ウーバーイーツとは?意味と仕組みを初心者向けに徹底解説

スポンサーリンク

ウーバーイーツ=オンラインフードデリバリー=ネット出前

タイトルの疑問文のシンプルイズベストな答えはこの公式に限ります。ウーバーイーツは現代の出前です。

類似サービスのDiDi Foodmenuやwoltなども同様です。マクドナルドのマックデリバリーはすこし違います。

あのウーバーイーツの公式の黒いバッグはおかもちです。

Uber Eatsのバッグ
Uber Eatsのバッグ

一昔前に大阪の下町でお酒を運びまくり、さらにフードデリバリーサービスで配達に復帰したぼくがこの古くて新しいサービスを解説します。

ウーバーイーツの基本情報

ウーバーイーツはアメリカ発のオンラインフードデリバリーサービスです。

運営元はUber Technologiesです。配車サービスのUberで2010年代半ばから急成長して、一流企業に仲間入りしました。

Uber系のサービスの一覧です。

  • Uber:タクシー配車サービス
  • Uber Eats:フードデリバリー
  • Uber Freight:貨物シェアリング
  • Uber Air(仮):飛行タクシー(小型機)配車?サービス

収益の柱はタクシー配車のUberで、次点はフードデリバリーのUber Eatsです。

2020年春からコロナのおかげでこの傾向が逆転しました。配車サービスのUberはじり貧ですが、フードデリバリーのUber Eatsは右肩上がりです。

だって、家で飯食うくらいしか楽しみないじゃん!

