ミニベロ改造 チタンパーツ、カーボンパーツの軽量化のまとめ


このページはうちのミニベロのチタンとカーボンパーツのカスタムの記事のまとめです。随時追加します。

 

 

小径車用のカーボンフォークを購入

 

国内ニュースで11.11セールが紹介されたりして、すこし知名度を上げた中国のショッピングサイトAliexpress。品揃えはヤフオク+楽天+アマゾンくらい、まさに世界最大のメガモールです。

 

CNC系やカーボン系のパーツが無限にあります。サイズやカラーのバリエーションが豊富で、メジャー規格からたいていのマイナー規格をカバーできます。

 

例のごとくクレジットカードは必須です。クレカ決済に不安を覚えるなら、VISAのデビットとかで代用できます。PAYPALは非対応です。

 

あとはセラーの良し悪しを見る眼力とチャイナポストの到着を待つ忍耐です。慎重に選んで、気長に待つ。値切れる人はチャットで値切りましょう。翻訳英語で行けます。

 

ぼくのAliexpress初購入はこのカーボンフォークです。

 

AliExpress 中華カーボンフォーク ミニベロ用

AliExpress 中華カーボンフォーク ミニベロ用

 

日本用のページがありますが、日本語の変換がうまくありません。翻訳文体のおかげでもろに怪しく見えます。ebayとかで買える人は英語版に変えましょう。違和感が減ります。

 

評価5900の好評98%、こんなセラーは間違いなしです。ダイヤマークは信用の証です。王冠>ダイヤ>ハートの順に評価が下がります。ハートマーク一つや二つのセラーは危険です。ぼくはダイヤ二つ以上から買うようにします。

 

ここでポチって、支払いをすると、数日後に追跡連絡をくれます。たいてい送料無料のアイテムはポチってから発送手続きまでやや空きますね。

 

アイテムが追跡できるようになると、ebayみたいにAliExpressのページで荷物の経由の詳細がいちいち更新されます。

 

AliExpress追跡画面

AliExpress追跡画面

 

三日集荷の九日到着です。ポチってからざっと十日、意外に早めでした。現地での受付のお知らせの前後くらいに郵便局でも追跡可能になります。お馴染み国内の郵便追跡。

 

郵便局追跡

郵便局追跡

 

さて、へんてこな日本語の説明文を頼りに注文しましたが、希望の通りのオーバーサイズの長めコラムの20インチディスクブレーキ用のカーボンフォークを買えました。こんな特殊なパーツは国内にぜんぜんありません。

 

不満を言えば、フェイシングが甘めだとか、ハブの軸受けがちょっと狭めだとか荒を探せますが、8000円で450gのカーボンフォークを買えるなら、そうそう文句を言えません。

 

これにロゴが入って、代理店がかめば、倍々ゲームで値段が上がりますし。基本的に安パーツの最後の仕上げはマイフィニッシュです。DIYですね。

 

実際にミニベロにセットした画像はこんなです。

 

小径車用カーボンフォーク

小径車用カーボンフォーク

 

ミニベロの特性とあいまって、ハンドリングが超クイックになります。

 

軽量化の目安に100g=1万円てのがありますが、これは1kg=1万円です。超優秀な軽量化でしょう。ていうより、スイング式の折り畳み機構が重過ぎます。

 

フォーク、ステム、ハンドルの変更で2kg減ですね。BIRDYタイプのフロントはこんなふうに軽量化できますよ~。

 

スマートさは損なわれません。

 

マイミニベロしまい方

マイミニベロしまい方

 

うちの横幅畳半畳のせませま玄関でこの収まり方です。ショートステムとライザーバーがポイントですね。ロード系のドロプハンドルはこんなにスマートになりません。

 

カーボンライザーバーハンドルでセミ鬼ハン化

 

現在のぼくの愛チャリのハンドルはEASTON EA70のフラットバーです。

 

EASTON EA70 フラットバーハンドル

EASTON EA70 フラットバーハンドル

 

ごらんのようにフラットもどフラット、長いフォークコラムとあいまってハンドル周りが竹とんぼチックな『T』です。

 

プレナチュラルカーボン製軽量竹とんぼ 100円?

プレナチュラルカーボン製軽量竹とんぼ 100円?

 

見た目はスマートで、ハンドリングは超クイック、しかし、ハンドルの高さがいまいちです。

 

ぼくの場合、スポーツバイク的な体重分散をして、腕・肩に負荷をかけると、高確率で左肩の痛みを感じます。

 

結局、ママチャリのカマキリ鬼ハンの上半身直立、サドルどっしり乗りがいちばんしっくり来ます。じゃあ、スポーツバイクは全般的にむりだ・・・さようなら、スポチャリ・・・

 

と、いじける前にハンドルポジションを変更しましょう。さきにハンドルポジションチェンジャーを買いましたが、さらなるポジションアップのためにカーボンライザーバーを注文しました。

 

中華カーボンライザーバー AliExpress

中華カーボンライザーバー AliExpress

 

安心安全の中華カーボンライザーバーです。クランプ部分はステムの都合で25.4cmです。

 

ヤフオクで中古の同品質のものを探しても、3000円~しか見つけられません。しかし、この無印の中華カーボンライザーバーは2700円です。ステッカーでデコれば、純正ぽい見た目や派手派手にできます。

 

このライザーバーとハンドルポジションチェンジャーで理想の鬼ハンポジに近づけます。フラットバーから10cm以上のアップになりますかねー。

 

一応、本当の鬼ハンのカマキリハンドルも手元にあります。

 

 

ヨドバシ梅田で取り寄せしたもので、1040円と破格パーツです。ヨドバシカメラのパーツ品揃えははへたなチャリ屋より豊富で安値です。

 

で、このハンドルバーの重量はスチール製で重量800g! ライズは20cmオーバー! フロント側の油圧ブレーキのケーブルがぜんぜん届きません。

 

以前、メカニカルディスクブレーキを使っていたときには予備のケーブルをむりやりセットしていました。バーのカーブのところに付けていましたね。見た目もへったくれもありゃしません。

 

このカーボンハンドルバーとハンドルポジションチェンジャーは今週中に届きます。組み付けが楽しみです。

 

