ルノーミラクルライト 6.7kg!でプロのロードを超えた奇跡の折り畳み

最近のミニベロ、折り畳み小径車のトレンドは『14インチ』です。一昔前のミニベロロード、451ホイールはロードブームのピークとともに下火になって、この新しい潮流が小径車におとずれます。

 

ブームの火付け役がルノーウルトラライトシリーズです。

 

 

タイトルのつけ方がちょっと前のラノベみたいです。販売元のGICの自負がしれます。

 

ルノーライト=GICの企画バイク

 

ルノーはフランスの自動車屋です。同国のプジョーはもともと自転車さんでしたし、二昔前まで本格ロードレーサーをばりばり作りましたけど、ルノーはふつうのクルマ屋さんです。

 

で、国内のルノー印の自転車はライセンス品です。大阪の住之江のGICが販売元です。ここはハマー、シボレー、マセラッティなどのそうそうたるライセンスを抱えます。

 

ドンキのハマー

ドンキのハマー

 

で、このGICのヒット商品がルノーウルトラライトです。14インチの超コンパクトバイクがミニベロロードのあとの小径トレンドをひっぱります。

 

14インチは昔からある

 

といって、超コンパクト折り畳み、14インチ小径車はルノーとGICの専売特許じゃありません。このタイプは昔からあります。本家の中華のコードネームはBYA412です。

 

このタイプが地域や販売元で別個のロゴやカラーやネームをもらって、DAHON DOVEやFIATやルノーウルトラライトになります。

 

ちなみにFIATの14インチの販売元はGICでした。現在のGICのブランドリストにFIATはありません。つまり、これのライセンス切れがルノーウルトラライトの大ヒットのきっかけです、きっと。

 

たまたまセカンドストリートのスポーツコーナーにそのFIATの14インチ折り畳みがありました。シートチューブの金色のシールに”DAHON2の文字がしかと見えます。

 

FIAT 14インチ折り畳み by DAHON

FIAT 14インチ折り畳み by DAHON

 

トレンド、ブーム、流行はいきおいとふんいきです。FIATは時代の風に乗れなかったが、ルノーはそれに乗れた。いまや本家DAHONのDOVEをぬいて、14インチの王にくんりんします。

 

ルノーライトは進化する

 

実質的にルノーウルトラライトシリーズはGICのフラッグシップ、看板商品です。

 

GICのオフィシャルサイトのメニューのトップの先頭が”RENAULT”です。で、ほかブランドはじっぱひとからげの一括表示で、ルノーだけは別ページです。あつかいが破格です。

 

そして、このシリーズだけが13のモデルを抱えます。次点がハマーの11モデルです。ローバーは2モデルしかない。

 

かりにルノーウルトラライトをシトロエンウルトライトにすると、かくじつに売り上げをへらせましょう。ルノーウルトラライトはもうりっぱなブランドです。

 

で、販売側の熱意はヒット作、注目作に向かいます。ルノーウルトラライトは毎年のようにモデルチェンジをくりかえします。

 

この数年の変容はこんなです。

 

  • ルノーウルトラライト
  • ルノーマグネシウム
  • ルノープラチナライト
  • ルノーカーボン
  • ルノーチタン

 

本来のユーザー、素材マニア、軽量化狂、いずれがルノーの射程内にはいります。電動ルノーライトがくるのは時間の問題です。「10kg以下にできんか~」て会議が目に浮かびます、ははは

 

ついにプロのロード越え!

 

2018モデルのプラチナライト6が6.8kgをたたき出しまして、マグネシウム6のせつじょくをはらしました。マグネシウム6は設計見直しで7kg台に増量しちゃいましたから。モデル名の6が泣きます。

 

また、この6.8kgて数値は自転車界では特別な意味を持ちます。世界の自転車競技を統括するのは国際自転車競技連合、UCIです。ここがロードバイクの公式レースの車体重量を6.8kgに規定します。

 

「ルノープラチナライト6はプロのロードバイクにならんだ!」

 

はい、キャッチーです。そして、チャリ好きは車体重量にはびんかんです。この数値をつきつけられると、まじですかて注目せざるをえません。

 

で、やっぱし、GICの自信と自負は商品タイトルにあらわれます。

 

 

ぞくに公式が病気です、ははは。きもちはわかります。「うちのルノーちゃんを見たって下さい、すごいでしょう、ほんまにええ子ですよ」てなもんです。でも、さすがに冗長だあ!

 

このプラチナライトの軽量化は最強クラスです。パーツ各位はすでに最軽量です。これをさらにかるくするのは相当な軽量化マニアです。カーボンサドルとか細タイヤとかですね。

 

ルノーの進化はここまででしょうか? 否! イケイケのGICに不可能はありません。

 

 

はい、奇跡が起きました。ミラクルです。6.7kgです。真空蒸着メッキです。住之江の輸入屋がついに銀河連邦警察のテクノロジーと提携しました。

 

そして、キービジュアルからつたわるクランクとチェーンリングとVブレーキのヤバさです。LITEPROだあ? これはOEM系の軽量パーツ屋です。GICには軽量カスタム狂がいます、きっと。

 

LITEPRO ハンドルポジションチェンジャー

LITEPRO ハンドルポジションチェンジャー

 

海外通販込みの超軽量カスタマイズを14インチにほどこそうとすれば、こうゆう結論をだせましょう。ぼくもこうします。手間が省けた。スバラシイ!

 

そして、タイトルがてきせつな文字数に改定されました。これこそはルノーの奇跡、ミラクルライトです。

 

『蒸着』でファンのこころをがっちりつかめるとの判断でしょう。塗装もカラリングもどことなくメタルヒーローぽいです。はっきり申しましょう。シャイダーや! シャイダー!

 

見た目と重量以外のポイントは折り畳み寸法です。GICのルノーのカタログの三辺寸法はこんなです。

 

  • ミラクル:670 ×560×340mm=127568立方センチメートル
  • プラチナ:650 ×560×380mm=138320立方センチメートル

 

ミラクルのがスマートです。あつみがへります。電車内の通路に置くことを見越した改変でしょう。

 

うーん、重量はあれですけど、このカラーと用途が個人的にツボです。ほんとにタイミングで買ってしまいかねません。前にルノープラチナムとDAHON DOVE PLUSでまよいましたし。

 

完全に一致。