現金払い、キャッシュレス決済、置き配などに対応して、さらに便利にアップデートを続けます。引きこもりにはインフラだ。

日本上陸は2016年~

ウーバーイーツの日本進出は2016年です。東京の一部のエリアでサービスが始まりました。今や北海道から沖縄までカバーします。→ウーバーイーツのエリア

日本ではこれより古参の『出前館』という宅配サービスがあります。こちらは2000年に事業を始めて、最近ではLINEと提携しました。国内最大手です。

しかしながら、これを押しのけて、後発の外資系のウーバーイーツがこの分野の代表選手に定着しました。知名度や話題性に事欠きません。

実際、ネットニュースになるのはウーバーイーツばかりです。出前館や配車のUberはネタにすら上がらない。

DiDiやmenuのバッグで稼働しても、「あ、ウーバイーツみたいなやつだ」と言われますが、「あ、出前館みたいなやつだ」とは言われません。

DiDi Foodのバッグ 値段は4000円
DiDi Foodのバッグ 値段は4000円

ウーバーイーツの仕組み

アナログな出前のシステムは昔からあります。そば屋の出前、すし屋の出前、中華屋の出前、弁当屋の出前、ピザの出前などなど。

ぼくはお酒の出前を十年近くやりました、チャリで。

セキネの超重量級実用車
セキネの超重量級実用車

ウーバーイーツはこれらの旧式の出前とは一線を画します。なぜならウーバーイーツは飲食店や配達業者ではないから。

Uber Eatsは出前代理店

ウーバーイーツの本業は紹介、斡旋、仲介です。

  • 料理を頼む注文者
  • 料理を作る加盟店
  • 料理を運ぶ配達パートナー

この三方のユーザーをアプリで繋いで、手数料を得ます。

ウーバーイーツ 青がブースト 赤がピークタイム料金
ウーバーイーツ 青がブースト 赤がピークタイム料金

HISやJTBが旅行代理店であれば、Uber EatsやDiDi Foodは出前代理店です。アプリが窓口です。

配達パートナーの視点ではUber Eatsは『一件500円のお使いクエストをくれるギルド』みたいなものです。

知り合いの知り合い

ウーバーイーツの仕組みでは注文者、加盟店、配達パートナーはそれぞれの直接的なお客さんではありません。

この三者はUberから紹介された間接的なユーザーでしかない。Uberさんの知り合いの知り合いみたいなものです。

加盟店はUberの直営店やフランチャイズでなく、配達パートナーは従業員やバイトではありません。→「ウーバーイーツの配達員」は存在しない

マック地蔵に見られるマクドナルドのオーダー数の多さから全国的なハンバーガーマッチングサービスにも見えます。

『ビッグマック1個を大急ぎで届けて! 報酬500円 ドナルドの依頼』

多分、Uber Eatsの数%はこのお使いクエストで出来ています。

ウーバーイーツでできること

繰り返しましょう。ウーバーイーツのユーザーは三種類です。

  • 料理を頼む注文者
  • 料理を作る加盟店
  • 料理を運ぶ配達パートナー

これらは等しくウーバーイーツの利用者、お客さんです。

注文者

ウーバーイーツのユーザーの大半はこのアプリを注文者の立場で利用します。

国内のアクティブユーザーは2020年6月の統計で約300万人です。350万の食べログの王座を脅かします。

その食べログでは提携飲食店の予約は可ですが、配達は不可です。

食べログの設計には配達パートナーは組み込まれません。より簡易な飲食店とネットユーザーの仲介です。実態は巨大な企業アフィリエイトだ。

食べログでは予約しか出来ませんが、Uber Eatsでは宅配まで出来ます。場所を指定すれば、外で受け取れる。

ウーバーイーツ 外で受け取る
ウーバーイーツ 外で受け取る

注文者のアプリ手数料は商品の一律10%です。例外的に700円以下の少額注文には150円の特別料金が掛かります。700円→150円、701円→70円。

ここに配送料が加わると、平均的な客単価は1000円を越えます。クーポンやキャンペーンをやりくりしないと、庶民は気軽に使えません。

加盟店

加盟店はフードデリバリーサービスの求心力や展開力に大きく影響します。

マクドナルド、ケンタッキー、スターバックスみたいな大手飲食チェーンと提携できれば、一気に店舗数とエリアを増やせます。

ちなみにウーバーイーツはこの御三家をがっちりとホールドします。とくにマクドナルドは最大の上得意客です。

そのマクドナルドには直属の配達員がいます。マックデリバリーですね。

マックデリバリー
マックデリバリー

マックデリバリーの配達員はマクドナルドの直属の従業員、マッククルーの一員です。たしか配達専用スタッフです。

マックデリバリーはマクドナルドの注文しか運びません。ロッテリアとかモスバーガーの注文とかを運ばない。そもそもオーダーを受け付けられない。

マクドナルドのような超大手は運営に厚遇されますが、そのほかのローカルチェーン店や大多数の個人経営店は一律に手数料を取られます。

加盟店の基本料率は35%です。つまり、ウーバーイーツのアプリ経由で1000円の注文を受けると、350円をUberに天引きされます。

ビールを飲むのは税金を飲むようなものですが、ウーバーイーツを食うのは手数料を食うようなものです。

ためしに知り合いの飲食店のこの仕組みを教えたら、

「4割! ありえん! ぼったくりや!」

という意見を頂きました。まあ、当然の反応です。零細の小売店にはクレジット信販の手数料さえが意味不明です。

マクドナルドのメニューを比較します。

メニュー店頭価格ウーバーイーツ価格
ビッグマック390円420円
フライドポテトM270円320円
コーラM220円260円
スマイル0円0円

ビッグマックが+8%、フライドポテトMとコーラMがともに+20%です。メインのバーガー類が得で、サイドメニューが損です。

マクドナルドがこの調子です。10~20%の割り増しはざらだ。個人経営店は割引を受けられません。手数料の35%は持ち出しか料理のトッピングとなります。

この手数料の高さはフードデリバリーサービスの全般に共通します。加盟店のアプリ使用料はだいたい30~40%です。

公式ページで520円のゴンチャのタピオカ黒糖ミルク紅茶はmenu経由では650円です。

ゴンチャのタピオカミルクティー
ゴンチャのタピオカミルクティー

「だれがこんなアホみたいな値段のタピオカを飲むか!」

平均的な飲食店経営者の率直な感想はこのようなものです。

が、実際にはどこでもいつでも全国同一価格で食べられるマクドのハンバーガーがアプリ経由でめちゃくちゃ注文されて、めちゃくちゃ配達されます。

menuで外で受け取る
menuで外で受け取る

ゴーストレストラン増殖中

ご存知のようにコロナのせいで世界の景色が一変しました。引きこもりだけが絶対の正義です。遊び、スポーツ、旅行は白い目で見られます。

海外では移動や外出さえが凍結されました。ロックダウンです。レストランや酒場は致命的なダメージを被ります。実際に多くの店が潰れました。

この状況では超人気店、デリバリーや持ち帰りのノウハウを持つところ、臨機応変に切り替えるところだけが生き残れます。

さらにこの異常な時勢から新たな飲食店の形態が生まれます。それがゴーストレストランです。

ゴーストレストランの特徴です。

  • 店舗あり
  • 厨房あり
  • 看板なし
  • 客席なし

このような店が雑居ビルやマンションの一室に入ります。ぼくが前に受け取りに行った店は明らかにレンタルビデオ屋の居ぬき物件でした。

店舗はありますが、客席はありません。中身は厨房兼倉庫です。デリバリーフードの小規模工場のようなふんいきです。

店に客を入れなければ、大きな看板、キャッチ、給仕、内装、食器、そのほかの諸々を省略できます。

そのコストを料理の代金や宣伝費用や自前のバイトや配達用の原付にあてれば、デリバリーやテイクアウトだけで店舗を運営できます。

実際問題、このご時世では路面にデカい看板を立てるよりウーバーイーツのアプリのリストに印象的な店の名前を掲載する方が効果的です。

『裏次郎系スタミナ弁当 いきなり☆ビフテキ』

これにボリューミーなステーキ弁当の写真を添えれば、そこそこ注文を取れる! 価格は1500円だ! 肉は裏切らない!

