副業デビューはUber Eats で!

格安ドロッパーポスト 1万円以下で買えるもの

最近のマウンバイクの必須アイテムがドロッパーポストです。サドル高をリモートで調整できる優れものです。

THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し
THOMSONドロッパーのサドル側のワイヤー取り回し

・・・と知った風にほざきましたが、ぼくもついこの間までドロッパーポストの機能をちゃんと知らなかった。思い込みでただの高級サスペンションポストにしか見えなかった。

ドロッパーポスト?

トリガー&加重でポストが沈んで、トリガー&開放でスプリングがサドルを上まで押し上げる。つまり、事務イスの上げ下げ調整みたいなシステムです。

実際、ドロッパーポストの発明者である台湾KINDSHOCK社長の許榮裕氏は事務イスにヒントを得て、プロトタイプを作りました。

高級なものは無段階トラベルで、低級のものは固定トラベル。油圧、エア、スプリングコイル、カシマコート等々で重量と耐久と値段が変わります。

ポストメーカー系とショックメーカー系のものに大別されます

だいたいこんな認識です。本来の用途はハードなMTB用ですが、街乗りにも効果的なアイテムです。

走行時に高ポジ、停車時に低ポジに切り替えれば、ストップ&ゴーの足つきの悪さを解消できます。停車時のつま先立ちはまあまあしんどいものです

一番人気はThomsonのモデルです。確かに機能的にもデザイン的にもパーフェクトです。薄いゴールドのカシマコートが見栄えします。しかし、値段が脅威の40000円! ちょっと手が出ません。

価格的にロックショックスのリバーブくらいがベストです。でも、こっちには27.2mmのラインナップがありません。FOXのもそうです。

ドロッパーはもともとMTB用ですから、30.9mm 31.6mmがメインで、27.2mmはマイナーです。

ほかにはX-fusion HILOとかGIANTのドロッパーポストとかがちらほら出ます。でも、27.2mmがなかったり、在庫がなかったり。

ebayで買える10000円前後の安ドロッパー

例のごとくこの手のキワモノパーツは海外サイト頼みになります。AliExpressよりebayが活況です。『27.2 dropper seatpost』とかの検索で一番に来るのがこいつです。

8000円~10000円です。なぜかイスラエルからの出品が目立ちますが、TMARSは台湾メーカーです。国内アマゾンでは平行輸入品20000円~のぼったくり価格です。

トムソンやFOXの高級モデルみたいな無段階調節は無理ですが、3段階調節で重量は軽めです。ネックは蛇腹のカバーですか。これは第一候補です。

次がKind ShockのEXAです。

うちのメインチャリのリアショックはKS Exaで、なじみがあります。デザインがちょっと地味です。

そして、なぜかこれは意外にもヨドバシカメラで取り扱いがあります。値段は10000円ちょい。受け取りの楽さとポイント還元を考えると、ヨドバシ梅田で取り寄せするのはありです。

ただし、こいつは基本的にサスペンションポストです。リモート機構がありません。

最後にTMARSとそっくりなAMAINTのシートポストを見つけました。

New Circus Monkey / Amaint Dropper Seatpost Seat Post 27.2 x 400mm
New Circus Monkey / Amaint Dropper Seatpost Seat Post 27.2 x 400mm

Circus Monkey=Amaint=台湾のFAXSONの系列です。ミニベロホイール通販で有名なギアステーションでなじみのメーカーです。

どれも送料無料です。性能はどっこいどっこいでしょう。値段でTMARSですかね。

ThomsonがCRCかWiggleでなにかの拍子で4万を切れば、ちょっと食指が動きます。

もし、高級なドロッパーを買うなら、クランプのクイックを固定的にしましょう。