後日、中華カーボンライザーバーハンドルが到着しました。AliExpressのお知らせで受けた追跡ナンバーの末尾がSGで、やはり新加坡、シンガポール発のアイテムでした。

 

サービスはEMS(国際スピード便)ですが、中国の書留よりスローリーです。梱包はビニルぐるぐるで万全ですがね。シンガポール発のものと香港発のものはたいてい本土発のものより遅れます。

 

とりあえず、規則どおりに計測しましょう。

 

25.4-22.2mmの64cmで110g

25.4-22.2mmの64cmで110g

 

ステムのクランプ25.4mm、バー径22.2mm、幅64cmの長めのハンドルバーですが、さすがのカーボン製110gです。

 

これをハンドルポジションチェンジャーに取り付けられるか試します。

 

LITEPRO ハンドルポジションチェンジャー CNC加工跡

LITEPRO ハンドルポジションチェンジャー CNC加工跡

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

カーブのとこがつっかえるし!!

 

ライザーバーの真ん中のカーブのところがチェンジャーのクランプに通ってくれません。サトリみたいなオープンタイプが正解ですね、うえーん。

 

鬼ハン化第二弾は失敗です。

 

というわけで、ポジションチェンジャーかライザーバーかの二択を迫られます。いずれが5cmアップです。さあ、どっち?

 

重さと構成のややこしさから必然的にポジションチェンジャーは外れますか~。実に短い使用期間でした、さようなら、ハンドルポジションチェンジャー。

 

しかし、ライズが5cmで、やや物足りません。結局、ステム上の2cmスペーサーをステム下に移動しました。これで7cmのアップです。

 

ライザーバー

ライザーバー

 

こっちからのビューはこんなです。

 

フルカーボンライザーバーハンドル

フルカーボンライザーバーハンドル 110g

 

BLACK SPIREのDH用のごっついステムがポイントですね。25.4cm用のCNC削り出しです。

 

でも、地味にステム上のスペーサーのでっぱり、コンビニ袋を引っ掛けるのに便利だったのに~。ハンドルバーに荷物をかけると、もれなくかたよりチャリダーを食らいます。

 

で、込み込みハンドル7cmアップの効果は絶大です。アップライトで視野をより広く取れるのは安全面でグッドです。

 

ロードバイク系の前傾のビューはせませまでほんとに危険です。ロードチャリダーはあれでよく事故りませんねえ。感心と疑問が半々で複雑な気分です。

 

そして、カーボンハンドルはアルミよりよくしなって、振動をやわらげてくれます。カーボンフォークとあいまって、ソフト効果は二倍です。これはゆるチャリダーにウェルカムです。

 

夜中のコンビニ買い出しがらくちんですわ!

 

これで今回の鬼ハン化計画は終了になります。夢の10cmアップはならず、ざんねん。

 

チタンシャフトとマグネシウムの軽量ペダルを調達

 

ペダルは自転車の重要なパーツです。ロードバイクでは固定式のビンディングペダル、競輪ではより原始的なトゥークリップ、ふつチャリやMTBではスタンダードなフラットペダルが使われます。

 

ぼくはチャリで出かけても、てくてく歩きますし、こんもりした骨太の足の甲のおかげで固定式のペダル用のビンディングシューズの選定をしあぐねますので、フラットペダルをもっぱらに愛用します。

 

ペダル

ペダル

 

現役ペダルはこんなです。シクロジャンブルで購入したアルミのフラットペダルです。

 

肉厚なアルミフラットペダル

肉厚なアルミフラットペダル

 

質感はグッドです。スタッドのおかげでスニーカーとの相性もばっちりです。唯一の欠点が重さですね。あと、回転がすこしざんねんだ。

 

今回、このペダルを外して、新しい軽量なものを付けます。毎度のAESTの安軽量CNCパーツですね。お値打ち品ですが、粗悪品じゃありません。

 

シャフトはチタンで、踏み面はマグネシウム合金です。クロモリシャフト、アルミ踏み面のペダルより軽量です。

 

じゃあ、実測をしましょう。ペアでなんと170g! です。

 

ペア重量実測170g!

ペア重量実測170g!

 

これは超軽量級ですね~。へたなカーボンSPD SLペダルよりベリーライトです。デュラペダルをはるかに凌駕して、スピードプレイのチタンシャフトに迫りますねー。

 

Shimano - Dura-Ace (デュラエース) 9000 SPD-SL カーボンペダル
Shimano – Dura-Ace (デュラエース) 9000 SPD-SL カーボンペダル

定価 34755円
割引 55%
特価 15750円

※ 2016/10/08 14:24:24 時点のwiggle.jpの価格

  • ロードレースで高い性能を発揮する、軽量カーボン SPD-SL ロードペダル 1 組です。 カーボンボディはシューズとの接触面が大きく、軽量化を図りながらも出力伝達とサポート力を大幅に向上させます。

 

これは250gくらいです。おや、たいしたことありませんねえ、デュラエースシリーズだのにい? SPD SLの最高峰てそんなもんですう? むしろ、重すぎー。

 

じゃあ、かなりの軽量化が期待されます。じゃあ、まず、ペダルを外しましょう。

 

さて、ペダルの着脱の工具は基本的にアーレンキーですね。ぶっといやつです。それをシャフトの裏の穴にすっぽりとはめます。

 

ノットスポーツタイプのコンフォートペダルにはレンチをかます平面がシャフトの根元にありますね。

 

スパナ受け平面.

