ホームセンターの自転車はなぜ安い? 一万円で買えるチャリの怪


ふつうの人は自転車をどこで買うか? ずばり、あさひのような有名大型店、近所の小さな自転車屋さん、ネット通販、そして、ホームセンターの自転車コーナーです。

 

コーナンの売り物のチャリ置き場

コーナンの売り物のチャリ置き場

 

量販店のノーブランドのママチャリやシティサイクルはばつぐんに安価です。変速付きの完成車が10000-15000円です。シンプルな変速なしのシングルスピードは10000円を切ります。

 

これがブリジストンやパナソニックになると、価格が一気に跳ね上がります。学生のチャリ通号のベストセラー自転車、ブリジストンアルベルトは50000円です。

 

この価格差はなんでしょう? ブランド? 品質? 性能? アフターケア? 安い自転車のなぞに迫りましょう。

 

 

ホームセンターの自転車の安さの秘密

 

まずは自転車・・・でなく、売り場のホームセンターに注目しましょう。ホムセンは日用雑貨、住宅関連などを取り扱う総合販売店です。

 

100店舗越えの大手はコメリ、カインズ、コーナン、DCM、ナフコ、ジュンテンドー、ケーヨーなどです。また、エリアごとにローカルなチェーン店があります。

 

イオンバイク、ドンキサイクル、サイクル工房みたいな自転車部門を持つ総合小売店は少なくありません。PB大好きイオンにはMOMENTUMてオリジナルバイクがありますし。

 

イオンバイク

イオンバイク

 

これらの廉価自転車の一部はホームセンターのチャリとかぶります。そして、でかいイオンが出店するような場所にはあさひやデポやホームセンターも出店します。まさにファミリーほいほいです。

 

ホームセンターの価格設定が安め

 

で、そもそもホームセンターの商品の価格設定が自転車専門店やスポーツ店より全般的に安価です。安さを重視するなら、まっさきにホムセンを訪れます。

 

敷居の低さも第一候補の一因です。イオンバイクやあさひはファミリー向けですが、一応に自転車専門店です。チャリ知識皆無の一般人にはアウェーだ。店員のプレッシャーはゼロではない。

 

他方、ホームセンターの自転車コーナーはストレスフリーです。チャリを舐めるように吟味しても、怒られませんし、気後れしません。店員もついぞ来ない。

 

スポーツ用品× 生活用品〇

 

そんなフレンドリーなホームセンターの自転車は生活用品になります。日頃の足です。つっかけやサンダルのようなものだ。

 

一方の専門店のクロスバイクやマウンテンバイクはフィットネス用品ないしスポーツ用品です。ハイエンドな高級品は競技用機材になります。つまり、根本的な用途がぜんぜん別物です。

 

これでレースに出ようとする人はいません。争うための自転車、勝つためのバイクではない。日頃の足です。つっかけ、サンダル、クロッカスですね。

 

ドンキのハマー

ドンキのハマー

 

こうゆうてきとうな外車のブランドロゴ付きのポップなカラーのルック車はファッション性を持ち合わせます。これが20000円ちょいです。

 

ここからブランド、カラー、ファッション性を取り除いて、色気を完全に除外して、機能を極限に絞れば、さらなるコストダウンを図れます。

 

無味乾燥な生活用品、走れて曲がれて止まれる人力の二輪車の下限、それがホームセンターの1万のチャリの実態です。

 

ノーブランド

 

スポーツバイク、本格自転車の世界はわりにコンサバでアカデミックでミーハーです。ブランド、歴史、レース実績、知名度、そうゆう無形のものがばくだいな価値を持ちます。

 

これの延長に『日本ブランド』や『日本規格』や『日本人向け』や『国内メーカー』や『安心安全』みたいなものもあります。日本製神話、国産至上主義は根強く残ります。

 

でも、無根拠な思い込みはオカルトやマインドコントロールとどっこいです。吟味と比較の現代ではあさはかなショッピングは若干の失笑を免れません。

 

現実問題、100万オーバーの競技用自転車もホームセンターの1万の自転車もアジアンメイドの既製の量産品です。日本の自転車の量産技術は完全に廃れました。

 

