副業デビューはUber Eats で!

コラムスペーサーをアルミパイプで自作する ミニベロのフォーク改造に

メインミニベロの初期のカスタマイズのはなしです。軽量化の一環でBD1タイプの折り畳み機能付きの重いサスフォーク&ステムから軽量なリジッドフォークへの交換を思いつきました。

で、AliExpressで買ったのがミニベロ用・小径車用の中華カーボンフォークでした。アリエクスプレスの注文はお初でしたが、購入や発送はスムーズでしたし、商品はまあまあの品質でした。

小径車用カーボンフォーク
小径車用カーボンフォーク

ところが、フレームへの取り付けの際に問題が発生します。フォークのコラム長はデフォルトでジャストポジションでした。カーボンを金のこでぎこぎこするのは不安ですから、これは大助かりです。

また、このカスタムの過程でヘッドセットの交換や下玉押しの圧入をしましたが、事前の予想よりすんなりうまくできました。ノミとハンマーで強引に外して、体重で適当に圧入しちゃいましたが、はは。

トラブルは意外なところから出ました。スペーサーです。ココです。

バーディーステ管
バーディーステ管

トップチューブのヘッドセットの上ワンからステムまでが20cmです。これはもうあそびの調整とかのレベルじゃありません。このスペースを埋めるには厚めの2cmのスペーサーが10個ほど必要です。

だるまおとしみたいに不恰好になるのは明らかです。しかも、人目に触れる真正面です。そんなチャリはいやだ!

そんなわけで適当なスペーサーを探しますが、「ロングスペーサー」と検索しても、5cm前後のしか見つけられません。

5cmは普通のフレームにはロングでしょう。しかし、うちのミニベロのコラムにはベリーショートです。もうこれをだんだんだんと噛ませて、カーボンシートを張って、切れ目を隠そうか?

カンザキ伊丹のブログにスペーサーの記事が!

そんなときです。長いスペーサーの在庫情報を発見しました。しかも、まあまあ近場のカンザキ伊丹のブログで。

とっさに問い合わせをしました。

『あー、あれですか。ぜんぜん入りませんねー。入荷未定ですわ』

オーマイゴッド! 計画が白紙になりました。

痺れを切らしたぼくはフォークをリュックに入れて、ホームセンターに向かいました。筒状のものを手当たり次第に調べて、最終的にこいつを選びました。

塩ビパイプ
塩ビパイプ

はい、スイドウ用の塩ビパイプです。内径が30mmのものです。下玉押しの圧入の自作工具でおなじみのやつです。スペーサーの前例は見ません。ぼくが一例目でしょうか。

さて、一般的なフォークのOS、オーバーサイズのコラムの直径は28.6mmです。内径30mm塩ビ管とのクリアランスは最大1.4mmになります。理想は1mm以下ですから、こいつはややルーズです。

とりあえず、のこぎりで塩ビパイプを23cmに切って、フォークのコラムに通します。念のためにステムの上下に普通のアルミスペーサーを挟み込みました。

ヘッドキャップの受けはスターファングルナットでなく、プレッシャーアンカーです。ヒラメでもベネフィットでもなく、KCNCのやつです。

KCNCプレッシャーアンカー
KCNCプレッシャーアンカー

ちなみに外国ストアで検索をかけるなら、「Key expander」でサーチしましょう。このパーツはほんまに呼び名がまちまちです。

さて、これで一応のハンドリングは可能です。ざっと一回りして、立ちこぎしたり、坂でハンドルに体重をかけたり、激しくストップ&ゴーしたりしました。

1.4mmのクリアランスのせいで横のがたはちょいちょい出ますが、縦のがたは出ません。ステムの固定と玉押しの加圧の点はぜんぜんクリアーです。

正直、拍子抜けしました。まあ、樹脂のスペーサーはありますしね。塩ビも樹脂もどっこいどっこいでしょう。

しかも、このスイドウ印のスペーサーがそんなに気付かれません。一般人はよそのチャリごときに無興味です。それが普通でしょう。

でも、やっぱり、見た目があんまりのあんまりです。どうにかしようと思い立って、カスタマイズ系のブログをつぶさに調べました。

パイプはパイプですが、アルミパイプの自作スペーサーの記事です。Alloy6063のパイプをカットして、スペーサーを作ります。素材は通常の自転車パーツと変わりません。これや!

今度こそアルミパイプでロングスペーサーを自作

これをありがたく拝見して、ホームセンターに行きました。しかし、コーナンにもダイキにもアルミのパイプはありません。

スチールのものは豊富にあります。でも、スチールは重くなる。素直にネットで発注しました。

32φ=外径32mmです。1.5はパイプの厚みです。つまり、32-1.5*2=29mmの内径になります。

オーバーサイズのフォークコラム径は28.6mm、クリアランスは最大0.4mm、おお、ようやく誤差の範囲です。

パイプは工作用で、カラーはアルミ地のまま、いわゆるrawです。チャリンコのフレームはマットシルバーですから、塩ビパイプみたいな異常なミスマッチコントラストはありません。

で、これが現状です。

自作スペーサー
自作スペーサー

ウレタン用のカラースプレーで黒にぬりました。マットブラックで純正品みたいです。まんぞく! 上のところの剥離は転倒のたまものです。固着は完全じゃなかったぁ!

凝り性の人はここからステッカーしたり、クリアがけしたり、もっとカスタムで遊べますよ。

素材のパイプのサイズはこれです。

カッターを買うと、幸せハッピーになれます。金のこでまっすぐ切るのはたいへんです。

ちなみにダイソーのやつは足りません。あれは最大28mmまでです。

ダイソー新大阪2階工具コーナーのパイプカッター
ダイソー新大阪2階工具コーナーのパイプカッター

後日、中華ストアでカーボンスペーサーを入手しました。が、重さがわりとあります。100g/25cmです。

カーボンロングコラムスペーサー
カーボンロングコラムスペーサー

これならアルミパイプスペーサーで良かったかも・・・