スパナ受け平面があるタイプ

 

スパナかモンキーでやりましょう。あと、上の写真のようにネジ穴のサイズはまちまちです。

 

ペダルの取り外しの注意点はネジの方向です。ペダルは進行方向で締まって、逆方向で緩みます。目安の視点は手前・外側です。

 

ペダルネジ方向

ペダルネジ方向

 

こちらは右側の『R』のペダルです。左側の『L』のペダルのネジ方向も同様です。手前・外側から見て進行方向で締まって、逆方向で緩みます。

 

つまり、裏側(アーレンキー側から)見る右のペダルは逆ネジですね。

 

このネジ方向のポイントをしらずに、いつもの調子でぐいぐいやると、だいたいどっちかのペダルをかちかちに増し締めしちゃいます。

 

サビや異物の固着がなければ、ペダルはてきとーパワーファイトでかんたんに外れます。コツはパワーです。手力で外れなきゃ、足蹴で外れます。

 

ペダル取り外し

ペダル取り外し

 

が、野ざらし放置の自転車のペダルはこんなに生易しいもんじゃありません。積年の雨風の侵食でエクストラかちかちハードです。

 

この場合、キーの柄にパイプをかけたり、巨大レンチを使ったり、焼きを入れたりして、どうにかこうにか引きずり出します。

 

熱して冷ましてを繰り返して、金属の温度変化の膨張と収縮で腐食をばらす、てゆうファイナルアタックもありますね。もうクランクをごそっと新調する方が楽ちんです。

 

105なんかは競技用と思えない価格です。

 

Shimano 105 FC-5800 Compact Bicycle Chainset - Black

Shimano 105 FC-5800 Compact Bicycle Chainset – Black

定価 21950円
割引 55%
特価 9837円

※2016/10/08 14:45:53 のprobikekit.jpの価格

 

ユニクロか!

 

あいにくとうちのペダルは室内保管の温室育ちです。使用期間が半年くらいですし。固着とは無縁です。むしろ、ゆるゆる?

 

実測しましょう。375gです。重っ!

 

375g

375g

 

予想外のヘビー級だあ。ペダル交換で200gの軽量化ですよ、奥さん。

 

新旧ペダルのにこにこ2ショットです。

 

新旧ペダルの2ショット

新旧ペダルの2ショット

 

新チタンペダルは一回り小ぶりですね。ピンの食いつきや質感はイーブンです。左はがっちんオフロード用だあ? 分厚さがぜんぜんちがいます。DH系ですね。

 

新ペダルを取り付けましょう。まず、グリスをねじ山に塗ります。致命的な固着の予防策ですね。インフルエンザのワクチンのようなものですわ。

 

シャフトのねじ山にグリスを忘れない

シャフトのねじ山にグリスを忘れない

 

クランクのねじ穴の汚れをぼろ布やちり紙で拭いて、チタンシャフトをねじねじインします。

 

ザ・おさらい、ペダルは外側から見て進行方向で締まりますよ! R=Right=右ですよ!

 

ペダル取り付け

ペダル取り付け

 

トルクは定評のUMBT、アンオフィシャルマイベストトルクです。適切な数値はペダルのどこかに記載されます。これのオフィシャルベストトルクは7Nmですね。Nm=ニュートンメートルです。イメージはこんなです。

 

7Nm

 

うーむ、ややこしいもんが余計にややこしくなりますねえ。やっぱり、しろうとチャリビルドマイスターは小難しく考えずにマイベストトルクでやりましょう!

 

それから、左右を間違ってねじ込むと、こんなひさんな状態になっちゃいます。

 

Lを右アームにはめてみた

Lを右アームにはめてみた

 

ヒャッハー! こいつはクールデンジャラスだぜえ!! もちろん、走れやしないぜえ! けんけん乗りもむりだぜえ!!

 

とまあ、おふざけを挟んで、ちろっと新ペダルのフィーリングを確かめに行きます。わーお、200g減の影響は大ですね~。ラーメンの特盛り一杯分ですよ。

 

関心の足の置き心地はそんなに変わりませんね。軽量ですが、フラットですし。固定具のクリートの重量分だけウン万円のスピードプレイより軽量ですしね。

 

 

クイックリリースの交換

 

クイックリリース、クイックレリース、クイックレリーズ、QR、クイックスキュワーうんぬんetcと呼ばれるパーツがチャリの世界にはあります。

 

それがこのメカメカしい構成体のどこかにあります。さあ、どこでしょう。

 

何系ともいいがたい仕様のマイ小径車

何系ともいいがたい仕様のマイ小径車のリアホイール

 

答えはまんなかのレバーですね。単体はこんなです。

 

クイックリリース

クイックリリース

 

シャフト、レバー、キャップ、バネからなる地味なニッチなパーツです。役目はホイールをフレームのエンドに固定することです。ママチャリやシティチャリでは一般的なナットが同様の役目を担います。

 

ママチャリエンド部

ママチャリエンド部

 

この一般用の固定ナットを外すのにはスパナかレンチが必要です。メンテナンス製は良くありません。

 

他方、クイックリリースは手で外れます。スポーツバイクと一般的な自転車の一線を画すのがこのクイックリリースの有無でしょう。

 

発明者はイタリア人のカンパニョーロさん、あの高級変速屋のCampagnoloの創業者です。

 

このQR発明でレース中のホイールの着脱が飛躍的に向上しました。まさにカンパさまさまです。ロードバイクラーは足をイタリア国のヴェネト州に向けて眠れません。

 

ただし、本格MTBの分野ではホイールの固定器具はスルーアクスルタイプに切り替わりました。

 

 Marzocchi 20mm Axle - Bolt Through

Marzocchi 20mm Axle – Bolt Through

定価 6204円
割引 11%
特価 5534円

※2016/10/08 19:56:38のchainreactioncycles.comの価格

 

固い棒です。これがフレームとホイールとシャフトを擬似的に一体化させて、溶接加工に近い強度を生み出します。

 

一方のクイックリリースの細いシャフトはフェイクです。ただの水先案内ガイドさんです。クイックリリースのシャフトは重量を支えません。

 

クイックリリースの役目はホイールとフレームの固定に限られます。実際に重量を支えるのはホイール側のハブ内の中空シャフトです。下の棒ですね。

 

フリー分解

フリー分解

 

最終的にはシャフトの両端のエンドキャップがフレームのツメにかかって、車体と乗り手の重量を支えます。

 

ハブキャップ

ハブキャップ スポークヘッドの『DT』の刻印はピンぼけ

 

クイックリリースの細いシャフトは重みを支えきれません。げんに見た目が貧相ガリガリくんでしょう。素手でかんたんに曲がりますし。

 

じゃあ、デメリットは利便性の裏返しです。圧倒的な強度不足です。丈夫さがナット締めやスルーアクスルに劣ります。永遠の仮留めみたいなものですからね。おかげでホイールがさっと外されて、ぱっと盗まれます、たまに。

 

