大阪サイクリングコース 初心者向きのやさしいルート


スポチャリを購入しまして、はや2年を過ごします。愛車は元折り畳みの改造ミニベロからMTBフレームベースのオールロードになりました。

 

KONA HONZO CR TRAIL DL ver Gravel

KONA HONZO CR TRAIL DL ver Gravel

 

週末にはだいたいこれで近郊にぶらっとお出かけします。たまに気合を入れて、アワイチ、ビワイチ、和歌山の無人島などへバイクパッキングで遠出します。

 

バイクパッキングのイメージ

友ヶ島 キャンプ場でバイクパッキング泊

 

この和歌山へのキャンプツーリングで近畿二府四県の自走チャリダーをコンプリートして、自走マスターの二つ名をチャリの神さまからいただきました。

 

そんなぼくが地元の北大阪のサイクリングコースを紹介しましょう。

 

なにわ自転車道 神崎川沿い

 

うちから最寄のサイクリングスポットは神崎川沿いです。左岸が正式なサイクルコース『なにわ自転車道』です。こちらは大阪市内です。右岸側は吹田市、豊中市になります。

 

赤川→上新庄まで淀川沿い、そこから出来島まで神崎川沿いですね。

 

 

道は狭め、ランナーやウォーカーは多め、街灯は少なめです。夜には暗くなります。土手上の車道に上がれば、見通しを確保できます。

 

路面のコンディションはまちまちです。橋や線路下のところがやや荒れ気味です。右岸の新御堂筋の高架の下がちょっとヤバめですね。ロードキラーの段差があります。

 

淀川沿いみたいな車止めの連続地獄や変な回り込みやわき道はありません。一本でぎゅーんと行けます。練習コースに最適ですね。

 

なにわ自転車道 えのき橋から下流側風景

なにわ自転車道 えのき橋から下流側風景

 

道幅はだいたいこんなもんです。左手が大阪市、右手が豊中市です。奥の山は六甲山系です。

 

ぼくは舞洲に釣りに行くとき、大阪市内中心部を迂回するとき、茨木や高槻に足を伸ばすときにこのなにわサイクルロードをたびたび利用します。それから、パーツ交換後の試走に。

 

このサイクリングコースにめぼしい見どころは皆無です。ノーマルなランドマーク、てきとうな見晴らしは無です、絶無。面白いコースじゃない。

 

ただ、コアな見どころはあります。北大阪の有名な自転車ストアをはしごできますね。カンザキエバーレと上新庄と本店はこのルートの近所にあります。

 

さらに梅田まで足を伸ばせば、シルベスト、ヨドバシ、ウエパー梅田店を制覇できます。サイクルベースあさひ本社、ダイワサイクル本店、てるてる本店、ルイガノのAKIコーポもこのエリアですね。

 

あと、神崎川沿いには簡易トイレ、水道、ゴミ箱はありません。実用的な遊歩道兼サイクリングコースです。

 

猪名川サイクリングコース

 

大阪と兵庫の県境を南北に隔てるのが猪名川です。途中で二手に分かれますが、最終的に神崎川に合流して、淀川に注ぎ、大阪湾へどんぶらこっこと流れ出ます。

 

 

土手への入り口はこんなですね。

 

猪名川土手入り口

猪名川土手入り口

 

これより下流、阪急神戸線より南の川沿いの道はすこしややこしくなります。砂地、草むら、行き止まりが立ちはだかります。

 

一応、河口まで降りて、戸ノ内公園内を過ぎて、神崎川の右岸コースに出られますが、ロードの細タイヤには途中の草むらがハードです。

 

猪名川公園の対岸のあたりです。路面と見晴らしがグッドです。川と山を見渡せます。

 

猪名川土手上

猪名川土手上

 

伊丹空港です。この近郊は国内有数の飛行機観測ポイントです。カメラ持参の飛行機ファンをよく見かけます。

 

伊丹空港

伊丹空港

 

飛行場の北側でイオンモール伊丹のあたりから下道に下りますと、唯一の難所にぶつかります。箕面川の川底です。

 

グラベッた箇所 箕面川

グラベッた箇所 箕面川

 

なぜかここはむき出しです。雨の日には水が溢れますし、雨上がりには土砂がごろごろグラベります。また、大雨の翌日や翌々日には上流の箕面ダムの水門が開いて、終日に川底が増水します。

 

2017年8月箕面川

2017年8月箕面川

 

うちのモンスタークロスはいける!

