十三峠でヒルクライム 初心者にはややタフな南大阪生駒の定番コース


うちの地元の北大阪のヒルクライムの名所は箕面の勝尾寺です。週末にはたくさんの自転車乗りがこの必勝の寺に集います。

 

勝尾寺

勝尾寺

 

最近、ぼくがいろいろおせわになったお店の会長さんがこちらへ召されました、合掌、ちーん。

 

おとなりの五月山、奥の高山、摂津峡などはおおむね300-400mの非常に手ごろな峠です。ぼくはそんなに坂好きじゃありません。地元で十二分に満腹になります。

 

が、たまには遠方の坂に挑戦しようかて気まぐれを起こします。六甲山には何度か行きました。尼崎、伊丹、川西、宝塚、西宮などは大阪のようなものです。阪急が通りますから。

 

反対に府内の東大阪、南大阪への足が遠のきます。なじみがない、土地勘がない、つてがない。思い出は暗峠のゲキサカばかりです。

 

暗峠のふもとの坂

暗峠のふもとの坂

 

グーグルマップの大阪-奈良の最短はこの308号線ルートでした。距離を見て、斜度を見ず。トラウマです。以降、コンクリ舗装とわっかの滑り止めを見ると、軽い胸やけを覚えます。

 

が、異常はここばかりです。生駒山系の山々はそんなに高くありません。最高峰は632mです。931mの六甲山のがぜんぜん上です。

 

六甲最高峰

六甲最高峰

 

で、悪夢を振り払って、生駒のふもとの王道コースに向かいます。十三峠ヒルクライムです。

 

 

じゅうそう× じゅうさん〇

 

余談から入りましょう。『十三』をなんて読むか? 『じゅうさん』てふつうに読める人は阪急っ子じゃありません。われらはこれを反射的に『じゅうそう』て読みます。

 

『十三』は大阪市淀川区の地名です。阪急宝塚線十三駅、淀川の十三大橋は北大阪の交通のかなめです。ここが陥落すれば、大阪がマヒします。

 

名物はみたらし団子です。

 

喜八洲総本舗

喜八洲総本舗

 

そして、くだんの勝尾寺に葬られた会長さんは十三の方でした。そんなわけで『十三』は『じゅうそう』としか読めません。阪急沿線あるあるです。

 

十三峠を攻略しよう

 

で、ひさしくぼくのなかでは十三峠は『じゅうそうとうげ』ですが、正しい読みは『じゅうさんとうげ』です。違和感がばりばりします。これがアウェーの洗礼ですね。

 

ルートです。参考の距離は4km、斜度は9%、標高は375mです。

 

 

俯瞰図ではS字やヘアピンが目につきます。酷道一直線な暗峠とは雲泥の差です、ははは。

 

スタート地点の大竹7丁目交差点へ

 

十三峠のヒルクラのスタート地点はふもとの大竹7丁目交差点です。ここまでうちから約25kmのちょいポタです。しかも、カオスな大阪市内に突入します。

 

午後2時すぎに出発して、大竹のファミマに4時半につきました。すでに日がうすく色づき始めます。

 

大竹のファミマ

大竹のファミマ

 

天気のよさがさいわいです。ほんとのところはオフロードびよりです。でも、週末の午後に山に行くと、ハイカーとかち合います。

 

ぼくは気兼ねして、ピークをずらすか、平日を狙います。実際問題、舗装路は自動車のもの、山は登山者のものです。

 

はやりのトレイルランニングさえが古参のハイカーには白い目で見られますから、MTBerはなおさらに人目を忍ばなければなりません、うえーん。

 

途中の歩道橋のしたにツバメがいました。ドイツ語ではシュワルベです。でも、今日のタイヤはコンチでした。春ですねー。

 

つばめ

つばめ

 

スタート地点の大竹7丁目交差点です。住宅街のなかにぽつんとあります。道案内はよろしくありません。

 

大竹7丁目

大竹7丁目

 

写真の背後側がスタートです。

 

序盤の坂道です。右手のサクラを写メるすきに第一ローディさんにぶっちぎられます。

 

本日初ローディ

本日初ローディ

 

この時点で気分はプレ花見&プチハイキングです。スタート前の自走二時間はなかだるみします。

 

傾斜は一定のペースでえんえん続きます。路面、道幅、いずれが絶好です。交通量がすこし気になりますか。

 

みずのみ地蔵の看板前から本番

 

分岐を上から望みます。手前が展望台へのルートです。正面はみずのみ地蔵への参道兼ハイキングコースです。自転車の乗り入れは不可のようです。

 

みずのみ地蔵への分岐

みずのみ地蔵への分岐

 

この分岐のあとから中央線がなくなって、道幅があからさまに狭まります。一方通行ではありません。通行車、対向車、いずれが旺盛に行き来します。

 

道幅がせばまる

道幅がせばまる

 

暗峠もそうです。この手狭な道に意外とふつうに車がバンバン行きかいます。ちなみにオートバイは門前払いです。でも、上から何台か来たけど・・・

 

