ワイズロードで大セール中!

ミニベロホイール406から451にインチアップするときの注意点

現在のチャリンコ事情でミニベロ・折りたたみ自転車の一般的なホイールサイズは20インチです。そのほかのサイズは特殊です。

16インチ=ブロンプトン

18インチ=BIRDY、タルタルーガ

24インチ=TERN Eclipse、GIANT MR4

とかです。22インチはジュニア用です。21や23はない。24の次の26インチは二昔前のMTBの標準サイズです。これはもうミニベロじゃありません。

2015年以降に14インチがじわりと来ます。車載用、輪行用ですね。

20インチの406と451

ミニベロホイールの難点は20インチのなかに大きい20インチと小さい20インチがあることです。406と451。この二つのサイズは共に20インチのホイールです。はあ?

406や451は自転車業界用語でETRTOといいます。The European Tyre and Rim Technical Organisation(ヨーロッパタイヤリム技術協会)の頭文字の略称です。

ロードバイクのホイールはETRTO622、26インチMTBのホイールはETRTO559です。

ETRTOの単位はおなじみのmmです。

でも、

1インチ=2.54cm=254mm

254mm*20インチ=5080mm=50.8cm

なんで20インチがETRTO508じゃないの?

はい、このETRTOの数値はホイールの金属のわっか部分、リムの直径(厳密にはタイヤがはまる中溝のところの直径)です。

で、俗にいう20インチはタイヤの大外の直径です。20インチの内訳はそれぞれ、

  • ETRTO451のホイール+1 1/8インチのタイヤ=50.8cm=20インチ
  • ETRTO406のホイール+2インチのタイヤ=50.7cm=20インチ

てゆう具合です。必然的に451のタイヤは細めに、406のタイヤは太めになります。計算式の1 1/8と2インチはそれぞれのホイールサイズのメジャーな一例です。

つまり、ミニベロのインチアップというのはホイールを大きくして、タイヤを細くすることです。

同じ『20インチ』でもホイールとタイヤの内訳が違います。はて、これでどんな違いが生まれるか?

ミニベロインチアップの意味

インチアップ=細タイヤ化のいちばんのメリットは足回りの向上です。1.5インチや2インチは1インチや1 1/8インチとは別物です。

デメリットは快適度ダウンです。路面のでこぼこがダイレクトに来ます。かように乗り味の軽さと快適さは反比例します。

ぼくはこの理屈を知らずに406から451ホイールにインチアップして、細タイヤの使い勝手の悪さにギブアップしました。

反動で2インチくらいのタイヤを付けたる! てヤケを起こしても、上記のような発想のために451ホイールの太めのタイヤが市場にありません。

現時点で気軽に買える最太の451は1 3/8です。TIOGA COMPIII、BMXレース用のごつごつパターンのタイヤです。

タイヤの大外の直径はほぼ52cm、インチ換算でざっと20.5です。足回りは重くなりますが、防御力はぐっと上がります。

これでデス歩道の段差、ダーク排水溝の蓋、エビル路面のつぎはぎ、ジェノサイド線路のレールからなるオンロード悪路四天王の攻撃をらくらくしのげます。

反対にETRTO451の最細の7/8タイヤはロードバイクの23cと同等の幅です。ラフにだーっと走れません。くだんの四天王が強力に立ちはだかります。

そして、451タイヤの種類が406タイヤみたいに豊富じゃありません。ミニベロの主流はながらく406でした。各ブランドからいろんなタイプの商品が出ます。

451タイヤは後発です。さらにミニベロタイヤの優先順位はロードの700cタイヤやオフロードの26、275、29タイヤより劣ります。タイヤメーカーのメイン商材じゃない。

てことで、451タイヤのモデルは固定的です。パナレーサー、シュワルベが二強です。

406と451ホイールの長所と短所

406の長所はホイールとタイヤの選択肢の多さです。短所はとくにありません。

451の長所は速度アップです。短所はホイールとタイヤの選択肢の少なさです。

単純な走行性能は451ですが、カスタマイズのバリエーションやパーツの入手のしやすさ、そのほかの総合的な点数は406です。

実際、ぼくは406ホイールの1.5タイヤから451ホイールの7/8に変えましたけど、そんなに感動しませんね~、とほほ。

瞬間、足回りの軽さにおっと色めき立ちますが、ノイズの増加にうっと戸惑っちゃいます。差し引きゼロじゃないかあ?!

