MTBの12速チェーンの交換 SRAM GX EAGLEからKMC X12へ

うちのマウンテンバイクの変速システムは1×12です。読みは『ワンバイトゥウェルヴ』です。え、『いちかけるじゅうに』て呼んだ? ホワイ・ジャパニーズ・ピーポー?!

 

大活躍のEAGLE カセットの50Tローギア

大活躍のEAGLE カセットの50Tローギア

はい、アメリカのSRAM社のGX EAGLEシリーズのグループセットです。ミドルグレードの12速セットですね。1×12システムのスマッシュヒットです。

 

12速のSRAM EAGLEシリーズのデビューが2016年です。もちろん、商品はハイグレードから順に展開します。レースモデルのXX1やX1はファンタジックプライスです。

 

で、翌年、翌々年には12速が普及しまして、このGX EAGLEや旧式のHGフリーボディに付けられるNX EAGLEが世に出ます。12速はすでに特別なものじゃありません。

 

8か月でそろそろチェーンが・・・

 

ぼくはこのGX EAGLEセットを2018年7月に取り寄せまして、先代のKONA HONZOにインストしました。

 

これが直後の雄姿です。

 

KONA HONZO CR DL GX EAGLE 12s

KONA HONZO CR DL GX EAGLE 12s

 

その後、フルサスフレームのVitus Sommetを買って、こっちに部品をごそって移植します。現在のメインバイクですね。

 

vitus-sommet-crx-29er

vitus-sommet-crx-29er

 

必然的にHONZOは身ぐるみはがされモードです、出がらし。

 

身ぐるみはがされたKONA-HONZO

身ぐるみはがされたKONA-HONZO

 

まあ、こいつは近日中に26インチモードで復活します。

 

500×8+α=替え時

 

ドライブトレインのなかでまっさきにへたれるのはなんでしょう? はい、チェーンです。

 

6000km走った11速チェーンの中空ピン

6000km走った11速チェーンの中空ピン

高いチェーンも安いチェーンもひとしく消耗します。ザ・使い捨て商品です。

 

いや、むしろ、安いチェーン=低段用で、高い多段用よりじょうぶです。シンプルに厚みがある。1500円のシングルスピードチェーンのがぜんぜん頑強です。

 

ごくぶとシングルスピードチェーン

ごくぶとシングルスピードチェーン

で、細身の11速チェーンの寿命が3000-4000kmてゆわれます。これはぼくの実感とかけ離れません。

 

ぼくは前段のKMC DLCでケチケチ6000kmまで粘りました。結果、中ピンが金属疲労でぽきぽきポッキーです。

 

12速チェーンはきゃしゃな11速チェーンよりさらに細身です。メーカーは「従来と変わらぬ耐久力」てうたいますが、質量↓強度↑てのは物理法則に反します。

 

魔法=当社比?!

 

で、このGX EAGLEチェーンの使用期間はすでに8か月です。月500kmx8=4000kmです、はい、1アウト!

 

そして、こいつはオフロード用です。2アウト! 年末年始からトライアル系の技の練習をごりごりします。3アウト! チェンジ!

 

まくれる

 

KMCの12速チェーン

 

国内の12速チェーンの入手性はBADです。SRAMとカンパのロードセットはすでに12速化しましたが、国内一強のシマノはいまだに11速です。

 

マウンテンバイクのXTRはすでに12速化します。もちろん、チェーンの単品もあります。

 

XTR12速カセット

XTR12速カセット

 

しかし、XTRグレードは最高峰グレードです。XTRチェーンは割高です。定価7000円税別ですね。実売定価は20%引きの税込み6000円ちょいです。

 

もとの定価って、なに?

