MTBステム交換 自分史上最短の35mmのショートステムにしてみた

ステムのつづりは”stem”です。本来の意味は幹や茎ですね。自転車パーツのステムはハンドルとフォークの連結部品です。

 

このサンプルイメージを見ると、本来の意味を理解できましょう。

 

ステム

ステム

 

ちなみに中国語ではステムは『龍頭』や『龍頭立管』です。中華のこうゆう当て字のセンスはきらいじゃありません。花鼓=ハブ、牛角=ハンドルもおつです。

 

B4C的ステム考

 

もともとぼくはスポーティな前掲姿勢を好みませんし、腕の短さをよく自覚しますから、自転車のジャンルを問わず、長いステムを使いません。

 

ロード用の100mmクラスのものは完全にNGです。クロスバイクの60-80mmのものさえがぎりアウトです。前傾で左肩にいやな痛みが出ます。

 

体重を掛けずとも、前傾姿勢を取ると、けんちょにこの不具合に悩まされます。フォーマルなロードの下ハンのタイムリミットは15分です。ブラケットが30分だ。

 

また、重いリュックを長く背負っても、左肩の痛みに悩まされます。ここがぼくのウィークポイントです。

 

ステムの上限は50mm

 

で、この個人的な事情を認識してから、短いステムしか使いません。サイズの上限は50mmです。+ライザーバーを使えば、いやな肩の痛みを緩和できます。

 

お買い物号の手元もこの組み合わせです。ライザーバー+ショートステムです。

 

乗車からのカーボンハンドル

乗車からのカーボンハンドル

 

さらに自転車シーンがオフロード寄りに傾き始めますと、ステムはどんどん短くなり、ハンドルはどんどん広くなります。

 

THOMSON ELITE X4 正面

THOMSON ELITE X4 正面

 

レギュラーのステムは二つです。このThomson Elite X4とFireeye Talonです。

 

Fireeye ステム

Fireeye ステム

 

Thomsonのやつは50mmのセミショートです。シンプルな外見は車種を選びません。フラットバーロード、クロス、ミニベロ、ピストなんかに合います。

 

Fireeyeのは40mmのショートサイズです。ライム色は若気のいたりです。2017-2018シーズンのマイブームがライムグリーンでした。

 

デザインは完全にオフロード系ですし、差し色が人と車種を選びます。剛性、質感、かるさはGOODです。でも、ぼくのなかの緑色ブームは終わってしまった・・・

 

で、この二つを気分と状況でかわりばんこに付け替えて、ショートステムライフにはげみます。

 

が、たまたま年末オーバーホールで黒のThomsonがフラットバーロードに持っていかれました。

 

クリアアウターケーブル 

クリアアウターケーブル

 

このマットシルバーの車体のカラリングにてかてかのライム色は浮きますし。

 

結果、FireeyeがしばらくMTBの手元をかざりました。

 

ゆるがたなし

ゆるがたなし

 

はい、わるくありません。ソリッドなデザインはENDUROモデルのVitusとマッチします。でも、マットブラックxホワイトのレイアウトにはライム色が合わない!

 

てことで、てごろな新ステムを調達しました。

 

Nukeproof-Neutronステム

Nukeproof-Neutronステム

 

詳しい人は原子力のハザードマークでモデルを言い当てられましょう。これはNukeproofのアイコンです。

 

Nukeproofはもともと小規模なクラフト系メーカーでしたが、MTB衰退の影響で表舞台から遠ざかります。

 

その後、英国の自転車通販大手のChain Reaction Cyclesの傘下で復活して、ENDUROのチャンピオンバイクに上り詰めます。

 

で、Nukeproofの取り扱いはCRCのみです。そのうえ、車体のVitusもCRC=Wiggleの専売ブランドです。海外通販の申し子のような組み合わせではありませんか。

 

ぼく史上最短35mm

 

今回のチョイスのポイントはデザインとサイズです。白黒デザインは現在の愛機のレイアウトと完全にマッチします。

 

クランクも白黒、ブレーキも白黒です。

 

8mmアーレンで固定

8mmアーレンで固定

 

HOPE-E4キャリパー

HOPE-E4キャリパー

 

ライム色の付け入る余地はありません。

 

二つ目のポイントがサイズです。ぼく史上最短の35mmサイズを買いました。

 

35mm

35mm

 

現代の自転車トレンドでは50mmはロング、40mmはふつう、35mmはショートです。

 

ショートステム化の流れはさらにとどまらず、25mmモデルがふつうに出回ります。短く太くがジャスティス!

 

いつかハンドル径35mm化、ハンドル幅80cm化、ステムのダイレクトマウント化をしようと思います。必然的にピュアDHモデルが浮かび上がりますが、ははは。

 

新旧ステムの比較です。

 

ステム比較

ステム比較

 

Neutronステムのがあきらかに幅広です。より下り系のエッセンスがつまります。質感はFireeyeです。まあ、もとの値段がちがいますから。

 

NukeのNeutronシリーズはわりに良心的でシンプルなラインナップです。とくにフラットペダルは非常に好評ですね。ぼくも悩みました。

 

剛性UP!

 

さくって取り付けました。

 

ステム取り付け

ステム取り付け

 

フレームはVitus、ブレーキはHOPE、ハンドルはBrand-X、そして、ステムはNukeproofです。CRCオールスターバイクだ!

 

で、-5mmのショート化もクランプの幅広化も1stインプレでは好印象です。ことさらに幅広化です。剛性感がはっきり上がりました。

 

やっぱし、太く短くがぼく的にはジャスティスです。

 

ステム交換の動画です。撮影の画調設定をミスって、へんな諧調の動画を作ってしまいました、あしからず。