ですから、ブリジストンアルベルトは高機能な『日本の自転車』ではありますが、『日本の自転車』ではありません。ほんとの日本製の自転車は5万にはなりません。10万20万です。

 

そして、ブリジストンは世界位屈指のゴム屋で、自動車タイヤは国産ですが、ブリジストンサイクルの製品はなぜかことごとく外注です。タイヤやチューブはmade in Taiwanです。ふしぎ。

 

これはアパレル、デジタル家電、食品の事情に通じます。国内の一般生活用品の製造業は前世紀末に壊滅しました。モノづくりの生き残りは業務用と自動車ばかりです。

 

で、自分の日頃の足のために5万のアルベルトを買う人はいません。学生はおなじ金を出すなら、クロスバイクや小径車を買います。

 

5万のやぼったい『日本の自転車』を買うのは中高生のじじばばです。孫への入学祝ですね。年配の方々の思考にはクロスバイク、ミニベロとかのアイディアはついぞ浮かびません。

 

低機能、低性能

 

1万のチャリは広義の意味の自転車の下限に位置します。チャリンコピラミッドの最下層です。特徴は『走って曲がって止まる』ことです。

 

しかし、自転車は圧倒的に効率的なノリモノです。1万のママチャリで50kmや100kmを走れちゃいます。チャリのなかでは最下級ですが、1万の生活用品のなかでは最上級です。

 

反面、機能と性能はぽんこつです。『走って曲がって止まる』以上のことをしようとすると、とたんに行き詰ります。

 

これはスポーツ的な用途に限りません。1万の実用自転車は『なおす』とか『いじる』とかにすら不向きです。

 

例えば、ロードバイクやMTBのホイールはフレームからかんたんに外れます。スポーツ用品や競技用機材にはメンテナンスやカスタマイズが付き物です。整備性は機能のひとつ、値段の一部です。

 

一方のママチャリのホイールは不可侵なる存在です。とくにリアホイールの着脱には無数の困難が立ちはだかります。

 

これは平凡なママチャリのリアホイールの様子です。

 

ママチャリのリアホイールの周り

ママチャリのリアホイールの周り

 

六角ナット、荷台のステー、泥除けのステー、スタンドのステー、バンドブレーキがホイールのハブのシャフトにゴテゴテとまとわりつきます。アンチ機能美。パンク修理、タイヤ交換がたいへんです。

 

実際、ファミリー向けの自転車屋やホームセンターの自転車コーナーの工賃はこれを反映します。フロントのタイヤチューブ交換は1000-1500円ですが、リアは1500-2000円です。

 

こんなふうにホームセンターのママチャリは機能性を徹底的にこそぎ落とされて、1万の値段を実現します。

 

へんに機能性を上げて、13000円とかに値上げしちゃうと、安さてゆう最大の強みを損ねてしまいます。

 

そして、結局、一般人はリアホイールをいじらない。ぼろいサンダルの靴底をわざわざ張り替える人はいません。中途半端な機能性は持ち腐れになります。

 

高耐久?

 

安物はじきに壊れます。高物も不滅ではありません。ものの寿命は用途や使い手の性格によります。

 

ずぼらなO型のぼくがノーメンテでホームセンターのママチャリをチャリ通で使うと、ほぼ1年ごとになんらかのトラブルに見舞われます。タイヤ、チューブ、ケーブル、チェーンなど。

 

これらは消耗系のパーツです。で、自転車ピラミッドの最下層の1万のチャリの消耗系パーツは必然的に消耗系パーツピラミッドの最下層になります。小物は100円均一レベルです。

 

100円ブレーキケーブルセット

100円ブレーキケーブルセット

 

対照的に自転車の本体のフレームとホイールはやぼったい鉄のかたまりです。これは日常的な使用ではそうそうぶっ壊れません。そもそもそんなやわいものは量販店の売り場に並ばない。

 

1000円のサンダルを長持ちさせようと思えば、過酷な使用や荒い扱いを避けなければなりません。1万の自転車をノーメンテで荒く使って耐久性に文句をゆうのはおわらいぐさです。

 

といって、ホームセンターの1万のチャリの本質は使い捨ての日用品です。気兼ねなくぼろぼろに使い倒すのがこうゆうものへの礼儀です。だいじに長く使うのもおわらいぐさです。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share