リムテープの張り替え ガムテープや絶縁テープで代用できるか?


先日のミニベロホイールのチューブレス化の際に気付きましたが、ホイールのリムテープの状態がやばめでした。

 

スペシャライズドリムテープ

スペシャライズドリムテープ

 

きれいなくぼみです~、と笑えません。リムテープ起因のスローパンクはふつパンクより厄介です。

 

このホイールの購入が2015年の10月ごろでしたか。中華サイトのショップ完組品ですね。ディスクブレーキ、ETRTO451、安め、軽め、の条件にベストマッチしました。

 

現実問題、不満はまったくありません。フレやガタはぜんぜん出ません。ザ・ベストミニベロホイールですわ。当時、このキワモノと最後まで悩みましたが。

 

 

このディープは機能するかあ? インパクト重視ですね。台湾のMacheteてところのホイールです。まあ、台湾製であれば、大外れじゃありませんかね~。小外れぐらいでしょう。

 

なにげに価格がゾンダの実売クラスです。そして、ステッカーの『V-SYUC』は『V-SYNC』のつづり間違いですね。それをそのまま使うのが大陸スタイル! です。ほんまにユーラシアのピーポーはおおらかだなあ・・・

 

アイテム使用例の写真にどうどうとこんなのがありますし。

 

すてきなかませ

すてきなかませ

 

ザ・やっつけですね、ははは。

 

で、ホイールの購入からかれこれ1年ちょいです。ハブをグリスアップしたり、タイヤをBMX用にしたり、フリーボディをXDドライバにしたり、後輪をチューブレス化したりと、イレギュラーに遊びました。

 

が、定番の初級メンテはないがしろです。変なカスタムは楽しみハッピーですが、地味なメンテはおっくうブルーですね。リムテープの交換はその代表格です。いじりがいがない。

 

これに先立って、お買い物チャリのクロスバイクのホイールのリムテープはお古の初期装備から新しくなりました。

 

おそらくこっちは3年ぐらいノーメンテです。ジャンキーなのを中古で買いましたから。

 

剥がす

剥がす

 

このゼファールのコットンテープに張り替えました。

 

Zefal布リムテープ

Zefal布リムテープ

 

 

コットンの質感がグッドです。別で取り寄せたスコットのリムテープはぺなぺなでしたね。右の黒いのです。

 

新旧リムテープ

新旧リムテープ

 

これの見た目がまんまホームセンターの絶縁テープでした。こんなもんだあ? て思いました。もとの左のやつは固めのプラスチックのやつです。こっちの感触はまんま家電屋のでかめアイテムの簡易バンドです。こんなもんだあ?

 

リムテープのバルブ穴に棒状のものを突っ込む

リムテープのバルブ穴に棒状のものを突っ込む

 

ほんまに見た目が黒い絶縁テープです。じゃあ、汎用のやっすいテープで代用できんけ? リムテープだけを買いに走るのはめんどうですしねー。

 

しかも、プロショップでやっすいリムテープだけを買おうなら、いけずのスタッフや上から目線の大将に鼻で笑われますわ。人間扱いされませんで、ははは。

 

で、ついつい余計なものを買ってまいます。おっさん男子は基本的に見栄っ張りな生き物ですからね~。必要なものだけをピンポイントで買えません。ガム一個をスーパーで買えないのが男心です。

 

で、地味なメンテをおもしろくするため、ポケットマネーをせせこましく節約するため、今回はリムテープの代用DIYに挑戦です。

 

リムテープ代わりになりそうなテープ

 

フロントホイールのタイヤを外して、リムテープの状態を見ましょう。2本でやるのはまあまあ難儀ですね。3本目はどこに行ったよ?

 

パナレーサーのタイヤレバー

パナレーサーのタイヤレバー

 

このタイヤはスチールビードです。きつめ、かため、アルデンテですね。また、タイヤレバーが度々の酷使でそろそろ限界です。ツメがてろてろ舐めますね。ビードになかなか噛みません。

 

どえーい!