通常の場合、軽量化目的のクイックリリースの交換は重要じゃありません。効果のほどは数十グラムです。しかし、最初の写真のようにうちのミニベロのリアホイールのクイックリリースはスタンド付きです。

 

去年の今頃にサイクリーの松原店でたまたまこれを見つけました。

 

 

お買い物チャリ時代の名残です。スマートでグッドですよ。おすすめスタンドです、ディアボロの大冒険のエコーズACT3かウェザーリポート並みのおすすめスタンドです。

 

でも、買出しの役目は平行世界のGIANTのクロスバイクに受け継がれました。じゃあ、へヴィなスタンド能力を外して、すっきりとボールブレイカーにしましょう、ニョホホ。

 

無限の回転エネルギーのみなもとはこちらです、チタンシャフトのクイックリリース。

 

AESTチタンシャフトクイックリリース

AESTチタンシャフトクイックリリース

 

リアのシャフトは長めです。ロード用の短いものはMTBやクロスバイクに足りたり足りなかったりします。うちのミニベロのリアホイールの幅は135mmです。ディスクブレーキタイプのものはだいたいこちらですね。

 

計測です。50gですね。

 

50g

50g

 

通常のものは100g前後です。チタンと鉄の差がもろに出ますね。それぞれの比重は4.5と7.8です。単純計算で鉄はチタンの1.73倍の重さですね。

 

パーツ別にじっくり見ましょう。

 

クイックリリース

クイックリリース

 

レバー、シャフト、キャップ、バネです。注目はバネですね。

 

タケノコバネ

タケノコバネ

 

このバネはぞくに『タケノコバネ』と呼ばれます。うーん、たけのこっぽく見えるう? ぼくはバベルタワーにしか見えませんが。

 

ブリューゲルのバベルの塔

ブリューゲルのバベルの塔

 

しっくりですね。じゃあ、マイチャリアトリエではバベバネ、BBと呼びましょう。

 

こいつの役目はフレームとホイールの緩衝材兼キャップとレバーの押し戻しですね。タケノコバネがないと、クイックの外への戻りが甘くなって、てきせつな隙間ができず、ホイールがエンドのツメから外れにくくなります。

 

ちなみにバネの狭いほうが内側に来ます。この写真のバネはNGですね。

 

タケノコバネのだめな取り付け方

タケノコバネのだめな取り付け方

 

クイックリリースのはずし方はシンプルです。レバーを起こして、キャップを押さえて、左回しで緩めます。このとき、キャップを押さえないと、空回りでからから永久ループにはまります。

 

リムブレーキのチャリではさきにブレーキを開放します。ディスクブレーキはぽん外しOKです。

 

で、こちらはリアホイールのリリースですが、シャフトのまっすぐさが怪し気です。

 

リアのシャフト

リアのシャフト

 

うーん、ビミョーないがみがありますねー。リアはわりにトラブりましたからねー。チェーンがスプロケットの内側に落ちたりとか。心当たりがたくさんです。ちょうど交換時期だったかもね。

 

実測しましょう。スタンド付きで365gです。ワオ!!

 

スタンド型クイックは370g

スタンド型クイックは365g

 

スタンド的には軽い部類ですね。でも、クイックリリース的にはウルトラスーパーヘビー級です。

 

じゃあ、リリースの交換で315gも軽くなりますやん! 前のチタンシャフトのペダル交換との合わせ技で500gオーバーの軽量化です。やったぜ! しかも5000円しか使わへんし!

 

取り付けましょう。レバー側からシャフトをハブに通して、先端にバネを乗っけて、キャップで押さえながら仮締めします。

 

バネの狭い方を内側にしましょうね。

 

バネ方向

バネ方向

 

通常、レバーは車体の左側に来ます。でも、ディスクブレーキのチャリの場合、レバーとブレーキのディスクローターが近接して、金属の削れかすの粒子や放射熱がレバーに悪影響を与えるとか与えないとか。

 

神経質なディスクブレーキラー人はレバーを右側にしましょう。うちの場合、ご覧のとおりにキックスタンドとクイックリリースのレバーがニコイチでしたから、レバーが自然と左側に来ちゃいましたが。スタンドは右サイドにはつきません。跳ねる方向が逆になってしまいますしね。

 

リリースを仮留めしたら、フレームにがっちゃんと戻して、本締めします。最初のポイントはレバーを起こすことです。

 

レバーを起こさずに締めると、固定に適切なトルクをかけられません。レバーを起こした状態でくるくる締めて、最後にレバーを倒す、これがクイックリリースの取り付けのセオリーです。

 

これはレバーの拡大図です。芯が中央にありません。これは設計ミスでなく、リリースの秘訣キモです。

 

レバー芯

レバー芯

 

この狭いほうが最後に外側に来ます。つまり、芯が最後にぐっと外側へ引っ張られて、最後のラストの留めトルクがかかります。てこの原理ですね。

 

レバーを倒したままでリリースをくるくる締めると、この留めの一撃ラストトルクを掛けられません。まさしく文字通りに『ツメが甘い』ことになります。事故とトラブルのもとです。

 

だって、レバー倒しっぱのくるくるできっちり締められるなら、レバーの存在意義がありません。羽根型のナット留めか両方エンドキャップでことは済みます。

 

レバーてのはてこの原理のための機構です。倒す起こすの手順がどこかに入ります。決してくるくるするための便利な取っ手じゃありません。

 

レバーオープンとレバークローズのものを見比べてみましょう。

 

上・レバーオープン 下・レバークローズ

上・レバーオープン 下・レバークローズ

 

ほら、中心がぜんぜん違いますね。オープンのピンク線からレバー倒しでクローズのイエロー線に芯を持ってこれます。これが肝心かなめの最後の『ツメ』ですわ。

 

さて、最後にレバーをクローズします。このときに締め付けの強さをふと思い悩むのが初心者チャリダーの登竜門です。

 

締め付けは親指で

締め付けの力加減は?

