シマノ MTBコンポーネントのグレード一覧表 2019 XTR12s 始動!


あまのじゃくなSRAM派のぼくのブログではMTB記事を多めにフューチャーしますが、基本的なことを書き忘れます。

 

シマノのMTBコンポーネントのグレード表の記事がありません! 不肖です、ものすごく恐縮します。

 

 


多彩なMTBグレード

 

ロードコンポは単純です。1系統しかありません。MTBはどうでしょう? これはロードみたいに単純でなくて、AM、DHなどの用途で派生します。基本的なのは

 

  • XTR M9170 Di2 12S 2018年 NEW
  • XTR M9100 12S 2018年 NEW
  • XT M8070 Di2 11S 2015年
  • XT M8000 11S 2015年
  • SLX M7000 11S 2016年
  • Deore M6000 10S 2017年
  • ALIVIO M4000 9S 2014年
  • ACERA M3000 8S
  • ALTUS M310 8-9S
  • TOURNEY TX800 8S

 

です。XTRがついにアップデしました。シマノ初の外装12速です。そして、XTRホイールが消えました。

 

さらに下り特価のDH用に、

 

  • SAINT 10S
  • ZEE 10S

 

があって、これらは≒XT,SLXです。SAINTのペダルはおなじみです。この手のごっついバイクによく付きます。

 

コメンサルスプリーム

 

さらにさらにトレッキング用に

 

  • XTトレッキング 10S
  • LXトレッキング 10S
  • DEOREトレッキング 10S
  • ALIVIOトレッキング 9S
  • ACERAトレッキング 9S

 

などがあります。最近、DEOREの新型がアナウンスされましたね。フロントシングルの10速が基本です。ダブル、トリプルはオプションです。

 

METREAの型番はURBANのU

 

一番の売れ筋はこちらのコンフォート系でしょう。

 

  • ALFINE 8-11S(電アリ)
  • NEXUS 3-8S

 

内装三段は通学用シティチャリのマストアイテムです。

 

2016年の新作、METREA、メトレアはURBANのUです。単独ジャンルです。

 

  • METREA U5000 11S 2016年

 

ほかにはBMXのDXRやミニベロ用のCAPREO、e-bike向けのSTEPSなんかもあります。

 

  • DXR 1S
  • CAPREO 9S
  • STEPS (電動ユニット)  11S

 

カンパニョーロはロードコンポだけですが、SRAMはSRAMでまたロードとMTB別々のラインナップがどっさりあります。まじでポケモンなみの種類です。

 

→ カンパニョーロセット一覧

→ SRAM セット一覧

 

え、microSHIFT? あれはデジモンになります。FSAの無線電動コンポK-Force-WEの殴り込みで混乱に拍車が掛かります。2016年は自転車コンポ波乱イヤーです。

 

ロードは105、MTBはSLXが圧倒的に超コスパです。海外サイトの特価でそれぞれ40000円、55000円前後でグループセットをそろえられます。

 

国内のシマノパーツはふしぎなちからで横並びの高止まりです。だいたい20%オフが限界です。うーん、ミステリアスファンタジー。

 

フロントシングルのSLXなんかはめっちゃ便利ですよ~。街乗りディスククロスから全天型アーバンコミューター、オフロードまでぜんぜんカバーできます。MTBの105だ。

 


Shimano SLX 1×11 Complete Groupset

定価 90287円
割引 51%
特価 44519円

※2017/04/28 04:44:18のの価格