 

突撃!

突撃!

 

ミスッたあああ!

 

水没!

水没!

 

正気の人は大人しく手前の階段から土手上に回避しましょう。

 

猪名川サイクリングコースの北側の終点は阪急池田駅のかいわい、ヒルクライムの名所の五月山のふもとです。現場はこんなです。

 

猪名川サイクルロード池田駅線路北側終点

猪名川サイクルロード池田駅線路北側終点

 

ここから五月山を登れば、箕面ダムや勝尾寺まで回れます。ほっこり派には五月山動物園です。無料のちっさい市民動物園です。

 

主役はコアラの親戚のウォンバットです。

 

ウォンバット 落ち着きなくうろちょろ

ウォンバット 落ち着きなくうろちょろ

 

日没後、この猪名川サイクルコースはかなり暗くなります。周辺の道路もひっそりですね。

 

五月山ヒルクライム

 

この猪名川サイクルロードの終点から五月山に向かいましょう。北大阪の手軽な行楽地でヒルクライムの名所です。

 

 

スタート地点は五月山ドライブウェイの料金所です。自動車は有料ですが、自転車は無料です。ゲートの横をふつうに通れます。

 

五月山ドライブウェイ料金所

 

序盤がヒルクライムのピークです。愛宕神社までの勾配が10%越えのハードモードです。秀望台は上りのなかばですね。

 

秀望台

 

とうげの愛宕神社を超えると、アップダウンの道に入ります。序盤からの落差でめりはりがありません。

 

五月山ヒルクライム中盤の風景

五月山ヒルクライム中盤の風景

 

分岐です。前は能勢方面、右は箕面ダムです。

 

止々呂美・箕面ダムの分岐点

止々呂美・箕面ダムの分岐点

 

箕面ダム

箕面ダム

 

勝尾寺や箕面の滝へ降りて、市街に戻ります。

 

2017年10月8日勝尾寺

2017年10月8日勝尾寺

 

武庫川サイクルロード

 

兵庫県の尼崎市と西宮市の市境の川が武庫川です。阪神間の桜の名所のひとつですね。河口は釣りスポットです。サイクルロードは右岸の西宮側になります。

 

 

南端は武庫川の河口きわきわです。北端は宝塚市役所の裏手ですね。一部の区間は完全自転車専用ロードですね。歩行者は入れません・・・が、ウォーカーやジョガーはふつうに来ます。

 

グラベル乗りにうれしいグッドなダートがありますね。

 

武庫川サイクルロードのダートゾーン

武庫川サイクルロードのダートゾーン

 

広い道幅、きれいなマイルド悪路です。サイコー! でも、冬場の北からの六甲おろしはきつめです。

 

終点の宝塚市役所裏手です。

 

武庫川サイクリングロード終点 宝塚市役所の裏

武庫川サイクリングロード終点 宝塚市役所の裏

 

走り足らなければ、ここから車道に上がって、大阪池田方面か逆瀬川から有馬温泉、六甲ヒルクライムまで挑めます。

 

有馬温泉 到着

有馬温泉 到着

 

このミニベロではこんなふうに辿り着けましたが、数年前のドッペルギャンガーの折り畳みでは六甲山の途上で撃沈しました。ほぼ歩きで山頂の先のカンツリーハウスまで行きましたが、ははは。

 

武庫川サイクルロードは完全ノンストップですね。歩行者に注意すれば、高速で飛ばせます。

 

勝尾寺ヒルクライム

 

北摂のヒルクライムの有名どころが勝尾寺(かつおじ)ヒルクライムです。この寺は自転車乗りの間では有名ですね。

 

公道MTBダウンヒルのREDBULL Holy Rideの第三回はこちらの境内で行われました。自転車フレンドリー!

