業界No1! 超高額報酬の出前館の配達員

自転車パーツの脱脂と煮沸 グリスとオイル汚れを徹底的にクリーニングしてみる

うちのサブチャリのクロスバイクはGIANT ROAM3というモデルです。サスペンションが決め手です。

giant-roam3-ver9
GIANT ROAM3 ver 9

無数の改造を施して、Ver 9までカスタムしました。ドロヨケ、スタンド、ナンバーロックの三種の神器のおかげで外置き、野晒しにして、気兼ねなく乗り降りできます。

で、ほぼ毎日のように乗り回しまして、そろそろ一年を迎えますが、ところどころに不備を感じ始めます。

コンポを大掃除

今回のスタートの状態です。事前に前後のホイールを外して、作業場に持ち込みます。

お買い物クロスバイクGiant Roam3カスタム
お買い物クロスバイクGiant Roam3カスタム

シートポストのあたりがなんかゴテゴテだあ! 余分なカスタムパーツがてんこ盛りですので。

手始めにクランクを外しちゃいましょう。毎度のコッタレスクランクリムーバーとモンキーレンチで左右のクランクアームを外します。

コッタレスクランクリムーバーとモンキーで
コッタレスクランクリムーバーとモンキーで

「年に一回くらいしか使えへんで~」

かに思われるコッタレスクランクリムーバーですが、3ヶ月に一回くらいの頻度で活躍します。むしろ、普通の汎用工具より出番がある。

で、クランクを外したら、チェーンリングを外します。このボルトは星型タイプです。25Tのヘックスローブドライバーを使います。

チェーンリングボルト星型ネジタイプ
チェーンリングボルト星型ネジタイプ

それから、ペダルを外します。が、分離したクランクからペダルを外すのはわりに手間です。トルクが掛からないし、ネジ方向がややこしくなります。

ペダル外し→クランク外しが正解です。

左クランクとペダル
左クランクとペダル

はい、クランク周りがばらけました。で、今回、写真にちょっと凝ります。メンテ内容自体は既出デジャブばかりですので。

クランク周りのパーツと使用工具
クランク周りのパーツと使用工具

ここの各部はとくに問題なしです。ペダルの回転がすこし渋めですかねー。ここまでの工程で手は汚れません。ここからが勝負です。

チェーンとディレイラーを外して煮沸

リアメカ周りに移りましょう。チェーンです。SRAMの10速用です。接続はミッシングリンクです。

SRAM 10sチェーンミッシングリンク
SRAM 10sチェーンミッシングリンク

雨晒しチャリの宿命でサビが出ます。そして、ミッシングリンクはいつものようになかなか外れません!

こんなときにはジャンクインナーワイヤーを使いましょう。リンクのとこにこんな風に通して、びんびんばんばんやります。

はい、ぶじに外せました。

チェーンとミッシングリンクと代用工具のワイヤー
チェーンとミッシングリンクと代用工具のワイヤー

このリンクはまあまあソフトです。新品のやつはほんまにかっちかちです。てか、外すより着けるのが厄介です。

チェーンをクリーニングします。が、ふつうの乾拭きやパーツクリーナーはおもしろくありません。たまには煮沸をしてみましょう。

ジャンクパンへどぼんして、中性洗剤を入れて、ことこと煮ます。うーん、ケミカリーなグッドフレーバーが立ち上るう!

煮沸で油抜き
煮沸で油抜き

チェーンをゆでる間にリアメカの下ごしらえをしましょう。アーレンキーでハンガーから外します。

ディレイラー外す
ディレイラー外す

ワイヤーエンドがぼっさぼさです、ははは。エンドキャップは良くなくなるなあ。草むらを通るときに引っ掛けちゃうかア?

小さめのアーレンでプーリーを外します。

プーリー外す
プーリー外す

分解図と使用工具です。ここの作業はわりと簡単です。プーリーの隙間からけっこうな草切れが出てきました。

リアメカ分解 下は挟まってた草切れ
リアメカ分解 下は挟まってた草切れ

プーリーのベアリングの近影です。これがセンタロンでしょうか?