1500円の弁当はスーパーや弁当専門店では衝撃的ですが、フードデリバリー界では普通です。

ディディフードで弁当
ディディフードで弁当

通販ショップはデカい看板や立派な店舗やきれいな内装を必要としません。フードデリバリー専門店もしかりです。

コロナは長引きます。日常はなかなか戻りません。結果的に旧式の飲食店は減り、イマドキのゴーストレストランはこれから増えます。

配達パートナー

前世紀のそば屋やすし屋の出前の兄ちゃんは店員です。マックやピザーラのデリバリーのバイトくんはクルーです。

彼らは従業員であり、直接的な被雇用者であり、組織の一部です。店長や社長やオーナーが実質的な上司や雇い主です。報酬は給与制です。

一方、ウーバーイーツの黒いバッグを担いで自転車で料理を運ぶ人はマクドの店員やUberのバイトではありません。彼らは配達パートナーです。

Uber Eatsのスタイルは自由
Uber Eatsのスタイルは自由

運営元のUber社と配達パートナーの間には直接の雇用契約がありません。そこにあるのは業務委託です。パートナーは文字通りのビジネスパートナーです。

専業にしろ副業にしろ、配達パートナーの業務は事業です。当人が社長で経営者です。報酬は事業収入です。

この立場は個人経営の飲食店のオーナーと完全に一致します。店員やバイトではありません。事業主です。

飯屋は料理で売り上げを稼ぎ、パートナーは配達で事業収入を増やします。

Uber Eatsのアプリはゲームの酒場やギルドのようなものです。

『注文者AのオーダーBを加盟店CからAへ運べ! 報酬500円』

勇者は魔物を倒し、ハンターは古龍を捕獲し、配達パートナーはこのお使いクエストをこなします。我々はひとえにフリーの出入り業者です

仮に配達パートナーが飲食店やUberの従業員であれば、働こうとも働かなくとも、自動的に給料を貰えます。

片や配達パートナーは事業主です。お使いクエストをこなさないと、売り上げを得られません。時間給は自動的に発生しない。

フードデリバリーのお使いクエストの注文詳細です。

フードデリバリーの現金払いの調整
フードデリバリーの現金払いの調整

受け取り、受け渡し、距離で報酬が決まります。時間は条件に入りません。※暇なエリアでの稼働時間あたりの最低保証制度らしきものはあります。

配達パートナーもUberにアプリ使用料を取られます。これは一律10%です。例外的に注文者からのチップはまるまる入ります。

ウーバーイーツの仕組みまとめ

ウーバーイーツはネット出前アプリです。はたまた飯のシェアリング、食べ物のマッチングサービスです。

料理を頼む人だけがお客さんではありません。注文者、加盟店、配達パートナーの三者が等しくユーザーです。

各々はユーザーは直接の関係性を持ちません。知り合いの知り合いです。アプリで繋がる国際メシ組織的なネットワークです。飯テロって言葉があるし。

注文者と配達パートナーは10%、加盟店は35%の手数料をUberに天引きされます。知り合いはこれを「ウーバー税や!」と評しました。

ポストコロナでは従来のレストランは減少し、ゴーストレストランは増加します。

配達パートナーのマナーやモラルがネットでしばしば取り上げられますが、それは当人の良心や配慮に帰結します。

パートナー登録のやり方はこちらの記事にあります。→ウーバーイーツの始め方

お得に注文するなら、クーポンを使いましょう。Uber Eats フード注文プロモーションで[ interjpq2206jkzo ]を入力すると、1000円~の割引を受けられます。
★Uber Eats初回配達で1万円のチャンス★

Uber Eatsの配達パートナー紹介キャンペーンが復活しました。

当サイトから申し込みして、登録&初回配達完了した方には1万円を還元します。

招待コードをご希望の方は以下のフォームから申し込んでください。詳しい登録方法&1万円コード付きメールをお送りします。

ウーバーイーツ
シェア大歓迎!
スポンサーリンク
B4C