 

寺へのルートはいくつかあります。五月山から箕面ダム経由、箕面浄水場前43号線経由、箕面の滝路を突破、とうとう。

 

が、いちばん人気は東側入り口の西田橋からのコースですね。平均傾斜が5度前後、総距離4km強で、はじめてのヒルクラからSTARVAタイムアタックや週末トレーニング&調整に最適です。

 

 

さらにMTB系のコースへも入れちゃいますね。

 

グッドハイキングコース

グッドハイキングコース

 

でも、猪や鹿や猿には注意しましょう。猿はけっこうな確立で出没します。食い物が狙われる~!

 

山中は桜と紅葉のスポットです。春秋のサイクリングは絶好ですね。ゴールの勝尾寺前です。

 

勝尾寺前

勝尾寺前

 

お参りは有料ですが、手前の売店「花の茶屋」でトイレ、休憩、軽食できます。サイクリストフレンドリーですね。これを逃すと、各ルートの出口まで手頃な休憩ポイントはありませんね。

 

ベストシーズンやお盆や連休には自動車が多くなります。十分に注意しましょう。

 

定番スタート地点西田橋

定番スタート地点西田橋

 

勝尾寺ふもとの桜

勝尾寺ふもとの桜

 

分岐 ここは左へ

分岐 ここは左へ

 

四月の雨の某日に行ったら、ひとっこ一人出くわさねえ、うえーん。車はがんがん通ります。まあまあタフなライドだったなあ。

 

勝尾寺

勝尾寺

 

※紅葉シーズンの11月中の週末には交通規制が入ります。滝の最寄りの駐車場がめちゃくちゃ混みますから。

 

11月5日の日曜日の午後三時頃にはたまたま交通規制が一時解除中でした。行く人はご注意を。

 

箕面の滝の交通規制

箕面の滝の交通規制

 

2号線 大阪-神戸三宮

 

大阪-神戸の道は三つに分かれます。山幹、43号線、2号線のどれかです。このなかの43号線はノットおすすめですね。断然の走りにくさです。

 

うちからの最短は山幹沿いですね。上述の猪名川サイクルロード、武庫川サイクルロードをぱすぱす横断して行きます。ずーっとJR東海道本線の北側ですね。

 

この写真の左手は名神高速です。下の線路はJR福知山線ですね。

 

JR福知山線 陸橋

JR福知山線 陸橋

 

はい、あのどえらい事故の近所ですね。去年、ようやくマンションが取り壊されましたね。近く慰霊施設ができます。

 

で、とにかくまっすぐで神戸三宮まで着きますね。見所は夙川や芦屋のおしゃんな住宅街でしょうか。

 

2016年8月11日 夙川

2016年8月11日 夙川

 

奥の山は六甲ですね。この川沿い経由で六甲山頂へ向かうヒルクライムコースがありますね。上級者向けのハードコースです。ぼくにはザ・無理ですね。

 

おすすめはこちらより2号線沿いですね。JR東海道本線の南側の通りです。

 

 

なぜか? しにせプロショップのサイクルセンターサンワと中古自転車パーツのサイクルハンターがあるからさ!

 

超高級ミニベロ AM GT MK2 1595000円!

超高級ミニベロ AM GT MK2 1595000円!

 

これを見た後でサイハンのワゴンを見たら、金銭感覚を漏れなくぐちゃぐちゃにされます。

 

LX叩き売り

LXフロントメカ叩き売り

 

えげつないピンきりさです、ははは。

 

ゴールはここですね。

 

三宮そごう前交差点

三宮そごう前交差点

 

バーガー好きな人はS.B.DINER-KOBEへ、チョコ好きな人はラヴニューへ、パン好きな人はコム シノワへ、服好きな人はバーニーズニューヨークへ、チャリ好きはワイズロード神戸へ。

 