 

何度か手探りでやるとじきに感覚を掴めます。一般的な目安は親指で倒せるくらいの強さです。

 

感覚的に親指で「ぐぅい」てくらいですね。「くいっ」とか「ぐいっ」とかはトルク不足ですね。クイックリリースは親指で「ぐぅい」が合言葉です。

 

親指で倒しきれないような強さは締め付けすぎです。掌底とかを使わず、親指の腹を使います。レンチとかで無理にレバーを倒すのは厳禁です。細いシャフトが一発でいかれますよ。

 

ハブの玉当たりと同じくがちがちもゆるゆるもNG失格です。キャップ側であんばいを調整しましょう。レバー側をまわすと、クローズの位置を理想のポジションに出来ません。

 

かっこいいポジション

かっこいいポジションを考えよう

 

基本ポジションは2時・10時の方向、地面と水平、ステーやフォークのラインに沿わせる、45度とかですね。あなただけのベストQRレバーポジションがあります、きっと。

 

アルマイト系のカラーものを選べば、おしゃれなワンポイント差し色にできます。

 

 

ファッショナブルな満足度がありますよ~。おしゃれ目的がメインです。うちみたいな300gの軽量化のごときは特例中の特例ですわねー。

 

中華カーボンシートポストを入手

 

一頃に折り畳み自転車の軽量化にはまって、あれやこれやとパーツを入れ替えて、11kgから8kg台まで落としました。決め手はカーボンフォークとホイール交換ですね。

 

カスタムのベース車はハンドル部分をスイングで折り畳むタイプのBRIDY系のフォールディングタイプです。これはフォークからステムまで特殊機構で超ヘビー級です。

 

BD-1 ~ Pacific Cycles JAPAN

BIRDY ~ Pacific Cycles JAPAN

 

この折り畳みシステムを捨てたら、フルカーボンフォークとフルカーボンハンドルで1.5kgのダイエットに成功しました。つぎがホイールです。406から451にインチアップして、さらに軽量化しました。

 

が、これらの改造はけっこうな大仕事です。費用と時間が必要です。じゃあ、もうすこし手軽なものを紹介しましょう。

 

はい、シートポストの交換ですね。もともとのはこんなです。

 

重い純正ポスト

重い純正ポスト

 

285gです。10cm以上をカットして、このくらいにしか軽量化ません。激重です。ポストの厚みがむだにあります。今回、これをカーボンシートポストに換えます。

 

ブランドやペイントに拘らなければ、AliExpressでカーボンパーツを安く買えます。シートポストみたいに地味なアイテムはひとしおです。ブランド系のものは1万円を下りませんが、無印のものはだいたい4000円以内に収まります。

 

やすーいのは15ドルからあります。すこしふんぱつして、25ドルのやつを買いましょう。1週間で届きました。郵便局経由の対面配送です。国際書き留め? でしょうか。この配送パターンは最速ですね。

 

棒状のお届けもの

棒状のお届けもの

 

こういう小物は関税検査をスルーして、手紙と同じ手順で来ます。ええ時代ですねー。

 

かんじんの中身はこんなです。マットブラックのカーボンシートポストです。

 

カーボンシートポスト

カーボンシートポスト

 

クランプ径は一般的な27.2mmですね。ボルトは2本止め、オフセットありのスポーティタイプです。キッチンばかりの実測はこんなです。

 

200gアンダー!

200gアンダー!

 

ハッピー200gアンダー! です。外れではありませんね。たまに外れの200gオーバーがあります。

 

サドルの取り付け台座=ヤグラの作りはこんなです。

 

ヤグラ

ヤグラ

 

安っぽさはぜんぜんありませんね。カーボンの柄のムラもほとんどありません。これが25ドルですよ。メーカーはこれにロゴを入れて、5~10倍の値段をつけます。

 

原価は2割だあ? あ、でも、ブランド商売はそんなもんですね。アパレルもそんなもんでしょうし。

 

サドルを取り付けます。うちの愛用サドルはなぜかキャノンデールクイックのジェル入りぐにょぐにょサドルです。

 

サドル取り付け

サドル取り付け

 

うーむ、カーボンに質感が見劣りしますね。赤のペイントが剥げてきたな~。革を張替えよか?

 

単体の重さは410gですね。

 

キャノンデールクイックサドル410g

キャノンデールクイックサドル410g

 

このやわらかさにしては軽めですね。しかし、こいつと純正シートポストとのセットは700gです。軽さを取るか、快適さを取るか、なやましいところです。

 

フレームのシートチューブ径は30.4mmです。27.2mmのポストを付けるのにはシートポストシムアダプターを使います。

 

ポストシム 30.4mm-27.2mm

ポストシム 30.4mm-27.2mm

 

これが20gです。わりに重めだあ?! てことで、パイプカッターでしこしこ半分にばっつんして、10gにしちゃいました。

 

上の画像ではサドルが前のめりですね。サドルの座面の基本ポジションは水平ホライゾンです。でも、目測では線がはっきり分かりません。

 

身近なもので水平チェックできます。水入りのペットボトルです。

 

ペットボトルで水平チェック

ペットボトルで水平チェック

 

ほら、ずれずれです。前側の高さがまだ足りません。ヤグラのボルトで調節します。ついでに板をかませて、より完璧に調整しましょう。

 

水平OK

水平OK

 

パーフェクトですね。

 

さて、試走に出かけます。乗り心地はマイルドですね。カーボンポストはアルミポストよりぐいぐいしなります。むしろ、前の分厚いポストがかっちかちでしたわ。

 

強度は十分ですね。変なきしみやゆがみはありません。軽量化の効果は分かりませんね、あはは。サドルの重さがネックですわ。

 

この際、カーボンサドルにしてみようかな?

 

硬いとうわさのフルカーボンサドルをゲットだ!