 

 

はい、気合で外しました。すっかり手馴れたもんですわ。タイヤはTIOGA POWER BLOCKで、チューブはTIOGA ULですね。はい、ぼくはTIOGAラーです。

 

お古のリムテープの裏側はこんなです。

 

1年半経過、走行距離約6000kmのリムテープ

1年オーバーのリムテープ

 

スポークの穴のあとがくっきりです。ちなみにこのスペシャラのテープはかちかちタイプのバンドですね。ホイール購入時の初期装備品です。

 

さて、リムの溝を乾拭きして、テープを貼ります。第一候補はこちらです。布ガムテープ。

 

ガムテープ

ガムテープ

 

これを縦に裂いて、

 

細く割いて

細く割いて

 

リムにびゃーっと貼ります。

 

ガムテープでリムテープ

ガムテープでリムテープ

 

うむ、悪くありません。十分なテーピングです。ジャストフィットがパーフェクトです。

 

・・・でも、あまりのけちくささにげんなりしまして、ちゃんとした物を買いに走りました。

 

はい、絶縁テープです。

 

絶縁テープ60円

絶縁テープ60円

 

幅18mmの10mで60円です。リムテープの10分の1だあ! 質感はぺなぺな系のリムテープとそっくりですね。厚みは薄めです。

 

じゃあ、ものすごく巻き巻きしましょう。巻き巻き~。

 

絶縁テープを巻き巻き

絶縁テープを巻き巻き

 

おお、幅は純正品みたいにぴったりですね。底と横をぴっちりシールできます。チューブレスのリムテープ用に使えそう。

 

※後でパナレーサーの新品の細タイヤで実際にやってみたら、ふつうにビードを上げられた・・・専用テープてなんだあ?

 

はい、二重巻きにして、バルブ穴を開けます。ハブのロゴが見えますね。これが正統派の組み方らしいです。

 

二重巻きでバルブ穴くりぬき

二重巻きでバルブ穴くりぬき

 

代用テープの強度はまったく無問題です。むしろ、フィーリングはぺなぺなのやつやかちかちのやつより上等ですわ。

 

げんにこれは一昔前の単車乗りの定番DIYみたいですね。古チューブの切れ端でパンク修理パッチを作るとか、チェーンのコネクトピン再利用するとか、その類でしょう。

 

あー、ちょっと前に流行った? 一升瓶の蓋をバーエンドに付けるとか、あの類ですかねー。

 

昔のレギュラー、今のイレギュラーですね。やっぱり、『専用品』とか『純正品』てのはばくぜんとしたうたい文句に過ぎないか~。

 

さあ、チューブとタイヤを付けましょう。ミニベロタイヤの最後の上げは常にハードだなー。

 

手ごわいスチールビード

手ごわいスチールビード

 

これを定石どおりに一気に2本で左右からやると、たいがい失敗しますね。ぼくはちまちま4回ぐらいに分けて、着実に嵌めます。チューブを噛まないように手探りで注意しましょう!

 

このタイオガパワーブロックはBMX用のタイヤです。推奨気圧は5-7bar前後ですね。

 

ぼくは柔らかめの低圧を好みますが、リアの新型ミニッツライトに倣って、推奨空気圧のぎりぎり一杯、6.8barまで入れました。ロードに近い乗り心地ですね。

 

と、この作業でタイヤレバーがささくれちゃいました、あらら。

 

タイヤレバーが限界だ?

タイヤレバーが限界だ?

 

そろそろ寿命ですね。通販で工具を物色するかな~。

 

総括・代用は可能だが、アングラ感がえげつなくなる

 

です。このホイールをうるさい大将のところに持っていけば、絶賛に白い目で睨まれますね~。

 

「うちのローカルレギュレーション的にこれは×ですよ! ぷんぷん!」

 

とか怒られそう、ははは。

 

それから、神経質なA型さんはイレギュラーさにびくびくどきどきしちゃいますね。うれしのずぼらのO型はアホみたく自己満足に浸れますが。

 

じゃあ、ミニベロ用の20インチのフラップタイプは見当たりませんね。長いのを切って使いましょう。

 

 

2mです。一個でホイール二つは無理ですね。451×3.14=1416mmですから。

 

FacebookでシェアgoogleプラスはてなブックマークWelcome Your Share