神アプデでより簡単になったUber Eats 配達

チタンフレームのロードやMTB 『一生もの』といわれる根拠

自転車フレームにはいろんな素材があります。

鉄合金系のクロモリ、ハイテン

アルミ合金系のジュラルミン、マグネシウム、スカンジウム

樹脂系のカーボン

天然素材系の竹、木

などなどです。今回のテーマは金属系の高級素材のTitanium、チタンです。

チタンフリーと爪の向き
チタンフリーと爪の向き
💰Uber Eats 初回クーポン限定版

Uber Eats で最強にお得なクーポンは初回限定のものです。ご新規さんはアプリに[ eats-jsx829 ]を入力すると、1800円の割引を受けられます。

この初回限定クーポンは何と送料、手数料も削れます。料理1500円(手数料10%)+送料150円以下=実質0円飯!

使い方:インストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

チタンの記憶

チタン製の自転車フレームの誕生の起因はクロモリ全盛時代にさかのぼります。クロモリを越える高性能新素材、いけいけ高級路線としてチタン合金に白羽の矢が立ちました。

が、その後の不景気や新素材のアルミ、カーボンの登場であっというまにオールドドリームなロマンスグレーになっちゃいました。

軽さでは、鉄 < チタン < アルミ < カーボンです。鉄より軽量ですが、安価なアルミより重量です。

ただし、チタンのがアルミよりしなやかです。同量のアルミより少ないボリュームで強度や粘りを出せます。フレーム形状は細めになります。

結果、ビジュアルはおのずとクラシカルになります。トレンドのエアロな扁平ビジュアルにはなりません。

チタンフレームのメリットとデメリット

チタンの特性は固い、錆びない、ぴかぴかです。精密機械部品との相性がばっちりです。宇宙船、潜水艦、ゴルフクラブ、楽器なんかの部品に主に使われます。

あと、ガンダムのガンダリウム合金の正式名称が『超硬合金ルナチタニウム』てチタン合金の一種です。意外にこんなアニメの設定もチタンフレームの製作起因インスパイアにあるかも。

チタンは金や白金なんかと同じくほとんど腐食しません。汚れがほとんど付きませんし、さびが浮きません。さっと一拭きでぴかぴかです。

これはうちの外置き野ざらしのクロスバイクです。ほぼ同時期に交換した手前のチタンボルトと奥のVブレーキのバナナがこんなです。

チタンボルト
チタンボルト

チタンボルトはぴっかぴか、鉄のバナナはすでにさっびさびです。

かようにチタンは湿気、酸化、塩分に無敵です。つまり、空気中の日常使いの常態維持性能、これが一生物のゆえんでしょう。そして、チタンは当時の自転車フレームの主流素材であるクロモリより軽量です。

デメリットは価格の高さです。原料費と加工費のダブルパンチでチタンフレームはスーパープライスになります。

この問題が克服される前にアルミフレームの大量生産技術とカーボンフレームの整形技術が確立されました。この二つの素材はチタンより安価で軽量です。

現在のチタンフレームの意義は金貨のようなものです。実用的でないが、リッチでセレブリティなものです。クラフトマンシップのだいごみです。まさにオーダーメイドの革靴のようなポジションです。

一生もの、あなただけの、オンリーワンな・・・非常にグッドヒットなキャッチコピーです。しかし、現実問題、万物は変化し、色即は是空ですから、一生ものは扱い次第でふつうに壊れます。

ふっるいやぼったい庶民の自転車だった鉄製の運搬車なんかはおおよそに長生きです。こちらは推定50才くらいのセキネのチャリンコです。

セキネ 実用車
セキネ 実用車

ばりばりの現役です。半世紀は余裕です。ノンキャッチーな一生ものです。日本製だし。てか、自転車が一生ものでなくなったのはわりに最近のことでしたとさ。

以上のような理由からチタンフレームはニッチなくろうとのためのマイナーレアアイテムです。作れるところは少なく、採算を取れるところはごくごく少数です。

チタンフレームの黎明期からがんこに製作を続けるのがわれらのパナソニックです。フルオーダーで24万円です。高級素材のハンドメイドでこのプライスはもうパナの意地です。

上記のロードフレームはもちろん、MTBフレーム、ツーリング、シクロ、トラック用のラインアップがあります。MTBフレームはちゃんと27.5です。イメージバイクはドロッパーポストにXTRです。エクセレント!

ほかはチタン専門メーカーのTIGのOZ-R518 Titanium。お値段は269000円~です。内装11sベルトドライブのBudnitz Øは70万円。DerosaのTitanioは96万円。これが本気のDe rosaです~。

Lynskeyのチタンフレーム

Budanitzやデローザのチタンバイクは高嶺の花です。お手ごろなチタンフレームはないん? と思って、海外サイトを探しますと、Chain Reaction Cyclesで10万くらいのものを見つけました。

Lynskeyのチタンフレームです。

 Lynskey Backroad Titanium Touring Frameset 2016
Lynskey Backroad Titanium Touring Frameset 2016

定価 272999円
割引 40%
特価 163799円

※2017/05/16 04:09:40のchainreactioncycles.comの価格

Lynskeyはアメリカのテネシー州のチタンフレーム専門メーカーです。少数生産のクラフト系です。CRCのレビュー評価はかなり好評です。

また、高級シートポストやステムのTHOMSONが米国内向けにチタンフレームのオーダーをします。これは時価のようです。見積もりが気がかりです~、ははは。