ぼくはアワイチへの自走神戸ポタリングてたびたびチャリで来ますね。多分、電車の回数を越えました、ははは。

 

淀川サイクリングロード 毛馬-嵐山

 

ぼくのお出かけの限界がこの淀川サイクリングロードの大阪-京都ですね。往復ざっと100kmです。20km/5時間のペースですね。

 

淀川の毛馬こうもんがスタート地点ですね。これより梅田、十三方面の左岸はちょっと難路です。土手上、土手下、いずれの道が途中で途切れます。

 

 

道は広め、トイレや水道もぽつぽつあります。が、週末の人手はたっぷりですね。野球少年、サッカー小僧、テニスボーイがひしめきます。

 

スタート地点の毛馬こうもんのやや下流にころあいの簡易トイレと水道場があります。ここをスタートにしましょう。

 

毛馬こうもん近くの簡易トイレと水道場

毛馬こうもん近くの簡易トイレと水道場

 

このあたりのビューがグッドですね。山崎の戦いの舞台らへんです。右端が天王山かな?

 

淀川サイクルロード

淀川サイクルロード

 

そして、チャリンコ乗りの行く手を阻むのが名物アトラクション、ザ・車止めですね。これが枚方近辺までしげしげ出現します。

 

楽しいアトクラクション車止め

楽しいアトクラクション車止め

 

ぼくはゲーム感覚でえいやっと通りぬけチャレンジで遊びますが、まじめなロードやクロスさんはわざわざ降りて、押して、えいこらさと走り出しますね。

 

まあ、車体を車止めに引っ掛けちゃうと、リアメカやステーを痛めちゃいますからねー。まさにチャリダートラップ! です。

 

そんな地獄の車止めも中継地点の関西医科大学から鳴りを潜めますね。八幡で淀川が桂川に名前を替えます。そして、道は八幡木津自転車道になります。

 

桂川サイクリングロード

桂川サイクリングロード

 

終点は京都嵐山ですね。

 

八幡木津川自転車道ゴール

八幡木津川自転車道ゴール

 

目のまえに日帰り温泉ができました。ロードジャージの人は気後れしますか。温泉に浸かると、完全にオフりますね。帰りの気力がBANされます。

 

嵐山温泉初の外湯 風風の湯

嵐山温泉初の外湯 風風の湯

 

大阪市内ぐるりポタリング

 

大阪市内のごちゃっとした中心部は快速、高速チャリダー向きじゃありません。が、半日の街乗り、ゆるポタ、ぶらりチャリにはベストな大きさですね。

 

天神橋筋、大阪城、グリコ、天保山を時計回りか半時計周りでぐるっと廻れば、大阪のふんいきをがらっと掴めます。

 

天神橋筋

天神橋筋

 

大阪城天守閣

大阪城天守閣

 

グリコ看板

グリコ看板

 

日本橋オタロード

日本橋オタロード

 

通天閣

通天閣

 

沿岸部に何か所かある公営の渡船はまあまあの穴場ですね。自転車で乗り込めます。しかも、ただ!

 

天保山渡船場

天保山渡船場

 

天保山からの船は対岸の桜島のUSJかいわいまで渡ります。スタッフらしい外人さんの姿が日常的にちらほらしますね。

 

桜島のUSJ行きには外人さんが多め

桜島のUSJ行きには外人さんが多め

 

うーん、右の人のがちむち上半身がガタイフェチにはツボですね。ぼくの頭身は左のぽっちゃりさん似だなあ、ははは。

 

人口埋め立て地の舞洲とヨットーハーバーから伝法大橋までの淀川の左岸の土手上は格好の高速サーキットですね。しめにバビューンて飛ばしましょう。

 

淀川左岸河口付近

淀川左岸河口付近

 

市内ポタの特段のルートはありません。が、梅田と御堂筋への接近はNGですね。大混雑が日常茶飯事です。道を一本横手にずらせば、ストレスを大幅に減らせますよ~。

 

有名な豆知識ですが、大阪市内の『xx筋』は南北の道、『xx通り』は東西の道です。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share