。

庶民的観点化から費用対効果を考えると、3-5万円台のホイールに行きつきます。性能と価格のバランスが高得点です。カンパゾンダ、fulcrum Racing 3、台湾系完組など。

で、『3万円以下のホイール』や『5万以下のホイール』は方々で特集されますが、このボリュームゾーンよりさらに安い2万円以下のホイールの記事は閑古鳥です。なぜだ?!

以下でそんな2万円以下のホイールを特集します。

2万円以下のホイールの用途と特徴

各メーカーの2万円以下のホイールはエントリーグレードに当たります。しかし、~20万の完成車にはこのレベルのホイールさえが珍しいものです。

基本的に自転車ブランド=フレーム屋さんです。ホイール、クランク、ブレーキを自前でするところは少数派です。

それぞれのバイクジャンルの下限の完成車のパーツはほんとのエントリーモデルです。5万のクロス、10万のロード、MTBのホイールはたいてい廉価品です。補修用とイーブンパーです。

ホイールを外す
ホイールを外す

あ、これは手組ホイールです。同等品は20万以上の市販完成車にしか付きません。

2万のホイールはこのエントリーオブエントリーホイールとは違います。実売ベースで考えれば、一つ二つのランクを上げられますし、ブランド品のふんいきをちょっぴり味見できます。

イメージはミシュラン3つ星店のお土産みたいなところでしょうか。ランチまで行きません。ランチは3-5万のホイールです。

4強の2万円以下のおすすめのホイール

おすすめホイールの指標は4大ホイールブランド、カンパニョーロ、フルクラム、マビック、シマノの製品です。

この4強の3-5万円のおすすめホイールのダウングレードバージョンはそのまんま2万円以下のおすすめホイールに当てはまります。

Fulcrum Racing 7 LG

2万以下ホイールの第一候補は4強の一角のFulcrum社のエントリーアルミホイールRacing 7 LGです。カタログでは下から二番目のグレードに当たります。

1763gの軽さ、17mmのリム内径、アルミクリンチャー、Fulcrumブランド、パーフェクトな2万円以下のホイールです。

唯一の欠点はリアホイールのビジュアルがフルクラムのアイコンの2to1でないところです。

SHIMANO RS11

シマノの2万以下のおすすめはすこし難題です。手ごろなRS11の単品が国内で販売されません。完成車にはよく付属しますけど。

RS11は小売店の完成車の組み付け用のホイールです。業務用のバルク品。で、公式の重さが未記載です。そして、リム内径が旧来の15mmです。若干のレトロさが漂います。

単品で流通するR010はよりチープな11000円です。

ペア1890gのナローリムです。Racing 7との重量差は100gを下りません。ついでにシマノらしいじみなデザインが購買意欲をくじきます。

「軽くなる、速くなる、かっこよくなる、2万で!」

てワガママな用途にはちょっと向きません。練習用、チャリ通用、普段使い、シマノの2万以下のホイールはそんなところです。しまむら。

MAVIC AKSIUM

MAVICのホイールは特殊です。ここはWheel Tire System、通称WTSという独自のスタイルを推奨して強制します。これはホイールとタイヤのセット販売の方式です。

で、ホイールの価格がタイヤ込みになりますから、おのずとお値段が他社の同グレードの製品より高くなります。

そして、このマビックの純正タイヤの世間の評判がイマイチです。フランスのゴム屋のHutchinsonのOEMですが、Hutchinsonがクリンチャータイヤ界ではマイナーです。

そんな事情から一部のモデルのみがタイヤなしのホイール単体で販売されます。エントリーモデルのAKSIUMがそうです。

ペア1880gのワイドリムのセミ鉄下駄ホイールです。性能面はふつうです。タイヤなしが逆にありがたく思えます。

ストアPBや台湾完組の2万以下のホイール

近年、この4大ホイールブランドにストアのPBホイールや台湾メーカーの完組ホイールが迫ります。ブランド代や販促費をかけず、コスパに全力を傾けて、軽量割安なホイールを精力的に投入します。

相対的に旧来の3-5万代のミドルグレードのアルミホイールがポジションを落とします。ブランド、ビジュアル、ヒストリーでは有利に立てますが、シンプルなコスパでは後続組に勝てません。

PRIME Peloton

ストアのPBホイールでもっとも猛威を振るうのが自転車通販最大手の英国CRC=Wiggle連合のPrimeです。2016年にCRCが立ち上げたロードバイクホイール専門のブランドです。

トレンディーなフルカーボンクリンチャーが6万、万能型のチューブレスイージーの1500gのアルミホイールが3万です。後者のPrime PROはアルテグラホイール泣かせです。

2万以下のホイールはエントリーモデルのPelotonです。17mmリム、チューブレス、シンプルビジュアル、1740gでこの価格です。4強の2万以下のホイールをよく研究して、ノーブランドの強みを最大限に活かし、価格と重量でぐいぐい仕掛けます。

「打倒、アルテグラホイール!」

て、CRCの企画部の会議室の張り紙がおのずと思い浮かびます。

PRIMEホイールのベアリングは日本製、スポークはDTないしSAPIM、ハブは十中八九でNOVATEC、アルミリムはKINLINかALEXRIMSでしょう。

パーツ構成は『手組をする人がコスパ重視で手堅くかっちりチョイスした』てふんいきです。そつがない。真の質実剛健いぶしぎんホイールです。

CRCはPRIMEブランドのハブやリムの単品を販売します。パーツの個別販売ではごまかしが効きません。自信のほどがうかがえます。

でも、これは目新しい方式じゃありません。完組ホイールが主流になる前のリムやハブはだいたい単品のバラ売りでした。売り場が実店舗から通販ストアに変わった。それだけのことです。

プロショップの大将は一日に数本しか組めないから、工賃をしっかり取ります。大手ストアは人海戦術や外注で工賃を浮かせられますから、安く販売できます。

しかも販促費やブランド代が掛かりません。CRC=Wiggleのユーザーだけで一定のロットを出せます。dhbやPrimeのウェブサイトはありません。コスト削減は徹底的です。安さの秘訣はそんなところです。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

自転車パーツ
B4C