スポークテンションメーターを購入 使い方とそもそもの必要性


ホイールのメンテナンス、組み立てはスポーツバイク乗りのたしなみです。必須の工具は振れ取り台、スポークニップル回し、センターゲージ、そして、スポークテンションメーターです。

 

ハブのセンタリング

ハブのセンタリング

 

が、この4大パーツをひとしきりにそろえようとすれば、2万円~の予算を取られます。イマドキの自転車乗りはこんな手間をかけず、手軽な完組ホイールの頭金にします。

 

スポークテンションメーターで手組設備がコンプ!

 

しかし、MTBのホイールにはてきとうな完組ホイールがありません。エントリーかハイエンドの二択です。そして、ロードのZONDA、レーゼロみたいな定番がない。

 

そして、中華サイトにはおもしろいリムやハブがぞくぞく登場します。工場直販系の自転車パーツはかくじつに市販のパッケージ品よりざんしんで先進的であらけずりです。

 

で、ホイールの組み立てを自転車ライフの一環に加えようと決めまして、中華振れ取り台、パークツールニップル回し、VARセンターゲージを買い集め、ついに第四のエレメントを入手します。

 

パークツール? ゴリゴリGORIX? PWT? もしかのホーザンの5万のやつだあ?

 

NONO! This is China Meter by Digital!!  CMD! CMD!

 

DT風のスポークテンションメーター

DT風のスポークテンションメーター

 

て、デジタルゲージ付きの中華スポークテンションメーターをゲットしました。ブランド名はTENY BIKEです。

 

全国六憶八千万のスポークテンションメーター通はこの形状を見て、ぶほって吹き出しましょう。こいつはDT SWISSのスポークテンションメーターにそっくりです。

 

でも、本家のやつはアナログゲージ、中華のこれはデジタルゲージです。オリジナルはうん万円、こいつは7000円です。いや、アナログゲージ版はありましたが、見た目が完全にあれでしたから。

 

中華サイトにはパークツールの類似品、SAPIMのスポークテンションメーターのOEM元らしいICE TOOLSのオリジナルと廉価版、そして、このDT風のものがあふれかえります。

 

これでホイールの組み立ての4大工具が完全に結集しました。振れ取り台以下の出費は5万弱に至ります。そこらのチャリ屋より充実の設備がパソコンルームのかたすみにひかえます、ははは。

 

BOOST 148リアホイールの振れ取り

BOOST 148リアホイールの振れ取り

 

スポークテンションメーターの使い方

 

スポークテンションメーターの使い方はかんたんです。デジタルゲージのスイッチをONします。

 

デジタルゲージON

デジタルゲージON

 

で、先端の三つのでっぱりにスポークを挟みます。実際はこんなです。

 

単品スポークのテンションは0

単品スポークのテンションは0

 

単品のスポークのテンションは当然のごとく無です。中央の黒いバネのナチュラルなバネ力がスポークのしなりに勝ちます。メーターの下側のパーツはぜんぜん動きません。

 

しかし、こうゆう扁平のブレードスポークを縦向きにさすと、いくらかの数値を叩き出せます。

 

前後で測るのは上級者

前後で測るのは上級者

 

これは参考値です。デフォルトの数値は最初の横向き計測です。

 

キーアイテム、スポークテンション換算表

 

さて、このデジタルゲージの数値はふつうのミリメートルで、スポークの反りを示せど、テンションを表しません。

 

ホイールのビルダーはこのスポークの反りの距離をテンション換算表の数値に照らし合わせます。こんなです。

 

スポークテンション換算表

スポークテンション換算表

 

ものはペラペラのコピー紙ですが、内容の重大さはメーター本体に匹敵します。この換算表はこのモデルの専用品です。

 

お察しのように”辐条”がスポークです。ギリシャ文字の”Φ”は直径の記号です。つまり、”Φ2.00MM辐条”は『直径2mmのスポーク』です。右端の”扁辐条”はエアロスポークです。

 

左側のKGがスポークテンションの値です。直径1.6mmスポークの反りが2.16mmであれば、リムとハブには100kgの力が掛かる、てことです。

 

このテンションの限界値はリム、ハブ、ニップル、スポークによります。無際限にテンションを上げてしまうと、スポークヘッドをばっつんするとか、カーボンリムをばりんこするとかしちゃいます。

 

最近の中華セラーは最大空気圧から限界スポークテンション、推奨体重まで商品説明に表記します。T700製のカーボンリムがだいたい130kgです。

 

ホイールのスポークテンション計測

 

では、うちの手組ホイールオールスターズのスポークテンションを計りましょう。VARのセンターゲージのセンター試験にクリアしたカーボンホイールがこのために再集結しました。

 