なので、無理なインチアップより同サイズで軽量化する、回るようにする、かっこよくするようなホイールチェンジがおすすめです。

リアホイールだけふんぱつするのもありです。

細タイヤ泣かせのグレーチング

ぼくのミニベロ環境を見渡しましょう。大阪市内のチャリダーの天敵はこいつです。

大阪市内道路排水溝蓋

大阪市内道路排水溝蓋

排水講の蓋(グレーチング)の隙間です。前のパナレーサーのミニッツ系の7/8タイヤは鉄格子の隙間によくはまりました。

自動車に右から追越しをされると、ひょえーと左寄りになって、路肩の白線ゾーンに入っちゃって、この排水講の隙間に洗礼を浴びます。

この市のシンボルマーク入りの太い格子のごっついタイプは御堂筋、堺筋、四ツ橋筋、そのほかの主要な道路の脇にわんさか出て来ます。しかも、九割がたの格子の縦溝が進行方向と平行になってます。

うちの28cのタイヤと隙間はこんなです。

鉄格子の隙間とタイヤ28c

鉄格子の隙間とタイヤ28c

ぎりセーフです。定規でちょっと測ってみます。

蓋隙間27mm

蓋隙間27mm

目盛りが見えにくいですが、きっちり27mmです。そら、25cや23cのロードタイヤは足を取られますわな。

28cはとくに問題なくがりがり行けます。KENDAの1インチやパナのミニッツ系の7/8はうえーんです。

市内の蓋はのきなみ同じ規格のものですが、経年や通行量で多少の差はできます。今回の計測では平均値はだいたい26mmになりました。

ということで大阪市内チャリダーは気楽にざーっと走るなら、28c以上のタイヤを履きましょう。

ついでにこちらの蓋を計測しましょう。細い格子のタイプです。これは市販流通品です。駐車場の入り口に良くあります。

蓋ほそいやつ

蓋ほそいやつ

きっちり24mmです。しかも、隙間が縦長です。23cロードタイヤは格好の餌食です。

市内の細タイヤチャリダーさんは注意してくださいね~。

「しゃーない。歩道を走るわ」

そんな方に耳寄りなニュースです。大阪市に抜かりはありません。

歩道にもあるで! 新大阪区付近

歩道にもあるで! 新大阪区付近

オーマイガー!

最軽量はパナレーサーのタイヤとチューブのセット

目下の451の最軽量の組み合わせはパナレーサーとタイヤとチューブのセットです。通称、パナパナセットです。

軽量化のための悪魔の実です。

耐久性を重視するなら、ミニッツタフを使いましょう。ぼく的にはこっちのがおすすめです。

★menuで1500円分のクーポンプレゼント!★

日本発のフードデリバリーアプリ、「menu」がキャンペーンで1500円分のクーポンを配布中です。

普通に登録してもクーポンを貰えませんが、うちの紹介コード[ 36801 ]を入力すると、750円x2のクーポンを貰えます。menu passの無料期間と組み合わせて、お試しください。

使い方:インストール→アプリ起動→マイページ→クーポンコード入力

★Uber Eats地域限定キャッシュバック!★

Uber Eatsの配達パートナー紹介キャンペーンが限定的に復活しました。

今回の対象エリアは埼玉県の熊谷市、東松山市、本庄市、兵庫県の明石市、神戸市垂水区、加古川市です。

この他のエリアの方はキャッシュバックの対象外となります。ご了承ください。

当サイトから申し込みして、登録&初回配達完了した方には1万円を還元します。

招待コードをご希望の方は以下のフォームから申し込んでください。詳しい登録方法&1万円コード付きメールをお送りします。

ミニベロ・折り畳み
シェア大歓迎!
B4C