このあとでやたらとクラクションの音が山中からぷーぷー聞こえます。理由はつぎのセクションです。

 

ヘアピンにつぐヘアピン

 

暗峠は地獄の一本坂であれば、十三峠の後半は蛇の道です。きついヘアピンがつぎつぎに出てきます。

 

これは一個目のヘアピンの光景です。傾斜は緩くなりますが、路面が荒くなります。排水溝側はまあまあガタガタです。

 

十三峠へアピン区間

十三峠へアピン区間

 

クラクションの理由はこの見通しの悪さのせいです。『警笛ならせ』の道路標識が各所にあります。自転車のベルの本来の使いどころはこうゆうところです。

 

ワンモアヘアピンです。

 

ヘアピン

ヘアピン

 

桜がちらほら見えます。木々はバラエティに富みます。花粉発生装置ことジャパニーズ粘膜デストロイヤーことおスギさま&おヒノキさまがそんなに見当たりません。

 

生駒の山

生駒の山

 

じゃあ、花見のシーズンと紅葉のシーズンのヒルクライムはむりゲーでしょう。何気に今日が屈指のヒルクラびよりだったか?

 

さっきの分岐の終点はここです。奥にみずのみ地蔵と水くみ場があります。

 

みずのみ地蔵前のヘアピンカーブ

みずのみ地蔵前のヘアピンカーブ

 

2018年現在、ここの水は飲用不可です。看板倒れだあ! サブタイトルの弘法の水はくらがりにもあります。

 

府民がほとんど知らない府民の森

 

最後のヘアピンの脇に公園へのゲートがあります。

 

大阪府民の森のゲート

大阪府民の森のゲート

 

大阪府民の森です。おそらく大阪府民の大半はここの存在を知りません。

 

オートバイ、自転車は無情の門前払いです。そして、トレイルランナーへの注意書きがでーんと居座ります。看板の新しさが山遊びのトレンドの移り変わりを象徴します。

 

こうゆう市民の憩いの場的な空間のキーマンはだいたい地域の奉仕団体のお歴々です。ライオンズクラブとか、あのへんの。会員は地元の名士、有志の方々です。

 

おのずと年齢層は高め、傾向は保守的です・・・ようはがんこなおじいちゃんです。くだんの会長さんがライオンズクラブの会員でしたし、まさにそんなお方でしたから、ははは。

 

年配の方々の頭の中には山=登山=ハイキングの構図が完全にできあがります。激しいもの、目新しいものは歓迎されません。極論、景色を楽しみながらゆっくり歩く以外は悪です。

 

十中八九、つぎの目の敵はヒルクライムの自転車乗りでしょう。かいわいのローディのみなさまはくれぐれ古龍の逆鱗に触れぬように。

 

とうげ難民が暗峠で走ることになりかねません!

 

ヒルクラゴール&グラベルスタート

 

ゴールの展望台です。駐車場とトイレがあります。ここのトイレはネバーフォトジェニックです。わきの木陰のがせいけつだ。

 

十三峠展望台からの景色

十三峠展望台からの景色

 

大阪を一望できます。夜景はロマンチックでしょう。

 

ほんとの峠のピークはこちらになります。府境のトンネルのわきのダートのさきです。

 

十三峠 石碑

十三塚 石碑

 

十三塚の石碑です。塚=おはかです。じゃあ、夜にはこれない。

 

このさきに上々のオフロードがありました。

 

最高のグラベル

最高のグラベル

 

山の稜線づたいのゆるいトレイルです。グラベルバイクに最高の道じゃないか! 今日のタイヤはシクロクロス用だし!

 

この道は『おおさか環状自然歩道』の一部です。同じ看板を箕面や高槻で見ました。コースはながらく未完成ですけど。そもそも全線の設定が定かじゃない。

 

うずうずしましたが、あいにくと市内自走とざつなヒルクラでもたもたして、日没を迎えてしまいました。夕暮れに未知の山道へ入るのはサバイバルです。つぎの楽しみにしましょう。

 

十三峠ヒルクライムの感想

 

今回の初十三峠と北大阪の王道の勝尾寺と比較しましょう。まず、中盤以降の道の狭さと見通しの悪さに苦戦しました。

 

車のプレッシャーは大です。1分1台のペースで来ます。トラックがよく通る。上方からのクラクションは初見にはどきどきです。

 

ヘアピンカーブとS字カーブも一見さんの心をくじきます。このカーブを曲がると・・・また坂だあ! これが5、6回です。

 

同じ理由でダウンヒルも爽快感に欠けます。ヘアピンからヘアピンの間隔が短すぎる。ぞんぶんに加速できません。

 

傾斜は一定です。大きなアップダウンはありません。トレーニングには格好のコースです。ペースづかみが容易です。

 

道の狭さ、車の多さ、斜度と距離から中級者向けのヒルクライムです。走り慣れるか道を知らないと楽しめません。個人的にヒルクラのリピートはないな~。

 

次回の予定はもう一つの定番ヒルクラの清滝峠です。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share