副業デビューはUber Eats で!

ミニベロホイール 20インチの主要サイズ406と451のおすすめ10選

ホイールのインチアップはミニベロカスタムのだいごみです。BD1のような18インチは20インチへ、20インチの定番ETRTO406はひとまわり大きいETRTO451へ。

ちなみにこのETRTOてのはホイールの外側のわっか=リムの直径サイズのことです。正確にはタイヤの内側の縁=ビードがはまるところのくぼみからくぼみの距離です。

3人乗りの電動アシストのホイールなんかが20インチの406です。ふつうの26インチとかを使うと、車高が上がって、足付きと安定度が悪くなります。ホイールを小さくすると、重心を低く出来るので、安定感を出せます。

ETRTO451の一つ上が456です。これは22インチで、ミニベロ用でなく、キッズ用、ジュニア用、一部のママチャリ用です。基本的にミニベロホイールは451までのものです。

ホイールサイズのETRTO451と406のちがいやそれぞれのメリットのことはこちらの別記事にくわしくあります→ミニベロカスタム 20インチホイールの規格とインチアップの注意点

実際に新しいホイールを買うとして、はて、どれを選びましょう? この機にネットで買えるものをずらずらっとピックアップします。

アマゾンがミニベロホイールのメインストア

ミニベロホイールのメインストアはアマゾンです。ミニベロ専門店のロロとかは別ですが、ふつうのプロショップの店頭にミニベロホイールはあんましありません。ワイズロード大阪に2、3個とかです。

ついでに欧米系の海外通販サイトにはミニベロホイールの単品売りは全くありません。台湾のサイクリングエクスプレスがなんとかして~。

で、アマゾンです。フォームから「451ホイール」で検索します。そのあとで左のメニューから「20インチ」のボタンをクリックしましょう。これでフィルターは完璧です。

まず、目につくのはGIROてショップの手組みホイールです。ここはスポチャリ専門店サイクルハウスGIROて千葉のプロショップのアマゾンストアです。

こちらはシマノのロードエントリークラスの105ハブとALEX RIMSの451のセットで8-11SまでOKです。価格は29897円と、まずまずのお値段です。

GIROの手組みの406の451のホイールは全般的にこんなです。性能と価格のバランスがばっちしです。

ただし、シマノハブとALEX RIMSのセットは見た目的にはかばかしくありません。LXやDEOREのディスクブレーキ用のホイールもありますが、リムはことごとくALEX RIMSで、レイアウトは32本です。

このおかげで本質的なやぼったさが日に日にじわじわ来ます。「日ごろの足」には最高ですが、ドレス感が物足りません。ミズノのウォーキングシューズ的な感じですか、コンバースとかニューバランスじゃない。

もうすこしお安くてカジュアルなのは完組みのこいつです。

BLUETEC、NOVATECとかのTEC系ハブとALEX RIMSのリムセットです。

ハブのカラバリエが赤とかホワイトとかあって、シマノよりポップです。しかし、ラチェット音が爆音系になって、好みが分かれます。

商店街とかで降りて押して歩くときにそこはかとなく気後れします、カリカリカリカリて。みんなが何事かと振り向きます。

ぼくは三宮の商店街でやって、気恥ずかしくなりました。シャイボーイ、シャイガールはやめましょう。

でも、2、3万のホイールのハブはTEC系のオンパレードです。台湾、中国の中堅OEMメーカーの工場組みのものが基本です。Choosen、Novatecのハブはノイジーです。

静か系のはシマノやアメクラです。で、アメクラ系の代表はDAHONの純正オプションのホイールです。

フロントが2万、リアが3万です。まあまあの高級品です。

見た目はご覧のとおりのクールビューティ、アメクラハブはサイレント&スムーズです。シマノほどに野暮ったくない。

ぼくはアマゾンで取り寄せて、一日だけ組み付けて、さらっと試走しました。じつによく回る優秀なホイールです。

ただ、アマゾンには406しかありません。インチアップできないので、返品しました。こんなときのアマゾン返品サービスは便利です。

こちらはTERNのKinetix proです。

DAHON PROとのちがいはステッカーだけです? てくらいのそっくりさんです。中身はほぼイーブンでしょうよ。

DAHONとTERNの純正品やオプション品の注意点はフロントホイールの幅です。もれなく専用設計の74mmタイプになります。

この二社のものをそのほかのメーカーの一般的なフロントフォーク、100mm幅ものに付けるにはアダプターが必要です。2000円くらいです。メジャーなアダプターです。

次は太めリム幅のA-CLASS FOLEXです。

ノーマル版は32400円、上位モデルは倍々ゲームの6万オーバーです。リム幅が太めです。シュワルベマラソン1.5みたいな耐久タイヤにベストなホイールです。

中華カーボンよりどりみどり、AliExpress

海外通販余裕ですわ、て人はAliExpressやebayを探しましょう。よりお買い得にミニベロホイールを買えます。

AMAINTより少し重くてかなり安いのがLITEPROのホイールです。1200gのホイールセットがフリーシッピングで197ドルです。LITEPROはアジア圏ではまあまあ有名な軽量パーツメーカーです。

ほかに、

台湾Macheteのどこかで見たようなレイアウトのディスク用451ホイール

見た目のインパクトはHEDのホイールに劣らないJAVA DECA451

とかが目に付きます。

このあたりの2-3万の価格帯のホイールは全般的にTEC系ハブで爆音ラチェット系になります。回転性能はにたりよったりです。リムとスポークレイアウトでチョイスしましょう。

これよりうえの高級5万以上のホイールは全般的にカーボン系になります。でも、ミニベロカーボンホイールはロードほどにスペシャルじゃありません。軽さはアルミの軽量のものとそんなに変わりません。

総括を

  • 堅実&11S=GIROの手組み
  • 手ごろ=LITEPRO,BLUETEC
  • カラバリ、オプション=ギアステFAXONセミオーダー
  • 見た目=AliExpressでクレイジーなぶつを物色する
  • 金持ち=HED,Rolf PRIMA などなど

ちなみにうちのミニベロのホイールはDATIディスクハブ KINLINリムの451て超マイナーな仕様です。

DATI KINLIN ETRTO451 ディスクブレーキホイール
DATI KINLIN ETRTO451 ディスクブレーキホイール

実測はペア1150gで、ラチェットはわりに静かめです。ディスクブレーキ台座つきでこの重さは最軽量クラスです。ものは20000円くらいです。TAOBAOで買えます。機械翻訳中国語でがんばりました、はは。

最終的にXDドライバーを調達して、e*thirteen TRS Plusのスプロケットを装着して、カプレオなしで9-44Tの11速ホイールにしちゃいました。

9Tギアセット完了
9Tギアセット完了

3万以下の新作韋駄天

最近、アマゾンのミニベロホイールにニューカマーがきました。PARALLEL RACE、韋駄天てメーカーです。

テック系のハブ、1kgちょいの軽量級、お値段3万円アンダー、406、451、フロント74mm幅ありetc…と、ミニベロカスタム需要にがつんと応えるかのようなホイールです。

韋駄天の406サイズの方にレビューがあります。なかなかよさ気ですよ。黒があればな~。今後のラインナップに期待しましょう。

てなふうにミニベロホイールのゲット方法は2、3年前より圧倒的にイージーになりました。むしろ、完成車の451はミニベロの新スタンダードです。

でも、GIROのデュラハブの手組みは気になるなあ~。