 

最近、一頃に自分の中で流行ったミニベロの軽量化のブームが10ヶ月ぶりくらいに再燃中でして、有象無象のパーツ類がちょくちょく届きます。

 

目標は8kgアンダーの7kg台! ですが、道はまあまあのエクストラハードロードです。マザーボードのアルミフレームの根本的な重さはどうにもこうにもなりません。

 

おまけに予算は1万円です。おまけのおまけにフルカーボンシートポストで2000円を使ってしまいました。でも、これはアダプターシムとの相性の悪さでサヨナラバイバイリバティーしちゃいましたが。

 

基本的にアルミ(金属・合金)とカーボンのクランプの組み合わせはNGみたいですね。固定用の特殊なロックタイトみたいなものが必要です。

 

少なくとも、うちのクイッククランプ、アルミアダプターシム、カーボンシートポストの組み合わせの固定は不安定でした。

 

トルク不足だったかな~? でも、ポストのクランプをぎちぎちに締めても、ポストをかんたんに左右にズラせちゃいましたが。アルミとカーボンの密着面の摩擦が不足でしょうか? 感覚的にはそんなでしたね。

 

まあ、安カーボンパーツは大人気です。ヤフーオークションに出せば、すぐに売りさばけますね。

 

逆に速攻で売れるから、気軽に出せません。売ってしまうと、一抹のさびしさを覚えます。AliExpressからの再調達は二週間コースですからねー。

 

とにかく、予算は限定的です。失敗しても損をしないアイテムをゲットしましょう。ということで、今回も安定のカーボンパーツです。

 

はい、中華フルカーボンサドルですね。

 

フルカーボンサドル

フルカーボンサドル

 

穴あきのSMPみたいなモデルです。アマゾンでよく見るのはこちらのプロロゴみたいなやつですね。

 

 

これのインプレッションはよそのブログとかでまあまあ見当たります。じゃあ、同じものを買うのはセカンド二番煎じでしょう。それと、プレーン無地のサドルはすこし地味です。

 

見た目は上記のとおりです。すばらしい高級感ですね。レールもカーボンです。

 

レールもカーボン

レールもカーボン

 

オーダー後の製造品のようです。カートインから3週間コースになりました。送料は無料、配送形態は国際郵便書留ですね。サイン必須です、地味に面倒ですぅ~、郵便受けに入れて~。

 

計測しましょう。食材を計るよりチャリパーツをもっぱらに計るキッチンばかり師匠の力を借ります。メモリがアナログだあ! たまには小麦粉とかを計りましょうね~。

 

実測130g

実測130g

 

実測130gですね。だいたいカタログ値です。形状と塗装のせいで上の無地のやつより重めですね。ゲル入りのキャノンデールクイックサドルの三分の一です。

 

キャノンデールクイックサドル410g

キャノンデールクイックサドル410g

 

こっちはスーパーヘビー級ですね。クッションは最高ですがねー。ぐにょぐにょです。

 

が、下半期のテーマは軽量化カスタムです。重サドルをげた箱の下にこそっとしまいます。50kmオーバーのロングライド時に再登場を願いましょう。

 

ポストは純正です。アルミのスタンダードなポストですね。ただ、ポスト径は異端児の30.4mmです。

 

ルイガノシートポスト

ルイガノシートポスト

 

30.4mmのカーボンシートポストは中華サイトにすらなかった・・・ちなみにカット済みです。近くのあさひでシートポストカットを頼みました。工賃は864円ですね。

 

あさひのウェブストアにきちんとシートポストカットの工賃のページがあります。

 


作業工賃 シートポストのカット ※サスペンションポストはカット不可
定価
割引 %
販売価格 864円 (税込み)

※2016/10/22 00:39:32のasahi.co.jpの価格

  • ご購入頂きましたシートポストをお好みの長さにカットしてお届けします。

 

こんなオープンな明示はグッドですね。でも、バリ取りはまあまあざつでした、はははは。

 

このカット済みの純正ポストとフルカーボンサドルの重量はこんなです。

 

ポストとサドルは390g

ポストとサドルは395g

 

395gですね。クイックのサドル単品より軽量です。純正シートポストが足を引っ張りますな。

 

ヤフオでサヨナラした未カットのカーボンシートは190gでした。そっちと組み合わせれば、320gに出来ますね。さらにカットで200g台です。純正ポストがおでぶですわ。

 

さあ、走りに行きましょう。

 

昼飯の買い出しのついでにちょろっと河川敷を走りました。注目の乗り心地は・・・あれ? そんなに悪くありません。

 

事前情報やうわさの仕入れすぎでハードルが上がったかあ? もっとがつんがつんマイケツをBANするくらいの衝撃波を覚悟しましたが、意想外のマイルドさをすら感じましたね。

 

「座った瞬間にケツが二つに割れた、バビッた!」

 

とかは尾ひれ式のうそですかいな。エアサスのおかげですう? でも、まえのまえのマイサドル、SDG I-FLY CてゆうI-BEAMのカーボン軽量サドルのモデルと比べても、特段のCONを感じません。

 

そのI-FLY Cは180gくらいでした。50gを削れるなら、フルカーボンを選びますね。服装はジーパン履きです。パッド入りのボトムを履けば、ふつうに乗れますよ。

 

どっしりサドルにケツを預けると、ソリッドな固さを尾骶骨に感じますが、前傾でスポーティに乗れば、そこそこ常用できますね。座り心地はまんま公園のベンチです。

 

それから、このモデルは風を良く通して、股間の不愉快さを軽減します。そして、ルックスはパーフェクトクール! です。

 

クールな見た目のサドル

クールな見た目のサドル

 

クッション性のほかは100点です。軽いシートポストを調達して、300gアンダーを目指しますかねー。

 

 

番外・シングルスピード化

 

ペダルをマグネシウムのチタンシャフトのものに換えたり、スタンド一体型のクイックリリースを軽量のCNC加工のチタンシャフトものにしたりして、8kgなかばまで愛チャリの体重を減らしました。

 

が、1万円の予算がもう半分です。ここから500gを5000円で減らすのは無理です。パーツはだいたい最軽量クラスですし。ステムがDH系のやつで300g弱ですが。

 

フルカーボンライザーバーハンドル

フルカーボンライザーバーハンドル 110g

 

これをふつうの軽いのに変えると、半分くらいに出来ます。でも、このステムは全パーツ中のベストフェイバリットです。換えたくない~。

 

にしても、150gが限度です。あとはタイヤとグリップくらいですね。ミニベロの細タイヤはお安いもんじゃありません。

 

 

2本で7000円は予算オーバーです。

 

となると、パーツ交換の軽量化は限界です。じゃあ、最終禁じ手を使いましょう。ドライブトレインをごそっと外して、ウルトラ逆転一発を狙います。そう、シングルスピード化ですね。

 

リアディレイラー、シフトレバー、スプロケットを外せば、1kg弱の軽量化を見込めます。SRAM NXで11速化したのに!

