中古カーボンフレーム復活作戦 よみがえれ! 1年半フル稼働のUSED品


新車のフルサスカーボンMTB Vitus Sommetが日に日に完成へ近づきます。

 

ホースを外装にする

 

パーツの大半は先代のKONA HONZOからの移植です。で、後輩の装備が刻々と充実すると、先輩の様相が徐々にみすぼらしくなります。

 

身ぐるみはがされたKONA-HONZO

 

BBがえぐりとられ、ブレーキがもがれ、ドライブトレインがうばいさられました。身ぐるみ剥がされた感がただよいます。チャリの出がらし。

 

シフトケーブル、シートクランプ、ボトルケージばかりが往時のなごりをとどめます。15万の高級フレームには見えません。

 


過酷な兼用で傷むカーボンフレーム

 

今回のフルサスバラ完でこのハードテイルのKONA HONZOはメインの座から降ります。稼働期間は1年半です。

 

走行内容はオンロード8000km、バイクパッキング5回、オフロード走行30回てところです。兼用兼用、酷使酷使、ブラックな環境、ザ・馬車馬自転車です。

 

BB周りです。ステーのガードが行方不明です。

 

いたみやすいBB周り

 

フレームの擦り傷は億千万です。

 

擦り傷はいっぱい

 

近場の野良がタイト

 

そこらの野良のオフロードに行くと、否応なく手狭な地形にでくわします。都心の近郊の低山のハイキングコースはわりにタイトです。

 

国内のオフロードの基本のシーンはこうゆう木立のシングルトラックです。これは相当の好環境です。

 

尾根のシングルトラック

 

そして、岩場の多さはあたらしい発見です。

 

毎度の岩場

 

押し担ぎ投げを駆使して、ようやく移動できます。ぜんぜん無傷で通るのは絶対にむりです。

 

おりからの二十年に一度の強烈な台風で倒木がわんさかです。こうゆうピンチではバイクをさきに放り出して、別個ですすみます。チャリをかつぐと、手を使えませんから。

 

今日のむりポタ

 

で、傷がついてしまうと、扱いはさらにラフになります。扱いがラフになると、ダメージがさらに加速します。結果、1年半でぼろぼろのフレームができあがります。

 

フレームのダメージ

 

左右のチェーンステーがもっともガリガリくんです。

 

ただし、自転車を靴て考えると、むねのいたみをやわらげられます。トレッキングシューズをオンオフで使いまわして、山登りに30回も行けば、ダメージを免れられません。

 

ダメージを気にして山道をこっそり歩くてのはおかしなはなしです。シューズはガシガシ履いてなんぼ。オフロードバイクの性質はそれに通じます。ガシガシ乗ってなんぼ。

 

この点、床の間のオブジェになるロードバイクやミニベロとは一線を画します。ピカピカのドレスシューズでなく、トレッキングシューズやワークブーツだ。道具感がひとしおです。

 

で、美観はあれですが、もとはトレイル用の29erのBOOSTフレームです。くたびれようが、いたもうが、がっしりどっしり高剛性をキープします。

 

カーボンはさびませんし、くさりません。気がかりは物理的なひびだけです。

 

感謝の水洗い

 

積年のよごれを落としましょう。ケーブルを抜いて、ヘッドパーツを外して、ドリンクホルダーを外して、出荷時の生の状態に戻します。

 

フレーム丸洗い

 

ぬるま湯と中性洗剤とブラシでクリーニングします、ごしごしごしっと。

 

ヲッシュヲッシュ

 

シャワーをぶしゃー。

 

フレーム水洗い

 

もの押し竿でしばらく干します。ヘッドチューブにもの押し竿は通ります。オーバーサイズですね。秋晴れのせんたくびよりだあ。

 

せんたくびより

 

て、実際にはヘッドチューブを下にしましょう。水がそっちから抜けます。

 

BB裏のコンディションです。

 

BB裏のいたみ

 

ここのダメージはそんなです。タイヤがボリューミーですから、ここはそんなに打ちません。ステーのダメージが大です。

 

それから、シートチューブの割りの周辺です。このひびはクランプのオーバートルクのせいですけど、ははは。

 

クラッキングの悲劇第二幕

 

このひびわれは予想より進行しなかった。うれしい誤算です。

 

再出発のガラスコーティング

 

ついでにAZのアクアシャインで簡易ガラスコーティングします。

 

AZ自転車用ガラスコーティング

 

ぶしゅぶしゅフキフキを何度かくりかえします。じゃあ、けっこうなつやが出ました。

 

ガラスコートで見違えたフレーム

 

こまかい擦り傷のごまかしにはそこそこの効果があります、このAZアクアシャイン。ロードフレームでは効果がびみょうでしたけど。

 

フレームの単品の体重を測定しましょう。なぜかこのフレームの組み立ての記事には重量計測のメモがありません。

 

1300g

 

1.3kgです。付属物はディレイラーハンガーのみです。クロモリのツーリングバイクやクロスバイクよりぜんぜん軽量です。アルミのロードレーサーフレームとどっこいですね。

 

これをベースにクロスバイク風にしあげると、かるく9kg以下にできます。

 

クロスバイク

 

ここからタイヤを40cのチューブレスにしても、ブレーキを2ピストンのかるいやつにして、シートポストをふつうのやつにすれば、よゆうで8kg前半までダイエットできましょう。

 

この特性を活かして、ぼちぼちオールロード風のツーリングチャリンコに転生させようと思います。

 

本流のクロモリのランドナーとかエントリーのオールロードとかはもっとヘビーです。10kgをこえます。

 

てかてかのランドナー

 

これに比べると、ぜいたくをゆえません。8-9kgのゆったりツーリングのべースには十分なフレームです。腐っても鯛、ぼろくてもフルカーボンフレームです。

 

ホイールの予備はありますから、追加予算3万くらいで完成車ができます。ツーリング車らしくブルホーンかバタフライハンドルを入れようかしら?