自転車パーツを格安で購入 ワイズロード通販

ALEXRIMS ALX473 1400gでチューブレスで4万の超コスパホイール

ALEXRIMS、アレックスリムは自転車製造王国台湾の台南市の金属加工メーカーです。

ミニベロホイールの手組みにはAlexのETRTO 451リムが救世主になります。

このアマゾンのキャリパー用の451ホイールは千葉のチャリ屋のサイクルハウスジロの手組みミニベロ451ホイールです。

シマノハブ+Alexrの組み合わせです。国内のミニベロ王道手組みパターンです。700cのマビックOPEN PROないしARAYA+シマノハブみたいなものです。

2017年はALEXの心機一転の年です。ホイール部門のA-classがALEX本体に統合されました。で、春先から意欲的な完組ホイールがどしどし出てきます。

最大の目玉がALEXRIMS ALX473です。

割安? いや、こっちが適正? 台湾ホイール

台湾の主要な自転車メーカーはほぼ大手のOEMを手掛けます。

大手ブランドのホイールは値上げ値上げですっかり高くなりました。100円の自販機のコーヒーがあれやこれやで150円になってもうた、みたいなふんいきです。

そして、上がったものはそうそう下がりません。ザ・高止まりです。

シマノ製品の国内価格はとくに無味乾燥です。定価の約20%引きが実売価格で、小売店では横並びです。

一方の台湾系はコスパでがんがん来ます。大手老舗系より圧倒的に割安です。むしろ、こっちが製品の適切な値段でしょう。

大手系が高すぎる。とくに海外ブランド。とくにカンパニョーロの純正品は貴族用でしょうか?

カンパレコード12s
カンパレコード12s

安くて軽いALEXRIMS ALX473

台湾自転車メーカーは設計や組み立てだけの『ブランド』や『レーベル』ではありません。狭義の意味での『メーカー』です。目安は『自社工場の有無』ですね。

この自転車メーカーの自社ホイールがALX475です。

  • 重さ 1405g
  • リム幅 外22mm 内17.4mm
  • リム高 前24mm うしろ30mm
  • リム素材 EXAアルミ合金
  • スポーク数 20本 24本
  • スポークレイアウト 前 ラジアル うしろ 2to1クロスラジアル
  • スポーク PILLAR製
  • スポーク形状 首折れ
  • ハブベアリング方式 シールドベアリング(2個/4個)
  • ハブボディ素材 7075アルミ
  • フリーボディ素材 7075アルミ
  • 税抜き定価 46000円

まっさきに軽さが目立ちます。1405g! 魅惑の1500gアンダーです。軽ゲタだア! カンパニョーロのボーラワンクリンチャーに匹敵します。

軽量代表のデュラエースR9100 24Cホイールが1412gです。あっちは14万円、こっちは46000円です。

ALX475のリムの断面です。

ALX475リム
ALX475リム断面イメージ

リム内径は17.4mmです。トレンドのワイドリムです。25cタイヤがベストマッチです。そして、リムの形状からチューブレスレディが知れます。フックレスではないが。

安チューブレス代表格のアルテホイールが3万ちょいです。しかし、重さは1640gだ。後継のRS500は1649gです。200gの差は絶大です。

ほかはどうでしょう? カンパニョーロのシャマル2wayが1475gです。これの実売は9万前後です。新発表のMAVIC KSYRIUM PRO USTが1420gで900ユーロ、12万です。

案の定、大手系のブランド物はコスパ勝負ではぜんぜん勝てません。よその台湾系を見ると・・・TOKEN C22A Zenithが実売5万で1299g!です。こっちは22mmハイトで完全上り用です。

ALX475のリアのリムの高さは30mmです。ミディプロファイル~セミディープの中間です。坂を上れる万能タイプです。

ALX475をチューブレスで使えば、クリンチャーのチューブドカーボンクラスの軽さを手軽に実現できます。超軽量系のチューブは何かと神経質ですから。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

自転車パーツ
B4C