清滝峠を自転車で! 初心者におすすめのゆるいヒルクライムコース

「地元以外のとうげに足を延ばそう」の第二弾です。前回に引き続き、東大阪、阪奈、生駒の近郊にスポットを当てます。

 

このかいわいの三大ヒルクライムは十三峠、葡萄坂、そして、清滝峠です。

 

暗峠? あれはスポーツやホビーじゃありません。荒行です。滝の行は滝行ですから、坂の行は坂行です。ことさらに大阪側の下りはいのちがけです。

 

ヒャッハーな下り

 

未踏の葡萄坂は大阪府の南東のきわきわにあります。うちから約28kmです。グーグルマップの距離はすこし短く出ますから、実走は30kmを越えましょう。距離がちょっと不安です。

 

で、消去法で清滝峠に決めます。こちらはナビ18km=実走20kmです。なにわCR、淀川CRを経由できるのがグッドです。ヒルクラする前に大阪市内でぐったりしたくない。むしろ、自走のが苦です。

 

清滝峠ヒルクライムの情報

 

清滝峠ヒルクライムの情報です。スタートは中野ランプ北の信号、ゴールはピークの交差点です。

 

数値の目安はこんなです。

 

  • 標高 :218km
  • 距離 :3.3km
  • 平均斜度:7%
  • 最高斜度:10%

 

距離、斜度、標高、いずれが初心者向けのやさしい設定です。ロード、クロス、MTB、ママチャリ、ミニベロ、チャリの車種を問わずに登れます。

 

ルートはこんなです。国道163号線をひたすらに上ります。登山、ハイキングコースではありません。東大阪から木津への主要幹線です。

 

 

清滝トンネルとは無関係

 

ところで、関西人は『清滝』て聞くと、『トンネル』て連想します。清滝トンネルは超有名な心霊スポットです。

 

これは京都の嵐山の奥地にあります。保津峡のトロッコ列車のさきです。ヒルクライムの名所の清滝峠は大阪と奈良の境目にあります。関係性はぜんぜんありません。

 

ちなみに自転車は清滝トンネルを通れます。酔狂な方は淀川サイクルロードの延長で訪れて、下向きミラーをおがみましょう。真夏のうしみつどきがおすすめです。

 

スタート地点の中野ランプ北へ

 

たらたらと走って、スタート地点に着きました。中野ランプ北の信号がスタートです。わきの四條畷市シルバー人材センターがランドマークです。

 

出発! と、その前にパン屋へ寄り道します。個人的におやつなしのヒルクライムはさびしいものです。ごほうびがないと、テンションが上がりません。

 

パン購入

パン購入

 

で、気を取り直して、スタートします。

 

スタート地点の中野ランプ北

スタート地点の中野ランプ北

 

ごらんのようにとうげの入口ぽさはありません。ふつうの下道です。基本的に右上の高速道路と並走します。

 

まっすぐに行くと、高架下で急カーブにぶちあたります。道なりに高速の下の防壁ありの道をくぐって、一旦右手に出てから左手に戻ります。ここが最大にして唯一の難所です。

 

序盤の傾斜です。6-7度ぐらいです。全編の勾配はここから大きく逸脱しません。マイルドな女神とうげです。

 

清滝峠の序盤の斜度

清滝峠の序盤の斜度

 

最初の信号の清滝橋交差点です。TTするなら、タイミングを見計らいましょう。ここが1/3の目安です。

 

清滝橋交差点

清滝橋交差点

 

案の定、二輪は終日で禁止です。ついでに4輪も禁止して~、ははは。

 

二輪禁止

二輪禁止

 

しかしながら、この世知辛い時代にすら一台のオートバイの猛者がしれっと通り過ぎて行きました。いちかばちかです~。迂回はたしかにめっちゃ遠回りになります。

 

上清滝袴道橋で約半分

 

半分の目安の上清滝袴道橋からとうげ方面の風景です。下の車道のわきに歩道が見えます。歩行者、自転車がちらほら通ります。問答無用で排ガスまみれです。

 

上清滝袴道橋から

上清滝袴道橋から

 

ここに降りてしまうと、清滝峠をゆうに通り越してしまいます。クライマーはすなおに上を行きましょう。

 

ここまで歩道が広々しますが、このさきから一時的に急に狭く荒くなります。終盤のつづら折れのはじまりです。

 

歩道が狭くなる

歩道が狭くなる

 

でも、車道は片側一車線ですし、傾斜は緩くなります。十三峠の中盤以降の警笛区間のような走りにくさはありません。

 

最終盤は竹やぶです。竹や笹がおうせいに生えるところには杉が生えません。花粉症持ちさんは多少に気楽でしょう。

 

竹藪

 

ちなみに竹の花は100年に一回、笹の花は50年に一回しか咲きません。花粉症もへちまもない。

 

とうげの信号でゴール

 

はい、ゴールの信号です。ポイントを知らないと、すーっと通り過ぎかねません。目印がないし、傾斜がらくちんだし。

 

清滝峠ゴールの信号

清滝峠ゴールの信号

 

インスタ映えを求めて、おじぞうさんに行きつきました。

 

清滝峠のおじぞうさん

清滝峠のおじぞうさん

 

被写体はほんとにこればかりです。景観がない! 絶景をみながらパンを食べる計画が泡と消えました。ちょっとした休憩ポイントさえがありません、アウチ。

 

いろいろと消化不良です。枚方側に抜けられないかと、集落をふらふらして、田んぼのわきのダートを進みます。

 

田んぼのわきのダート

田んぼのわきのダート

 

うーん、めぼしい登山口はありません。生駒方面の探索が正解だったか。

 

結局、ふつうの舗装路でふもとまで下りました。じゃあ、最後にこんな看板を見つけます。

 

ゴリラ村

ゴリラ村

 

ゴ、ゴリラ村だあ? 人気がありません。廃墟みたいです。はたして、スポーツジムだったか、焼き肉屋だったか、タイル屋だったか、ゴリラの楽園だったか、ウホウホ。

 

清滝峠ヒルクラの感想

 

距離、斜度、道幅、いずれが初心者向けのやさしい設定です。スポーツバイクのヒルクライムデビュー、ふだんの練習、隙間時間のちょい乗りにはベストな坂です。

 

欠点は景観の悪さと、休憩スポットのなさ、ルートの単調さです。登り慣れた人にはすこしぬるくなります。何本かしないと、達成感を得られません。

 

個人的には十三峠よりこの清滝峠のが好みです。阪奈の峠越えの交通量は全般的に多めです。道幅は上り下りともに重要なポイントです。

 

淀川で平地を、清滝峠でのぼりを練習するのが東大阪のロード乗りの王道でしょう。で、乗りなれたころに暗峠に行って、絶望のふちに叩き落とされます、ははは。