700cホイールと29erホイール

700cホイールと29erホイール

 

手始めはロード用のリムブレーキ用のフロントホイールです。ヌポークラジアル組のフロントホイールは左右対称です。ホイールレイアウト的にはもっともシンプルな構成です。

 

最初にスポーク幅をはかります。

 

DT AEROLITE スポーク幅

DT AEROLITE スポーク幅

 

実測2mmちょいです。形状はエアロです。モデルはDT AEROLITEです。カタログのAEROLITEのWidth値は2.3mmです。

 

で、スポテンメーターをスポークの中央の平たい部分に当てて、下ハンドルをフリーにします。すると、スポークの反りがバネに勝って、ゲージのセンサーを押し戻します。

 

1.64mm

1.64mm

 

1.64mmです。これをさきほどの換算表のスポークテンションに照らし合わせます。Φ2.30MM扁辐条は・・・

 

スポークテンション換算表

スポークテンション換算表

 

ない! おい!

 

エアロスポークは手組ではイレギュラーです。ホーザンのスポテメのリストにはまんまるスポークの換算表しかありませんし。右側の3.2mmのブレードスポークはなんでしょう? カンパ系か?

 

気を取り直して、全部のスポテンを計測します。最大が1.64mm、最小が1.28mmです。30%のばらつきはちとアレです。

 

エアロスポークの受難

 

つぎのホイールはMTB用の29erのチューブレスカーボンホイールです。こちらのスポークもエアロタイプの扁平スポークです。幅は2mm、Piller 1420です。

 

このリアホイールはたびたび組み立てメンテの練習台にされます。テンションはめちゃくちゃです。

 

あきらかにぬるいテンション

あきらかにぬるいテンション

 

0.83mmがありました。あきらかにゆるゆるです。弾き音が妙に低音ですし。

 

だめな当て方

だめな当て方

 

うらはらにドライブ側のスポークテンションが異常値です。でも、弾き音はそんなに高音じゃない。

 

て、スポークをよくよく見ると、ねじれを認識できます。平たい部分が測定子にきちっと当たりません。むやみな振れ取りのしわざです。

 

しかも、Φ2.00MM扁辐条は・・・

 

スポークテンション換算表

スポークテンション換算表

 

あらへん! アイヤー!

 

エアロスポークは手組ではメジャーではありません。でも、中華ホイールのスポークはPillerとSAPIM CX RAYのオンパレードです。なんでこの二つの換算値がないよ。

 

そして、くしくも最初の測定サンプルの銀色スポークはSAPIM CX RAYでした。2.2mmです。リストにはありません! 終了~!

 

すくいのDT Champion

 

このままではスポークテンションの均等化には使えますけど、テンションアップや限界ぎりぎりヒャハートルクできません。なにがしかの目安はないか?

 

あ、買い物号のリアのスポークがふつうのまんまるスポークだ!

 

DTチャンピオンスポークテンション

DTチャンピオンスポークテンション

 

実測2mmのDT製です。Championの14号です。このホイールは芦屋の自転車ショップのビチアモーレから買った新古品のトラック用です。まあまあ有名な店です。もちろん、ホイールは調整済みでしょう。

 

で、このホイールのスポークの計測値はおおむね3.00mmです。リストの換算表には・・・

 

スポークテンション換算表

スポークテンション換算表

 

あった! あったで! 優勝ホイール!

 

テンションは約110kgです。テンションメーターの面目がたもたれました。

 

それから、もうひとつの中華カーボンのMTBホイールのスポークがPiller 1420です。購入が一年前、スポーク交換と振れ取りが一か月前です。

 

リフレッシュホイール

リフレッシュホイール

 

32本組のいかついホイールです。これはそうそう緩みません。このホイールにはわるい印象がありません。マイベストホイールです。

 

で、中華を信じて、このスポークを測ります。平均がざっと1.3mmです。手組はだいたいゆるめに組まれますから、

 

  • 1.3mmゆるめ
  • 1.4mmふつう
  • 1.5mmきつめ
  • 1.6mmカンカン

 

て、この中華スポークテンションメーターのエアロ系スポークの第一計測値の目安はこんなところでしょう。1.4mmが100kgぐらいです。ぼくのフィーリングと大きくかけ離れません。

 

あとでセラーにメールして、エアロ系の換算値を催促しましょう。しかし、なんでPillerかSAPIMの換算値がデフォルトで未記載だよ!

 

もちろん、PWTやパークツールのテンションメーターの換算表にはエアロ系の表記がきちっとあります。初心者はこっちにしましょう。

 

PS

 

返信が来ました。”just for refer” 『参照のみです、アリガト、シェイシェイ』てことです。ウオオオーム!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

ブログ村自転車バナー