フードデリバリーネタのミニサイト始めました!

GoProのレンズ交換 HERO 7 BRACKの傷だらけカバーを外して修理する

GoProはアクションカメラの代名詞的です。スポーツやアウトドアなどのアクティブな場面には必須の機材です。

自転車、とくにマウンテンバイクとの相性は最高です。

MTB
MTB

逆にこれなしの自転車動画のロケはほぼ成立しません。舗装路のゆるいサイクリングさえが揺れと振動を伴います。スマホやデジカメの手振れ補正は力不足です。

スマホの動画
スマホの動画のキャプチャ
💰Uber Eats 初回2000円オフ

Uber Eats が最強にお得なクーポンを配布中です。ご新規さんはアプリに[ JPEATS2000 ]を入力すると、2000円の割引を受けられます。

使い方:下記リンクからインストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

GoProが壊れた?!

ぼくは定期的に動画を配信しますから、一般ユーザーより激しくGoProを酷使します。ある意味、アクションカメラは商売道具です。

結果、消耗度が倍速になります。そして、オフロード走行ではたまにカメラやライダーやバイクが明後日の方向に吹っ飛びます。

落車はふつう
落車はふつう

GoProはこのような激しいシーンのためのカメラです。ちょっとやそっとで壊れません。3年目のGoPro HERO 7 Blackはまだまだ元気です。

自転車にGoproマウント
自転車にGoproマウント

しかし、本体の機能が健在であっても、細部は着実に痛みます。ことさらにレンズカバーの傷は動画のクオリティを左右します。

GoProレンズカバーの傷
GoProレンズカバーの傷

構造的にはレンズが目で、カバーがゴーグルですね。上の写真には映りませんが、レンズの正面のカバーの真ん中に微細なかすり傷があります。

このような傷は通常時の撮影では出ませんが、明所や逆光の場面で映像に現れます。具体的には傷のところで光が乱反射して、白い筋や線になります。

折角の動画素材がノイズで乱されるのはYouTuber的にはおもしろいものではありません。そして、この傷は油分や水滴のように落ちない!

解決策は本体の買い替えかカバーの交換です。さいわいGoPro HERO 7 BLACKのカバーは交換式です。

ちなみにGoPro HERO 7 SILVERやGoPro HERO 8のレンズカバーは固定式の一体型です。ぼくは8を買ってから、このことに気付きました。

現行のHERO 9のカバーは交換式に戻りました。しかし、暗所撮影が8より劣化し、本体がおデブ化してしまいました。

個人的な感覚ではGoPro HERO BLACK 7をカバー交換しながら長く使うのが賢い運用法です。

で、8のサブとしてもうしばらく頑張ってもらうためにこのGoPro HERO 7 BLACKのカバーを外して、新しいものに交換します。

GoProのレンズカバーの外し方

現代人は説明書をまともに読みません。

ぼくも感覚でGoProを使い始めて、何百本と動画を撮って、編集中に白いノイズに気付いて、カバーの傷を見つけて、そこでようやくこの部分の着脱機構に気付きました。購入から1年半のことです。

GoProのレンズカバーの取り外し方は独特です。詳しい手順は日本代理店のタジマのページにあります。それを参照して、以下で解説します。

はい、感覚でむりやり外そうとしない。誰ですか、マイナスドライバーでガシガシこじろうとするのは? その要領ではゲーム機や家電の二の舞ですよ。

レンズカバーを引っ張ってから回す

カバーの着脱に工具はとくに不要です。そのペンチをしまってください。

手順は簡単です。レンズを手で抑えて、手前に軽く引っ張ってから、左方向に回します。

引っ張ってから回す
引っ張ってから回す

カバーを引っ張らずにむりに回すと、ストッパーを傷めてしまいます。注意しましょう。

カバーを外すと、レンズの本体を拝めます。

GoProレンズ
GoProレンズ

もちろん、べたべた触るのは厳禁です。メガネ拭きで軽く拭くぐらいがせいぜいですね。

取り外したレンズカバーの裏側です。当然のように純正品です。この2年で雨風に晒されましたが、錆びはありませんね。ちなみに水中使用はありません。

GoPro 純正レンズカバー
GoPro 純正レンズカバー

GoPro 5や6のものと型番は違いますが、567のカバーの構造は完全に同じです。多分、色がすこし違います。

GoPro HERO 9との互換は未確認です。ぱっと見はOKぽく見えますが・・・

GoProレンズカバーの交換

GoProの悩みのひとつが純正品の高さです。オプションもアクセサリも補修部品も全般的に割高です。純正の予備バッテリーや充電器を買うか否かでよく迷います。

GoProはアクションカメラの業界標準です。同規格の格安品が通販で大量に出回ります。アマゾンのおすすめはだいたい中華系の非純正品ですね。

もっとも、純正品もMade in Chinaですが。あと、国内正規代理店の販売とGoPro本家の直販で正規非正規、おまけの有無、価格差があります。ややこしい。

で、GoPro純正のHERO BLAC 7用のレンズカバーはAACOV-003は実売2000~2500円くらいです。旧式の5用のAACOV-001はなぜか3000円オーバーです。ややこしい。

ぼくは割り切って、格安のノーブランドの567用カバーを買いました。こちらは1500円前後です。

GoRo純正品と非純正品
GoRo純正品と非純正品
GoRo純正品と非純正品
GoRo純正品と非純正品裏

左がGoProの純正カバー、右が非純正カバーです。見分けが付きません。少なくとも1000円の差は分からん!

これをGoPro HERO 7に取り付けます。下のようにレンズに斜めに掛けて、軽く押しながら、右回しで固定します。

GoProレンズカバー交換
GoProレンズカバー交換

カバーのやや明るいグレーカラーは5や6の系統です。HERO7 BLACKの暗いグレーとは少し違いますます。

色味が違う
色味が違う

カバーのクオリティやフィット感はほぼ同じです。

GoPro修理完了
GoPro修理完了

これで動画のノイズが消えました。GoProの修理大成功!

防水と強度は?

ぼくの改善ポイントは動画のノイズの除去です。強度や防水機能は二の次です。しかも、GoPro純正のレンズカバーの強度もそう高くありません。

数十センチからの落下でカバー破損のレポートは普通にあります。要は打ちどころです。

また、GoProの水中撮影には基本的に水中ハウジングが推奨されます。カメラ本体やレンズカバーに過度の防水機能を求めるのは間違いです。

というわけで、ぼくの用途は1000円安い非純正で十分に満たされます。というか、純正品が高すぎる~。