副業デビューはUber Eats で!

ヤフオクでジャンクな自転車を買って直接引き取りに行ってみた

先代のダイヤモンドバックのふるいMTBが数ヶ月前に友達のところへお嫁に行ってしまって、お買い物・雨の日・ちょい乗り用のチャリンコがしばらくありませんでした。

わりとながなが検討して、ようやく新しいサブチャリをゲットしました。今回はクロスバイクです。メーカーはGIANT、モデルは定番中の定番のESCAPE! でなく、フロントサス付きのROAMです。

パーツやジオメトリはほとんどESCAPEと変わりません。違いはサスの有無だけです。上位モデルはディスクブレーキですが、アンダーグレードのROAM3はVブレーキですから、なおさらにESCAPEのそっくりさんです。

クロスバイクGET!

実物です。年式は2013年、そんなに古いモデルじゃありません。当時価格が47400円です。円高の昨今で60000円弱ぐらいのバイクでしょうか。

中古クロスバイク GIANT ROAM3
中古クロスバイク GIANT ROAM3

変速はシマノACERA&ALTUSミックス、MTB系最低グレードの3*8の24Sです。タイヤは700の35で、ザ・ふつうです。

さいわいクリアランスに余裕がありまして、29erはOKぽく見えます。タイヤ幅2インチくらいが理想です。

とまあ、こんなクロスバイクをママチャリプライスの15000円で買えました。ESCAPEは人気者の売れっ子でだいたい2万オーバーですが、マイナーなモデルはこんな風にお買い得です。

中古チャリのパーツのコンディション

さて、パーツを見てみましょう。

ACERA 8S
ACERA 8S

リアディレイラーは定番のACERA 8Sです。ダメージがそこそこあります。変速もすこし引っかかる。とりあえず、手持ちのこいつに交換しましょう。

DEORE LX 8S
DEORE LX 8S

はい、廃盤のMTB用DEORE LX 8Sです。変速は同数ですが、質感はぜんぜん上です。でも、こいつもかなりのダメージドです~。

おつぎはクランク周りです。くすみと傷とサビが無数です。

SUNTOURクランク トリプル
SUNTOURクランク トリプル

このアームの削れはなんでしょう? 足をこんなとこに置く? うーん、謎です。チェーンもさびさびです。

アウターが!!

極めつけはチェーンリングです。

ひん曲がったアウターリング
ひん曲がったアウターリング

そり曲がってるやん! あちゃー! これはデンジャラスです。アウターは使用禁止です。じゃあ、もうフロントディレイラーを外して、簡易フロントシングルにしましょう。

ぼろFD
ぼろFD

サビとくすみがてんこもりです。ついでに外せるところを一気に外します。

チェーン、さっびさび。

サビサビチェーン
サビサビチェーン

グリップ、べっとべと。このソフトグリップはすんなり外れました。使い回しするときにはこんなグリップの外し方をおすすめします。

べとべとグリップ
べとべとグリップ

これはごみです。さては、このバイク、万年外置きだったな? 消耗系のパーツは全滅ですわ~、えーん。

でも、ホイールはフレなし、タイヤはまだまだ、SUNTOURのサスペンションフォークはよく動きます。

フォークはロックアウト付きですが、ぼくはゆるふわ系チャリダーですから、ロックアウトは常にオフです。

ざんねんなフォーク

しかし、このサスフォークにもざんねんなところがあります。なぜかディスクブレーキ台座がありません。

ざんねんなVブレーキ専用サスフォーク
ざんねんなVブレーキ専用サスフォーク

意地悪か! ディスク化できひんやん! でも、フレームのエンドにはインターナショナル用のディスクブレーキ台座がちゃんとあります。なんかへんてこな仕様です。

とりあえず、お古のSRAMのチェーンをセットして、なんとか走れるようにしました。ケーブル類もぎりぎりアウトで、リアの変速が安定せず、ほぼフルシングルギアですが、あはは。

インナーケーブルとGORINのリングロックとKCNCのEVAグリップをアマゾンで発注して、第一回中古クロスバイクのカスタムを終えます。

GW中にぼちぼちいじるとしますが、現状パーツをがっちりメンテするか、新パーツでグレードアップするかに悩みますね~。

ところでぼくは久々に700Cに乗りましたが、超絶クイックなメインミニベロと比較すると、ハンドリングのもっさり感にきょとんとします。マリオカートのキノピオとクッパくらいの差があります。