 

本末転倒です。が、下半期のぼくはロマンティックカスタムチャリダーです。エクストリームからエクストリームに振れるのがなにわ節の人のさがでしょう。

 

が、本気でシングルに入れ込む気はさらさらありません。できるかできないか、作業の手順の確認とばくぜんフィーリング、ブログねた的インプレッションが主眼です。

 

なので、手持ちで手探りでやります。調達パーツはゼロです。チェーンテンショナー、専用コグ、シングルチェーン、スペーサーとかはスルーです。

 

きちんとシングル化する人はこうゆうキットを買いましょう。

 

 

ぼくの下記の方法はネバーおすすめです。チェーンテンションがこんなに曲者だとは夢にも思わなかった・・・

 

さて、はじめに余計なものを取り外します。スプロケット、ディレイラー、シフターですね。

 

これを、

 

etrto451wheel-rear

リアホイール

 

これで、

 

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

 

こうします。

 

レンチをセット

レンチをセット

 

毎度のスプロケ外しの流れ作業ですね。ちなみにこのスプロケはSRAM PG1130で538gです。10速の1030より重めです。ローの42Tギアはまんまフロント一枚分くらいですし。

 

さて、このスプロケからコグを頂きます。トップから3枚ほどをひっぺがしました。11,13,15ですね。

 

で、これらを用意します。

 

スペーサー リングロック コグ

スペーサー リングロック コグ

 

注目は左のパーツですね。これはスペーサーです。素材はこちらのフリー素材です。

 

掃除機パイプ

掃除機パイプ

 

古い掃除機パイプのさきっちょのらへんです。これをギコギコして、作りました。安心安全・純日本製です、やったね!

 

長さは目分量です。ようはかませでしょう。神経質なパーツじゃありません。よゆうのDIYですわねー。

 

セットok

セットok

 

リングロックをはめます。ぴったしだあ!

 

シングルホイール完成

シングルホイール完成

 

ホイールは完成です。フレームにセットしましょう。

 

フレームイン

フレームイン

 

はい、OKです。

 

つぎはディレイラーとシフターです。こちらはアーレンキーだけでOKですね。

 

ディレイラー

ディレイラー

 

すっきりします。

 

リアエンド

リアエンド

 

ドライブとケーブル一式です。480gです。想像以上の重さですね。

 

470g

480g

 

さきのスプロケと合わせ技でちょうど1kgですね。フロントマルチはさらに400g増でしょう。コンポはベリーヘビーですね~。

 

最後はチェーンです。これが最強エクストラハードです。ごらんのようにうちのチャリのエンドはふつうの直付けタイプです。

 

この形状は完全に外装変速専用です。シングルスピード化はオーバー非推奨です。チェーンの張りを後から調整できません。

 

なので、手探りでチェーンのてきとうな長さを調べます。

 

チェーンカットとコネクトの繰り返し

チェーンカットとコネクトの繰り返し

 

カットとコネクトの繰り返しです。もちろん、新品のアンプルピンはありません。こんなふうにピンを寸止めして、再装填します。これをリンクから抜ききってしまうと、ちまちま地獄に落ちれます。

 

かれこれ3時間ほど格闘して、ここまで調整しました。

 

チェーンたるみ

チェーンたるみ

 

んー、これが限界ですね。ちょいゆるです。

 

チェーンのリンクは細かく区切れません。チェーンには外コマと内コマがあって、外コマ同士、内コマ同士は繋がりません。なので、二リンク分ずつしか調整できません。

 

チェーン最小単位

チェーン最小単位

 

これがチェーン調整の難しさの原因です。なので、元からシングルの完成車には専用の調整金具があります。ママチャリが典型ですね。

 

王道のシングル ローラーブレーキ ナット締め

ママチャリエンド

 

左側の突き出たボルトです。これのナットを締めると、チェーンを引っ張って、たるみを取れます。

 

変速タイプのエンドの自転車はどうするか? リアディレイラーを使うか、チェーンテンショナーを使います。

 

 

こうゆうのをハンガーのところに取り付けて、チェーンのたるみを直します。結局、これが楽です。

 

チェーンからやろうとすると、カット&コネクトのループにげんなりして、しまいに半狂乱になります。げんにぼくは作業中に何度か叫びました。

 

さて、これで走りに行きましたが、10mでトラブルを食らいました。チェーンが二漕ぎでがしょんと外れます。なんでや!

 

これの原因はたるみよりラインですね。トップギアの位置では右より過ぎます。スペーサーのサイズを作りなおして、ハブの真ん中にギアを入れて、スプロケット付属のスペーサーをかませました。

 

チェーンライン調整

チェーンライン調整

 

イッツパーフェクトライン! 既製品のようです。ザ・シングルスピードラインですやん!

 

が、トップギアはフリーボディのさきっちょににしか入りません。セカンドギアもそうです。結局、3速の15Tを入れました。

 

とすると、ギアの直径が大きくなって、チェーンがぱっつぱっつになります。まーた、カット&コネクト、うわーん!

 

が、最後の気力を振り絞って、こんなにしましたで!

 

シングルスピード完成

シングルスピード完成

 

とりあえず、走れます。チェーンはたまに外れます、1kmに一回くらい。あと、のぼり坂で。

 

それはそれですが、ギアが軽すぎます。前が44Tですからねー。ママチャリくらいの軽さです。

 

そして、7.5kgの軽量車体のおかげで加速が超特急でマックスになります。速度が五秒で頭打ちだあ!

 

11Tの薄刃のコグは見当たらないな~。テンショナーですか~。見た目は最高ですがねー。

 

シングルスピード化

シングルスピード化

 

結論 ※作業時間の90%はチェーンのカットとコネクトでした!

 

7kg台の軽量化は一応の成功です。が、このチャリは使い物になりません。せっかくのスマートな見た目に余計なテンショナーをつけるなら、もうコンポを付け直しますねー。

 

あと、シングルスピードの面白さがちょっと分かりました。ベストのギア非を出せば、街乗り最強チャリに出来ますわ。

 

逆にシマノのALFINEのテンショナーとかを着ける?