シールドベアリングはシールドベアリングです。フルオーバーホールと銘打ちましたから、めんどうくさがらずに、ベアのパッキンをBANします。

ベアリングシールパッキンをこじって外す
ベアリングシールパッキンをこじって外す

睫毛切りばさみがいい仕事をします。そして、ベアリングのグリスはあららのスカスカです。

グリスを入れなおすことにして、おなべの熱湯をすこし冷まして、リアメカの部品と一緒に放り込みます。プーリーが樹脂だから、本気の沸騰はダメです。

刷毛でばしゃばしゃごしごしやって、油汚れを落としました。新品なみにぴかぴかです。

ピカピカベアリング
ピカピカベアリング

ところで、ベアリング内の水気は天敵です。水洗いより乾燥のが重要です。風通しのいい場所で一夜干しにしましょう。

ワイヤー類を外す、ヘッドパーツを分解

つぎはワイヤー類の分離です。ダウンチューブ裏のケーブルガイドをアーレンで外します。

アウターとインナーを取っ払いました。プラスドライバーはシフトレバーのインナーケーブルのタイコを外すところのキャップ外し用です。

ケーブル類
ケーブル類

注目はVブレーキのバナナですか。ゆるいカーブ=リア、きついカーブ=フロントです。このバナナはやたらとサビまくります。アロイ系のに変えようかな。

このついでにサドルとドロッパーシートポストのレバーを外しました。

フォーク周りに行きます。トップキャップ外し→ステム外しからハンドルをぶっこ抜いて、フォークを叩き出しました。コラムのサビがえげつない!

上・ハンドル部 左・フォーク 右・トップチューブ
上・ハンドル部 左・フォーク 右・トップチューブ

ステムとのクランプ部分のすきまに雨が入って、水気がながなが残ります。サビの発生は自明の理です。

と、ヘッドセットのベアリングリテーナーとトップキャップ、スペーサー類です。ノットシールドベアリングです。

ヘッドセット分解
ヘッドセット分解

そして、グリスの劣化がひとしおです。トップチューブの上下ワンとリテーナーの汚れが最悪クラスです。

これはケツを拭いたちり紙じゃありません。ワンとリテーナーの積年の汚れです。見た目と質感は完全にアレです。

ヤバイ色の古いグリス
ヤバイ色の古いグリス

リテーナーをクリーニングします。が、このパーツは意外にやわです。タオルで無造作にごしごしやったら、枠を曲げちゃいました。ベアリングの鋼球がぽろぽろりんします、うえーん。

どうにか修正して、お湯とはけでやさしく洗って、ていねいに拭き掃除しました。

リテーナーとワンをクリーニング
リテーナーとワンをクリーニング

ぴっかぴかです。ちなみにヘッドパーツのタイプはセミインテグラルのロープロファイルです。むだにややこしいタイプです~。ふつうのアヘッドを入れられない。

コラム径はオーバーサイズ28.6mmのストレートです。これはふつうです。

煮沸の効果は?

鉄に熱湯はOKですが、ゴムや樹脂にはNGです。あと、洗うより乾かすのが重要です。

実は穴場のワイズロード通販

あまり安売りしない国内の自転車販売店ですが、スポーツバイク専門のワイズロードのアウトレットはたまにフィーバーします。

狙い目は年末年始やわいわいセール期間中です。在庫限りの小物90%オフ、型落ちフレームの50%オフとかが出ます。ただし、福袋はダメだ。

お得な海外通販デビューには英国のWiggle

Wiggleは世界最大級のアウトドア・スポーツ関連の通販サイトです。ロードバイクのパーツやウェアが安くて豊富。ここでコンチやゾンダを買うのが海外通販の登竜門です。

新規ユーザーさん向けの1500円オフのクーポンは[ NEWJP ]です。ハイエンドタイヤがさらにお安くなります。

クリアランスが異常! 特化で特価なCRC

CRC=Chain Reaction Cyclesは北アイルランドの大手通販サイトです。ここもWiggle系ですが、より自転車特化型で、品揃えも少し違います。MTB系ギアが強い。

ご新規さんはWiggleと同額の1500円クーポンを貰えます。アカウントはWiggleと別個です。あとは分かるな? またクリアランスセールの割引が異常過ぎて、パーツ漁りが捗ります。

クロスバイクメンテ・カスタマイズ
B4C