 

ついでにうちのドライブはシマノじゃありません。SRAM12速のチェーンとシマノ12速チェーンの厚さはちょっと違います。SRAMのギアが厚めだったか・・・

 

非純正メーカーはこのことを考慮して、二社の数値の間をとって、両方互換の商品を出すとかしますね。

 

で、互換性と価格でXTR12速チェーンはおながれです。まあ、べつに使えると思いますよ。

 

で、純正のSRAM GX EAGLEのチェーンは・・・SRAM純正のチェーンのフィーリングがぼく的にはびみょうです。ネタにならないし。

 

てことで、非純正のSRAM互換の12速チェーンを物色します。まあ、いつもの台湾の自転車チェーン大手が浮上しますわ。

 

KMC X12 12速チェーン

KMC X12 12速チェーン

 

KMC、ふたたび!

 

シマノチェーン=KMC製

 

自転車業界のキングがシマノです。大阪の隣国のサカイ共和国に本社を構えます。最近、株価が不調です。

 

シマノ本社

シマノ本社

 

しかしながら、この大手さえが一から十まで自社工場でパーツを作りません。ほかのメーカーに頼みます。

 

で、業界の暗黙の了解でシマノチェーンはKMC製です。これは「Specializedがメリダ製」ってぐらいに有名なはなしです。

 

KMC名義の自転車チェーンは好評価です。ぼくはさきの超高級チェーンのDLCシリーズ、超軽量のSLシリーズ、ノーマルなXシリーズをあれこれ愛用します。

 

で、買い替えるなら、これを買おうと思いますが、今のところ海外からしかKMC印の12速チェーンを買えません。日本版がない。これが出回ると、XTRチェーンが売れんからか?

 

たしかにシマノのびみょうなクイックリンク付きの高いXTRチェーンよりKMCの安定のミッシングリンク付きの安いXシリーズの方が・・・ほわー!

 

XTやSLXが12速になれば、このKMC X12の国内正規版とかも出回りましょう、きっと。

 

で、元祖KMCの12速チェーンはこんなです。ちなみにパッケージの表記は”SRAM 12spd and All athers 12spd Compatible”です。”Shimano”の文字がない。

 

これは国内ではタブーでしょうよ~。ライトユーザーは”Shimano”って名前で買いますから。

 

12速チェーン

12速チェーン

 

ゴールドとシルバーがあります。ぼくがオーダーしたセラーではゴールドのが安価でした。在庫的なものでしょう。ゴールドのコートのが上等です。ラッキー!

 

チェーンは出荷オイルでてろてろです。このX12のそれはしゃぱしゃぱのドライ系です。手触りはさらさらですね。

 

でろでろ出荷オイルはユーザー間ではながらく議論の的でした。落とす派vs落とさない派の骨肉のあらそいを見かねたか、最近の出荷時チェーンはおおむねさら系です。

 

前後最大ギア+2リンク+ミッシングリンク

 

古いチェーンとリンク数を合わせて、マウンテンバイクに取り付けました。

 

チェーンセット

チェーンセット

 

もちろん、長さはぴったしです。50Tギアにきちって乗りますし、きちんと戻ります。チェーン長が足りないと、リアメカのアームがつっぱって、戻りが悪くなります。

 

新しい自転車に新しいチェーンを取り付けるなら、前後のギアを最大にして、チェーンを張って、プラス2リンク足して、ミッシングリンクで繋ぎます。

 

年々、スポーツバイク全般のスプロケットの最大ギアがワイド化します。旧来の長さの出し方の『プーリー垂直方式』が急速に廃れます。

 

目安は28Tですね。リアの最大ギアが28T以上であればチェーンの長さの出し方は+2リンク方式、28T未満であればプーリー垂直方式です。

 

コネクトピン終了のおしらせ

 

シマノはながらく圧入式のコネクトピンを推奨しましたが、2018年くらいからクイックリンク方式にかたむきました。

 

11速や12速チェーンは細身です。ピンの圧入にむりが生じます。互い違いひっかけ式のミッシングリンク方式のが安定みたいです。

 

ミッシングリンクツール

ミッシングリンクツール

 

針金とか古いインナーケーブルとかでガシガシやっても外せますが、こいつでなめプできます。すなおに買いましょう。