 


シマノ [ALFINE] CT-S510 チェーンテンショナー ストレートドロップエンド用
定価 2169円
割引 10%
販売価格 1952円 (税込み)

※2016/10/21 23:45:59のasahi.co.jpの価格

  • ALFINEシリーズ。シングルギア、ストレートドロップエンド用のチェーンテンショナー。

 

カーボンステム導入

 

この前からちょくちょく軽量化するミニベロのパーツですが、ステムだけはスルーでした。

 

black-spire-stem

Black Spireステム

 

25.4mmクランプのごっついアルミのCNC削り出しステムです。ソリッドな質感がお気にマイベストです。

 

BLACKSPIRE made in CANADAですね。ごりごりのX系のメーカー、CNC屋さんです。看板商品はチェーンリングやチェーンガイドですね。

 

 Blackspire DER Guide Chainguide

Blackspire DER Guide Chainguide

定価 11789円
割引 21%
特価 9283円

※2016/10/24 19:55:41のchainreactioncycles.comの価格

 

が、これが質感のとおりにヘビー級ステムです。ハンドル込みの実測がこんなです。

 

450g

450g

 

ハンドルはフルカーボンのライザーバーです。これは120gぐらいです。てことは、このステムはなんと330gです! 一般的なステムの倍々ゲームだあ!

 

そのためのアイテムが安カーボンパーツシリーズの続編です。フルカーボンフォーク、フルカーボンハンドル、フルカーボンシートポスト、フルカーボンサドルに続く第五弾です。

 

カーボンステム? いえいえ、ただのカーボンステムじゃありません。

 

はい、ステム一体型のハンドルバーです。

 

ステム一体型ハンドルバー

ステム一体型ハンドルバー

 

ザ・シュモクザメ! シャークナッパー! ハングリーシャークエヴォリューション!

 

ドロップハンドル型のものはちょくちょく見ますが、フラットバーハンドル型の報告はあんまり見当たりませんね。フラットーバーのが合理的ですのに。

 

突き出しは90mmで、幅は580mmです。セラーにオーダーできる最小サイズですね。3381円でした。

 

裏面にはサイコンやライト取り付け用のマウントの取り付け用の穴があります。フラットバーの表裏はぱっと見でよく分かりません。これが目安になります。

 

取り付けダボ

取り付けダボ

 

ボルトはチープです。チタン系のものに変えましょうか?

 

こっちの作りはまあOKですが、表側のクランプのところがこんなです。

 

クランプ切れ込み

クランプ切れ込み

 

オー、ジャンク! ジャンカーボン! オー、ジャンパーソン!

 

おそらく最後のカットのところでスタッフがやらかしたな~、手抜きかミスか。スマホしながらノコッった?! ノコりスマホは禁止ですよ、もう!

 

こんなあきらかテキトーはひっさびさですねー。これがかの有名なJBP、ジャンキーブランニューパーツですねー。

 

セラーの評価は好評でしたが、このアイテムがおニューみたいでした。新着順でソートして、サイズオーダーOKのを選びましたので。

 

 

もしや、オーダー系の方は固定サイズものよりざつになる? ありえます。じゃあ、新しい発見ですね。

 

まあ、3381円ですし。ドロップハンドルほどの強度は街チャリのフラットバーに不要ですし。

 

 

それより重量です。計測しましょう。

 

230g

実測230g

 

230gです。軽い! さきのごつステム+ハンドルの半分ですね。

 

表面のカーボンの地とかはきれいです。やはり、のこぎり係が最後でミスッたな! ぼくのDIYなみの斜めっぷりですわ、はは。

 

取り付けをしましょう。もとのステムとハンドルは先日からはみごちゃんです。カーボンフォークコラムのプレッシャーアンカーを外して、ステムをネジネジします。

 

ところが、クランプねじをゆるめても、すぽっとはめられません。あれえ?

 

通常の場合、カーボンパーツのクランプのところにはファイバーグリップてゆう滑り止めを塗ります。

 

 

が、これは滑り止めです。グリスみたいな潤滑剤じゃない。ステムのクランプの精度が不足だあ?!

 

不幸中の幸いははめられないことです。ゆるゆるてのは最悪ですが、きつきつはぎりぎりセーフです。削りましょう。

 

しかし、この期に紙やすりがありません。買いに行くのはめんどうだ。

 

じゃあ、ごりごりごり押しゴリラくんになりましょう、ウホウホウホー!!

 

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0

カーボン削れ

 

ウホッ!! 行けました。ぎっちぎちのみっちみちです。良い感じでアラが削れましたやん! 安パーツの精度は出てるもんやなくて、こんなふうに出すもんですわ。

 

でも、コラムのトップがステムのトップとぎりぎりフラットです。スペーサーを下から上に移動しました。

 

やばいパウダー

粒子

 

このけずれ粉はかんばしいもんじゃありません。嗅いだり舐めたりしない! まあ、メンソール味のスモ-クよりヘルシーでしょうが、ははは。

 

ぱぱっと取り付けます。楽ちんですね。仮にステムとハンドルバーのクランプのボルトのネジ径が違うと、それぞれのアーレンキーが必要になります。これはネジ2本で取り付け終了です。楽ちん!

 

ステム一体型ハンドルフロントビュー

ステム一体型ハンドルフロントビュー

 

手元からの眺めはこんなです。

 

ずれとる

ずれとる

 

シアーカッティング!

 

ハンドルバーの質感は前のカーボンライザーバーよりグッドです。

 

クランプはがっちがちです。固定は問題なしですね。中央のステム部分はかなりのげんこつ感です。へんなボルト締めのステムよりかっちかちです。

 

先代の安カーボンライザーバーもぜんぜん折れませんね~。もっと神経質なものじゃないの、カーボンて? 下り坂で急ブレーキででんぐり返りクラッシュとかしたのになあ。

 

今回のステム交換で小物はほとんどカーボンパーツになりました。1万円の予算もほぼ使い切りましたね。1kgぐらいは軽くなったかな?

 

チタンペダル以後の軽量化は

 

ペダル -200g

クイックリリース -310g

シートポスト -100g

サドル -280g

ステム -210g

 

ですか。費用は12000円になっちゃった。カーボンサドルはメインじゃないから、これのコストと軽量化は除外ですかね。じゃあ、-800g/9500円くらいですね。